2008年07月11日

洗濯したいのにめんどい……

 amazonで、「輸入版3枚買ったら15%オフ!!」ってもんに、ほだされて大人買いを実行している今日この頃です。

 レコードでは持っているけど、CDは持ってない、ってことが多くて。ということで、今聴いているのは、キャロル・キング『喜びは悲しみの後に』です。4曲目が特に大好きで、コレだけをリピート。昨日、届いたので。レコでしか持ってなくて。コレで磨耗せずに心置きなく聴くことが出来るわ!!そして、一緒に買った、『つづれおり』レガシーデラックス盤。『つづれおり』、何枚持ってるんだよ??私ったら!!ダメすぎて、ぐうの音もでん…。amazon配達のクロネコヤマトの兄ちゃんと顔なじみになっちゃったし、この前、風呂入ってるときに、配達来て、バスタオル2枚で出迎えをしたら、「自分がサインしときますんで!!」とそそくさ、でした。ほんと“そそくさ”だった!!TOKIOの山口達也似のさわやか兄ちゃん、自分の好みではないけど、モテるんだろうなぁ…。私なんて、魔窟を具現化した妖怪だもんな、妖怪マ・クーツだ。

 キャロル・キングで思い出すのは、GAPのCM。結構、前。10年くらい前かも。ピアノで「ソー・ファー・アウェイ」を弾き語る女の子。後ろから、「いい曲ね」と声をかける中年の女性。女の子が振り返り、「あらやだ、ママの曲よ」と微笑む。そう、中年女性はキャロルで、女の子は娘さんなのでした。

 この時期から、既に夏バテしてます。豚・牛肉、ダメ、匂いでダウンしちゃう。脂っこいものが受け付けられない。カロリーメイトくらいしか食べてない。しかも、4年くらい前の交通事故の影響が今頃やってきやがって、雨の予兆があると、こめかみを締め付けられるような頭痛。まったく、あの時の交通事故だって、瞬時のノーガード戦法が幸いして、無傷に近い状態だったのに。ほら、アレですよ、「キン肉マン」で、リキシマンとスプリングマンの試合ですよ。身体を守ろうと筋肉に力を加えてしまうと、逆にダメージを与えてしまうってやつ。筋肉が収縮してる状態で外部からの圧迫があると、筋肉の収縮で骨が折れるんですって。だから、いつもノーガードで。あんまり、リキシマンは好きじゃないんだよな〜。ブロッケンJr.が断トツLOVE。ルパン三世の次元大介が好みなら、ブロッケンJr.も好みのはず。硬派の一言では片付けられない、柔和な部分も垣間見せる、…、かっけー!!

 次元に関しては、「つるんでる」感じが良いんですよね〜。多分、次元自体は盗むことより、ルパンと共に大胆なコトするのが好きなんだろうなぁ。ファースト・ルパンの紹介でも「ガンマン」だったし、泥棒を稼業としてはいないんだろうな。小学6年、私は再放送で、セカンド・ルパンの宮崎駿が絡む前の第2期を観ていて、「ルパンが好き、って思っていたけど、違う。コレは、…、次元だ!」と確信して以来、次元ファンに。でも、次元ってさぁ、カッパブックスのマークに似てるんだよね、それがどうしても引っ掛かっていて。だがしかし、いつも、くたびれた黒のスーツが、帽子が、設定としては日本では入手困難なタバコ(連載当時)だったゴロワーズやジタンをジッポで火を灯す姿が、いかにも細!っていう脚が、狂おしいほど琴線に響く響く。いっそのこと、声優の小林清志さんの愛人にして!! 山田康雄亡きあと、クリント・イーストウッドの声が納谷悟郎って、どういうことなのさ??銭形のとっあんが、後釜って。ヤスベエでなきゃイヤ!! 

 友達に暑中見舞いを送らなくては…。筆まめでないと!! 筆不精でライターなんて夢見ていても意味ないじゃん。

 全然話が変わるけど、タリカのリポシル、すごい効き目!!睫毛、ほんとに長くなった!!もともと睫毛は長いほうだったけど、リポシルでもっと長くなりましたわ。前に友達から「睫毛、長いよね〜、いいなぁ〜」って言われたとき、「え〜?だって、つけ睫毛したって変化ないし、メガネ買うときだって鼻の付け根の部分が調節出来るヤツでないと睫毛がレンズにあたって汚れるし。マスカラも繊維入ってるやつだとキモイことになるし。あんま、いいことないよ」と答えたら、「贅沢な悩みだね……」とぼそっと言われた。彼女は睫毛が短いんだった!!だから、繊維入りのマスカラが手放せない。さぁ、彼女よ、あんたもリポシルしなさいってば!!DHCの方も効き目あるらしいよ。

 

 喜びは悲しみの後に(紙ジャケット仕様)




リポシル アイラッシュトリートメント 10ml


m-23_55705 at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) レコはつらいよ 

2008年06月11日

黄昏ながら足裏マッサージ

 永井博のイラスト集を買い、大瀧詠一のロンバケを聴くと、美白命の私も、「こんなプールサイドでビキニ着けて、ヴォーグ眺めてトロピカルドリンクでも飲みたいぜ!!」と妄想を繰り広げる今日この頃。ヴォーグなんて買ったことないし(読んだとしても、美容室)、トロピカルドリンクなんて、飲んだことないし、高校時代の体育水泳以来、泳ぎなんてしてない、こんな私が!!妄想の中では、私のプロポーションはアンジェリーナ・ジョリーかキャサリン・ゼタ・ジョーンズで、サングラスはナス型のグラデ、もしくはブルースブラザーズのレイバン。ブラックムービーの『コフィー』みたい♪妄想に拍車がかかりすぎ、ナイアガラ聴き大会です。「クリスマス音頭」です、今…。

 CDが多いのと本が多いのが悩みです。こんなんじゃぁ、モテが遠くなります。あぁあ、メリークリマスって、布谷文夫が言ってるよ…。季節外れのも程があるぜよ…。でも、ナイアガラーだから、仕方ない。あ、そうだ、昨日買った、黄色いバラのお水を替えなくちゃ。黄色いバラ、で、「銀英伝」と思い浮かぶ自分が、哀しい。なんで、この前会った大学時代の、マンガ雑誌編集の友達に「やっぱり、オタクなんだね」って、言われてるんだよ〜〜!! マンガ編集するなら、『さるまん』くらい読んどけよ!! 私の心の書の一つだってのに。あと、『燃えよ! ペン』もな。

 「目標はあるの?」と訊かれることが立て続けにあって。適当にその場の空気で「デザインを勉強したいと思って」とか、「印刷会社の職人になりたいですね、えぇ」とか言っておくが、私には目標がない。目先の目標も、人生青写真もない。母親も同じようにきっぱり「ない、考えたことない」と言ってた、遺伝なのだろうか。高校時代は、「最年少で芥川賞を受賞して、谷崎も、取って、…イヒヒ。それで、超かっこいい役者と結婚だな、それか、セルジュ・ゲンズブールみたいな人!」なんて考えてたけど。そんな気配、全く無し。そして、その努力もなし。毎日、アニメの再放送を観るためか、下校途中の本屋で立ち読みしたくて、国公立進学コースの授業をサボってた。今も変わってない、明日は「銀魂」観たいから、早めに仕事終らせたいし。

