鍼気楼 〜しんきろう〜 あんずの種院長の日誌

はりきゅう・アロマ あんずの種 は釧路本院と宮古分院があります。 その院長 ツボ探検家のすどうの日々雑感ブログです。

夢のおき場所

おはようございます。はりきゅう・アロマ あんずの種院長の須藤隆昭です。

最近、言葉をなんか考えます。


言葉は力です。

人に勇気と愛を与えます。

言葉は力です。

人に不安と寂しさを与えます。


両刃の剣になりますよね。


普段僕も、何気なく使っている言葉ですが、

良い力にも、そうじゃない力にもなるので、

大事にしようと思います。


それとは関係なく

世の中には名言を残す人がいますよね。



「心の中に夢をしまっておく場所を

 つねに空けておきなさい」 (マーチン ルーサー キング牧師)


「私には夢がある」の有名なスピーチを残したキング牧師です。


日常の忙しさの中に流されると、

ついつい自分の夢のおく場所が小さくなったり、なくなってしまいます。

僕の場合、「夢しかないような男」 なので

それは特に困ります。


場所を空けるというのは、

要らない何かを捨てて

スペースをとる、ということなのでしょう。

時間も同じでしょう。

雑務を早く終わらせ、

夢を考える時間

その夢を誰かに語る時間を

確保しましょう。

そうしないと、心がしぼんでいきます。


「大事だけど緊急じゃないこと」をする時間

週に何時間かつくります。




はりきゅう・アロマ あんずの種

釧路本院 ホームページ
↓  ↓  ↓
http://anzu946.com
 

斧を見る

おはようございます。あんずの種 院長の須藤隆昭です。

週末は鍼灸師会の講習会と懇親会でした。

久しぶりにあった人から、「須藤さん、顔が柔らかくなったね」と言われました。

自分ではよく分かりませんが、そう言われると、そうかな、と思います。


働くことに忙しい過ぎて、身体を壊した人が、

「私は木を切るのに忙しく、斧を見る暇がなかった」

という言葉を 残しました。

斧が自分の身体だったようです。

人によっては、その斧が、家庭であったり、人間関係であったり、

いろいろでしょう。

忙しい過ぎて、大事なものを見失ってはいけませんね。

分かっていながら、そうなってしまう事が多いので、

時々、リセットする時間を意識的に作った方がいいですね。

自分では、上手く出来ている方かな、と思っていますが、

斧が汚れていたり、錆びついていたり、

気がつかなくなってしまうことがあります。

定期的なメンテナンス、必要ですね。

人にも道具にも。

自分の斧、見てますか? 

未だ見ぬ地平へ!

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

昨日は、友人宅でBBQでした。

火を囲み、男同志で酒を飲む。これもいいですね。

ささやかな思いやりに、ほっこりしました。

あんずの種には、元気な人がより元気になるため、通って来てくれる人もいますし、

難病の方も通ってくれます。

余命宣告を受けた人の治療をすることもあります。

嬉しいこともあれば、とても悔しい思いをすることもあります。

非力な自分を悲しみながらも、何かないかと考えることもあります。

余命数か月と言われた末期がんの人が、病院から見放された後に、

水断食と、

毎朝、日の出時の呼吸を42分することによって、

奇跡的に回復した例が載っている本を今朝、読みました。

そんなこともあるのですね。

事実は科学を超える時もあります。

もっと未来には、それを証明する科学が進むかも知れません。


サハラ砂漠をラクダで横断しようとして亡くなった、上温湯隆は

「冒険とは可能性への挑戦である」

と彼の著書「サハラに死す」に書いていました。

17歳の時にそれを読んで、僕は旅に出る決断をしました。


今もまた、自分の中で、

「可能性への挑戦」が、新しく始まっているのだと思います。


未だ見ぬ地平へ!


