2017年09月17日

ボーダーにブレイクされたお話 その10

<前回のあらすじ>
ボダ美は自ら入院しナカジマは引っ越した

入院中のボダ美の予定や行動範囲などはボダ母とのメール、そしてボダ美のTwitterが情報源だった。4月頃から始めたTwitterには、かつての生活風景やその日作った夜ご飯、お気に入りのぬいぐるみの写真などが更新されており、いわゆる"普通のメンヘラ女子"のアカウントだったが、ボダ美が自殺未遂をして病院に隔離される前日に更新していた、

ボダ美 @xxxxxxxxxxxxx 6月xx日
全て失う覚悟で全て壊す

というツイートの破壊力がすさまじく、いつも何かに警戒しながら過ごしていた。
ボダ美が入院してから早3週間が経過し、新生活にも慣れ始めた頃、ボダ母よりメールが届いた。

------------------------------------------------------------------------
ボダ母:2014/07/XX 20:55
ボダ美が退院してきました。まだ完全に治っていませんが元気です。いろいろ御迷惑をおかけしましたが、ボダ美が手紙で謝罪したいと言っています。捨ててもかまいませんので送付させていただけたら有難いです。
------------------------------------------------------------------------

ボダ母には新住所はもちろん引っ越したことすら教えていないが、転居届を出しているため前の住所に送られても転送されるだろうと思い承諾をした。

------------------------------------------------------------------------
ナカジマ:2014/07/XX 22:33
ご連絡ありがとうございます。退院の件、了解しました。
私の友人関係が壊された今、謝罪は必要ありませんが、手紙を送ることで良い方向に行くのであれば自由にしてください。 koko1
------------------------------------------------------------------------

数日後、仕事帰りにポストを開けると見慣れない封筒が入っているのに気が付いた。

20120315224000
















差出人にはボダ美の本名がフルネームで書かれており、中には便箋が4枚、直筆の丁寧な字で謝罪文が書かれていた。「ごめんなさい」「就活がんばります」「今までありがとうございました」という内容だったが素直に受けとめられるわけがなく、「手紙読みました。」とだけボダ母に連絡をした。

ボダ美から送られてきた手紙は全部で3通。

2回目の手紙は「読んでくれてありがとうございました。」「どうしたら先輩に許して貰えますか?」といった内容と、同時にGODIVAのチョコがクール便で送られてきた。

36pc-gold-giftbox-classic--75091-1
















このGODIVAは最も意外な行動だった。境界性パーソナリティ障害を自覚していたボダ美は、リターンもないのに人に何かを与える、ということができなかった。自分に利益がないとわかっていながらも贈り物をするという行為は、本当に反省をしていた証なのだろう。貰ったチョコはありがたく友人Bに全部あげた。友人Bは「コイチさん、太っ腹っすね」と言いながら美味しそうに食べていた。


3回目の手紙は「病気が治ったらまた会いたい」「私のせいで引っ越したんですね」「ごめんなさい」という内容だった。一度チョコが届かなかくて転送されたことを知ったのだろう。手紙の最後にはこう綴られていた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
先輩、本当に本当に本当に本当にごめんなさい。

メンヘラのくせに好きになっちゃって本当ごめんなさい。

毎日暑いけれど、体調を崩さないよう気を付けてください。

そして毎日楽しいことがありますように…。

ボダ美より
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

送られてきた手書きの手紙には書き手の気持ちが恐ろしいほど込められており、少しだけ、ほんの少しだけだが、ボダ美を許してしまいそうな自分が居た。しかし、これ以降ボダ美からの手紙が来ることはなかった。

その数ヶ月後、凍結されていたボダ美のTwitterアカウントが再び更新されていることが判明。ボダ美は同じ趣味を持つオフ会やイベントを通じて新しいコミュニティと友達を作っていた。念願だった彼氏も作り同棲もしていたようだが、その男やコミュニティとボダ美の間に"何か"があったらしく、気づいたときにはコミュニティから名前は消えており、Twitterはアカウントごと削除されてしまった。そしてボダ美とのライフラインは完全に途絶えた。

人はあれだけの経験をしても変わることができないのだろうか。
あの時自分が彼女を許していればボダ美は変われたのだろうか。
全てが無駄な時間だったようにも感じるし、貴重な体験だったようにも思える、不思議な3ヶ月間の出来事だった。

あれから3年が経過した。

まだ生きていればボダ美は29歳になっている。

現在のボダ美がどこで何をしているのか、

それを知るすべはない。

━CAN━

m-13_62278 at 00:00│Comments(18)

この記事へのコメント

1. Posted by パペ   2017年09月17日 00:08
終わった。コイチさんがメンヘラ女子好きになっちゃったのが一番闇深いと思います。
2. Posted by け○と   2017年09月17日 00:08
毎日投稿されている間にディシディアでボダ美って名前でプレイしてコイチさんとマッチングを狙ういたずらを考えましたが、少し感動したので今回は見送らせていただきます。
3. Posted by け   2017年09月17日 00:14
とにもかくにも待ち遠しくも恐ろしい連載でした
事実は小説よりも・・・とはまさしく、いやはや命だけはご無事で何より

お疲れ様でした、またハメコ氏とのコンビ見れる日を待っておりますぞ
4. Posted by あ   2017年09月17日 00:14
感動した
5. Posted by ボダ美   2017年09月17日 00:20
見てますよセンパイ
6. Posted by か   2017年09月17日 00:47
お疲れさまでした。。
ボーダーの方は相手に罪悪感を与え、相手をコントロール、リターンを取ります。

この場合は自分の命を盾にしてあなたのせい、とすることでこいちさんの許す選択肢を引き出そうとしています。

無事離れられたようで幸いです。。
7. Posted by あ   2017年09月17日 01:08
誰も突っ込まないから言うけど、コイチさんもしっかりネトストしてますやんw
8. Posted by lny仮面   2017年09月17日 05:10
得体の知れないチョコを何も知らさず食わされた友人Bが1番可哀想w
9. Posted by ボダ美2   2017年09月17日 06:32
センパイ私は一人だけじゃないんです
ずっと見てますよ
10. Posted by 動画勢   2017年09月17日 09:46
気にしたら負け
11. Posted by (˙◁˙)   2017年09月17日 12:41
メンヘラと肉体関係を持ってはいけない。決して。
12. Posted by f   2017年09月17日 14:24
5 ボダ美ならまだ監視してそう
13. Posted by ぬ   2017年09月17日 16:00
引っ越したマンションのドアを開けると、ボダ美が立っていた。

という冒頭じゃなくて良かったー。
2はいつですか(笑)?
14. Posted by     2017年09月18日 00:07
ボダ美視点「〜〜ゲーマーに〜〜された話」まぁだぁ?
15. Posted by     2017年09月18日 18:53
この一連記事のおかげでここに来るのが日課になってしまった
また期待してます
16. Posted by ボダ美   2017年09月18日 22:52
1 最もダメだと思うところは
夜の関係を持っちゃってる事
それがあると同情出来ない
17. Posted by ま   2017年09月21日 02:16
おれもまたコイチ解説でみたいー
わちゃわちゃしててゲーセン感あって好きだわ
カジュアルめの大会と相性特に良いよね
マヴカプ攻略も期待してます
18. Posted by エディーゴ   2017年10月13日 21:05
チョコに毒入ってる可能性は考えなかったのでしょうか?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字