 なんだか、まとまらない気持のまま、今日はもう、ちあきなおみの「黄昏のビギン」を聴いて眠るとするか…。

 

m-23_55705 at 23:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 日記 

2008年06月06日

顔が凝ってる、と整体師に言われました

 梅雨ですが、と書き出そうと思いましたが、ずっと雨って訳ではないし、すっごく暑い日があったりして、体の免疫能力がもともと低いので、すぐに風邪ひいたりしそうです。

 今日も聞き流せる音楽を選んで書いておりますです。今日は、マイケル・ナイマンの映画音楽のベスト盤。あぁ、そういえば…、と思って、先日購入したものです。中学時代の音楽の授業、皆さんは覚えてます?私の中学では嫌な伝統があるんですよ。入学したての音楽の授業、そこで、クラスのみんなの前で、校歌斉唱、というもの。しかも、4番まで全部(間違えたら、次回の授業で歌い直し)。クラス全員がコレをやるんですよ。私、私立の中学だったから、クラスの全員、それぞれ顔なじみもあんまりいないし、友達になれるかどうか、見極めてる時期に、クラス全員の前でその歌声を曝し、一人一人の歌声を聴かなくてはならない状況。キツかった〜。どこの学校も校歌なんて似たり寄ったりじゃない、海の方なら「蒼い海原」とか入ってるし(小・中・高と海の方の学校なので、山の方にある学校のお決まり校歌フレーズはわからないけど)。それと、私、電気グルーヴの眉毛と巨漢と同じ県の出身なので、お決まりフレーズは「ましろき 富士」、「駿河」など。ほんと、校歌って形式上のものでしかないのね…。さだまさしやユーミンが作った校歌だったらよかったのになぁ。

 で、その音楽の授業、あんまりクラシック音楽を実際聴いてみる、と言うことはあんまりなかった。音楽室のオーディオ、結構すごいのに、どうしてそれで音楽を聴かせてくれないんだろう?モーツアルトやバッハもいいけど、教科書に載っちゃうくらいのビートルズの「ヘイ ジュード」くらいかけて欲しかったよ。家で聴くのと臨場感が格段に違うんだから。その数少ないクラシック鑑賞のなかで、「あ、今までと違うこのドキドキ感、何?」と思ったのが、マイケル・ナイマン『英国式殺人事件』の中に含まれている「羊飼いにまかせとけ」でした。英国のシンメトリーな庭園をイメージさせるような重厚感の中に感じる英国式エレガンス…。近・現代のクラシックとして、ガーシュイン、サティは、母親が訳もわからずに買った、クラシック全集70枚セットに入っていたので、好きでよく聴いてた。上京して、一人暮らしを始めた頃に、実家から、ガーシュインとサティだけはとりあえず、引き抜いて自分のものにした。ガーシュインは、指揮・ピアノがアンドレ・プレヴィン、ピッツバーグ交響楽団の演奏によるものです、ってアンドレのこと、知らないんだけど。友達にオスカルがいるんだろうか?

 ずっと、マイケル・ナイマンについては放置してた。アマゾンで、映画のサントラを眺めていたら、「あ〜、ナイマンねぇ」と思いながら、カートに入れてました。サントラは、あんまり持っていないように思うしなぁ、と自分を納得させて。多分、数えてみたら、3.40枚はあるんだろうなぁ、怖いから数えない。他人が私の部屋で勝手にCDや本を物色されるのがすごく嫌い。系統付けられたり、「こんなの持ってるんだ、意外」とか言われるのが苦手。だから、人の部屋にいっても、物色しない。

 木曜、池袋に出来たロクシタン・カフェで、大学時代からの友人と夕食。ロクシタン、池袋だと東武に入ってるだけだったんだよね。1階のロクシタンの商品は、やっぱりどれも素敵。2階のカフェは全席禁煙っぽい感じだったので、ちょっときつかった。でも、サラダやパン、クッキー、とっても美味しかったわ。そこで、友人から「目先の人生目標」を聞かされた。「5年以内に結婚すること」らしいです。大学卒業から今までの目標は、「マンガの編集者として就職すること」だったが、去年、念願かなって、月刊マンガの編集として就職。目標達成後の、次の目標が結婚。結婚が目標って、どういうことなんだろ?私と彼女は28でございますよ、あぁ、そうですとも。あと5年って言ったら、33までにってことか。けど、4年付き合っても相手が結婚を考えていなかったら、残りの1年でなんとかするのかしら??それか、これからの恋愛は結婚前提で、ってこと?「ふ〜ん、結婚したいって、ここ何年かは考えてなかったよ。あはは〜、すごいね」なんて、話を聞いてたけど。彼女の長い髪に白髪があったのを発見して、5年で結婚は無理そうと内心思った。

フィルム・ミュージック~ベスト・オブ・マイケル・ナイマン


m-23_55705 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

2008年05月30日

ホメオパシーな近頃

 最近、ちょくちょくYahoo!知恵袋を覗いてます。検索したわけではないんだけど、閲覧数が多い質問か、その中に「新世紀 エヴァンゲリオン」の質問があって。そこを開くと関連の質問が出てくるので、そこをついつい色々観ていたら、2時間経ってました。質問日時が去年のものが多いので、「序」版を観る前にアニメ版を復習してるって、人の質問が多かったですよ。「現在高校生で…」、とか「話題になっているようなので…」など。読んでいると、「だ〜か〜ら〜!! ゼーレとゲンドウの思惑が違ったんだって!! 初めっから!!」、「ちょっと、お前、鈴原トウジは、『オトンもオジイも研究所勤め』だって、オカンじゃないから! あのクラス全員、母親がいない子供たちなんだって!!」、「サキエルは第一話に出てた使徒だってばぁ!! 使徒デザインはあさりよしとお!!」などと、自分がどうしてそこまで、エヴァに関して情報があるのか、わからないくらいでした…。私の頭の中の消しゴムで、私自身を消してくれ!!

 で、そういえば…、と去年のことを思い出していたら、同い年の男の子がリアルタイムで観てなくて、「序」版観たいから復習、ってことで、何度も質問のメールが来たの、しかも、その子、ケータイしか持ってないから、PCの関連サイト、貼り付けられなくて…。その時は、もう、アスカの如く「あんた、バカぁ?」連発しそうになってましたよ。それに、「序」版はアニメ版のリメイクじゃなくって、新しいストーリー展開になるんだよ、だから復習しなくていいよ、みんな話題に便乗して復習したがって、レンタルしづらいだろうし、なんて私は言ったんだけどね。しかも、ずっとメールで「人類保管計画」ってなってたし、「人類補完計画」だから、コインロッカーに人類を保管しなされ。PCがあって、ネットに繋がってれば、いろんな意味で、即、観ることが出来るってのに。というか、PCがあっても、ネットに繋げなきゃ、あんまり持ってる意味がないと思うんだけど…。ソリティアくらいしか出来ないじゃん、マージャンとか。あとはCD-R焼くとか?ワード・エクセルが使えても、プリンタなければねぇ、だし。