はりきゅう・アロマ あんずの種

釧路本院 ホームページ
↓  ↓  ↓
http://anzu946.com

「の」の関係

おはようございます。「はりきゅう・アロマ あんずの種」 院長の須藤隆昭です。

裏千家15代家元の千玄室氏は

著書の中で、「の」の関係 についてこう述べています。


「今は、私は私、あなたはあなた、という関係になっていますが、

戦前は「の」の関係でした。

「親の子」「子の親」。

学校へ行っても、「先生の生徒」、「生徒の先生」。

「の」という、つながりも責任も明確な関係でした。

それがいつの間にか、「と」になった。

「親と子」「子と親」「先生と生徒」というように。

だから水臭い関係になる。

夫婦も「あなたの私」であって、「私のあなた」のはずが、

「私とあなた」というように「と」であることが当然になっている」


成程と思いました。

戦後生まれの僕にもよく分かります。

また同じ戦後でも世代によって、若い人ほど、「と」の関係が強くなっている気がします。


親子でも、生徒と先生でも、経営者と社員でも、

いろいろな関係の中で、日本的な関係性が希薄になってきているのでしょう。


「和」の国である日本の本来の良さを

グローバルな現代にこそ、もう一度見直したい気がします。



丸い茶碗は地球で、

深い緑の抹茶は自然を現しているそうです。

地球の自然を大切にし、その緑に平和を感じながら、

「一服頂戴いたします」


あなたのお茶が

私のお茶になる


「の」の関係

大事にしたいです。



はりきゅう・アロマ あんずの種

釧路本院 ホームページ
↓  ↓  ↓
http://anzu946.com

世の中が明るく暮らせますように

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

自分と向き合う一人の時間、好きです。

でも誰かと一緒にご飯を食べるの、好きです。

一人よし

二人又よし

テラスご飯


昨日はお茶のお稽古。9月に全国大会があるので、真剣味も増してきます。

「茶のこころを世界へ」 15代家元 千玄室

という本の中に


「型を一生懸命やっている間に、だんだんと自分の血が入っていく。

型に血が入る。それが形になる」

とあります。


型を繰り返すのが、厳しい、面倒くさいとも思いますが、

自分の血が入っていくのですね。

道の世界は、皆同じなのでしょう。

鍼も極めるためには、

何本もうちながら、型に血が入るまで、繰り返し、

そして、形をつくっていくのでしょう。


特攻隊の生き残りである、15代家元は、

戦後、「一椀からピースフルネス(平和)を」のキャッチフレーズで

世界を回り、茶の和の心を広める活動をしたそうです。


いつもお稽古との時、

繰り返す「言葉」が、

だんだんと分かって来ました。


http://anzu946.com

存在力

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

「そこに彼(彼女)がいるだけで、場の空気が違う」

安心感に適度な緊張感があり、でも何となく笑顔が集まってきます。

それが存在力です。


例えば、映画では、高倉健さん等が存在力のある俳優でしょう。

彼を起用した映画を多く撮った降旗監督は、

「日本侠客伝で、主役になる予定の中村錦之助が脇役になり、健さんが主役になった時、

彼が、本気になって奮起しました。それからが彼の存在感が出るようになりました。

存在感は、訓練では出てきません。覚悟で出ます。

映画でしか生きていけない。ここでダメなら、去らなくてはいけない、

そういう覚悟をして初めて存在感が出てくる」

と言っています。


成程。

「自分がやる!ここでやる!本気で奮起する!」

そういう覚悟が大事なんですね。


覚悟は能力を上回ります。


自分も存在力のある人になりたいですし、

スタッフもそうなって欲しいです。

覚悟の決めた人が集まれば、

存在力のある「あんずの種」が出来ると思います。


http://anzu946.com

自分にとっての9秒9

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

雨の釧路の朝。ゆったりとした気分になります。散歩はなしです。

半身浴をしながら本を読むのが、朝の日課です。


「100メートルを9秒9で走ろうと思う人しか、そのように走ることはできない。

100メートルを13秒で走ろうと思っていてはできない」 (ユニクロ 柳井正)


