2002年08月30日

暑さ復活!

暑い。8月はじめの寒さが嘘のように毎日暑い。。。
寒がりの私は寒いよりはいいかなと思っていますが、この気温差って
いったい何なんでしょうか。

でもちょうどいいので、本格的にりおりおのトイレトレーニングに
突入しました。1歳になった頃、トイレで「スースー」と言うと自分でできたのに
最近では全然できなくなってしまい、そのうち寒くなったりでずっとオムツ
生活だったのですが、「1歳4ヶ月でオムツはないよ」とウシャと風船くんに
とっても冷たい目で見られとうとう私も重い腰をあげました。
昨日から再開しましたが、やっぱり難しい。そうだよね、小さいんだもんね。
目標を1ヶ月先にしてカルカッタ帰省までにオムツが外れているといいなあ
と思います。

というか、カルカッタに帰省したときにオムツはいていたら
親戚の目が怖い。いくら「日本では2歳の子供でもオムツはいてます」と
言っても「インドの子供なんだから」と相手にしてもらえなさそうだし。
外出時や夜はもちろんオムツのお世話になるけれど、りおりお一緒に
がんばろうね。パパもママもついてるよ〜。

今日は風船くんお勧めのストリートのパニプリショップでパニプリを
食べました。衛生的にはかーなーり危険なところでしたが、おいしい。
いつもお客さんがいっぱいなのも納得。風船くんが言っていたけど
同じ材料で、同じ分量を使って作っても作り手によって味が全然
違ってくるとか。これって料理でも同じことかも。

明日で8月も終わり。本当にあっという間だなあ。。。  

Posted by m-17_00909 at 02:27Comments(0)TrackBack(0)

2002年08月29日

波乱万丈なウシャの人生

今日は用事で「Lifestyle」にお買い物。。。夕方わざわざ行ったのに
今日は従業員パーティのため5時半閉店(通常8時半閉店)だそうで
ほとんど見ることができずがっかり。どういう訳か、こういう特別な日
に当たりが良い私と風船くん。数年前、ウーティに行って「さあ明日は
1日ウーティ観光!」とはりきっていたらその日は1日スト。
交通機関はストップだし、観光名所もクローズで大ショックでした。
こういうのって貧乏くじっていうんでしょうか?

ウーティといえば(話が飛びますが)、家の子守り兼お手伝いのウシャは
ウーティ出身。ちょっと前に「今度ウーティに行ったらウシャの家に泊まるから
ホテルはいらないよね」と風船くんが言うとあっさり「兄が車で迎えに
行くから観光からすべてOK」と真面目に受け取られてびっくりしました。
どこまで本当なのかわかりませんが、ウシャの話ってびっくり仰天する
ことだらけ。特に彼女の人生なんて本一冊かけそうなくらい面白い。
息子が子供のとき家出して数年帰ってこなかったときのこととか、
ダンナ(うちのアパートの門番)が浮気して出て行ったときの話とか(ちなみに
このダンナのラジューはとても感じの良い人です。そんな話は信じられない
くらいウシャとラジューは今仲良しで、彼女の出勤&帰宅時には自転車でわざわざ
送り迎えするやさしいダンナさんです)。
私はヒンディーがわからないので、風船くんを通して聞いた話ばかりですが、
今度まとめてHPに更新しようと思います。乞うご期待!?  
Posted by m-17_00909 at 03:40Comments(0)TrackBack(0)

2002年08月28日

まだまだスイーツ作ってます。

また作ってしまいました。クルフィとフィリニ。今日また
風船くんの親友ラバ(仮名)が遊びに来たので早速味見してもらうと
「前のよりおいしい」とのこと。風船くんも「これめちゃくちゃいけるー」
と絶賛だったので、かなり舞い上がってしまった私でした。
マンゴーシーズンは終わってしまったからマンゴークルフィは出来ない
けれど、今度はいろんなフレーバーのクルフィを作ってみようかな。
(調子に乗りすぎ?)

今日は風船くんのおじさんから電話で、なんとカルカッタでの仕事の
オファーがありました。おじさんの会社での2−3日の仕事なのですが、
風船くんももちろん一緒で往復航空券+ホテル付。しかも仕事が終わっても
しばらくカルカッタにいてもいい(滞在費も出す)=カルカッタの実家に
帰ってもいいということでかなり魅力的な条件。仕事にかこつけて帰省も
できるなんで2度とないチャンスなのですが、ちょうど仕事が詰まっている
時期なのでキャンセル。ふうー。
暇なときにどうしてこういうオファーがないんでしょうか?これが人生の掟?  
Posted by m-17_00909 at 03:04Comments(0)TrackBack(0)

2002年08月26日

風船くん激怒&私のスイーツ三昧な日々

今日は風船くんが久々に激怒。新しい電話回線を引く件で担当の電話局に
電話したら、話している途中で勝手に興奮してきた女の局員に「がちゃん」
と電話を切られたのです。新しい電話回線、先週から「明日には使えるようになる」
「明後日の午前中には」とどんどん伸びていくので問い合わせを
したのですが、電話を受けた女の人虫の居所が悪かったのかものすごい
態度の悪さ(風船くんが話している受話器から女の人の大声ががんがん
聞こえていた)。
インドの政府系役所ってみんな対応が悪いのはわかっているけど、
こういうのが絶対に許せない風船くん。
速攻で中央電話局に電話をかけ、そこのトップに苦情を言った後、
うちの担当地区の電話局のトップに電話をかけしっかり文句を言う
念の入れよう。泣き寝入りしないのはさすが。私だったら何もせず
1日気分悪いまま過ごしそう。こんなことではインドでは生き残れない?