 ま、その人のことはどうでもよし、現在、交流ないし、する気もなし。とりあえず、エヴァの話。監督の庵野が岡本喜八ファンってのは前から知ってたんだけど、私自身の喜八情報が少なすぎて、初めのうちは「『ジャズ大名』の影響なんてあったか? 『イースト・ミーツ・ウエスト』の要素もないし…」と首を傾げてばかりだったの。私にとってのファースト・喜八は『ジャズ大名』だったし、コミカルな映画を撮る人のイメージが強かったんだよね。レンタル屋の喜八コーナーって、江分利満氏とか大誘拐だけだったし…。エヴァの中の戦闘シーンは、岡本喜八の「沖縄決戦」の影響がデカイってのは知ってたけど、喜八コーナーに置いてなくて、戦争コーナーに行っても、DVDがなくてVHSだけだったり(うちのテレビデオは壊れ気味)…。喜八BOXは高価だし、…、で昨年あたりから喜八モノが続々DVD化されているのを知り、早速、「沖縄決戦」を購入。

 キャストが豪華だわ〜!! しかも途中で休憩が入るタイプを観るのが久々で、嬉しかった。黒澤モノも長いしね。初めから、「あっ、この人…、喉まで出掛かってるのに!! アレだよ、アレ。アレの人だよ、この人!でも、わからん」となりっぱなし。休憩部分で、一時停止で私も休憩して、再度観賞すると、「あああああ〜〜〜〜。黄門様だ! ご老公!」とか、「大映ドラマの『ヤヌスの鏡』とかで父親役(厳格・地位高い・世間体気にする)やってた人だ!」、小林桂樹ってこんなにムチムチだったんだ、ってか黒板五郎にしかもう見えないから!「♪やるなら今しかねぇ〜♪」が流れてかぼちゃと書いて誠意だから、あらやだ、若大将と青大将じゃん、やっぱり次元の小林さんだ(ルパン契い亮仝蟻膕靆鬚寮射ァ小林清志さん)、などなど、ストーリーを追っていくことよりキャストに釘付けでした。もちろん、ちゃんとストーリーも理解してますけども。

 ベトナム戦争の映画はキューブリックが好き。でも、太平洋戦争の映画って、観る気にあまりなれなかったんだよね…。小学校の図書館にあった「はだしのゲン」のカラー絵本のイメージ強くて、でも、アウシュビッツ収容所の本はなんか読んでたんだよな…。「はだしのゲン」略して、はだゲンは、多分今観ても、ちょっと受け付けられないと思う。阿鼻叫喚が強すぎると、自我崩壊しそうで。今回の「沖縄決戦」はどうだったか、というと、沖縄戦を群像劇で描き、主人公の主観を強く押し付け、ではなく、それぞれの立場での善悪観念・生死観念の相違を浮き彫りにするところがとっても良かった。沖縄戦って、「ざわわ〜」のドラマのイメージ(本名:杉本の人)が強くて。あのドラマで、私、一番不思議なのは、第一線の戦闘陣地に主人公が迷い込むとオダギリジョーが司令塔のようなことをしていて、第一線とはいえ、距離はかなりあるのに、正確に頭部をぶち抜かれたシーン。デューク東郷さん?レオン?冴場リョウ?もしや、次元?左手のサイコガン?バストアップシーンで、撃たれ、即死がはっきりわかるのは頭部だろうけど、その狙撃主、オリンピック金メダル級だよ、とツッコミたくなる。小学生のときに、家族で沖縄に旅行に行ったけど(行く前から戦場になってたことや、ひめゆり部隊のことは知ってた)、こんなに美しい場所で…って気持をハブとマングースのやる気無しの試合を見ながら、出口のないとぐろを作ってた。たしかマングースが勝ってた。

 沖縄戦より前の、フィリッピン(って、ナレーションで次元が言ってたので)、ダナルカナル、ミンダナオなどに侵入していた頃(日本降伏を知るまで、も含めて)の映画は、大島渚か、市川昆かな。ヨノイ!!メリークリスマス!! ミスターローレン!! 小林、竪琴弾いてくれよ(三国の方で)!仰げば尊し!! マンガなら、もう、ゆるぎなく水木しげるでしょう。

 あらまぁ、私ったら、結構、太平洋関係観てるのね。びっくり、なんて思いながら母親に電話で話していたら、母親の発言で平和を訴える、とか、愛国心とか、生きる、とか、そんな感情を吹っ飛ばされました!私のおじいちゃんは、衛生兵だったようです、これは知ってた、じいちゃんの生前から。どうやら第一線付近の野戦病院ではなかったらしい、侵入していたアジア地域に配属。あんまり苦労しなかったようで、モノはちゃんとたっぷりあるし、不自由な思いはしなかった、とじいちゃんは言ってたそうです。それでまぁ、終戦、昭和20年。じいちゃんは昭和23年に帰還。

私:へぇ、じゃぁ、今で言う、どこの国にいたの、じいちゃん?
母:知らない、そういえば、訊いたことない
私:…、あぁ、…そう。引き上げ船の関係かもしれないけど、3年って長いよね、何かしてたのかな?例えば、最後の最後まで負傷者の看護にまわってたとか?マラリアの蔓延が苦戦の一つ、ともいうし。
母:知らない。そうねぇ、何してたんだろうねぇ。知ろうともしなかったし、訊きもしなかったからね。ただ、衛生兵だったんだよ、って言われて、へぇそうなんだ、で終わり
私:え? えぇ?? なんすか、それ? ちょっとお母さん、自分の両親の生い立ちとか二人のなれそめとかってさぁ、子供心に興味を注がれるテーマの一つだと思うんだけど…。私だってお母さんに訊いたし…、しかも何度も。お父さんにだって訊いたもん、若干のズレがあったけど…
母:だって、お母さん、そういうの興味なかったんだもん。何事にも無関心だったんだもん、昔から!!
私:じいちゃんが兵士として赴いた地に行ってみたいじゃん?
母:おばあちゃんはもうボケちゃってるからねぇ
私:じいちゃん、生きてるときに私が訊いときゃ良かったよ〜〜
母:そんなこと言ったって、んもう、興味なかったんだから。お風呂入るから、じゃぁね

 じいちゃんの空白の3年について何も疑問を持たずに今まで生きている母、じいちゃんがどこにいたのか知らずにいる母。母と話すと、卓越とか悟り、という言葉がよぎってしまう。菩薩、もしくは修羅を潜り抜けて来た鬼子母神か、達観MAXで生きてきた母が私は大好きです。そりゃ、偉くなるわけだ(とある業種の局長です)、でも、母よ、ホームズでも、明智でも、金田一(孫も)でも、コナン君でも、あなたという人間を推理できるのは誰一人としているまいよ…。帰省したときに、カレーを出してくれて(私のやさしさ成分はカレーで出来ています)、「スープ飲むでしょ?」って出されたのが、シチュー。謎過ぎて、…………、そんな母と結婚した父も謎だが、「あたしンち」みたいな微笑ましいエピソードも向田邦子ドラマのような家族の機微も皆無で、私はいつも笑ってばかりです、疲れで。

