ブログネタ
今日の一冊 に参加中!


「わたしを縛って」

心も体も縛られることを強く欲しながら、二人の男との曖昧な情事を
淡々と続ける美緒、32歳。彼女の心が向かう先には・・・・・・。

第18回太宰治賞受賞

(帯より)

男と寝るのが好きで、最近縛られることを覚えた32歳の女。ひとりはイヤだけど、結婚する気はなくて、仕事を頑張るわけでもなく、怠惰な生活を送っている。

そんな女、意外とたくさんいるのかもしれない。

でも、そういうのって、なんかイヤだなあ。しゃかりきになって働く女ってのも魅力を感じないけれど、ヤニ臭い部屋で水とチョコレートを食べながら、マフラーを編み続けるのもイヤだ。

これって、作者の姿を投影してるんだろうか?

姪に毛糸を巻きつける、いたずら?虐待?のような行為は、主人公と、その妹の仲にどのような影を落とすのだろう。