散歩の延長で富士山に登った人はいない。

富士山に昇ろうと思った人が昇れる。

という言葉も聞いたことがあります。


目標を高く持て、ということなのか、

強い意志を持て、ということなのか。

僕は、高い目標、というより「夢」だと思います。


例えば、

「軍隊のない国を創りたい」

と思うのは、理想論で不可能でしょうか。

海外に派兵するとか、しないとかではなく、

自衛隊を国際災害救助隊に再編成して、戦争をする組織を持たない、

というのは、本当に不可能でしょうか。


世界には、軍隊を廃止して観光と教育で国づくりをしている

コスタリカのような国もあります。


ニュースでは、世界の戦争やテロばかり流れますが、

平和をつくっている国の話はほとんど流れません。

まるで何かの意図があるかのようにです。


「平和な世界をつくりたい。戦争のない世界をつくりたい」

そう思う人がたくさんいれば、それは実現すると思います。


それが、高い目標になれば素敵です。

「9秒9なんて、どうせ無理」

「戦争のない世界、なんてどうせ無理」

と思うのか、

諦めないで、高い目標をもつのか、

経済人の言葉を見て、そう思いました。


僕は、

「売上1億円」

という目標にはワクワク感少ないですが、

「笑顔・喜び・希望なら 日本一の治療院」

なら、

俄然燃えます。


僕の9秒9です。


あなたにとっての9秒9はなんですか?


http://anzu946.com

身体も心も元気だと 意欲もわく

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

曇り空の3連休ですが、時より見せるお日様の光が綺麗です。

晴れてよし

曇りてよし

富士の山

なんて句もありますが、

そう思われる富士山が凄いです。

富士山のようになりたいです。

かなりハードル高いですが・・・。


能力は足りないですが、

意欲はあります。


「意欲のある者の方が、

能力のある者よりも

多くをなす」

という言葉に救われています。


意欲 × 能力 で、決まるのなら、

能力が 2 でも

意欲を 10 持てば、

それなりになりますよね。


身体も心も元気だと

意欲もわきます。




「3連休 どこに行く予定もないから、あんずの種に来ます。いつもよりロングコースで」

と言ってくれた人がいました。

選択肢の一つに入れていただき、ありがたいです。

僕も遠くに行けない時は、近場のサロンに行ったり、美味しいものを食べます。

今日は月曜日ですが、僕も鍼します。

こんな日の鍼もいいですよ。


鍼して、美味しいものを食べる

こんな休日も良いです。


身体も心も元気にして

明日の意欲を!