激動の昭和史 沖縄決戦


ジャズ大名


m-23_55705 at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2008年05月22日

久々に音楽寄り

 聞き流せる感じの、と思って、スカパラベスト盤にしました。コレって98年からの音源しかないんだよね。avex以前のEPIC時代の音源の方が好きなんだけどなぁ。ハードになりすぎてなくて、いい感じの仲良し感・ほんわか感があってちゃんとスカだったし。ハードボイルドを気取りたいのになんかちょっと胡散臭いって部分がよかったのになぁ。今じゃぁ、マジなハードボイルドで、フィリップ・マーロウっつーか、ゴルゴ13っつーか、北方謙三(NOT 馳星周!!)じゃんよう。

 歩いていたら、ソフトバンクの露店のようなものがあって、「ご自由におとり下さい」と書かれていたので、貰ってきた。すかさず店員が「今、ケータイはどちらのものをお使いですか?」と訊かれたので、「ソフトバンクです!」と答えました、ウソです、auユーザーです。でも、とりあえずセールストークをうまい感じに聞き流し、「じゃぁ、家族にも伝えておきます♪」とか言いながらその場を去りました。家族もauユーザーですけども。もらえるモンは貰っとけもらっとけ、でしょ。いらんものは貰わないけど、「コレは!」というものは隠密機動の如く人を掻き分けすかさずゲットです。

 貰っとけ、で、思うのが、私はオバサン臭いと言われることがある。ヤマザキ春のパン祭りの皿(通称:パンの皿)や先のソフトバンクやスーパー・ドラッグストアのポイントカード、そういうのが好きなのだ。でも、勘違いしないで欲しいのは、ポイントを貯めることが好きではなく、「ついでに」というのが好きなだけだ。パンの皿も、ヤマザキのパンが結構好きだからだし、スーパーのポイントもよく行くんならカード作っておいたほうがお得なのかも、という理由なのです。だってさぁ、コンビニで買うよりもドラッグストアでペットボトル買う方が安いんだぜ。節約上手でも節約好きでもないんだけど、安いんだったらその差額でタバコ買えたりする事だってあるじゃん。大学時代に付き合っていたヤツに「オバサン臭い」って言われて、イヤだったなぁ。そいつ、たいしてやりもしないのにダイビングとか始めて、そのために10万位するダイビング用の時計買ってたりしてたんだよなぁ。てかさ、100メートルの水圧でも大丈夫!って、お前そんなに潜るわけ?しかも、見た目、Gショックのパチモンぽいぞ。でかいテレビとか買ったりもしてた、お前どんだけテレビっ子なんだよ、AV観たらモザイクがすごくでかいじゃん、「遺作」か「臭作」観てたくせに。イエローサブマリンに乗ってマリアナ海峡に沈んでくれ。「ひとりぼっちのアイツ」に会えるかもしれないぞ、さっさと64歳になって、3人の孫に名前付けてろ。同じ愛知県出身だからって、ブランキー・ジェット・シティ聴いてたよな、コイツ。メロディはかっこいいんだけど、な〜んか歌詞が笑っちゃって、吹き出してたら「ブランキーの良さをわからないなんて!!」みたいなこと言われたっけ。

 10年以上使用しているジッポのお手入れを始めてしてみました、はい、そこ、年齢逆算しないように!火のつく紐の部分(ウィック)がもう焦げまくってすぐに火がつかなくなってたんですわよ。紐を引っ張り出して、焦げていないところまで出して、コレでおしまい。ジッポって、すごくシンプルな作りなんだって感心。だって、中に入っているのは綿と紐だけで、着火するための石(フリント)、オイルがあればいいんだもの。綿もイマイチになってきたら交換出来るみたいだし。私の10年モノは女の子のイラストがあるヤツです。本家本元のジッポガールではないんだけど、ラフな格好のこんな女の子がかっこよかったのでのぅ。ジッポはシンプルなデザインが好きです。彫金してあるのとか苦手。昔、椎名林檎がガススタンドのシェルマークのジッポを使ってたんだよね、なんか林檎ちゃんが大事にそれを使っている様が想像できて、愛らしいなって思ったもんだ、今は林檎ちゃん禁煙したんだよね。それはそうと、ジッポって、火をつけるときに指が汚れるんだよな、フリントを削って着火させているのでそのコゲが。ですので、指を汚したくないときは、赤いデジカメぽいガスライターを使用。日本のプリンスという会社から出ているドルフィンというシリーズです。で、もう一つのジッポは、何年か前に、当時付き合っていた人からもらった小さいサイズのもの。小さいサイズの利点は小さいことなんだけど(そのまんまだけどさ)、弱点はオイルがあんまり入らないので、ちょくちょく補充しないといかんってところ。そういえば、コレをもらったから、だったか、経緯は忘れたが、同じサイズの表面がやすりの様なザラザラしたものをお返しとしてプレゼントしたんだ。使ってくれているのか?モノには、思い出なんてつかないし、単純にモノなんだから捨てたりせずに使ってくれ、ジッポなんだし。

 愛煙家なんですよ、なんですが、時々「禁煙パイポ」を吸ってます。禁煙については、あんまり考えてないんだけど、禁煙パイポの味が好きで。タバコの吸い過ぎ予防にもなるしね。ドカベンの岩鬼の葉っぱ(夏子さんとのご結婚おめでとう!!)の如く、ずっとくわえてしまう。禁煙補助の成分は全く入っていないので、元来喫煙しない人でも、気分転換なんかにいいかも。

 スカパラをやめて、馬の骨にしました。最近、キリンジ聴いてなかったよ。いんやぁ、堀込、いいっすね。以前、音楽ライター講座、なんてモノに通っていたとき、課題を書く際(ライブレポートとかアルバム評とか字数制限があった)、集中するためにいつもフランシスコ・アグアベージャの「ディザイア」をかけてたな。もしかして、一番聞き流せるのって、アグアベージャ?超がつくほどかっこいいのに、なんで聞き流せるんだろ? 課題のアルバムを聴きながら、評論を書くのが出来ないんだよな、今も多分そうだ。私にとって、音楽について書く、ということは、「料理の鉄人」みたいなモンなんだよ。食材があって、それを自分なりにどう料理するか。食材が魚ならば、一旦肉を調理し食す、そんなワントラップを入れて、魚という食材を分析・理解する。例えはいいけど、やってることはすっげー地味でむさいんだけどね。それに、まともに論評したことなんて一度もないんだよ。じ・つ・は、字数の埋め合わせでライナーノーツ引用したりしてた。でも、もう、ライター講座、行かないんだろうな。だって、毎回同じやり方なんだもん。文章能力が上がるとも思えないし、文章上の作法(例えば、英数字は半角とか。!!と!!、だとこんなに違う)も教えてくれないし、評論するに当たっての着眼点を何処に置くか、それによってどのように論ずる方向が変わってくるか、ちゃんと教えて欲しいんだよ。大学で卒論書くときに教えてもらったり、自分で文字校正の本買ったりしてたけど、講座で滅茶苦茶な人とかいたじゃん。私がこのブログで一行改行しているのは話題を変えているときだし、初めの文字は一段下げるってのは初歩だろうがァァァァ。そんなさぁ、講座に通ってる人みんなが、学生時代、国語が得意って訳でもないだろ。それに、この講座から編集者やライターを輩出しましたって、何人?毎回輩出してんの?デカデカというほどじゃないじゃん。まぐれだろ。毒づいて言ってる訳じゃないんで。正直な感想です。気を悪くしてもいいんで、この正直さを受け止めてください。 

