鍼気楼 〜しんきろう〜 あんずの種院長の日誌

はりきゅう・アロマ あんずの種 は釧路本院と宮古分院があります。 その院長 ツボ探検家のすどうの日々雑感ブログです。

五月病に鍼灸は効くのか?

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

今朝、霧の釧路から、宮古島分院へ向い、

5月10日から釧路本院に戻ります。

日本一移動距離の長い鍼灸師です。(笑)


ある本によると、

自殺の一番多い月は3月で、

その次が4月とありました。

その後、夏に向けてだんだんと減っていきます。

ただ9月1日は一番多い日になるそうです。

曜日では月曜日が一番多いそうです。


いろいろあるのですね。


草木の芽吹く時期はやはり、精神が乱れる時でもあるようです。

そして、夏休みの終わる9月1日、

仕事や学校の始まる月曜日も、要注意なんですね。


ちなみに自殺者は男性が圧倒的に多いですが、

自殺企図者(未遂者)は女性の方が多いそうです。

なるほど、とも思いますね。


4月が終わると、

少し落ち着きを取り戻すようにも

なりますね。


あとは、五月病ですが、

これは実際に全くなったこともなく、

周りでも見かけなかったので、よく分かりません。


入学・入社に力を入れ過ぎた人がなるようですが、

皆さんの周りにはいますか?



ただ、何時の時期でも、

心身の調整には、鍼灸はおススメです。


こころが、ざわついたら、

想い出してください。

学校の検査で視力低下が分かったら・・・

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

昨日は20年前に、

杏園堂鍼灸院が光陽町時代の時に

視力回復で鍼灸治療に来てくれた方が、

小学生の娘さんを連れて来てくれました。


5年生になり、急に視力が低下したそうです。

20年ぶりに想い出してくれたことにビックリですが、

とても嬉しかったです。


 娘さんは、治療後0.3が0.4に変化してきましたから、

少なくとも、0,6~0,8くらいまでの回復はできそうだと思います。


鍼灸で視力が良くなることは、意外と知られてませんが、

帯広の東方鍼灸院の吉川正子先生が開発した

「中国医学視力回復法」により、

多くの人の視力が良くなっています。

10回の治療で平均3〜4ポイント良くなっています。

初期視力が良いほど、回復率も高いので、

早めの治療がおススメです。


ちょうど今頃は、学校で視力検査なども行われています。

視力低下があると言われたら、一度ご相談ください。



僕も、ずっと目は良かったのですが、

50歳の頃から老眼が始まり、

眼鏡を使う不自由さを初めて知りました。

(老眼にも鍼灸は効くのですが、やりは少しづつは進行していきます)



眼は大事ですよね。

口ほどにモノを言いますからね。





 

卵を割らなければオムレツは作れない

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。


「卵を割らなければオムレツは作れない」

  (ヘルマン・ゲーリング ドイツの軍人)


へ〜軍人さんの言葉だったんだ。

村上春樹の小説にも出てきた言葉で、なんか心に残っていました。


人生ってそんなもんですね。

学生時代、「旅に出たいけど、お金が無くて行けない」

という人がいました。

僕は、単純に

「バイトをしなければ、旅に出れない」

と思って、ひたすらバイトしてました。


何かをしたいなら、何かを

エイッとやるしかないのですね。


それはちょっと勇気のいることであったり、

しんどいこともあるかも知れません。


でも、

「 卵を割らなければオムレツは作れない」のです。


そして、卵を割ったら、何かを作って食べるしかありません。

途中で、卵焼きにするかの変更はききます。

それは状況によって、臨機応変することもあります。


でも、割った卵を、ただ眺めていても始まりません。


あとは、「どうしたら、美味しいオムレツを作れるか」

です。

チーズは入れるか?玉ねぎは?

もしかして、ゴーヤ?