風船くんの激怒苦情電話が功を奏したのか、新しい電話回線は
その後1時間で工事完了。まさに「ミラクル」。しかも中央電話局の
トップから直々に「電話は大丈夫ですか?」との丁重な確認電話。すごい。
自己主張しなくちゃ駄目だよねーと改めて実感してしまいました。

さて私はというと、狂ったように(笑)スイーツ作りにいそしんでいます。
昨日失敗に終わったパエシュをもう1度作り(今回は成功)、続けて
クルフィを作りました。ちょうど風船くんの親友ラバ(仮名)が遊びに
来ていたので、昼ごはんのデザートに出したら大好評。完全に自己満足の
世界に浸っています。
今は消費してくれる人がたくさんいるからいいけど、こんなの毎日食べていたら
ただでも「最近太ったよね」と言われているのに、大変なことになりそうです。
ちなみに家庭で作れるクルフィレシピ、近日公開予定ですので、楽しみに(?)
していてください!  
Posted by m-17_00909 at 21:38Comments(0)TrackBack(0)

2002年08月25日

スイーツ作りでストレス解消

来週から長期の仕事が入る予定なので、その前に思う存分
スイーツを作ろうと材料をたくさん買ってきました。ミルク、
クリーム、コワ、アーモンド、ピスタチオ、カシューナッツ、
レーズン。。。中でも一番高かったのがサフロン。
カシミール産の本物だから(!)と言われたけど、インドの物価
からするととても高く感じました。

私が料理をしたり、お菓子を作ったりすると最近りおりおは
不機嫌。ちょっと前までおもちゃで誤魔化したりできたのに
最近は賢くなって私がちらっと鍋を覗こうものならキーキー言って
怒ります。自分に100%注意が向けられていないと駄目なんですね。。。
という訳で、今日のスイーツ「Payesh(パエシュ)」(一種のライス
プディング、キールとも言います)は煮込みすぎてちょっと失敗。
明日はクルフィを作ろうと思っているけれど、出来るかな?

夕方からは外遊びをしたくて仕方ないりおりおを連れて近くの
公園へ。今日はしっかりりおりおと遊んだ1日でした。  
Posted by m-17_00909 at 01:49Comments(0)TrackBack(0)

2002年08月23日

平凡だけれど充実の1日

今日はにんじんのスイーツ「ガジャルカハルワ」を作りました。
前回は風船くんににんじんの切り方(おろすところを細かい千切りに
してしまった)を指摘されたので、「おいしい」と言わせるまで
意地でも作り続けようと密かに機会を狙っていたのでした。
今日のはちゃんとおろして、煮詰める時間も長くしたおかげか合格点。
ささやかな目標達成で幸せな気分。。。

次の目標は南インド料理(特にドーサなどの軽食類)を覚えて、今度
カルカッタに行ったときに作ること。義母は南インド料理も好きなので
帰省までにマスターしたいです。

今日はちょっとだけ部屋の模様替えもしました。テーブルの位置を
変えただけなのですが気分も変わって満足。気のせいか部屋も
広くなったようで嬉しいです。
今日は特になんということもない1日だったけれど妙に充実感が
あるのは私が単純だからでしょうか。  
Posted by m-17_00909 at 01:26Comments(0)TrackBack(0)

2002年08月22日

ラクシャバンダン

今日はRaksha Bandhan(ラクシャバンダン)。姉妹/従姉妹が兄弟/従兄弟の
手首にラキというきれいな紐を結びます。
カルカッタの義母、おばあちゃんからもそれぞれりおりおと風船くんにラキが
届きました(風船くんには姉妹、従姉妹がいないので代わりだそうです)。
私は母/妻ということで巻けないので、ウシャに巻いてもらいました。
ウシャと夕方下に遊びに行ったりおりおは、アパートの女の子からも
巻いてもらったそうで、1歳にして彼の手首のラキはとてもゴージャスでした。