 馬の骨を聞き飽きたので、ウルフルズのアルバム「ええねん」にしました。3曲目の「愛がなくちゃ」が大好きです。もう、すっごくハッピーになります。最近、こんな気分になってねぇなぁ。好かれて誘われて口説かれて、ということがあったとしても(めったにないけど)、こちらにその気がなければ、ねぇ。なんか不燃なんだよなぁ、ご飯の冷凍保存のことや風呂でDSやってる方が今は重要、というか。
 
 そういえば、ずっと前に読んだ中島らものエッセイの中で、関東と関西の女の子の断り方が違う、みたいなことがあったな。関東のほうは、「その日はちょっと用事があって・・・」のような、うやむやにして断るけれど、関西は「その日は、うちの犬、散歩させなあかんねん」のようなはっきり用事を伝えるんだけどどうでもいいことだったりする。なんでそんなこと、思い出したんだろ。でも、心に残ってるんだよね。あと、高校時代の古典の教師がアル中寸前みたいないつも酒臭い人がいて、よく李白の話をしてた。船に乗っている折水面に移る月を捕まえようとして溺死、私もそんな李白になりたいもんだ、ということを言っていた人であったが、ある夜、酔っ払って何かの拍子にガスの栓を抜いて爆発して死んでしまった、というエピソードも心に残ってる。らもさんも李白、古典教師のような形なので、なんだかここまでくると、切なくなりますね。

ライター各種




sbどんぶり1





ヒッティング・ハード


BEST OF TOKYO SKA 1998-2007


馬の骨


m-23_55705 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

2008年05月19日

ヤマザキ春のパン祭り終了

 アマゾンでいろんなものが売っていることにびっくりしている今日この頃です。まさに、ゆりかごから墓場まで、というか…。

 びっくりしたついでに、Yahoo!知恵袋でみつけた伊東家ネタ。使わなくなったリンス・トリートメントは水で薄めて柔軟材代わりに!だそうです。化繊とか毛糸モンに良いらしいです、奥さん。最初はびっくりしたんだけど、よく思い出してみたら、メイクブラシを洗った後にリンスをちょっと使うとブラシがしっとりして良いですよ、って化粧品売り場の人に教えてもらったことがあったよ。それ以来、チーク・アイシャドウ・フェイスのブラシは洗った後リンスです。使い心地がよい。で。以前、友達に「メイク用品はどうやって洗ってる? そしてその頻度は?」と尋ねられたことがあった。ファンデのスポンジ専用の洗剤があったりするんだけど、アレ、全然落ちないんだよね。ワタクシ、もう10年以上、メイクのスポンジ・ブラシは洗濯用中性洗剤です。エマールやアクロンね。スポンジはつけ置きしておく。これが、ほっんとにキレイになるんですぜぃ。頻度は、1ヶ月に一度は必ず、時間があれば、2週間に一度。と、答えたら友達、驚き。中性洗剤って?!え〜〜!!てな感じに。けども、中性洗剤のこと、高校時代に「セブンティーン」で読んだぜ。立ち読みで、下校途中のツタヤで。「さぶ」と「と学会関係の」」を読んだついでに。「さぶ」読んで、悪いか??「薔薇族」だって、読んでたさ。どっちかというと「さぶ」の方が親近感があったな、柔道部の知り合いがいたから想像しやすかったし(柔道部の奴はノンケです)。今は、「さぶ」より「バディ」かな。ツタヤはどうでもいい。中性洗剤!「働きマン」気取りの女性のみなさん、ちょっぴり尖ったゴスっつーかマリリン・マンソンなベイビーちゃんたち、閉経を気にする更年期淑女の方々、れっつ中性洗剤。

 そして、使わなくなったシャンプー(サンプルとか合わなかったとか)は、風呂の浴槽洗いに良いです。コレ、実家でもやってた。母親が出張多くて、もらってくるのよ、ホテルのアメニティーグッズ。そういうのが溜まる溜まる。なので実家ではボディジェル・シャンプーは浴槽洗いになってます。私も風呂洗いがなくなったら、やってる。ちゃんと落ちるよ。

 って、こんな伊東家してる場合じゃない。音楽ネタ、書いてないよね。一応、音楽・洋楽カテゴリーに入ってるのに。これじゃぁ、「ためしてガッテン」カテゴリーじゃん。今、聴いているのはゴスペラッツ。バリバリ邦楽だけど。こういうノリノリナンバーてんこ盛りが好きなんですよ。黒人さんスピリッツなモノがやっぱりアムール。だって、チャリンコでスーパー行くときにマリーナ・ショウの「フィール ライク メイキン ラブ」口ずさんじゃうんだよね、マリーナバージョンじゃなくっちゃ。ラリー・カールトンのとろけるパンナコッタ(ほろ苦カラメルソースつき)のようなギターが、私もとろけさせてぇ〜、悶絶臨界点突破になること必至。脳内ジュークボックスがABCコーポレーション、ミゼルブラザーズ、HDH、ルディ・ヴァン・ゲルターなどで構成されてるよ。ほら、もう、こんな洋楽カテゴリーだよ。ロンリ〜チャップリ〜ン(ダミ&裏声で)♪

 とまぁ、カテゴリーはクリアしたところで。一年越しでやっとこさ、「古事記」神代編を読みました。なぜ、一年越しか?あたい、読了するのは速い方なんだけどねぇ。「古事記」読みづらかったんだもの。「古事記」出版社別に2冊持ってるんだよ…。どうして読みづらいか?神様の名前が覚えづらい、長い、誰の子供・親なのかわからなくなる、というのが理由。お話自体は、簡潔で面白い、ツッコミどころが満載で。コノハナサクヤヒメなんて、そこまでしなくたっていいじゃん!だし、スサノオのヤマタノオロチ退治も結局オンナ目当てかよ〜だし、神が矢に化けてオンナの股間に当たるってのもあったな。神話や民間伝承って、大学時代に講義とっていて。授業では鬼に関してやってたな。鬼って悪いことばかりしてるイメージがあるけど、ほんとは神様に分類されるような存在であって、村を守っているんだよな、たしか。 けれど、見返りを求める。「ショバ代よこせや〜、おんどりゃ」なんだよね、やくざじゃん。自己犠牲や勧善懲悪の概念が過度に入ってくると大袈裟に言えば宗教や童話(○○をすると○○になりますよ的な)になるんだろうね。私見ですが神話や民間伝承は、神の名を借りた人間社会の縮図、ということでしょうか。マジメなこと書いても仕様がないから、路線を元に戻して。「古事記」やっと折り返し地点に来たけど、「ギリシア神話」は出鼻を挫かれてます。コレも別の出版社にしてみようか。自分に馴染むヤツがあるかも。私のバカ!高校時代から古典って苦手だったのよね。だから、大学では日本近現代文学にしたんだよなぁ。古典も漢文も苦手、レ点ってなにさぁ?ってなる。しかも、漢文を古典っぽく訳さなくてもいいじゃん。「朋遠方より来る」ってのはまだいいけど、「孔子曰く…」って、もう。桃尻語訳にしてよ、それでいいってば。