人生は、大きくみると、遊びだと思っています。



「メールよりレール」(JR東日本)


机上にいるより、車上にいる方が、

そう、旅に出た方が、

楽しいことや発見があります。



「卵を割らなければオムレツは作れない」


だんだん、

オムレツが食べたくなってきました。










 

「空海に出会った精神科医」

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

昨日は、釧路市内の始めての店やカフェに入り、

何か新鮮な気分になりました。

知っているようで、知らない町、まだまだ再発見はありますね。


「空海に出会った精神科医」という本を読みました。

その中に、

「望まない妊娠により、精神のトラブルを起こしてしまう現代人」

の事が書かれてました。

最近、「コウノドリ」の漫画を読み直したのですが、

妊娠・出産というのは、本当に大変なことです。

望んで妊娠した人でも、マタニティ鬱になる人もいますが、

そうではなく、まったく心の準備が出来てない人はさらに

辛くなることが多いのでしょう。


現在、結婚する4組に1組 は、「できちゃった婚」です。

それが、20歳未満になると80%が、「できちゃった婚」になるそうです。

多いとは思ってましたが、かなりの率ですね。


新聞には、

まだ若い夫婦による乳幼児虐待事件が

掲載されることが、多くなりました。

虐待死の8割は3歳未満に起こっているそうです。


望まない妊娠には、「この子さえいなかったら・・・」という

感情も芽生えるのでしょうか。


僕は10代の時に、石川達三の小説を好んで読んでました。

代表作「青春の蹉跌」などのように、

望まない妊娠により不幸な人生が起こる物語がいくつかありました。

「結婚前はしっかり避妊しなくちゃ」と思ったものでした。

昭和の時代からあった問題です。


若い時の「避妊」、大事です。

これは、HIVなどの性感染症にも関係しますからね。


さて、「空海の時代」に

避妊なんて、どう考えられていたのでしょう?

あれ、あたらな疑問がわいてきました。





 

新美容鍼コースも人気です

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

新美容鍼コースは、お時間のあまりない方に

全身とお顔の鍼をするコースで、4月から新しくスタートしました。


昨日、あんずの種の1階での

「新美容鍼」のコースを受けてくれた方 は、

とても健康意識の高い方でした。


ご自身の冷え対策にも、食養法など工夫して、実践していました。

こんな方とお話できると、こちらも嬉しくなります。


「自分の健康は自分で守る」

とても大事な考えだと思っています。


鍼灸院を含めて、「医療機関にすべてお任せ」では、

一時的に良くなっても、また病気になります。

医療機関を上手に使いながら、

「自分の健康は自分で守る」

という意識が必要です。


「養生」とも言います。

食事や運動だけでなく、

養生法は、いろんな分野に広がっています。

知れば知るほど、面白いです。


「旅」や「海」も「歩行」も健康法です。

動くところに、気血はめぐり、

運気も巡ります。


全身の鍼とお顔の鍼を受けてくれた方は、

血色が良くなり、晴れやかになり、

「いつか宮古島にも行ってみたいです」

そのような言葉も言ってくれました。

嬉しいことです!


動くところに、すべては巡り、

美と健康の気も巡ります。



 

「自分の直感についていく勇気をもつことだ」

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

ローズマリーの精油を入れた朝風呂に入りスッキリし、

昨夜の焼き肉臭さから解放されました。(笑)


「最も大事なことは、自分の心に、

自分の直感についていく勇気をもつことだ」

(スティーブ・ジョブス)


アップルを作り、世界を何度も驚愕させたスティーブ・ジョブズ。

彼ほど、選択と決断を繰り返し、激しく生きた人はいないでしょう。


「悪口などは気にするな、やっかみであり、男の勲章だ」

とは、出光佐三の言葉ですが、ジョブスもまた、同じようでした。


自分の決めたこと、

例えば、選んだ結婚相手、

それが本当に良かったことなのか、

考えても仕方ないです。

選んだ、

自分の心、直感についていく勇気をもつことなのでしょう。

「やっぱり、もっといい人がいたかも知れない」などと

自分の直感を否定することばかり考えていると、

迷いが迷いを呼び、

運気がどんどん落ちてきます。


もっと自分の直感を信じて、行動するのが

いいのでしょう。


朝日の中、散歩しましょう。

 

士魂商才の男

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

映画や本で人気の

「海賊とよばれた男」のモデルとなった出光佐三氏は

沢山の名言を残しています。


「学問の奴隷となるな、
 
 卒業証書を捨てて、世間から学べ」


「苦労人になれ、困難に立ち向かえ、これが出光精神である」


「 人の行かない道を行け、

 組織は人間がしっかりしておれば最小限度でよい」


「愚痴を止めよ、日本の歴史を見直せ、

 今から建設にかかれ」


関東大震災、敗戦、メジャーからの妨害、タンカー事故

これほどか、と言うほどの大きな試練の連続でした。


廃墟の中でも希望をかかげ、

難関に打ち勝ってきた人の言葉。

重く感じます。


背筋が伸びます。



 

