最近カバーアルバムばやりなんだろうか?
こんなのを聞いた。

From To


平原綾香の「From To」だ。
結果から言ってしまうと、俺は好き。
でもアレンジが結構斬新なものもあり、原曲ファンにはアレルギーを起こす人もいるかも。
特に「秋桜」や「桜坂」などがそう。
カバーっていろんなやり方があると思う。
原曲に忠実に歌うやり方もあれば、全く新しい着想からチャレンジするやり方もある。
このアルバムは典型的な後者だ。

ほかに最近聞いたものにこの2枚がある。

Listen To The Music 2


VOCALIST (通常盤)


後者の徳永英明のアルバムは比較的原曲通りで、槇原敬之はその中間くらいか?
俺にとってこの2枚はあまりにも甘すぎた気がして(悪いものではないと思うけど)
ローテーションには入らなかった。
たとえば槇原敬之の「ヨイトマケの歌」は優しすぎる気がするのだ。

そういえばこんなのもあったな〜。
The Golden Oldies