http://anzu946.com

すべてが海底で繋がっている

おはようございます。はりきゅう・アロマ あんずの種院長の須藤隆昭です。


「世界地図を見ると、いくつかの大陸があり、

日本やイギリスなどの島国が点在します。

そしてその周囲には、さらに何百という島々が浮かんでいます。

それらは一見独立しているように見えますが、

もし海水がなかったらどうでしょう。

すべてが海底で繋がっていることが分かります」


あさい のり さんという方の書いた「目覚めの時」という本の

「浮かぶ島」という章には、そう書かれていました。

意識とマインドをテーマにした本です。


海水というマインドのために、バラバラ存在しているかのように感じ、

分離感を与えられるそうです。

本当はひとつ。

「we are all one」

ということでしょうか。


「世界は一つ」とよく言いますが、

海水というものを無くして考えると、分かりやすいですね。

孤島であることを悲しむこともありません。


「雲の上はいつも腫れ」

ともつながりますね。


自分の心の持ち方で、世界は変わるようです。

空の上ではみんな一緒。

海の底でもみんな一緒。


信じるものの違いによって

テロを起こしたり、

それに報復したりする世界が

なくなることを祈ります。


空の上ではみんな一緒。

海の底でもみんな一緒。


http://anzu946.com

ダメなところもあるけど、何とかしたい人を応援します

おはようございます。はりきゅう・アロマ あんずの種院長の須藤隆昭です。

一昨日、冷えたビールと焼酎の水割りを飲み過ぎて、下痢をしました。

丁度、昨日から「鍼技術チェック」といい、一人一人から施術を受け、

採点をして、感想を僕が伝えるイベントが始まりました。

これは年に2回ほど、スタッフから要望があり、開催しています。

皆の進歩が数値として分かってくるので、励みにもなります。

ちなみにアロマも年2回技術チェックをしています。

ということで、お昼に藤井さんのチェックをしながら、しっかりとっした治療を受けました。

終わると、一時ほんのりだるくなりましたが、お蔭で、かなり良くなりました。

良い職場環境です(笑)


それなのに、僕が皆に買ってきた宮古島土産のマンゴーが、

冷蔵庫に残っていたので、3切れほど食べたら、しばらくしてお腹が冷え、

不快感が出てきました。

熱帯の果実には、凄いパワーがありますが、

極陰性のため、協力に身体を冷やす作用もあります。

知っていながら、やってしまうこと。

またやってしまいました。

慌ててて自分で温灸して治しましたが、自業自得の反省ものです。

わざわざ、治してくれた藤井さんに申し訳ない思いでした。

マンゴー恐るべし

なのか、

須藤馬鹿べし

なのか・・・

マンゴーは暑い日に食べるべし、です。

当たり前の教訓を学びました。

なので、

昨夜は優しく、熱燗2本だけにしました。

って、「それでいいのか、健康の見本となるべき鍼灸師よ」、という感じですが、

あまり完璧な見本は目指していません。

「ダメなところもあるけど、何とかしたい人を応援する鍼灸師を目指します。(笑)


生きたい人を応援します。

全力で。


http://anzu946.com

自分一人で石を持ちあげる気がなかったら ・・・

おはようございます。はりきゅう・アロマ あんずの種院長の須藤隆昭です。

曇りの釧路の朝、少し肌寒いです。う〜ん、これぞ釧路の夏なのか。


「一人で石を持ちあげる気がなかったら

二人でも持ちあがらない」 (ゲーテ)


有名な詩人もいろいろな名言を残しているのですね。

自らが主体者となって、強い意志があるところに変化が起こるようです。


昔、高校生の時、山田洋次監督の「同胞」という映画を感度して観ました。

農村青年団が劇団の公演を主催するか、どうか議論している時、

メンバーの一人が、「いざとなったら俺がベコ(牛)売る!」と強い意志を示しました。

その瞬間、石が持ちあがり、事態は動き、ストーリーが始まりました。


ストーリーの始まりはいつも、「自分一人でも、あるいは、たった二人でも やる!」


協力者はあなたの「能力」に加担するのではなく、

協力者はあなたの「姿勢」に魅了されるのです。


「朝一人で雪かきをする姿をみて、この先輩のために頑張ろう」と思った人もいます。


「自分一人で石を持ちあげる気がなかったら

二人でも持ちあがらない」 (ゲーテ)


一人で重い石を持ちあげようというのは、大変です。

簡単ではありません。

でも、全ては

「意志が未来を決定する」ようです。


自分の意志?

時々見失うこともあるけど、

やっぱり、しっかり持とうっと!