つもり違い十カ条

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

あるお寺で見かけたという文を読みました。

なるほどね、と思いましたので、

紹介します。


    つもり違い十カ条

1  高いつもりで 低いのが 教養

2  低いつもりで 高いのが 気位

3  深いつもりで 浅いのが 知識

4  浅いつもりで 深いのが 欲望

5  厚いつもりで 薄いのが 人情

6  薄いつもりで 厚いのが 面皮

7  強いつもりで 弱いのが 根性

8  弱いつもりで 強いのが 自我

9  多いつもりで 少ないのが 分別

10 少ないつもりで 多いのが 無駄

 
どうですか。

当てはまるところありますか?

僕はけっこうありました。


成りたい自分と実際の自分は離れてます。

大きくかけ離れていることも多いです。


つもり は多いです。


やっているつもり

考えているつもり

与えているつもり

言っているつもり

聴いてるつもり

見ているつもり

知ってるつもり

愛しているつもり

伝えているつもり


でも、伝わっていなければ、

何もしていないのと同じ。


つもり違いを知ることが

先ず第一歩なのでしょう。


あと3年で、僕も「耳従う」の年齢になります。

そうなれるように精進します。
















 

分け入っても 分け入っても 青い山

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

先日2人目不妊で治療に来てくれている方が、

体外受精で無事に着床したと報告してくれました。

喜びの中にも、まだ不安の表情がありました。

これから胎嚢確認、心拍確認と進み、安定期に入っていくまでは、

ハラハラドキドキだと思います。

それでも、先ずはとても嬉しい報告の瞬間でした。


昨日はまた、新たな方が2回目の来院をしてくれました。

道東の離れた町から、釧路の病院に不妊治療に通ってました。

5回目の人工授精がうまくいかず、

ステップアップも視野に入れながら

鍼とよもぎ蒸しの治療をスタートしています。

2時間近い運転をしての釧路通いですので、

大変だと思います。


不妊も出産も含めて、産科医不在地域の多い北海道です。

沖縄の離島もまた同じです。


医療の地域格差がある中で、

僕たちの出来ることは限られていますが、

それでも、

なんとか、

少しでも・・・

そんな思いの毎日です。


たかが鍼

できることは少ないです。

常に謙虚でありたいです。


されど鍼

違う可能性もまたあります。

常に研鑽し、寄り添う手に

力と温かみを持ちたいです。


どんな人にも

どんな病にも

同じでしょう。


道は遠く

道は険しく



分け入っても

分け入っても

青い山

(山頭火)








 

注意しながら 山菜採り

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

フキノトウを採ろうかと思っていた時に、

山菜採りの人が熊に襲われた現場を丁度通りました。

塘路湖に、パトカーがいたので、何だろうと思っていたところです。

これからの時期、気をつけなくてはいけませんね。


山菜の適度な苦味を取ることは、

冬に溜まった毒を排出するのに

良いことなのですが、

熊に襲われては・・・ね。


2日前に、「あんず元気総会」が終わり、

今期のテーマや計画などを発表しました。

スタッフが一人減った分、

ちょっとスリムになり、

また若返ったので、

よりコンパクトで、フットワークが軽くなると思います。


あんずの種に、来てくれる人の


こころとからだが、すこやかになり、

今だけでなく、この先の未来も

そうあれるために!


活動し、提案し、発信していきます。


温かく見てくれて、

応援してくれる人が周りにいてくれることも

再認識しました。


貴重なアドバイスを惜しみなく

与えてくれる人もいます。

有難いことです。


完全に安全なところだけで、

獲物や山菜も採れないかもしれません。

最新の注意を払いながら

冒険も必要です。


仕事は、

テーマパーク内の安全な冒険アトラクションとは

違うのでしょう。


だから

変化する状況を確認し、

他の人の意見にも耳を傾け、

ノーリスクではない社会で

変化していきます。


だからこそ

面白いのだと思います。

仕事も

人生も











 

「本当に、不妊に鍼は効くの?」

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

昨日は嬉しい日で、

とても久しぶりに来てくれた方が、

(正直、名前も忘れていたのですが<汗>)

