2017年05月22日

南アルプス水道水

5月序盤の連休時期に、恋人と都合あわせられなくて一緒に遊べなかったのが心残りだったので、その分今度の日曜は思いっきり遊ぼう!
と話し合って、21の日曜は久留米まで出向いて待ちあわせ。

何年ぶりかのボウリング!
めざせ3桁スコア!!

・・・と気持ちだけは前のめりのつもりだったんですが、のめるどころかその姿は傍から見たらただの前屈みだったようです。
前回(何年前だ?)からまともに転がしてない身でウデがついてくるわけないですもん、ね。

1回目:117
2回目:86
3回目:83

スコアじゃなんとか負けなかったけど、進むごとに数ポイントながらもスコアを伸ばしてきた彼女とは対照的に、調子は下降線一方。
ストライクも3ゲーム目の開幕でようやく1個出たきり、あとはどうやっても端に1本残る状態の連続で、最後はその1本のスペアさえままならぬブザマ。
ストライクの数だけでも2回決められてるし、遊びとはいえプライド的には勝てた気になれないというのは、やっぱりちょっと悔しいもの。

・・・またいつぞやみたいに、特訓行こうかって気分になってるわ。

m-22_15178 at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月20日

ビッグシャドウ

カメラに付随する?話。

長距離砲(望遠レンズ)をとうとう購入して、遠方の目標を意識しだした頃、ふと思いついたのが
「双眼鏡もあったら役に立つだろうか」
と。

まぁカメラ屋さん行くと、だいたい近いところに置いてあったりするから、やっぱ気になるものなんですよ。光学製品ですから、おのずとカメラメーカー製のモノもあるわけだし。

ただ、今すぐ必要かというとそこまでこだわってもいなかったので、現時点でも購入には至っていません。ていうか当分買う必要ないな。


家の中で眠ってた奴がいたとは、ね。
しかもニコン製ではないか。
(買うならカメラと一緒でニコン製品を候補に考えてたもんで)

とりあえず外に向けて覗き込んでみると、操作系に渋いところは感じられないし、思ってたよりもクリアに見えるので、おそらくレンズの曇りはないと判断してよさそう。
でも・・・じっくり前後からコンディションを確認してると、やっぱりレンズ面、周辺部に見慣れた汚れのようなものが。
ていうかいつものカビ模様だわコレ。

となれば、やる事はおのずと決まって・・・・・
バラしてお掃除!
ツールはすべて揃っている!何も、問題は、ない。

いざ開けてみると、想像よりもシンプルな構造だったんで、あっさり完了しました。
明るい屋外とかなら、ほとんど問題なくいけるハズ。

やっぱ、自分でできそうだと思ったら、迷わずあれこれやってみるもんだねぇ♪

m-22_15178 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月15日

みなのうた・3

14の日曜は、仕事のクルマを車検に出してるあいだに市内へ足を伸ばして、ついでに髪を切ってもらいました。ちょっと夏気分?
陽射しの割には風もあって、そんなに暑くは感じなかったかなぁ。ハイペースで動き回るとさすがに汗ばんでくるけど。

いつものように夕飯時まで遊んでいられないので、飯歩きはちょっと珍しく「ランチ歩き」で。
新天町から西通りへ抜ける出口付近にある「肉バル」がちょっと気になってたんだけど、オモテの立て看板を見ると「パスタランチ」の書込みが。
ならば覗いてみる価値はある!

ちょいとリッチなのになると和牛ステーキやローストビーフ丼なんてのもランチメニューに出てくるらしいですが、パスタもなかなかのボリュームでサイドメニューも充実してコスパ良好。
この日のパスタは、イベリコ豚とバジルクリームソース仕立て。むちむち・・・もとい、もっちもちの麺と、イベリコ豚の味わい深さはお値段以上♪
満足感がケッタマシーンで駆け抜けていく・・・。

オナカを満たしたら、あとは天神の定番コースから中州〜キャナルシティを経由して博多駅・ヨドバシまでウインドウショッピング歩き。

オマケでドトールのミラノサンドは、カマンベールとプロシュート。


m-22_15178 at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月08日

トンマルキの使者

7の日曜は、佐賀の牛津で「ATPF九州魂」に参加してきました。
国内各地・複数の会場で開催されるATPFのマッチですが、九州では佐賀と福岡の2会場あって、今月の定例マッチは合同開催。
ふだんあまり顔を合わせる機会が少ない地区の方々との交流会みたいな側面もあるので、試合の空気も緊張感よりもお祭り気分とか和気藹々な感じだったりします。

今年の九州魂も、通常通りのマッチに加えてエキシビジョン(?)としてアンリミテッドのステージを立てての計測会も行われました。
先日、某レンジでの計測会と練習を通していくらか予習はできたと思うので、成績はそれなりのとこまで詰められる・・・カナ?

