August 20, 2005

基礎体力

cd2152ee.jpg基礎体力が絶対的に足りないことが発覚した最近。
前々から分かってはいたのだが「『ふにゃふにゃ』が自分のスタイルだから」ぐらいに考え、随分の間棚上げしていた。普段5割〜6割の力に抑えて、その分スピードや動きで攻めていくのが自分のスタイル。動きの中で生ずる相手の隙や、チャンスを見て極めにいく。今まではそれでよかった。
しかし、これからを見据えた時、ちょっと苦しいかもしれんと練習中思う。攻めに緩急をつけるためにも、ちょっとパワーアップを図らなければいけない時期かもしれない。
最終的に相手を『極め』る時、単純な力が必要とされる現実があるのだ。
スパーの最中、いいタイミングで飛びつき十字を成功させたのに、クラッチを切れず、タップを奪えなかった瞬間。それは確信にいたった。技(のカタチは)成功してるのに、極まんないってクソほどの意味ない。
5〜6割の力で動き、瞬間的に10の力を開放する身体。
をイメージしつつ懸垂を始めたのだが、ロクに回数いかない。
やばい。
とりあえず続けるべし。

m-13_30380 at 22:12│Comments(0)TrackBack(0) 格闘技 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