 アマゾンの存在を知らなかった人がいたよ。楽天も球団持ってるってことしか知らない人でした…。前に書いたヴィヴィアン・ウエストウッド知らなかった人です。大きいこと言っちゃうけど、それで人生楽しいわけ?ダメだ、私、人との付き合いをちゃんと考えなくちゃ。もうこの人とは絶縁を決め込んでおいてるけど。思い出したよ!失礼極まりないこと!!コイツと一緒に喫茶店に行ったことがある折に、ヤツはココアを注文したの。で、ココアを飲んで、「何かコレ、ミロみたいな味がする」って言ったのよ!!そのとき喫茶店には私たちしか居なくて。お店の人に失礼だわ。ココアをミロって…。ミロは麦芽で作られてるの!!カカオマスじゃないの!!最低。業務用のココアかもしれないし、森永かもしれないし、ヴァンホーテンかもしれないけど、ココアはココアなの!!「ココアをミロ」で笑いを取るつもりかァァァァァァァァ!!ペガサス流星拳もしくはキン肉バスターかけるぞ!デスノートに名前書くぞ!千鳥放つぞ!以上、ジャンプネタでした。今度、こういう輩が近寄ってきたら、貢がせるだけ貢がせて、「なんか、生理的にあなたのこと受付ない」など直しようのないことをとりあえず悲しげに伝えて土に還ってもらおう。

 よっし、シャンプーで浴槽を洗って風呂な。

ゴスペラッツ(初回生産限定盤)


口語訳古事記 完全版


フー・イズ・ジス・ビッチ・エニウェイ


ギリシア神話 (岩波文庫)


オムニバス/音壁JAPAN

オムニバス/音壁JAPAN



m-23_55705 at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2008年05月13日

DSしながらイモを喰う

 煙草を口にくわえているのに、新しい煙草を箱から取り出す、という行為を繰り返す日々です。

 ここ何日か、DSで全国対戦とかしてます。DSの売りって、ケーブル無しで約10m以内の交信が出来る!というだけかと思っていたら、インターネットに繋げて全国の同じゲームをしている人と交信が出来ることを知り、かなり驚き。Wi-Fiっていうらしい。USBコネクタで、ネットに繋ぐそうです。コレって、DSだけじゃなくて、Wiiでも使えるんですって! そういえば、「ほぼ日刊イトイ新聞」の中でちょっと紹介されていたよ。Wiiの場合、Wi‐Fiの繋げてファミコン時代の懐かしいゲームをダウンロードできるみたいです。なんか設定が難しそう…、そう思ってみたけど、すっごく簡単♪しかも、USBからはワイヤレスでこちらも10m以内の受信OKなので、私トイレに入りながらやったりしてますよ。モルタル造りのアパートだったりしたら、部屋の中どこでも全く以って大丈夫そうです。鉄骨だとどうだろう、ちょっとキビシイかもな。

DSコネクタ









 今、DSの「ファイナルファンタジー掘廚鬚笋辰討い董蔽羝鼎嚢愼)、まぁ、FFって作りこんでるから攻略のサイトを覗いていたわけさ。その中で、Wi‐Fi交信でとあるイベントが出来ると書かれており、USBコネクタを購入したのです。ラスボス間近でないとそのイベントが発生しないけど、Wi‐Fi交信でレアアイテムをゲットしたさ。やったね。誰か、やってる人いないかなぁ。友達コード教えてくれたら、モグネットで普通にメールするのに(って言っても、一時間に1通だけって設定、どうよ?)…。だれか、やりましょう。

 あと、2年前に発売されたソフトなんだけど、「ジャンプ アルティメット スターズ」っていうのがあって。コレも中古ですけど。コレの場合、リアルタイムで全国対戦が出来るんで、楽しんでおります。2年前のゲームなのに、未だにやり続けてる人がたくさんいるよ! タイトルでなんとなくわかるかもしれないけど、「少年 ジャンプ」のキャラクターたちが対戦するの。キン肉マンvs両さん、ルフィvs星矢(黄金聖衣もあるよ!)、などなど。友達が遊びに来たときにはとりあえず、やらせてます。DIOvsアラレとか、江田島塾長vs剣心、よくわからない組み合わせで戦わせて盛り上がりますわよ。ま、欲を言えば、友達にもDSを持たせ、ワイヤレス対戦をしたいんだけどさ。

 それで、週末のゆったりバスタイムでは、DSしながら風呂に浸かって、いい感じでデトックスですよ、旦那!! あのね、スーパーでジップロックっていう食品を保存するジッパーがあるんですよ、肉や魚を冷凍・冷蔵するやつ。コレって、ジッパーが強力なので水が浸入しない!タッチパネルだって、ちゃんとタッチできる!頑丈に作られているから(本来は、汁物の保存に便利だったりするわけなんだ、こいつは。カレーを小分けして冷凍するとかね)、何度でも利用可能! こんな使い方があったとは!伊東家に教えなくちゃ!五月みどりもびっくりね!鐘が鳴るよ!キンコンカンコン〜〜♪

 もちろん、風呂にはペットボトルも持ち込んで持久戦です。汗を流しながら、ナルトに螺旋丸を作らせたりね。コレがとってもいいんですよ!ほんとに時間を忘れる感じ。お風呂って、「長く浸からなくっちゃ…、リラ〜〜〜ックス」なんて思うと逆にリラックスできないんだよね。よく、半身浴で雑誌や本を持ち込んでとかあるけど、紙がふやけてブワブワになりそうで…。ちょっと違うけど、雨の日に本屋で本買いたくなくなるってことないですか?なんか湿気そうで買いにくいんですよ、新しい本を濡らしたくないし。けど、買うけど。あと、音楽。コレもやったことある。でもダメだった。私、アルバム単位というより曲単位で聴きたくなってしまって、いちいちCD入れ替えてたんだよね、昔の話だからCDウォークマンの頃だけどさ。今だったら、iPod用にお風呂スピーカーが売られてるよね。でも、持ってないし、買う気ないし(多分1台では収まらないと思う量の音源があるので)。それに、水が揺れる音が気になって音楽どころじゃなかった、チャプチャプ〜って音の方が大きいから。なので、今のところ、ベストなのがジッパー入りDS。対戦モノで。RPGだと、途中のダンジョンとかで迷うと焦るんだ。サクサク出来る感じのやつで。脳トレとかでもいいかも。

 そうそう。FFで思い出したんだけど前に一緒に飲んだ人が、FFやったらしいのよ。どれか忘れたけど。で、決められた道のりで結末も一つしかないのがわかったら、つまんなくなったって、言ってた。私はそのとき、途中のダンジョンとか、ストーリーに関係ない村を探して行ったりするのが楽しいんだけどなぁ、と思ってたんだけど、皆さんはいかがでしょう?チョコボとかモグなんてあんまりストーリーに関係ないけど、チョコボ見つけたらとりあえず乗るじゃん?それに移動手段が手に入ったら、重要人物に「西に行け」って言われても東に行って村探したりするじゃん?言われたとおりに動かなくていいから面白いんだよね。ゲームを楽しむ時間がないのかなぁ?ゲームってクリア自体が目的じゃないんだけどなぁ。ゲームの話自体、リアルじゃないこと山の如しなんだから。バイオハザードも、違う場所行ったりしてHPなくなって死んだりして、でも、セーブしたのが相当前だったりして、またやり直し、とか。ストーリーなんてあってないようなものなんだよなぁ。どうせラストの辺りはきれいな動画になるし、選択肢が間違っていてもバッドエンディング用の動画だし。あー、もういっかい「サイレントヒル」やりたくなってきたな〜。あれ、宇宙人にさらわれるってエンディングがあるんだよな、いつも宇宙人エンディングにして、先進めずにいたんだよな。話自体は、バイオハザード系なのに。うぅ〜。たしか、7月に「ナナシノゲーム」っていう怖いゲームが出るらしいんだよね、DSで。これ、セットオン。セットオンユー♪ ジョージに捧げるぜ!