「2年前に不妊のための鍼をしてもらった後に、

 妊娠しました。元気に育ってます!」

と、笑顔で言ってくれました。


昨日のブログで、「陣痛促進などにも、鍼灸が効果的」と、

書きましたが、

妊娠に至るまでの、「不妊」にも効果を発揮することも多いです。


「本当に、不妊に鍼は効くの?」

と、よく聞かれます。

例えば、「骨盤位(逆子)」治療なら、今までの当院のデーターから

「平均80%の確立で治っています」と言えます。

「不妊」に関しては、

今の年齢・治療開始のタイミング・病院での治療実績など

条件が様々ですので、一概に

どのくらい効きますとは言いにくい面もあります。


当院でも、多くの妊娠に至った例があり、

嬉しいことに、「あんずの種」にちなんだ名前を

産まれた子につけてくれた人もいます。


これからはそれらの結果をまとめ等をしていく予定です。


日本不妊鍼灸ネットワークでは、いろいろな症例を集め、

報告をまとめています。

学会でも「不妊治療」の報告が増えてきています。

だんだんと明らかになっていくことでしょう。


悩んでいる人

困っている人に

少しでもお役にたてれば、

そんな思いで、勉強し、研鑽をつんでいきます。


そして、「肩・腰・膝」以外にも


「こんなことにも鍼灸は効くんだよ!」


ということをもっと発信していきたいです。



僕の師匠が言ってました。


「鍼灸には無限の可能性がありますよ」







 

もうすぐ産まれる!花が咲く!

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

 温かくなったり、寒くなったりの釧路。

あんずの種の庭の水仙も、

先を黄色く染め、時々寒風に震えてます。

開花までもう少しです。


鍼灸の学会で、一番大きなものは、

全日本鍼灸学会です。

先日その学会誌を読んでいると、

「日本で活動している鍼灸師は約10万人いるが、

全日本鍼灸学会の会員数は3000名のみです」

と書かれてました。

釧路や北海道でも、会に加入している人は少ないです。

確かに加入しなくても、勉強はできます。

「メリットがない」という言葉もよく聞きます。


僕の師匠は、複数の学会に加入してましたので、

それが当たり前だと思ってましたし、

「学会誌を読むだけでも勉強になりますよ」

と聞いてました。


「メリットは自分で作るものです」  ね!


今回の学会誌には、

「骨盤位(逆子)と診断されてから、鍼灸治療を開始するまでの

期間が短い方が効果が高かった」という研究論文も載っていました。


妊娠週数の早い方が効果があるという発表は

今までも多くありましたが、

今回のようなものは初めて見ましたので、

とても興味深かったですし、

「なるほどね」と思いました。


あんずの種は、妊婦さんの治療が多いので、逆子の治療以外にも

「もうすぐ産まれそう、でもなかなか陣痛がこない!」

という陣痛促進のために来院される方も多いです。


こんなことにも、「鍼灸が!」

という事が多いですね。


先の黄色くなった水仙をみながら、

「もうすぐ花が咲く!

 もうすぐ産まれる!」

そんな期待が、

そんな希望が、

感じられました。


雪のちらつく釧路の季節のなかで、

それでも先っぽを黄色くしています。


けなげで

美しい。


今日も笑顔で

よい一日を!


 

歩いて、スクワットして、うつが治る!?

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

昨日、山花温泉行ったら、ポイント2倍で、さらに野菜プレゼントの日で、

とても得した気分になりました。


先日、なかなか良くならない腰痛と胸のつかえ感の強い人が、

どんどん歩くようになってから、

どちらも症状も良くなった人がいました。


ある本では、「うつ病の人に運動療法」を取り入れている

精神科医の話が出ていました。

「スクワット10回を3セットを週3回」

が薬の代わりの処方箋だそうです。

「そんなに出来ません」という患者さんには、

「森光子さんは80を過ぎても、これをやっていたんですよ」

と言って、やってもらうそうです。

良いフレーズですね。(笑)


ストレスからくる腰痛もあります。

そんな人も、歩いたり、スクワットが効果的かも知れません。


試してみる価値はありそうですよ。


勿論、軽いうつ病は気の流れが悪くなっておこりますので

鍼灸も有効です。

今の時期は、そんな人も多くなりますので、

お気軽に相談してください。


あんずの種の新人2人と早朝勉強会をほぼ毎日やっていますが、

やはり、教えることは楽しいし、自分の復習にもなって

良いですね。

今朝もやります。

頭のスクワットです。(笑)


今日も笑顔で

良い一日を!