必要とされ続けるために

おはようございます。はりきゅう・アロマ あんずの種院長の須藤隆昭です。

昨日は一日快晴で、窓を開けて、仕事が出来て、嬉しかったです。

釧路本院のリズムに早速シフトチェンジしました。このリズム、複数で動く感覚も好きです。

みんな必要で、かけがえのない人達だから、よけいにそう思えるのかも知れません。


組織・チームのメンバーでいて、

それは仕事でも、ボランティアでも、遊びでも、

「ここで、必要とされている」という感覚が、大事ですね。

よく、定年退職した男性で、

職場で必要とされなくなり、

家庭で邪魔に思われ、

居場所がなくなり、鬱傾向になってしまう人がいます。

周りの人は、「居ても居なくてもどっちでもいい」とまで思っていなくても、

「必要とされ感」が減ると、時に気持ちが下がることもありますね。


プロのスポーツ選手がそうであるように、

自らを磨き、チームから必要だと思われる努力も必要です。

自分の本業・プロフェショナルの場であれば、分かりやすいですね。


本当は、

仕事の場でなくても常にそう思えるといいです。

それには、分かってくれる周りの人の存在が大きいかも知れません。







集中力を高めるのには、脳を喜ばせること

おはようございます。はりきゅう・アロマ あんずの種院長の須藤隆昭です。

宮古分院から昨夜、釧路に戻りました。

寒いかと覚悟してましたが、意外と暖かい。

夏に 「暖かい」 という表現も、釧路独特らしいが・・・。

でも宮古のようにパンツ一枚で寝てしまったら、夜中に寒くて目が覚めました。

慌てて、シャワーではなく、久しぶりに湯船に入り、温まりました。

夜明けも1時間半くらいは早いですね。南北の距離を感じています。

さあ、今日から釧路仕様・本院仕様の身体にしていかなくては。


「集中力を高めるのには、脳を喜ばせること」

という言葉を聞いたことがあります。

やはり「喜び」です。

脳がバンバン喜んでいれば、どんどん集中できる。

仕事もスポーツも同じでしょう。

バレーでも、サッカーでも、試合途中に「集中!集中!」という言葉をかけあっていますが、

喜びながら、笑顔でその言葉を言っている方が、パフォーマンスが上がっていると思います。

ミスをしたり、それを責められて委縮したりするより、

切り替えて、「集中」ですね。

脳が喜ぶと、より集中できますし、

集中していい結果が出ると、また脳が喜びます。

喜びのスパイラルです。

自然と笑顔になります。

笑顔と喜びの先に、きっと希望があります。

あんずの種は、それを目指します。

http://anzu946.com/


平和な島であるために

おはようございます。はりきゅう・アロマ あんずの種院長の須藤隆昭です。

今日で宮古島を離れます。12日間の滞在で、10日鍼灸診療をしました。

新しい出会いもあり、池間のニモポイントやなべ底にも行けて、宮古の奥深い魅力も

知ることができました。まだまだ未知なる刺激がありそうです。


今、この平和な島も自衛隊のミサイル基地の配備問題で、揺れています。

水源を全て地下水に頼るこの島の水源地に基地建設が予定されているので、

住民は何かで少しでも汚染されることに不安を持っています。

ミサイル基地の役割は、敵艦隊が宮古周辺海上を航行するのを阻止するのが

目的のようです。となると敵からすると宮古島全てが攻撃対象になります。

「宮古島から基地を作ってください」という要望があったわけではなく、

国(東京)からの一方的通達で、後は飴と鞭で自治体長を丸め込むという原発問題と

よく似た構造がここにもあるようです。

