料理

秋の味覚

秋の味覚を食しましょってことで、
栗ご飯を作ってみた。
148e40ca.jpg


肝心の栗そのものの甘みがいまいち。
やっぱり値段に惹かれて買ったのがいけなかったのか!!

和食っぽい感じで肉じゃがも。
でも肉じゃがってホントに和食なのか?

6006a731.jpg

栗ご飯はいまいちだったけど、こっちはばっちり!
我ながら美味しかった。。。
写真がいまいち美味しそうに写ってないのがなぁ。

箱根その3

最後はやはり食べ物!

今回の旅行も食い倒れになりました。

法事の後はハイランドホテルで食事をしたのですが、
これは写真を撮っている余裕がなく、
(というか撮るのを忘れていて)
写真がありません。
美味しかったのですが……。

ハイランドホテルからガラスの森経由で、
いつものようにカフェドモトナミに行き、
宿にチェックイン。

夕食は楽しみにしていたイタリアン『ラバッツァ』に行きました。

ラバッツァのサラダ
1950円のコースを頼んだんですが、
これがそのオードブルのサラダ。

何の変哲もないサラダのようなんですがこれが美味しい!!
まず野菜そのものが実に美味しい。
野菜の味がしっかり出ているというか、なんだか甘く感じる。
なんでなんでしょう?
そして生ハムとチーズ!
野菜との取り合わせでの相乗効果もあるかもしれないけど、
これだけを腹一杯食べたいくらいです!


箱根宮ノ下 ラバッツァ 牛ハラミ肉のステーキ
続いて『牛ハラミ肉のステーキ
ミディアムレアでお願いしました。
ハラミにしては分厚いなっていうのが第一印象。
ややもするとモッサリしてしまいそうだけど、それは全くの杞憂。
たしかに脂身たっぷりということはないけど、
逆に適度な脂身の旨味とさっぱり感を
ジューシーさとともに味わえました。


箱根宮ノ下 ラバッツァ 地鶏のソテーローズマリーの香り
こちらは『地鶏のソテー ローズマリーの香り』
これはお裾分けで一口食べただけですが。
しっかりとした味付けなのに、さっぱりと食べられます。

写真を撮り忘れてしまったのですが、
パンが実に美味しい!!
それにバターも。
このバター、しっかりと濃厚な味わいなんだけど、
マーガリンみたいにフワッとしてるんです。
なんか不思議な食感。

食事のためだけに宮ノ下に来ても決して損はないと思わせる、
それくらい大満足なディナーでした。
次はパスタにいってみたいな。

今回は素泊まりということもあって、
朝食用のパンを買っていこうと画策していました。

宮ノ下でパンといえば
渡邊ベーカリーピコット
夕方ピコットの方を覗いてみたんですが、
肝心のパンがほとんど売り切れ状態。
夕食後に渡邊ベーカリーに寄って(ラバッツァの隣なので)みるも
こちらもほとんど売り切れ。
有名なビーフシチューパンも
この時間に買っても仕方ないかなと思ったので、
夜中小腹が空いた時用にバターロールだけ買って
翌朝開店時に再度寄ることにしました。

ところが……
9:30開店のところ、9:45頃に行ったら
すでにイートインは満員で、店の外まで人が並んでいる状態!!
ココで待って食べるのもどうかと思って
とりあえず湯本まで降りることにしました。

じつはこの日は1日のんびりするつもりだったんですが、
急な仕事で呼び戻されていて、
昼過ぎには箱根を発たなくてはならなくなっていたんです。

で、湯本のスコットに開店と同時に飛び込みました。

頼んだのはビーフステーキ
1500円(ライス&サラダ付き)
箱根湯本 スコット ビーフステーキ
正直なとこと素っ気ない盛りつけだなって感じた。
でも味の方は文句なし。
写真だと分からないけど、これかなりの大きさ。
朝から食べていなかったのに、
これ1枚(にご飯とサラダ)で腹一杯になりました。

箱根湯本 スコット ポークジンジャーステーキ
こちらはポークジンジャーステーキ
1100円(ライス&サラダ付き)

このお店は内装に独特な雰囲気があって
そこで好みが分かれるかもしれません。
でも味と値段は文句なし。
ものすごく美味しい町のレストランって感じです。

この後いつものように茶房うちだで一服して帰路につきました。

箱根っていうとどうしても観光地値段で
味はいまいちって思ってしまうけど、
まだまだ美味しい店もいっぱいあるなと
再発見しました。



ステーキ!