 

鍼灸治療が自賠責保険の適用になるって?

おはようございます。

近所に歩いていける居酒屋を見つけて、嬉しくなった

あんずの種院長の須藤隆昭です。

昨日、読んだ鍼灸の業界誌によると、

「鍼灸の受療率は、

2002年から2012年 まで間は、ほぼ7%

2013年からはそれが5%に落ち、

そのまま低め安定。

また受ける場所は、鍼灸院から整骨院へ移動。

ほとんどが、肩腰などの運動器疾患で、

健康維持や増進に利用されることは少ない」

とありました。


「身体がだるい、イライラしやすい、胃がもたれる」

等のもっとも気になる症状の改善の選択肢には入っていないようです。


確かに、僕らにとっては、

「身体がだるい、イライラしやすい、胃がもたれる」

等の症状は鍼灸が得意とする分野だと思っているのですが、

一般的には、そうではありません。

業界の常識は、世間の非常識です。


交通事故のムチウチなどに鍼灸が

自賠責保険適用で、無料で治療が受けられることも

意外と知らない人が多いです。

意外と、などと言ってはダメですね。


僕やあんずの種では、鍼灸の魅力を発信しているつもりで

まだまだ伝わっていませんね。


肩腰以外にも、適用範囲はものすごく広いのに

それも、伝わってませんね。

予防医学に良いなんてことも

勿論、きっと伝わっていませんね。


この先には、まだまだ僕らが

やらなくてはいけないことがありそうです。





 

誰もが皆 ハイハイ歩きから

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

4月も3分の一が過ぎ、新入社員の皆さんも、

少しは新しい環境に慣れてきたでしょうか?

あんずの種の新人も、僕やいろいろな先輩から、

複数の指示が出て、どれが優先されるのやら、

あたふたしながらも。

一生懸命働いてくれています。


早く覚える人もいれば、

時間のかかる人もいます。


赤ちゃんも、早く歩けるようになる子もいれば、

歩くまで時間のかかる子もいます。

でも、5歳になっても歩けない子はいません。

いつか皆、一人で歩けるようになります。


あんずの種では、

前から、

「今何が出きるか?」

よりも

「これから何ができるか?」

を大事にしています。

伸びしろです。


伸ばすには多少のストレス(負荷)をかけなくては

いけません。


その時は、辛いです。

ちょっと苦しいです。

「なんでできないだろう」と

自分を責めたり、落ち込んだりします。


新人歓迎会の時に、

各先輩全員が自分の新人時代だった頃の話をしてくれました。

とんでもないエピソードもあります。(笑)

みんな最初は、出来なかった。大変だった。

それを聞いた時に、新人の顔が緩みました。


いいタイミングの歓迎会だったと思います。

また先輩スタッフ達を頼もしく思いました。


もし新入社員の人で今、大変な人がいたら、

職場の先輩に聞いて見てください。


「・・さんの入社時って、どんな風でしたか?」


きっと、いい話が聞けると思いますよ。











 

今年もワンデーミーティングが終わりました

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

昨日は朝から丸一日かけてのワンデーミーティングでした。

経絡体操から始まり、来期の方針発表、各部門報告と課題検討、

カレーライスの昼食後、

地震や火災を想定した避難訓練もして、

ロープで2階から降りました。(初体験)

患者さんへの説明などのロールプレイ、

ブレインストーミングによるSOWT分析をして、

最後は個人の今期の目標を発表して終わりました。


その後、居酒屋で2人の新人歓迎会で盛り上がり、

密度の濃い一日でした。


今期のテーマは

「 変化する あんずの種
   〜こころと身体のすこやかな未来を創造!〜 」

としました。

変化する社会と環境の中で、

初心に戻り、基本を徹底し、

当院の特色を活かし、

心身の調和と予防医学の研修と実践を進めていく。

それによって、いい仕事をして、

笑顔 よろこび 希望の種をまいていきたいです。


部門や個人の計画も、とても具体的になって、

良いものになってきました。

一週間後の「元気総会」に向けて、さらにブラッシュアップします。


勿論、大変なこともありますが、

これからが本当に楽しみです。






 

