2016年11月

2016年11月25日

婚活に行ってきたその1〜僕とラーおばとの出会い編〜

30代も半ばに差し掛かかると周りの友人らは、やれ結婚だ、やれ妊娠だ、などと、
Facebook上には幸せアピールが飛び交い日々幸せポイントを競い合っているのだが、
自分の投稿記事はというと、

x月x日 デヴィ夫人に百裂脚を教えてきました。

◯月◯日 徳島のラーメンがうまい。

だの、Facebookの住人達と自分とでは別の世界線に生きているのではないか?と疑うような生活をしている。

そんな中ある日目にした広告に気になる内容の記事を発見した。


『ラーメン婚活』 〜ラーメンが好きだから、ラーメンで出逢えた〜


最近の婚活は街コンに始まり、料理婚活やアニメ婚活など様々なジャンルがあるのは知っていたが、ラーメンにまで染まってきているとは、婚活サイトも大変だな。
と思いながらも、ラーメン付きで参加費1,000円!という「ラーメン食べて、ウーメン食ベる」みたいな参加費に釣られてホイホイと参加してきてしまったので、その様子をレポートしていきたいと思う。


某日、戦いの日がやってきた。

残業のため15分遅れで現地に到着した自分に1枚の紙と案内が渡される。どうやら好きなラーメンを書くようだ。

IMG_6505














あまりマニアックな一杯でもオタクだと思われるし、かと言って日◯屋とか書けないし、ここは国民好感度No.1ラーメン「天下一品」で勝負か!?
といろいろ考えた結果天一にしたが、この日一度も好きなラーメンを聞かれることはなかった。なんだったんだあれは?

周りではすでに自己紹介が進んでいる中、ラーメン婚活の楽しみ方とスケジュール、女性一覧表を眺めて自分の番を待つ。

IMG_6506












大崎さんと2ショット撮影もOK!というサービスが嬉しく感じたのはおそらく会場で自分だけではなかろうか。かなりのハードスケジュールで婚活は進む。

IMG_6507













この日会場に来ていた女性陣の名前リストだが、年齢も無ければスリーサイズも記載されていない。一体何を基準に選べばいいと言うのか?と周りの女性陣の顔を見渡すと、思いの外みんな若い。20代半ばから30代後半までいる感じだろうか?ラーメン女子と言うからにはファットな女性を期待していたがなんとも普通の面々だった。

何事にも目標とゴールを設定すべき、という自分ルールに従って、今回の目標は「カップリング成立」にした。ゴールはもちろん「結婚」、と言いたいところだが初対面でするわけがないので、今日のゴールは「セクロス」に設定した。

ただ、ラーメン婚活に許された時間は僅か2時間のみ。
ここは何としてもパンチの効いた自己紹介が必要だ。
今日居るメス共を地獄に落とす一言を考えていると、ついに自分の番が来た。


「はじめましてナカジマです。好きな食べ物は焼肉です。よろしくお願いします。」


周り「………パチパチ」


おれの戦いは終わった。

かに見えたがその後テーブルに戻ると正面の女性と焼肉の話で盛り上がったのでそうでもなかったようだ。やはり女には肉とスイーツが良く効く。


女「おすすめの焼肉屋さんとかあるんですか」

ナ「鶯谷ですね」

女「ホテルばっかのところですよねー」

ナ「8年間住んでました」

女「へー、今度行ってみたいですね鶯谷」

ナ (この女、誘ってるのか??)

女「ちなみに若く見えますがおいくつですか?」

ナ「先月34歳になりました」

女「へー、見た目通りお若いんですね」

ナ(34歳が若い?この女、おばか?)


これが僕とラーおばとの出会いだった━━━━━━━



続く

m-13_62278 at 17:40|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2016年11月14日

プロすき焼きゲーマー

週末は友人を家に招いてゲームしながらすき焼きを連打していた。
そこらへんで売っている万能醤油と本みりんを1:1で合わせるだけで美味しい割り下ができるので覚えておくと便利だ。
脂っこい肉が食べたい人は牛肩ロース、さっぱり食べたい人は牛モモ肉のロースをチョイスするといい。

CxMFURfUoAARoS6












ということで今回は先日金曜日に配信された「OpenrecxTopanga緊急生放送」に出演した来たときのお話。

ときど、マゴ、ボンちゃんらプロゲーマーが所属するTopanga事務所がOpenrecとスポンサー契約を締結したという格ゲー勢の中では結構大きな話題となった今回の話題。

今までTopangaが配信環境として使用していたニコニコ動画やTwichではなくなぜOpenrecを選んだのか?という疑問が残るが、これはもう大人の事情やお金の事情だろう。Topanga代表の豊田さんとも話をしたが、海外向け配信や画質ではOpenrecにもメリットが多いとのことで「コンテンツが面白ければプラットフォームが何であろうがみんな見てくれる」と言う力強い言葉をいただいた。カッコいい。

ただ一ゲーマー目線から見ると、
Twitchに所属するウメハラさんはTopangaと絡めるのか?とか
アールさんはTopangaリーグ実況ができないのでは?とか
カプコンカップはTwitch独占配信だからTopangaの応援配信が流せないのでは?とか
政治的な問題がいろいろありそうで不安を感じる所だ。