ステーキが無性に食べたくなって、
でも食べに行ったら高いだろうし……

ってんで、早速ネットで物色。
肉だけを買って焼いてみました!

ステーキ1こんな感じ。
美味しそうでしょ。
実際めちゃめちゃ美味しかった!


詳しくないからよく分からないけど、
A5っていう等級の肉で
黒毛和牛サーロインステーキ300g
2,820円(税込み)と値段的にも文句なし!
(質を考えればね。。)


惜しむらくは、焼いたのがテフロンのフライパンだったってこと。
勿論、腕前のなさの方が大きいとは思うんだけど、
どうしても表面が上手く焼けない……。
写真を見てもらえば分かる通り、焦げ気味になってしまう。
どうしたらいいんだろう?

ステーキ2

コーン缶があったからコーンスープを作り、
付け合わせはガーリック風味のスパゲティとにんじんのグラッセ。
フライドポテト(実際には揚げてないけど)に緑も欲しいんでブロッコリー。
調子の乗りすぎて、食いきれないほど作ってしまった。



見た目は悪いけど、味は悪くない。
確かにちょっと脂がのりすぎている感はあって、
そういうのが苦手な人にとっては、厳しい面もあるかもしれないけど、
このとろけるような肉の柔らかさと甘い油の感触は堪えられない!


ちなみに肉を購入したのはココ
↓封を開けるとこんな状態でした。

ステーキ3


確かにサシの入り方は少し甘いかな。
でもこの値段で、しかも注文した翌朝には届いたことを考えると、
お勧めです!!





今度は他の種類の肉もまとめて頼んでみようかなぁ〜。

ピーマンたっぷりの青椒肉絲

9f247b69.jpg好きな野菜を3つ挙げれば、
必ずピーマンが入ってくる。
 ってことで、俺が青椒肉絲を作ると、
ピーマンの中に肉が入ってるって感じになる。

作り方自体はオーソドックスで、
軽く下味をつけた肉の細切りに小麦粉をまぶし(ビニール袋の中でシャッフル!)
軽く炒めてから、タケノコを投入。

火が通ったところで、合わせ調味料(醤油・ゴマ油・酒・砂糖・オイスターソース)を廻し入れます。

全体に絡まったら、主役(?)のピーマンをドバっと突っ込みます。
一気に絡めてピーマンがあったまったら、直ぐに火から降ろします。
これが重要!
モタモタしてると、ピーマンの持つシャキシャキとした食感が、なくなってしまいます。

下拵え込みでも15分もあれば出来る簡単メニュー。
改めてレシピを書くまでもないんだけど、
このためだけにタケノコを買うこともないし、
気がつくとしばらく作ってないって人も多いと思うから、
これを機に作ってみては?
ご飯が進むよ〜!

チャイナベーコン

チャイナベーコンを作ってみました。
DECOさんのブログのこの記事で知り、
レシピはRicetteさんのこちらのサイトを参考にさせてもらいました。

チャイナベーコン1
まずは豚バラ肉を購入。
ジップロックに入れて
丸一昼夜、醤油漬けにします。
ちなみに今回は500グラム。


チャイナベーコン2

取り出した豚バラはこんな感じ。
これの水分を取り除きます。



チャイナベーコン3



そしたらこんな感じで3日間干します。
今回は100均で買った
『枕干しネット』に入れてぶら下げてみました。








チャイナベーコン4

ポンコが飛びかかるかな
なんて思ったんだけど、
特に興味もないようで。。。



チャイナベーコン5
3日後の肉はこんな感じ。
これを水洗いしてから
烏龍茶で30分ほど蒸します。
これだけ!!



チャイナベーコン6
出来上がりの断面はこんな感じ。
美味そうでしょ!?




チャイナベーコン7早速味見を!
このままでも美味しいけど、
豆板醤なんかをつけても美味しそう。
勿論チャーハンに使っても、
ラーメンなんかに入れてもいいと思う!