生きてるだけで 丸儲け

おはようございます。 あんずの種院長の須藤隆昭です。

昨日、疲れて来院した患者さんが、

「仕事本来の疲れではなくて、最近ストレスが多くて・・・」

と言っていました。

多いですね。最近こんな方。


多分、日本全体が昔より、ストレスフルな社会になっているのだと思います。

単純に、「起きて、働いて、食べて、寝る」 みたいな

生活ではなくなったからなのでしょうか。


今月号の「医道の日本」と言う雑誌のテーマも

「治療に活かすマインドフルネス」

でした。

ストレスやココロの問題がいろいろ注目されています。


東洋医学では昔から「心身一如」でしたから、

新しいことではないのですが、

もう一度、そのに関心が高まっています。


あんずの種でも、これからは、

予防医学と心身統合医療を

より大事にしていこうと思っています。


どうしたら、ストレスフルな社会で、

すこやかに生活していけるのか、

みんなで考えていきます。


昨日や、明日ではなく、

今ここに意識を集中するのが、

マインドフルネスであり、

本来の刹那主義です。


今、目の前の人に

笑顔 よろこび 希望を!


だって

明石家さんまが言うように

結局、


「生きてるだけで 丸儲け」



ですもんね。





 

天才

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

話題になっている「天才」(石原慎太郎)を読みました。

田中角栄氏の一生を書いた本です。ロッキード事件の時など、

僕は当時のマスコミの報道のまま、角栄は汚い政治家と思っていました。

今でも、けして綺麗な政治家とも思っていませんが、

ある意味、凄い人だと思っています。

それが天才かどうかはわかりませんが。


「国策裁判」 

と呼ばれるものがあります。


鈴木宗男氏もそうだったでしょう。


奥に、何かの意図がある。

この国の、大きな流れを守ろうとする支配層の意図。

戦後、外務省官僚を中心に、アメリカ中心に国を動かしてきた

本流があるのでしょう。

今の安倍内閣にも、それが現れています。



八百万の神々が、悠々と暮らしていた日本。

和を一番にして、

結のあった日本。


一人の天才ではなく、

一人のスパースターではなく、

情けなくも、普通の人が活躍するのが

なんか好きです。 

加川良に捧ぐ

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

40年近く前、

京都の寒い下宿屋で、

フォークの神様のひとり 加川良を

探検部の先輩に勧められて聴いていました。


名曲「下宿屋」では、

「一杯飲み屋を出ていくあんたに 空しい言葉がわかるなら

 汚れた手のひら 返してみたって 仕方ないじゃない

 あせってみるのも いいけど

 待ちくたびれてみるものさ〜」

と歌いあげます。

長い台詞まわしのこの曲は、

妙に印象に残っています。


最近また、古いアーティストが亡くなっています。


ジョンレノンや

忌野清志郎が僕の中で

死んでいないように、

この曲は僕の中で生き続けます。


ご冥福を祈ります。





 

霧の向こうに昇る朝日を

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

朝霧の釧路です。

僕の大好きな、朝日は今日は見れませんが、

霧の向こうに

昇っていく朝日があることを感じるのも好きです。 


いつの頃からか、

太陽光にすごく美しさとやすらぎを感じています。

夕日も大好きですが、朝日はさらに良いですね。


太陽光には虹の7色を全て含んでいます。

色を重ねるほどに、どんどん浄化され、

美しく澄んだ無色になっていきます。

神道でいう「光の道」です。


「あ〜僕は、ここから来て、

ここにやがて還っていくのだな」

と思う時があります。


これじゃ、「光の国」からやってきた

ウルトラマンですね。(笑)


でも、

太陽光を見ていると

ふ〜とその光に包まれるような時があり、

そんな気になる時があります。





かつて、劇団東京キッドブラザーズの

「サラムム」という芝居で、

柴田恭平と共演した坪田直子が


「21世紀は光の時代」


という台詞を言っていました。


何故かずっと心に残っています。



光には重さがありません。

僕らは、何か重さのあるものに価値を持ち、

沢山、持とうとしています。

モノに執着する心を持ちます。


21世紀は、従来の価値観とは違った世界に

なるのでしょうか?

光の時代になるのでしょうか?


いくつもの

昇る日と

いくつもの

沈む日を

眺めながら

ゆっくりと考えていきます。






 
過去の日記
  • ライブドアブログ