配信業界の黒船としてOpenrecには頑張ってほしい。

今回の配信、一番の謎は「なんでコイチがここにいるのか?」という点だが、それは自分が一番聞きたい。

Cw-1Qa5VEAAQMkI













で、今回もなぜかプロゲーマーと戦わされるアマチュアコイチ。対戦相手はボンちゃんのナッシュ。

結果だけ言うと完膚なきまでにボコられて負けたんだけど、この負けがなんか感動したというか、おれの中で"プロとアマの差"を強く感じた一戦だった。

すごい具体的なポイントなんだけど、けん制で出した春麗のしゃがみ強Pの2段目のみ(−5F)をガードした後に、4F発生のしゃがみ弱P→弱サイスで反撃するボンちゃんナッシュ。

コレ何気ないプレイなんだけど、一発でやれるのは紛れもないプロだなと。
同時に「あぁ、こりゃ勝てないな」と察した瞬間でもあった。

スト5というゲームでプロとアマの実力の差を感じたのはネモのバルログにつづいて2回目。

彼らのプレイですごいのはとにかく"見逃さない事"だと思う。
飛んでくれば対空を狙うし、ガードした技に応じて確実に反撃を決めてくる。
ミスすることはあるけど意識した上でのミスであって見逃すことはしない。

攻めの型は動画見て練習すればある程度パクれるので、センス以外で大差出ないんだけど、
守りは経験と反応でしか培われないから大きく差が開くポイントだと思われる。
そこがプロはずば抜けてるんよね。攻めに目が行きがちだけど真にすごいのは防御だった。


と、やっぱりプロはスゴい!で締めたいけれど、スト5は2先だと実力差が出づらいゲーム性なので、
正解を知っていてハズレを引かせ続ければプロにだってあっさり勝てちゃうこともあるし、
おれのような荒らし野郎でも勝率を安定させないことができるのである。

そこがスト5のダメな部分だと思うし、良いところでもあるだがプロは大変だな、と心底思う。


要するに何が言いたいのかと言うと、

Cw6c62HUQAAqGVh












AbemaTV杯の優勝賞金30万円でPCを買いました。
Openrec様にはこの場をもって御礼もうしあげます。
引き続き、シャドウバースの賞金もお待ちしております。

今夜も賞金で食べる飯が旨い!

m-13_62278 at 16:05|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2016年11月11日

独身でいることのメリットと今すべきことの考察

久々の日記となるが皆さんいかがお過ごしだろうか。
おれはというと先月34歳という人生の折り返し地点でもあろう年齢になった。
いつまで経っても中二病のピーターパン症候群ゆえ気持ちは15歳頃のままなのだが、
世間的にはいい年もいい年らしく、会社でも趣味のゲームでもありがたいことに
たくさんの仕事を与えられ、また仕事に追われる毎日を過ごしている。

一方、一時期は回りにたくさんいた同年代の友人(リア寄り)たちは、

やれ結婚がーとか、
やれ子どもがー、とか
やれ誕生日がー、とか

Facebookやインスタなどの身内向けSNSを用いて、これでもかと幸せアピールをしている。

images









なんだ、君たちは。

人より幸せであることが自分の幸せなのか?

いいねボタンの回数で幸せポイントが溜まって、月間幸せランキング1位を争っているならいっそ清々しいが、そうでもなければ仕事終わりに酒を飲みながら好きなエロ動画を見て好きな時に寝るおれの開放感のが100倍幸せなのである。

結婚して嫁と二人で暮らしていつしか子どもが出来て、その後はただ仕事に追われる毎日。
人としてあるべき姿だし大いに幸せだと思うが、失うものも大きいだろう。

一人の時間、金、居場所、友達、娯楽、旅行、衣服、飯。

独身でひとり暮らしをしていれば、何もかもが自由だ。
しかし時間と金は有限だ。ならば今を楽しむしかない。

要するに、独身であることをもっと有効活用すべきだと最近感じたのだ。
独身にしかできない、独身のための生き方を見つめ直す時がきたのだ。

MMK_aomukederyoutewohirogeru500-thumb-750x500-1270









では独身にしかできない何か?を今一度考えてみる。

・意味不明なものを集める
・オタクを極める
・風俗を食い散らかす
・ギャンブルにハマる
・理解されないペットを飼う
・婚活、結婚

「結婚」という言わば人生の第1ピリオドを迎えるまでに、やれていないことはまだたくさんある。

何度も言うが時間は限られている。

その時が来るまで後悔の内容に、これからは実体験を元に独身生活のすゝめをこのブログから提案していきたい。

最近、婚活パーティへ行きカップリングに成立するも40歳を越えたおばさん相手にどう接していいかわからない話や、
ゲームで稼いだあぶく銭で初めてのデリヘルで巨乳のチャンネーを呼び、意気投合してTwitterをフォローされた話や、
処理したい据え置き型オナホールがデカすぎて、ごみ処理業者がごみ捨て場に放置していった話などがあるが、
そういった話もまた別途共有していきたいと考えている。


おそらく”独身”というテーマの落とし所は「オナニーを極めよう。『今夜イキたい、コイチ式独身術』」みたいなあまりにもくだらないことに着地すると思うがそれが本ブログの本筋かもしれない。

と、いうことで「ちんこのオナ日記」、復活です。

m-13_62278 at 12:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)