あっという間に完食してしまいました。
次回作る時にはもっとでかい塊で作った方がいいかな。
今回写真にあるような方向で切ると、
ベーコンと言うよりチャーシューって感じ。

作るのに時間はかかるけど、手間は全くかかりません。
アレンジとしては醤油漬けの際に、ニンニク醤油でつけてみるのもいいかも。
それと烏龍茶じゃなく、ハーブティーやフレーバーティーで蒸してみるのも面白いかななんて思います。





鶏ハム

以前にも作った鶏ハムが美味しかったので
ちょっとアレンジして、再度作ってみました。

レシピは↓こちらから
レシピ ほっとけばできる鶏ハム by 真さん

鶏ハム1
まず鶏胸肉の皮を取り除きます。
とった皮はあげてから塩を振ってもよし、
アタリ(塩・胡椒)を振ってトースターで焼くも良し。
今回は後日オムライスの具にしました。



鶏ハム2大さじ1杯の砂糖をまぶしてから、
同じく大さじ1杯の塩をまぶします。
今回は左側のものにクレイジーソルトを、
そして右側のものにはバジルパウダーを使ってみました。


鶏ハム3
これをビニール袋に入れ、、
空気を抜く感じで封をして、
冷蔵庫で丸1日寝かせます。



ここでやることを写真に撮り忘れました……。

○1日寝かせた鶏肉を、水洗いし(塩加減によっては水に漬けて)、塩抜きします。
○鶏肉を丸めて、アイスキャンディーみたいな感じにラップで包みます。
○沸騰したお湯に入れ、鍋の火を消します。
 (心配な人はグツグツ言わないくらいの弱火で5分くらい煮てもいいみたい)

この状態で8時間放置。

鶏ハム4取り出してみるとこんな感じになってます。
最初作った時、火を消したお湯に漬けておくだけだと
火が通らないんじゃないかと心配だったんだけど、
全然問題ないみたいで、今回もしっかり火が通ってます。


鶏ハム5実は今回、クレイジーソルトで味付けした方は
中にとろけるチーズを入れてみました。
肉の大きさの関係で、しっかり巻くことは出来なかったけど、
味の方は全く問題なし!!


時間はかかるけど、手間は全くかからないこの鶏ハム。
安売りの日に買っておけば、2本で150円くらいかな?
ガス代だってかからないし、懐にもかなり優しい!
しかも失敗知らずと来れば、作りまくるしかないでしょ〜。

唯一失敗する可能性があるとしたら、塩加減。
もし塩辛かったら、それでスープを作るか、チャーハンの具にでもすれば問題ないかなと思ってます。

牛すね肉のマリネ風

叔母の家で何度かご馳走になった料理のレシピを教わったので作ってみました。

マリネ2『牛すね肉のマリネ風』
材料は
牛すね肉:300g
タマネギ:小1個
セロリ:1本
ピーマン:3個
ナス:1本
エリンギ:1本
サラダ油:2/3カップ(A)
お酢(ワインビネガー):1/4カップ(A)
砂糖・塩:それぞれ小さじ2杯(A)
胡椒:少々

ホントはナスやエリンギじゃなく、
にんじんやしめじを使ったりするんだけど、
今回は家になかったので。
すね肉もブロックを買ってきて、細く切って使うんだけど、
カレー用のものが100g50円という激安セールをしてたんで、
ついつい転んでしまいました。
実際に教わった量とは(特にドレッシングは)結構違います。
元々の量ではとても食べ切れそうになかったから(^^;

作り方は至って簡単。
○すね肉は食べやすい大きさに切って、軟らかくなるまで煮ます。
○タマネギはスライス、セロリは4、5センチに短冊切りして、それぞれ水にさらします。
○(A)の材料をトロッとするまで混ぜます。
○ナス、エリンギに軽く火を通します。
○タマネギとセロリの水気をよく切ります。
○すね肉が暖かいうちにドレッシングを和え、それ以外の材料も和えます。
○冷蔵庫で冷やして出来上がり!!

所要時間は1時間くらいだけど、そのほとんどは、
すね肉を煮てるかタマネギを水にさらしてる時間だからほとんど手間はかかりません。

後はこんな感じに盛りつけ。
マリネ1

白か黒の皿に盛りつけたいところだったんだけど、
手頃なのがなかったから、たち吉の皿に盛ってみました。


今回は安さに負けてカレー用のすね肉を使ってしまったけど、
やっぱりブロックで買って、細長く切って使った方が食べやすいかも。
後で冷やす関係で、硬くなりやすいから。

でも安くて手軽で大満足です!!




Archives
Profile
栗田 圭
訪問者数

  • ライブドアブログ