2004年08月30日

ラクシャ・バンダン

今年もりおりおはスクールでラキをもらってきました。
毎年手作りのきれいなラキを送ってくれる先生とヘルパーさんの努力に感謝!

それにしてももう明日で8月も終わり。7月末から8月初めにかけて家族で不調だっ
たせいか、8月ってもう終わり??といった感じです。
風船くんはりおりおがいると仕事に集中できない!と宣言して在宅ワーカーを
辞め今月から近所に事務所を借りたのですが、今まで24時間一緒の生活から
「パパは会社へ行く」生活になったせいもあるのかなあ?  

Posted by m-17_00909 at 19:32Comments(0)TrackBack(0)

2004年08月25日

もうすぐラクシャ・バンダン

今年のラキ(ラクシャバンダン)は8月30日。というわけで私もコルカタとデリー
にいる義理の弟たち(弟は一人ですが、インドでは従兄弟も弟と考えるので全部
で四人)のためにラキを選びました。EMSで送っても二日はかかるので毎年早目に
用意しているのですが、去年はラキ前日にも届かずかなり焦ってしまいました。

この日は姉妹が兄弟の安全、健康を祈って、兄弟の手首に飾りのついた紐を
結びます。風船くん一家にはどういうわけか女の子がいないので、ラキを結ぶの
はおばあちゃんの役目。私も結婚後は義弟や従兄弟たちにラキを送るようになり
ました。今年も「義弟にはこれ、5歳の従兄弟は小さ目のこれ」と選ぶのに時間
がかかってしまいましたが、こういうのって楽しい。
それぞれにメッセージをつけて今日送りましたが、無事届きますように!

↓(写真がはっきりしませんが)今年選んだラキはこんな感じです。
3d46e5f2.jpg  
Posted by m-17_00909 at 13:51Comments(0)TrackBack(0)

2004年08月23日

クラスメイトのお誕生会

昨日は高校野球で駒大苫小牧高校が優勝とインターネットニュースで
見て驚きました。すごい! 遠く離れていてもオリンピックで日本選手が
活躍していると聞いたり、地元北海道の高校の優勝を聞いたりすると
嬉しくなってしまいます。本当におめでとう!

昨日はりおりおのスクールの友達のお誕生日会に行ってきました。
実はこの子、名前を聞いても男の子か女の子かさえ私にはわからない
(在インド10年の勘で男の子だとは思いましたが)ほどだったので
行くかどうかかなり迷ったのですが、スクールバッグの中に
かわいい手作りの招待状が入っていて、それがとてもいい感じで
こんなかわいい招待状を作るのはどんなお母さんだろう?と
いう好奇心も手伝って思い切って行ってみる事にしました。

招待状には自宅で4時半からと書いてあったので、インド時間で
5時過ぎに到着。家から車で10分もかからないところなのですが、
閑静な住宅街の大豪邸。送ってくれた風船くんと「ここ??」と絶句
してしまいました。中に入ると車3〜4台は余裕でとめられる
ドライブウェイ(高級車ばかり)に広いお庭。中もゴージャスで
「やっぱりすごいや」と思ってしまいました。

しかもその子のおじいさんは日本企業とビジネスをしていて日本への
出張も年2回はあるということで日本語ペラペラ。
親戚の人も日本語が上手でびっくりでした。スナックも工夫が凝らされた
ものばかりだったし、パーティ自体は楽しかったのですが
「バンガロールには慣れたか?」「インド料理は食べられるか?」
「日本にはいつ帰国予定だ?」と、りおりおの顔からはパパがインド人だとは
思われないためか(りおりおのパパも日本人だと思っている)、インド初心者向け
の質問攻めにあいちょっと疲れてしまいました。

スクールのクラスメイトのお母さんたちも何人か来ていましたが、
話題は年末から始まる受験のことがメイン。彼女たちは定期的にお茶会を
開いているらしく「あなたもいらっしゃいよ」と言われましたが、
リッチマダムとは違い、仕事でヒーヒー言っている私には無理かなあ。
でもインドの教育事情に関しては風船くんはそう当てにはならないし、
りおりおの将来のためにはこういうお母さんとのお付き合い、情報交換も
大切かも。子どもを持って私のインド生活は新たな局面を迎えそうな(大げさ)
予感です。
097ebad2.jpg  
Posted by m-17_00909 at 02:43Comments(0)TrackBack(0)

2004年08月18日

続・インドのオリンピック

昨日は風船くんが夜遅く帰宅。そのまま寝てしまったので、私は
仕事にも手をつけずオリンピック観戦。ちょうど競泳の山本選手の
銀メダルも見られたし、ホッケーでインドが南アフリカに勝ったところも
見られました。さてそろそろ寝ようかなあと思っていたら今度は
テニスのマヘシュ・ブパティ(バンガロール出身)とリアンダー・ペース
(コルカタ出身)の男子ダブルスが始まりました。これは見なくちゃと思い
見始めたら大接戦。タイブレイクも接戦で緊張して見ていたら
肩が凝ってしまいました。
試合の他に面白かったのは、インド人サポーターの応援の仕方。
口笛を吹いたり、思わず立ち上がって踊ったり審判に何度も注意されて
いました。結果は無事勝って準々決勝進出。
射撃でも昨日は軍所属のRathore選手が銀メダルだし、インド
おめでとう!