私もカルカッタやチェンナイにいる義弟や親戚の子供たちに送ったので
夜はそれぞれからお礼の電話がひっきりなしに入り、改めて「インド家族の
結束の強さ」を実感してしまいました。
特に「ディディバイ(←親戚内で私より年少の子供は私をこう呼びます)、
サンキュー」と3歳の子供にかわいい声で言われたときはなんだかジワーッ。
インドって騙したり騙されたり日常の駆け引きが大変な国だけれど、だからこそ
お互いを守るよう家族がしっかり仲良くしているんでしょうか。
嫁姑問題、小さい揉め事はもちろんあるけれど、最後には親戚中結束するパワーは
やっぱりすごいなあと思います。  
Posted by m-17_00909 at 04:18Comments(0)TrackBack(0)

2002年08月20日

帰省計画進行中♪

今朝風船くんが突然「(日本の)お母さんに長い間電話していないから電話する」
と宣言して実家の母に電話。そしたらとても会いたくなってしまった(単純)
とかで、今回は経済的事情(笑)で私とりおりおのみの日本帰省の予定が、
自分も行くと言い出しました。私は風船くんも一緒に行ってくれたほうが
道中りおりおが暴れたときも安心なのでかなり嬉しいです。
風船くんと結婚して良かったな〜としみじみ思うのは、仕事を
一緒にやっているので行動を共にできるところと、あと家族をものすごく
大切にするところ。

帰国は仕事の状況次第で来月か再来月。風船くんも一緒に行くことになったので
急遽行き帰りをカルカッタ経由にしてカルカッタの家族にも会おう!という
計画が持ち上がりわくわくです。
また貯金はすっからかんになってしまうけど、家族に会えるだけで幸せ。

カルカッタではスイーツを食べるのが楽しみ! 前回は義母が病気だったし、
りおりおも小さかったし(今も小さいけれど)なかなか身動きが取れなかったけれど、
今回はいろいろなスイーツを食べてみたいです。そして日本では日本食!!
お寿司、焼き鳥、納豆、そして母の煮物。よだれが。。。
もうすっかり気分はバケーションな私でした。  
Posted by m-17_00909 at 16:40Comments(0)TrackBack(0)

2002年08月19日

人参好きのりおりお

今日料理をしていたら、いつものようにりおりおが野菜のかごで
遊び始めました。すると突然人参をつかんで猛スピードで別の部屋へ。
慌てて追いかけると、ドアの影に隠れてこそこそ(まだ洗ってない)人参を
食べているではありませんか! ショックです。
最近のりおりおマイブームは人参を生でがりがり齧ること。
どうしてこんなことになったかというと。。。

先日ホメオパシーのクリニックに行った時、いつものようにドクターの
子ども(女の子)がちょこちょこやって来ました。手には人参。そして
りおりおの目の前でポリポリ食べ始めました。人が食べているものに
あまり興味を示さないりおりおですが、このときばかりは目が釘付け。
欲しいと騒ぐわけではありませんでしたが、そのあまりの真剣さに
「りおりお絶対人参かじるようになるよね。気をつけなくちゃ」と
風船くんと言っていたのです。

案の定、今まで全く興味のなかった人参にりおりおは夢中。
子どもの観察力、集中力、記憶力ってすごい。りおりおが本当に人参が好きなのか
それともあの女の子に恋してしまったのかは不明ですが、これから
洗っていない野菜には気をつけなくちゃ。。。

ところでりおりおは最近おっぱいがないと生きていけなくなって
しまいました。あげないと泣くわ怒るわ。
今日も晩御飯の直後からおっぱいを飲みたがったので、気をそらそうと
夜のドライブに出かけました。
りおりおは車が大好きなのでとりあえず気をそらし作戦は成功。

そして今日のヒットは帰り道にふらっと寄ったカバブのお店。
ここのチキンカバブがめちゃくちゃおいしい。本当に外見からは想像できないくらい。
最近食べたカバブの中では大ヒットで、風船くんと小躍り(笑)してしまいました。
インドのレストランはシェフがコロコロ変わるので、味が一定でないところが
多いけれど、ここの味は変わって欲しくないなあ。  
Posted by m-17_00909 at 01:25Comments(0)TrackBack(0)

2002年08月18日

りおりお友達募集中

今日はりおりおの晩御飯を済ませてからスーパーに買い物へ。
風船くんが地下駐車場から車を出すのをりおりおと待っていたら
お向かいのアパートで子供連れのおばあちゃんが手を振っていました。
行ってみるととっても陽気な(ハイテンションの)おばあちゃんが
「いつもこの子(=りおりお)のこと見てるのよー」とりおりおをなでなで。
りおりおがウシャとアパートの庭で遊んでいるのを部屋から毎日
見ているんだそうです。
一緒にいた男の子は2歳。名前は「アハーン」くん。
2人で固い握手を交わしていてなんだかかわいかったです。

近所にも小さい子供がいるようだけれど、なかなか交流が持てない
のが私の悩み。
日本のような育児サークルもないし、同年代のお友達が全くいない
りおりお、なんだかかわいそうなような。。。学校に行くように
なったら(親戚の子は2歳から学校に通わせているし)お友達も
できるし、それまではこのままでいいのかなあ。。。  
Posted by m-17_00909 at 14:28Comments(0)TrackBack(0)