ボーダーにブレイクされたお話 その6ボーダーにブレイクされたお話 その8

2017年09月14日

ボーダーにブレイクされたお話 その7

<前回のあらあすじ>
ボダ美が我が家で自殺した

部屋に入るとそこには意識を失ったボダ美が横たわっていた。救急隊が呼吸器のようなものを口にあてる。「脈確認」死んではいないようだがすぐに担架で運ばれ、救急車で近くの総合病院まで運ばれた。

「◯◯病院に行きます。同居人の方も同乗お願いします」

「(イヤです)はい…」

この同乗システムって断っていいのかなと本気で思ったが、こちらにも責任はあるので仕方なく救急車に乗った。救急車の中ではよくある状況説明をすることに。

「ボダ美さんとはどういったご関係ですか」

「えーと、会社の同僚?です」

「なんか持病とかお持ちでしたか」

「うつ病を少々…」

なんでおれがこんな事しなきゃならんのだ、と悲しくなった。ボダ美は酸素マスクを当てられて呼吸はしているようだが目を覚まさず。生きててよかったとは思わなかったが、うちで死ななくてよかった。と心底思ってしまった。(賃貸の部屋で人が亡くなると事故物件になって敷金とかすごい取られるらしいので皆さんも気をつけてください。)
topphote












救急車は総合病院に到着し、ボダ美には腸内洗浄を行って様子をみるとのこと。腸内洗浄は相当気持ち良いらしいのでいつか一度は体験してみたい。

30分後、ボダ美の母親が病院へ到着した。開口一番「またあの子は…」と言った。以前にもパニック障害を起こして同じようなオーバードースで入院した事があったらしい。「今回はもうダメ(死んだ)かと思いました」と漏らした瞬間、この親にも怒りが湧き上がり「あんたの娘だろ?あんたが守れよ」と言ってしまった。

というのも、ボダ母には以前に一度ボダ美を引き取って欲しいと相談しており、ナカジマ邸に来て直接お持ち帰って頂こうと試みたことがあったのだ。その時はボダ美が癇癪を起こして失敗に終わってしまったのだが、その時もこのボダ母は「もう少しだけナカジマさんに面倒みていただけないでしょうか」と引き取りを拒否したのだ。

今回はさすがに引き取らざるを得ないと心を決めたようで「目を覚ましたら、荷造りに伺います。」と言った。おれは「荷造りはこちらでして実家に送ります。それよりも二度とうちに来ないようにしてください。」と返した。

発見が早かったのもあり腸内洗浄のみで様態も落ち着いたとのことで、部屋に帰って引っ越し用ダンボールにボダ美の衣類と生活品をすべて詰め込んだ。あとはこれを宅配便で送れば全部終了。終わってみればあっけない結末だった。

会社には全休になる旨を連絡したと同時に、今日起きたこと、最近休みが増えた原因、ボダ美が会社に行かなくなりにうちに住み着いていたことを当時直属の上司だった社長に全て話した。驚かれると思ったが、社長は全て察していたらしく「やっぱりそういうことだったか」と何も言わずとも理解してくれた。さらに「今日から数日間は危険だから会社名義でホテル取ってもいいよ」とボダ美を危険人物として認識もしていた模様。ボダ美は会社にも直接クレームの電話を入れてきたのでそれ以来警戒していたらしい。散々迷惑をかけたのはこちらなのに「色々大変だったな」と言われてちょっと泣いた。

荷造りも終わり、一息ついたところ見覚えのある差出人からメールが入った。


日付 : 2014年6月xx日 14:42
キャプチャ











は???


は????????


何?うち来るの????てかもう生き返ったの????


ボダ美はほんの3,4時間で退院してメールも打てる状態まで回復したようだった。突如ボダ母から電話が入る。

「ナカジマさんすいません。娘がどうしても荷物を取りに行きたいって」

「あの、ついさっきもう二度と来ないでくれって言ったんですが…」

「荷物乗せたらすぐ帰りますんで。あと5分ほどで着きます」

「………絶対に娘さんをタクシーから降ろさないで下さい」

覚悟を決めてマンションの入り口まで荷物を詰めたダンボールを持っていく。すぐにボダ美とボダ母を乗せたタクシーが目の前に来た。キレたナイフのような目つきでボダ美がこちらを見てきたが、ガン無視してタクシーのトランクに荷物を詰め込む。

が、ボダ美からわずか一瞬でも目を離したのが失敗だった。

ボダ美はタクシーから降りてマンションの階段をすさまじい速さで駆け上がっていった。合鍵を回収し忘れていたことを死ぬほど後悔した。ボダ美が向かった先は3階のおれの部屋。すぐさま追いかけるものの部屋の内鍵はかけられ、ボダ美は再び籠城した。


つづく━

m-13_62278 at 01:44│Comments(3)

この記事へのコメント

1. Posted by ぬ   2017年09月14日 10:05
えー何々なにこのエンディングからのまさかの急展開下手な小説より全然おもしろい(笑)あスイマセン大変でしたね。続きを期待しています。
2. Posted by ボダ美   2017年09月14日 22:32
先輩まだ覚えてくれてたんですね
嬉しいです
また会いにいきます
3. Posted by け   2017年09月14日 23:27
まーじで笑えん
コイチさんの実況は金払えるレベルだからほんと慈愛して・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ボーダーにブレイクされたお話 その6ボーダーにブレイクされたお話 その8