今朝起きて風船くんに2時までテレビ見ちゃったよーと言うと
「インド人だってインド選手の試合そんなに真剣に見てないと思うよ」
と言われてしまいました。
それにしてもオリンピックに出る選手って私には考えられないような
プレッシャーの中で戦っているんだよなあ。。。
彼らの努力と精神力は本当に素晴らしい。  
Posted by m-17_00909 at 12:59Comments(1)TrackBack(0)

2004年08月17日

インドのオリンピック

日本はオリンピックで盛り上がっているのでしょうが、インドの
盛り上がりは毎回いまひとつ。オリンピック開催を知らない人もいそうな
感じです。家はNHKも受信できないし、テレビチャンネルをまわしても
やっていなさそうなのでインターネットニュースで我慢しようと思っていた
矢先、昨晩風船くんがオリンピックを放送しているチャンネル(普段滅多に
見ない国営放送)を見つけてくれました。

早速11時頃から見始めたのですが、運良く水泳で日本人が銅メダルを
取ったところを見られました。風船くんは寝てしまいましたが、一度
見始めるとやめられなくて、ずっと見ていたら突然「我がインド人
選手のバドミントンの試合です」と画面が切り替わりました。
相手は韓国の選手だったのですが、第一セットは15対13で負け。
その後は眠くなって見られませんでしたが、彼勝ったのかなあ?
なんだか試合の解説者もワンパターンで眠気をそそるような感じだし、
インド選手のユニフォームもセンスが感じられないし、ちょっと
悲しくなってしまったのは私だけでしょうか?

それにしてもこれだけ人口の多いインド。優秀なコーチとインフラが
あったら伸びる選手はゴロゴロいそうなのにどうしてスポーツに
もっと力を入れないんだろう?
数年前の新聞に、オリンピックのメダリストがその才能を活かす
機会もなく屋台でカバブを売っているという記事が載っていて
ショックでしたが、クリケット以外にももっとがんばってほしいものです。  
Posted by m-17_00909 at 14:41Comments(1)TrackBack(0)

2004年08月14日

独立記念日近し

また仕事続きで日記も滞り気味です。
昨日はスクールでインド独立記念日をお祝いする、毎年恒例の
「白い服着用日」でした。去年の苦い思いを胸に、今年は前もって
ちゃーんと用意しました。
今年は「外国人のお母さんってこれだから駄目よねー」とは言わせません。
もう完全に意地の世界(笑)。

さてそんな私の気持ちを知ってか知らずか、りおりおは「インド国歌、
おかあさん歌える?」と私が言葉に詰まる質問を繰り返しスクールへ
向かいました。
お昼に「みんなどんなかな?」とワクワクしながら迎えに行くと
今年もみな気合入っています。特に女の子のドレスはすごかった。
白い服って、ウェディングドレスのこと?と思うような子もいました。

先日ラジオでDJが「このごろは独立記念日の意味を忘れがちだけど、
独立のために命をかけて戦ってくれた人たちがいるから、私たちは今日
自由でいられる。自由を享受できることに感謝してもう一度この日の意味を
考えよう」ということをサラッと言っていてああ、いいこと言うなあと
思いました。
私が今バンガロールでのびのびと暮らせるのも、この日があったから。

インドの国歌を歌い、インドの言葉を話し、インド人の中で生きていく
りおりお。彼がこの国を誇りに思いながら育つよう私もしっかりしなくちゃ。  
Posted by m-17_00909 at 02:43Comments(0)TrackBack(0)

2004年08月02日

久々の家族外食

昨日は久々に家族で食事に出かけました。どうせ行くなら今まで行った事のない
ところにしようとガイドブックを見たりして「DHABA」というレストランに
決定。家からは車で30分くらいのところにあります。
DHABAとはいわゆるハイウェイでトラックドライバーさんが休憩するような
場所のことで、私と風船くんも昔Tumkur-Bangalore間の70KMを
スクーター二人乗りで日帰り往復するという暴挙をやったことが
ありますが、そのときも途中にあるDHABAでチャイをすすったり、
パンジャビフードを食べたりしていました。

話は外れてしまいましたが、このレストランなかなか良い感じでした。
内装もインドハイウェイの道端にあるような雰囲気を作り出し、
中にはトラックの前部分までインテリアとしてあって、車好きのりおりおは
大喜び。ポスターも音楽もそれっぽい感じで良かったです。
肝心の料理ですが定番の「SARSON KA SAAG」と「MAKKI KI ROTI」も
おいしかったし、デザートに頼んだニンジンのハルワも久々に
「これはおいしい!」と思える味でした。
ガジャルカハルワ(にんじんのスイーツ)は私が初期の頃散々作った
スイーツなのですが、最近は全然作っていなかったので、久々に
おいしいのを食べて俄然またやる気(?)が出てきました。
また作ろうかなあ。

インドのカリーもスイーツも「おいしい」ものって本当においしい。
スイーツは自分で本を見ていろいろ作っているけど、家庭料理は
自己流だと限界があるので、どこかに習いに行こうかなとちょっと
思い始めた今日この頃です。  
Posted by m-17_00909 at 02:54Comments(0)TrackBack(0)