Plitvička jezera

 というわけで、クロアチア旅行記もこれで最後、5-7日目に歩いたプリトヴィツェ湖群国立公園と首都ザグレヴの風景になります。

 湖と滝の織りなす空想的景観のプリトヴィツェと、首都らしく多くの人で賑わうザグレヴ。若干駆け足ですが、その風景をご覧ください。



 はいバーン!と、スプリトからはバスで約4時間半でプリトヴィツェ湖に到着します。クロアチアのちょうど中央に位置していて、スプリトとザグレブの間にある感じ。同国最大の観光地ということで、スプリトとザグレブから頻繁にバスが出ているので、アクセスには困りません。


 僕は公園内のホテルに二泊し、二日かけて公園内を歩き回りました。観光用の遊歩道はロアーとアッパーに分かれており、ツアーバスでは一番派手な滝のあるロアーの最重要遊歩道を1-2時間歩く感じですが、僕はこの通り遊歩道外にあるプリトヴィツェを一望するビューポイントまでも制覇です。



 エメラルドグリーンに透き通る湖の色と、千々に流れる滝の風景。5月中旬だったのでもしかしたら緑が少ないかも?と心配していたのですが、ちょうどよい新緑の時期に訪れることができました。




 滝の流れを聞き、木漏れ日を浴びながら、湖を横断する無料の小型船や園内バスを使って遊歩道を歩く……ここはそのような場所です。所要時間別におすすめルートが設定されているので、それに従うのが吉。





 こちらが迫力ある景観で人気のロアープリトヴィツェ。遊歩道すれすれというか、むしろ覆う勢いで滝が流れていきます。


 しかし、僕が気に入ったのはアッパープリトヴィツェ。滝を鑑賞するお客様気分な感じのロアーとは違い、幻想的な森のなかをまるで冒険するかのように歩けます。ここからはその写真を少し……。

















 いかがでしょうか。日本だと屋久島の白谷雲水峡あたりに雰囲気が似てるかもしれません。静かで落ち着いていて、時間がゆっくりと流れているようなそういう感じ。風来のシレンのマップでこういうの見たな!

 意外と小さい感じの公園なので、二日間はやや多かったかな? という印象なのですが、アッパープリトヴィツェには大満足でした。ロアーは写真で見た風景で終わってしまう感じなので、ちょっと……天候がイマイチだったのも大きいのですが。
 アッパーも歩くとなると一日がかりなので、公園内のホテルに一泊するのがおすすめですね。バス発着口から歩いてすぐなので、とても便利でした。観光客のいない、公園の閉園時間にも外をうろうろできる利点もあります! 僕のときはものすごい寒くてしかも雨だったので雨上がりを待つ事態に陥りましたが。


 さて、続きまして、クロアチアの首都サグレヴです。こちらは観光的な見どころはあまりないと聞いていたので、プリトヴィツェ朝発のバスで昼頃に到着し、米国に帰る夕方の飛行機までの短い間に歩き回りました。






 首都だけあって人が多く、お店も観光客向けというよりは生活感ある地元のチェーン店とかが多いですね。大通りでは路面電車が走っています。



 お昼ご飯代わりに、ザグレヴ老舗の洋菓子屋Vincekでケーキを。たしかケーキ一個250円くらい? とびきり美味しいというわけではないですが、安心できる地元のケーキ屋さんという感じの味。これは通えるタイプ。


 ザグレヴ中心部、先のワールドカップクロアチア戦の試合ではサポーターが多く駆けつけたイェラチッチ広場の隣では、ファーマーズマーケットをやっていました。







 ファーマーズマーケット良いですよね。活気があって、地元の風変わりなものが並んでいて、見ているだけで楽しいです。ついつい写真を取りすぎてしまいます。



 街中でひときわ目を引くサグレヴ大聖堂ではミサの真っ最中。進入禁止の柵が設けられ、観光客は遠巻きに眺められるようになっていました。


 これは……ヒエラティックテキスト!




 変わったものだとこちら。旧市街入り口である石の門。門のなかが礼拝所になっていて、そこをそのまま道路が突っ切っています。


 捧げられたろうそくの仄かな灯り。厳かな気分に。


 市民会館ではなんとコミコンやっていたので、お邪魔してみました。




 アメコミ主体で、特に『兎用心棒』なる作品が人気のよう。調べるとダークホースコミックなる出版社の作品なのですが、僕は米国在住にもかかわらずマーベルとDCしか知らない男だった……。






 数時間のサグレヴ散策の後、いよいよ空港へ。オレンジ色の屋根が美しいドブロブニクや遺跡都市のスプリトと比べると、事前情報通りザグレヴの見どころは少ないかなというところ。観光というより生活やビジネスの場ですね。

 というわけで、プリトヴィツェ湖群国立公園と首都ザグレヴの風景でした!

 この後はザグレヴ空港からドイツのミュンヘン空港を経由して帰国の途へ。ミュンヘン空港のホテルで一泊する形になったので「これはミュンヘン観光できるのでは!?」と期待していたのですが、ザグレヴを出発した飛行機になんらかのトラブルが発生し引き返すハメに。ミュンヘン到着が大幅に遅れて観光する時間はありませんでした……。
 でもホテルの朝食で食べたソーセージは美味しかったです。実質ドイツ観光を制覇したと言っていい。


 そんなクロアチア旅行。主要四箇所を巡る旅となりましたが、一番のおすすめはやはりドブロブニクですね。カモメの飛ぶ空と海、輝くオレンジの屋根とレストランから立ち上る煙、窓辺で洗濯物を干しながら談笑する姿、踊る店員……すべて忘れられない風景です。ジブリ映画のような、童話的町並み。ぜひ観光に行っていただきたい。

 でもツアーバスには置き去りにされないようご注意ください。