しかし一方で、ATPFのステージオーダーに対応するために急遽準備してきたハイキャパ4.3が、現地で不調を起こしまくって始まる前にリタイアという憂き目に・・・。
いつもの外部式のシステムで、ホースめいっぱい伸ばして何とか対応できたけどね。

もちろん、個人的にカメラの準備もばっちりと。
(記事中の画像はサブ機のSTYLUS1から)
久しぶりに動き物を相手に銀塩機を持って行きました。F3にモータードライブ付けて。
おかげで36枚×2本をあっという間に射ち切ってしまいました。自動巻上げ&連写ってすごく楽しいけど、マニュアルフォーカスで追っかけるのはホント大変。
現像上がってきて、さてきちんとピント合ってるやつどれくらいあるかしら。

アンリミテッドの方は、予習の恩恵もあってか、極端な躓きを出さずにそこそこ当てていけたと思ってたけど、最終リザルトは60秒台を切り込めず。
安定感だけではなかなか進めないもんだなぁ。
ATPFも、直前のトラブルの影響に気持ちを引っ張られたりはなくて、こっちも無難に35秒そこらでいつも通りのまとまり具合。
カメラとテッポーでバタバタしてる方が、いい意味で肩の力抜けてペース維持に作用してる?

そして試合後はこれまた定番、小城(おぎ)の「一平」でカツカレー。
並でもこのボリューム、食べ始めたら止まらないっていうか止まれない。
それでも、今回はわりと余裕もって食べきれたような気がしました。動き回ってたんで意外とオナカすいてたのかも。


m-22_15178 at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月06日

いしのなかにも3年

とある倉庫街エリアでのお仕事。
担当の物件も大きな倉庫・・・の中に事務所区画が建て込まれている構造。

連休明けとはいえ土日が絡むせいか、朝から現場に来たのは私だけ。
予定の作業を静かな中で進めていると、なにやら壁の向こうから気配のようなもの?が・・・。

いや、気配どころか「何かがいる音」が、壁の向こうから、ガサゴソと!
はっきり聞こえる!

倉庫本体の外壁と事務所区画の間にはそこそこ空間(スキマ?)があって、よく見ると以前に何度か改築した関係なのか、壁下地が2重か3重に張り足された跡が確認できる。
その中から音がする、ということは
「そこまで大きくはないが、間違いなく何らかの動物が入り込んでる」
わけで・・・。

どこから入り込んだんだ?
いやそもそも、その生き物って、ナニ?

壁に落ち込む動物と想像して真っ先に思い当たるのは猫だけど、それにしてはいっさい声を発していないのは疑問だしなぁ。
ネズミだとしたらその音からして大きすぎるし、イタチのたぐいだとしてもそれらの種族がはまり込んで身動き取れなくなるような狭さじゃない。

ましてや、切り開ける予定のない区画の壁だから、下手に扱って造作の人の手間を増やすのも気が引けるし・・・。

そうこう考えながら自分の作業すすめてる間も、頻繁に、かつ切実なガサゴソ動く音が繰り返され、葛藤と疑問でこっちのアタマの中も一杯いっぱい。
このままほったらかしにしてたら、これ中で死んじゃうだろうなぁ。だとしたらなおさらに放っておけないよなぁ・・・。

とうとう意を決して、音のする付近の壁を1箇所切り開けてみることに。
開けた直後に携帯電話のカメラとライト使って周辺を調べてみたけど、その時点では生き物らしき影は見つけられず。
まぁそのうち出てくるだろうと様子見してたら、ほどなくして壁の向こうから毛並の反射らしき光の感覚が目に留まり・・・・・

壁から飛び出し・・・

いや飛び立ったー!?