現宮古市長も、のらりくらりとしながら、推進側(東京)に取り込まれているようです。

「島の問題に外部から来たものが口出しするべきではない」と思っていましたが、

外部から来た人が真剣に島の未来を考えている姿をみて、

ただ傍観していてはいけないのだと最近思いました。


僕が宮古島を選んで、分院を出したのも、沖縄本島のように米軍や自衛隊の基地がなく、

原発からも離れていて、安全で平和な島だと思ったからです。


沖縄は、琉球時代から、武力に頼らず、平和的な交流でなりたっていた島です。

これからも、そうあると素晴らしいと思います。


ここ辺境にいると中央(東京)との温度差を強く感じます。

戦争を出来る国にしたい人の思いと、

平和を愛する人の思いは、東京と沖縄では違います。

たぶん北海道とも違います。

今回の選挙結果でも、辺境と中央では明らかに違いましたよね。


鹿児島県では、原発に反対する知事が誕生しました。

沖縄には戦争に反対する知事がいます。

中央はそれを何とかつぶそうと必死です。


「命(ぬちどー)宝」という素晴らしい言葉が沖縄にはあります。

目先の経済に惑わされることなく、

中央の言論統制に負けることなく、

「おかしいものは、おかしい」と言える自由な国であるために

僕も、そのための勇気を持ちたいと思います。


健康で安心して暮らせて、

笑顔と喜びと希望の未来に

原発や戦争と共存する選択肢はありません。





今後の宮古島分院の予定

おはようございます。釧路と宮古島にある「はりきゅう・アロマ あんずの種」院長の須藤隆昭です。

台風が過ぎて2日目ですが、まだ風は強く、時より雨も降ります。湿度高め。

本日の予約が詰まっていて、昨日の土曜日は暇だったので、

お昼のカレーソバを食べる時、ビールを飲みたくなったけど我慢してたら、

午後から2人の予約が入りました。

夕食はとんかつ屋に行ったのですが、ここでもビールを我慢したら、

その場で夜の治療のメールが入りました。

こんなことってあるのですね。あまり飲むな!ってことでしょうか?

まあリゾートに来ているわけでないのですからね。

ただこちらでは、少ない予約ですので、入れば基本的にいつでも受けます。

完全オフの日がないのが辛いこと。まあその分空いた時間に海行ってますからね。

釧路とは違います。

釧路のメンバーどうしてるかな・・・と思ったころに、連絡が来たりして、

3000キロも離れているけど、つながりを感じています。


8月も16日から23日に僕が宮古滞在です。

お灸カフェ

8月18日木 19時~ 「妊婦さんに効くツボ つわりから陣痛促進まで」

8月20日土 19時~ 「夏バテに効くツボ 体力つけて熱中症撃退」

朝活 セラピスト勉強会は

8月19日と22日 午前8時~ 「陰陽五行論から臓腑弁証 6回シリーズスタート」 

新しく出来た「セラピストとその愉快な仲間たち交流会 のむちゃい」の宴会は

20日午後8時半を予定しています。

すでに短い滞在期間に予定がびっしりです。


9月は2日から10日まで、副院長の鍼灸師原田が初登場。

10月は12日から24日まで、僕が滞在。

11月は日程未定ですが、僕が滞在。

12月は11日から18日まで、原田が滞在する予定です。

この間、鍼治療が受けれます。

またアロマは

妻の加代子が今から8月24日まで滞在。

9月8日から10月末まで滞在予定ですので、

その間はいつでも受けられます。

また不在時でも、エサレンは「つむちゃい」の木田さんがいますので、受けれますよ。

年内はこんな感じです。


少しづつではありますが、来てくれる方も増えて来ていますので、

島の人の力になれるように頑張ります!