 ゲームとかマンガのことばっり、最近。ダメじゃん。オトメなこと書かなくちゃ。オトメオトメ。なんだろ、ラッツアンドスターズって、クワマン以外全部おとめ座なんだよね。コレ、オトメじゃないじゃん。「アリエスの乙女たち」ってドラマが大映ドラマにあったよね。くっだんねー、そういうことじゃなくて、オトメな頭脳になれっての!自分。このごろ、粉ふき芋のカレー風味をよく作ります。これ、すっごくうまい。作り方は簡単。皮をむいたジャガイモをちょうどいい大きさに切って、鍋に入れて水を芋が浸るくらいまで入れる。奥さんここ、アンダーライン!火にかける前にコンソメの素、もしくはブイヨンの素を一つ入れる(目安は、ジャガ2個なら、コンソメ1個のみ。ジャガ4個なら、コンソメ・ブイヨン各1個)。塩・胡椒はお好きな分量で。そこにカレーパウダーをデザート用のスプーンで1つ半くらい入れる。ちょっと鍋を揺らして、カレーパウダーを溶かす。火は中火の強。あとは、水がなくなるまで火にかけておく。はい、終わり。おつまみにもお弁当にもピッタリな一品の完成であります。これ、大学時代に買った小林カツヨのお弁当の本に載ってたの。だから、冷えていても美味しいし、トーストにのせてチーズをかけて焼いてもいいかもね。腹持ちがいいので、ここのところ、大活躍。これも、伊東家ね。三宅健も泣いて喜ぶわ。

こなふきいも




 やばい、昨日はパンツ、一つ見つけたけど、今日、もうないや…。勝負的なのを普段パンツに格下げするのもいやだしなぁ。…もう一日、はいとく?



ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ





ファイナルファンタジーIII




ジャンプアルティメットスターズ(特典無し)


m-23_55705 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2008年05月12日

オススメのアニメ…

 久々の更新です。5月病で五月みどりの「おひまならきてよね」を口ずさむ毎日です。

 ここのブログの共通トピックスの中に「おすすめのアニメ」ってのがあったのでそれを。

 マンガもアニメもギャグが好きなので、「ケロロ軍曹」と「銀魂」を推してみようと思います。どちらもサンライズ制作なんですよね…。だからなのか、どちらにもガンダムネタがちらほら出てきたりしてる。ガンダムってちゃんと知らないんだけれど、2つのアニメを見て、モビルスーツの名前とか名せりふはちょっと覚えました。あと、「ケロロ軍曹」でよく「ガンプラの聖地 静岡工場」って出てくるんだけど、調べてみたら知ってるところでしたよ。はぁ〜、長沼のあそこんところがねぇ。あの工場って、静鉄の長沼駅から見えるんだよね、昔はゴルフかなにかの打ちっぱなしがあったんだよな。中学時代は静鉄通学でよく通り過ぎていたもんだ・・・(遠すぎる目)。長沼の駅からグランシップっていうおおきなホールにも行くことが出来たな。グランシップでやっていたロベール・ドアノー写真展に行ったっけ、母親がグランシップで確定申告したとも言っていた。長沼についてのネタはそんなところか。「銀魂」と「ケロロ軍曹」だ、本題。二つともグダグダ〜な感じがゆるい脳をさらにゆるくさせるので、見ていて無気力になります。そんなさぁ、マンガやアニメ見たところで元気になってたまるかよ。どうしたって、天津飯かヤムチャくらいだよ、悟空にはなれんもん。恋愛モノは、見ていてイライラするので、オススメはないなぁ。好きならはっきり言えよ〜!んもう。ですので、大嫌いなアニメは「NANA」ってことで。話もダラダラ長いだけで、スピード感がないし、ハチの回想口調もまどろっこしい。いつの時点での回想なんだ?年寄りになってからなのか?回想口調の物語「大鏡」・「今鏡」・「水鏡」・「増鏡」の4大鏡でも、そんなに一つのエピソードについて長くないよ。そうそう、この鏡の覚え方って、高校時代に教えてもらったんだ。「だいこんみずます(大根、水増す)」って。こういうときに役に立つとは…。それに、「NANA」、ロックとかパンクとか音楽通も唸るようなものが皆無。それに同じ新幹線で隣同士になった、という部分。ナナは北海道から上京と描かれているが、ハチの場合、北陸・東北の辺りが出身のように思えない。どちらかというと、中国・四国辺り。(うろ覚えなので、違っていたらすみません)

 映像として好きなのは「ジ・エンド・オブ・エヴァンゲリオン」かな。初号機が翼のようなもので下から出てくるシーン。かっこいい。弐号機が覚醒して湖から出てくるシーンで、「ダ・ダーン」って男性コーラスがSEで入るけど、アレ、映画版「AKIRA」で鉄雄がショーウィンドーから布を引っぺがしてストールのように巻くシーンへのオマージュ?(テレビ版での弐号機登場で、布巻いてたしなぁ)

 うぅっわ、私って嫌な感じでオタクじゃん・・・。

 そんなことより、雨続きで下着がもうない・・・。パンツ、どうしよう。
 

m-23_55705 at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2008年03月26日

音量を上げないで聴くのが好きです

 最近、あんまり音楽を聴いていないなぁ、書いていないなぁと思ったので書いてみます。

 いま、聞いているのは、ジミー・スミス『ステイ・ルース』です。黒い面構えの音楽が好きなんで。オルガン奏者なのにボーカルまでやっているところが、傍若無人、お構いなし、という感じで良いですね、憎まれっ子世に憚るってやつです。やっぱり、と、思ったのです、身体の表面に汗をかいても芯の部分は汗が出ないし、燃えない、と。では、身体の芯って? そりゃぁ、魂だろう。魂燃やせ、ドロドロに燃やして、それが、美しさに変わるまで。一般受けしない、こんなもん、聴いても美しくなるか?知らん!自分が好きだから!ま、ジミー・スミスについての詳細は、「元祖 コテコテデラックス」を読んでいただくとして。そして、ジミー・スミスは、こんなジャケットの音楽ばかりでなく、もっとまっとうなかっこいいCDも出ているんで!!