あわてて追いかけて、中から出てきた奴の正体がコレ。
鳩かよ!
そりゃ狭いとこ落ち込んだら出てこられんわなー・・・。

どうにか外へ誘導を試みたのですが、あっさり想定の逆方向、2階区画の天井裏へ飛んでいかれました。立体機動できる奴が相手じゃどうしようもないので、そのまま諦めてたものの、後で2階に上がってみたらなんと落ちた奴も含めて3羽ほど居ついてたのを確認。

これほっといたら、このまま中に巣を作られ・・・いやもう作られてたりして。

ちなみに、昼過ぎに造作の人が来たので事情を話したら、あからさまに「余計な仕事増やしやがって」な顔されました。
我々だけならあのままどうなろうと知ったことじゃないかもしれんけどさ・・・入居する人たちにとって「壁1枚向こうで死体が腐敗進行していく環境」なんかで仕事とか冗談でも嫌だろうし、そもそもそれじゃ事故物件みたいなもんだろ!


m-22_15178 at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月05日

イケナイオオカミ

連休とはいえ、あんまりこの時期にこだわっての遠出は考えたりしません。
ただ、いつもの行動エリア範囲内といっても福岡方面はどんたく等で人が異常に多いので、もっぱら北九州方面に出かけるのが定番化しつつあるかも。

4日の木曜もそのつもりで予定考えてたのですが・・・。

なんとなく
「小倉方面歩くだけってのもつまらん」
「ちょっと高いとこからの風景って、あんまり撮ってないなぁ」
と、考えながら朝を迎えた結果。

北九州へ向かうJRを途中で降りて、宗像と岡垣の境界にそびえる「宗像四塚」のひとつ「城山(じょうやま)」に登りました。
登山とか全然考えてないスタイルで。

標高じたいは大したことないし、地元の人たちには登山ハイクの定番みたいなもんなので、無理や慢心がなければまぁなんとか頂上までは行けます。
とはいえ、その名に残るようにかつては山城が築かれていた尾根はかなりの急勾配が続き、階段状に整備された登山道といえどその高低差はかなりのもの。
平地歩きのペースしか憶えてない足にはかなりの難敵でした。やっぱ低くても山は山。もうちょっとちゃんと考えて準備していかないとダメね。

ちょうど昼前後のタイミングで頂上に到達し、好天の下に広がる宗像の町並みをゆったり眺めて小休止。
山歩きのお供にFEを持ってきてたので、登下山の道すがらにもちょいちょいシャッター切りながらの道行でした。50mmだと自然風景には狭いので、28か35の1本勝負か、追加するならマイクロの55があれば理想ってとこかしら。
半端な望遠じゃ山の鳥なんて捉えられないし、そっちやるならいよいよガチ装備とそれにあわせたフィジカル面の準備も必須になるし、さすがにそこまでは・・・ね。

あわてずのんびり降りてきたら、改めて北九州市街へ向かって移動再開。
久しぶりに黒崎近辺とか散策(強行偵察)したり、小倉のタカチホでお宝探し歩いたり。

夜は混雑を避けて少し遅めの飯歩き。
平和通沿いに面したとこにある「鳥松」に入ったんだけど、さすが行楽期間、一部の人気メニューがちょいちょい品切れになっててちょっと後悔。
でも、品切れを免れた豚バラやせせりはとても旨かったし、空腹の勢いでオーダーしたスペアリブと生ハムのサラダのボリュームでオナカは超満足♪

・・・で、何の気まぐれか、腹が落ち着いてきた頃合で梅酒ソーダ。
あえてのアルコールいってみちゃった。
何年ぶりだろうな。記憶が間違ってなければおよそ5年近く飲んでなかったハズだが・・・。
飲み方をちゃんと弁えていれば大丈夫ってのを確認できたし、たまにはこういうのも悪くないね♪


m-22_15178 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月01日

ピピン@ボール

通しの休みはないけど、だいたい赤文字は休めるはずなので・・・。

土曜は予定通りなら午前のうちに片がつくはずと見越して、ちょっと珍しく?仕事クルマにバッグ(D600)しのばせて出発。
用件済ませたら、ちょっと海沿いのルートに寄り道して、海の中道海浜公園へ。

他の人がネモフィラの写真あげてるの見て、これはどうにかして自分でも撮りに行きたい!ってなって、半ば仕事そっちのけの勢いで行ってきました。
(近いうちに海浜公園で写真オフやるんだけど、私は先約あって参加できない事情もあった)

天気も文句なしの快晴、ピクニックの家族連れから撮影会の団体さん、ポトレやら自主コス撮どころかドール撮りの人までいたりして、思わず声をかけたくなるのをぐっとこらえて、ちまちまと撮り歩き。
動物・野鳥エリアの方にも興味を惹かれたんだけど、そっち方面を想定した構成ではなかったので、そこら辺はまた日を改めて装備ととのえて行きたいなぁ。




続きを読む

m-22_15178 at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)