http://anzu946.com









一灯を掲げ、未知なる道を進む

おはようございます。「はりきゅう・アロマ あんずの種」 院長の須藤隆昭です。

台風1号直撃か?と思ってました。

昨日、セミナー後の宴会が終わった頃、「台風はこれからかな?」と言ってたら

「何言ってんの、もうさっき過ぎちゃったよ」と言われました。

進路がそれたので、あっけなく過ぎた宮古島です。

食料を買ったり、準備もしてましたが、被害がなくて良かったです。

「台風は反時計周りに風が吹くから、島の西側を通る方が、風が強くなる」

「宮古の後に沖縄方面に行くから船が3日くらい来ないことがあるから、生鮮食品が品薄になる」

等と島の人から台風の豆知識を教えてもらっています。


昨日のセミナーは宮古商工会議所の主催で、インターネットを活用したPRの仕方を教わりました。

その中で「自分の会社・お店の強みを書く」というワークがありました。

始めに「ココロとカラダの全人治療・鍼とアロマの融合…」等と書きながら考えました。

でも、このようなことを掲げている治療院は他にも増えてきているので、

唯一絶対的な強みではなくなってきています。

ただ、釧路と宮古、北海道と沖縄の両方に治療院を持つ所はありません。

今は、経費がかかるなどの弱みの部分もありますが、

いつかこれが、「あんずの種」の強みになっていくのだと思いました。

方法やプランは未定・未知ですが、ここに希望(光)があります。


未知なるものに満ちていること

それが、Wonderful です。

一灯を掲げ、未知なる道を進むのが

僕の Work であり、楽しみです。


笑顔と喜びと希望の種を蒔きます。









うつに効くツボ

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

昨夜の第20回目のお灸カフェは、「うつに効くツボ」で、8名の人が参加してくれました。

新しい人も二人来てくれて賑やかに勉強しました。

20代の死因のトップは自殺で50%です。

15歳から39歳までの死因のトップも自殺で20%。

日本は世界で17位の自殺率の高さ。

沖縄県の自殺率は全国5位と高い!

北海道も17位と高い方です。豊かな自然に恵まれて、大らかな性格の人が多そうですが、

自殺率は高いのです。

楽園と言われる宮古島にも「うつ」の7人も意外と多いようです。

元気なオバァの陰に、

メタボの中高年、乱れた食事の中高生、失業したり仕事の上手くいかない青中年。

肝炎や糖尿も多い。これから島の健康のために出来ることはいろいろありそうです。


今朝は宮古島倫理法人会の定例会に呼ばれ、お話をしてきました。

毎週木曜日朝の6時から1時間ほど勉強会をしているそうです、すごいですね。

僕が宮古島に惹かれ、分院開設が実現したことは、

「思う 動く そうすれば叶う」というKBG84のオバァの言葉の通りだったこと、

火事で家が丸焼けになった苦労があったおかげで、今があること、

等を話しました。

6時からの勉強会、7時半からの杏鍼塾、8時からのセラピスト経絡勉強会よりも早い。

これもいい感じです。


台風は直撃をまぬがれましたが、だんだんと波風が強くなってきました。

11日に帰る日まで、もう海には入れないでしょう。

充分、沐浴のように浴びましたから、満足しています。


雨の日は雨の日にやれることをやろう。

というと「雨読」か?