 この本って、私が始めて意識して買った音楽ディスクガイド本でございます。10年位前、好きだった男性に「そういう音楽が好きなら、この本がいいんじゃない?」と、見せてもらった。その人が持っていたのは、「コテコテデラックス」で、初版。本屋さんで調べてもらって、リニューアルしてある「元祖 コテコテデラックス」を注文した。やっと入手したけど、「あの本、私も買った!」とは、ついぞ言わずに終ってしまった。感化されていると思われたくなくて。本当はもっと感化してもらいたくて、どっぷりその人の知っていることを知りたかったのに。「この前話したアレ、買ったんだ。自分の勧めたものを買ったりしてくれるのって嬉しいもんですよ」と別のことでその人は言った。今にして思えば、若いし未熟さを全開にして、いろんなことを教えてもらえばよかったな〜。斜に構えていた自分がかっこ悪い。

 まぁ、いいか。そんな季節を経て、美しき年輪を重ねるのがオンナの花道(多分)。

 付き合っていた男の子のことはよく忘れてしまう。けれど、男の子とのちょっとしたエピソードは覚えている。多分、付き合う男の子自体はどうでもよいんだろう、ただ、その子たちと深く付き合ってその中で生まれてくる、本当にとりとめのないこと、その子自身が感じたことが私にどこまで響くかどうか。だから、男の子たちに未練はない。それに、未練があって、もう一度、なんて付き合っても上手く行くわけがない。「あの頃、その時に」付き合っていたから、お互いに好きだったんだろうし、今じゃぁ、もう、いろいろ方向性が違うだろう。浅く付き合っても響くことは吸収できないし、楽しいと感じられないと思う。

 なぜ、そんなことを?って、話なんだけど。よく、聞かれるんだよ、「まだ、あの人に未練があるの?」とかなんとか。「そういうわけじゃないんですけどね(苦笑)」なんて言っても決めてかかっているから、言う気も失せてしまうんですけども。それと、付き合っていた人が勘違いをしている場合も。

 そんなこんなで、ジミー・スミスからエミット・ローズにCDを変えました。黒くなくて、よくポール・マッカートニーのフォロワーとか言われているようです。って、いうかさ、フォロワーとかかっこ悪くないか?わたし、評論家にはなれないと思う、どこの視点・論点(NHKの番組でなくて)で言えばいいのかわからんのです。大学時代にライター講座というのに通ってみたけれど、やっぱり未だに「どこの立ち位置で語るのか」ということがわからず。また、通ってみるか!? なにか、答えが見つかるかもな、今なら。

ステイ・ルース


元祖コテコテ・デラックス―Groove,Funk&Soul (ジャズ批評ブックス)


ミラー


m-23_55705 at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

2008年03月23日

昔もらった「植草甚一スクラップノート」は使えません…

クック・ブックrecipes










 毎日飲むサプリメントを飲み忘れてしまうことが多くなっています。薬は忘れないんだけど…、重要度が自分の中で高くないのかな?コラーゲンとか、摂取しないとやばいのに。

 日常的にお料理を作ってません。時々作る事があっても毎日じゃない。そして、一人前の料理、というのがどうしても出来ないんですよ。多くなってしまう…。二人前、三人前になってしまうので、最終的に一人だと、ガツガツ大食いにならないといけない、それは太ります、だから、あんまり一人だと作りません。

 付き合う人が出来ると、結構料理を作ります。といっても、「私の手料理、あんまり美味しくないかもしれないけど…」みたいな、明石家さんまの好きなタイプの女性をしたいわけでなく、「手料理を食べたら、私自身も後で…、召しませ♪ キャ☆」って言いたいってことでもなく。大掛かりな料理が作れるからです。パエリアとか、ビーフストロガノフとか、ラザニアとか炊き込みご飯あたりの料理を作るのが好きなんです。こういうのって一人分って作りづらいじゃない?だから。付き合う人が出来たら、そういうのを作っても平らげられるし、楽しいし。しかも、作っている時点で私は満腹中枢を刺激されているから、あんまり食べなくてもよくなって太らないし。いいことずくめだわさ。相手からリクエストが無ければ、自分の好きなもの作ればいいし。リクエストがあっても適当に作ればいいし。

 最近は男の子と付き合うことがないので(あったとしても、外でお茶して終わる位の関係だったり。それしかいないのは、淋しいもんですなぁ…)、レシピ・スクラップ・ブックを作ってます。料理の本は、何冊か持っているけど重たいんだよね〜。ペラペラめくるのは買った当初だけで、それ以降は「ただ其処にある存在」になってしまっています。で、ちょっと変わるけど、ちょくちょく通販をするんですよ、わたくし。そうすると、通販の会社から定期的にカタログとPR誌が送られてくるんです。PR誌に載っている「寒さを乗り切る かぼちゃ料理」とかなんとかのページを切り取ってノートに貼って。いくつかのPR誌や、マーケットで配っていたレシピカードも切り取って貼って、と、なかなか見栄えがよくて楽しいもんです。レイアウトの美的センスが無いので、ほんと、ただ切って貼って、だけのノートだけど。ページが増えるごとに、ちょっと作ってみようかな、なんて思えてきます。

 ノートは出番をずっと待ち構えていた無印良品で購入した4冊セットのなかの1冊です。いつ買ったものなのか…、多分、大学時代? 買ったまま、使わずに、何度かの引越しの際でも「ま、いつか使うだろうし…」などと、廃棄を見逃されて今に至っていたノート。よかったね、ノートちゃんよ。ふと思ったけど、こういうのって、言い様だよな。「数年前、ガレージセールで見つけたデッドストックのアメリカ製のノートを、料理レシピのスクラップブックに」とか書けば、何かわからないけど憧れにも似たかっこよさが滲み出てくるよ。そう書けばよかった。まぁ本質は「ノートに切り貼り」なんだけど。どういうノートなら、かっこいいか?
「皇室御用達」、悪くない、コレだけだと一味足りないな、「ベルギー皇室御用達」、どうだ?う〜ん、なかなかよいよい。
「イタリアでふらりと立ち寄った切手の蚤の市で」、なかなかだけど三十路キャリアウーマンのイタリア一人旅だな。しかも、OLは切手市なんて行かないだろう、その手のコレクターなのか?
「京都の丸善で」、これは!パクリです、あの有名な小説の、しかも、この後には檸檬をだし…、もう丸善ないし。
「ブローディガンの初版本を探してニューヨークの古書店で、気のいい初老の店主が」、これも、ちょっとしたパクリ。なんか、植草甚一っぽいし、村上春樹っぽいな。
「泥だらけの万札を」、これじゃぁ純だし、トラック運転手には古尾谷雅人でないとねぇ。
ブレてきた。かっこいい路線がいつの間にやら、パロディ路線に突入している。とはいうものの、自分の生活圏でかっこいい「ノートの手に入れ方」というのは皆無に等しいと実感。かっこよくないことしかないしなぁ、「親戚のおばさんが、お正月に、スーパーの福引で当てた、ノート(お年玉の代わりに)」くらいじゃん。

 かっこいい、「手に入れ方」を経験してみたいもんですよ…。


m-23_55705 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記