読みかけの本をゆっくり読みます。






聖地 なべ底

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

日本縦断自転車旅行氏ている時も、聖なる場所に行くのは好きで、

そんな神社や山に詣でていました。

沖縄には自然と一体になった斉場御嶽などがあります。

ここ宮古島にもいろいろ御嶽や石庭もありますが、昨日訪れた「なべ底」という池は、

今までの仲でも、格別凄い場所でした。

近角さんというガイドさんに連れられ、途中にある神様にも挨拶をしながら、岩場を進み、

崖を降りると、風の岩を超え、産道の岩を潜り抜け、青の池に辿り着きます。

太陽の光が水面に反射して、囲んだ石灰岩にキラキラ動いています。

ただ池に浮かんでいると、

まるで羊水に浮かんでいた胎児の記憶が呼び戻されそうな気になってきます。

「なべ底とは、産湯を使った鍋から、そう呼ばれているという話を聞きました。

ここに来ると、生まれ変わって再生するとも言われています」

と近角さん。

地下で海とつながっているので、潮の動きを感じます。水は何処までも澄んでいる。

ただ浮かんで、漂っていることが、こんなにも気持ちいいなんて。

真上の太陽・心火が、静かな池・腎水と交流しています。

風の肝、岩の肺、大地の脾が調和する場所です。


宮古島、底知れぬ魅力があります。

まだまだ知らない場が沢山ありそうです。

奇跡は、当たり前の日常の先に

おはようございます。あんずの種院長の須藤隆昭です。

昨夜は綺麗な夕日を見れたので、今朝も綺麗な朝日が見れました。

僕は、結構セットで太陽の始めと終わりを見ることが出来ています。

陰陽のバランスからもとてもいい気を受けます。


朝はそれほど暑くないので、窓を全部開けています。前方1キロの海から風が吹き、

海塩粒子が居ながらにして浴びれます。ちなみに短パン一丁ですので・・・

日ごとに体調が良くなっていきます。

太陽と海には、本来こんなにもパワーがあったんだと、あらためて気づきます。

ちゅらうみ

てぃだ

に囲まれて暮らしていると

奇跡というのは、当たり前の日常の先にあるような気がしてきます。


当たり前の日常が、送れているようで、何か違うのでしょう。

忙しい時間、長いパソコン作業、コンクリート、

見えない太陽、見えない海、

緩むことを忘れそうな自律神経。


鍼灸という手で触れる治療、気の交流をする治療を

するものにとって、自らの状態が良いか、悪いかで

治療結果に差が出るのは、否定できないでしょう。


僕にとって、今、此処にいるのは

必要・必然なのだと思います。


今日もいっぱい浴びます。


台風を気象庁より早く予想する達人

こんにちは。あんずの種院長の須藤隆昭です。

「おはようございます」といつものように書けない時間のブログアップです。

いつものように朝は5時前に起きていたのですが、今日の朝勉の資料を作ろうとしていたら、

プリンターに紙詰まりが起こり、そのまま再起してくれず、コンビニでコピーに行ったりと

バタバタして、そのまま8時~の朝勉に突入。

1時間ほど「経絡トリートメント」の講義をして、9時半から治療・・・

オクラソーメンの昼食を取り、昼寝。午後2時~治療・・・

今に至る、という感じです。


夏の宮古島、気持ちよく暑く、晴れた日が続いていますが、どうやら

台風も接近しているようです。そろそろ食料とワインの買い出しの心配をし始めています。

帰りの飛行機には影響しなさそうなのは、いつもの通りです。


なんと、台風の発生を気象庁より早く予想した人が島にはいます。

ラサコスムニカのオーナーの中島さんです。一昨日あった時に

「南洋に気になる低気圧があり、それが台風になるかもしれない」と言ってました。

まさか、と思いましたが、ドンピシャ!

海で遊ぶお客さんのために、気象情報を独自に集め、

「この日の風はこうだからこちら側のビーチの方がいい」とかアドバイスしてくれます。

僕も中島さんの気象情報はかなり信用しています。


島にはいろいろ凄い人がいます。


今朝の勉強会に参加した旭川出身の女性は、宮古・チェンマイなどを自由に行き来しながら、

暮らしています。マッサージや農業やマリンレジャーの仕事などなんでもやっています。

古民家に住んでいるのですが、趣きはあるものの、虫の天国。

もういろんな虫と共生しちゃっているようです。

僕らはそれが大変そうで、古民家暮らしを諦めていたのに・・・。凄い!


ATMと会話するオバァもいますし、まあ自由な人が多いですね。

あまり、こだわらない。

あまり、求めない。

あまり、心配しない。


内地では、短パンの社長がいたら、話題になるけど、

こちらでは、そんなの当たり前です。

僕も短パンが多いです。

一応海に行く短パンと、お店に行く短パンは使い分けていますけどね。

「サンダルお断り」の店も見たことありません。


今日、釧路の「あんずの種」に来てくれている方が、

「7月後半に宮古に5日間行きます」と電話してくれました。

普段、忙しい方なので、この「自由で、ゆるい宮古島」で、のんびりしてくれると嬉しいです。


プリンターはネットで調べたり、サービスセンターに電話しましたが、直りません。

最後の手段は、島マースと泡盛で清めてみます。


南の奇跡が起こるかな?






過去の日記
  • ライブドアブログ