マオ猫の道草日記

ジュビロ磐田のこと、勝手気ままに書き連ね。

最後の最後で


 ■2010 J1リーグ 34節
  C大阪 6-2 磐田   (成岡、前田)


例によって、試合は見てませんが、結果を知って愕然としました。
6失点って何。
そして出場選手やらなにやら、記録を見て首を傾げました。
なんで能活怪我でもないのに、ハチ? 途中交代のどさくさで那須がSBってなんで? サブに浄いるじゃん。なんでそこでわざわざいきなり那須ですか。わけわからん。
きっと素人にはわからない理由があるんではないかとは思いますが、まったくもって理解不能。
あえて能活や浄を使わないのが、世代交代とかなんとかいろいろそういうことなのかとも推測しましたが、なんであえて最終節で。わけわからん。
今回ばかりはヤンツーの采配ミスの匂いがプンプンしますね。
こんな試合で今年は終わりなんて、あーすっきりしない。
それにしても11月以降の成績悪すぎ。寒いと勝てないの?このチーム。
最終結果が11勝11分12敗、勝ち点44得失点差-11、総合順位11位って・・・どんだけぞろ目好きなんだよ。ひとつ外れてるのが負け数ってイヤ過ぎる。

ちょっとだけポシティブに考えるとすれば、この結果はこれからのいい戒め、反省材料になったんではないかと。
ナビスコ優勝して、うっかり鹿島に勝って。後半戦はなかなかの成績で。
チームも選手もうっかり勘違いしていたら大問題ですからね。
この大敗を教訓に、来季に向けて存分な準備をして欲しいと思います。

ひとつだけ良かったこと。前田が得点王を取ったこと。
心からおめでとう。2年連続は本当に偉業だと思います。前田は磐田の誇りですよ。
でも、本人も「嬉しいけど悔しい」とコメントしてましたが、本当だね。
とても嬉しいけど、すっきりしないね。


すべてが終わって、ようやく戦力外も発表されました。
予想はしてましたが、犬塚。
今年の使われなさ加減で、もしや、とは思っていました。ワンコのどこが気に入らなくてここまで干したのかが納得できないので、この戦力外も納得できていませんけどねー。
とても残念です。新天地での活躍をお祈りしています。
そして大畑。また大学進学かよー。磐田のユース昇格は、どっかおかしいですね。みんな大学に行ってしまう。
だから近年はユースの昇格がないんでしょうか。
もうひとつ、不穏な噂を耳にしましたが・・・・ただの噂であることを祈ります。

補強はないのかしらねー。どっかにいいボランチいないかしら。
康太がもっとしっかりしてくれればいいんだけど。今のままじゃねー。
外国籍選手の枠も埋まってないけど、ヤマ発さん景気悪いし、無理なのかしら・・・。



最後にFC東京の降格について。
まっっったく人事ではない。
最終節、勝てば15位で残留が決まるという試合で負ける。・・・おなじこと磐田も経験してるしね。あの年、入れ替え戦があって、本当に良かった!と今更ながら胸を撫で下ろしましたよ・・・東京の方々には申し訳ないですが。
東京のあの戦力で、降格してしまう。本当にJリーグは怖い。

そしてFC東京がまさかの降格したことで、ナビスコ勝者と降格との関連性がにわかに取りざたされていますが、そんなもん関係ないと思っています。
みなさんは忘れている。
大分にしても東京にしても、ナビスコ取った年はリーグもイケイケで、次の年は優勝候補にすら名を連ねていたことを。
言い方は悪いけれどそこに驕りと油断があったんではないですかね。それでずるずるあそこまで落ちたのではないかと想像しています。
それに引き換え我らがジュビロ。
どこに驕る理由と油断できる余裕があるんですか。
最初から危機感もって、最初から必死にやってれば、そんなジンクス吹っ飛ばせるって。ていうか吹き飛ばしてください。
リメンバー2008! あの苦しみを繰り返すなよ!!

100ゴール!!


 ■2010 J1リーグ 33節
  磐田 1-2 名古屋   (俺たちの前田)

今回の収穫は後半の戦いっぷりと、前田の100ゴール!
そんでケネディに得点を許さなかったことでしょうかw
浦和のもう一人も得点しなかったようなので、同率1位が三人!最終節で他の二人よりも得点して、なんとか得点王を取ってもらいたいですね。
2年連続の得点王が我らが前田・・・。想像しただけでうっとりするw

そういえばネットのどこかで(2ちゃんだったかな)、名古屋のサポが「磐田サポはスタ全体で前田が最高と思っているのが伝わってきて、好感をもった」みたいなことを言っているのを読みまして・・・ちょっと嬉しかったり。
名古屋といえば、古賀がボールを持ったときのブーイングが半端なかった。そんなに好きかと。


試合内容は前半はダメダメ。
セカンドボール取れないし、球際で負けるし、身体の入れ方やらなんやらで翻弄されまくりでしたね。でも2点取ってからの名古屋はそんなに怖くなかった。
後半は磐田ペースでした。
特に途中出場の山崎と松浦が良かった。
松浦はにょろにょろっとしたドリブルで何人か抜いたりして、おおおおおっと思うんですが結局取られたり。持ちすぎだろと思う反面、そういうところで名古屋もバランスが崩れてきたかなと。
松浦もチャンスをモノにするのに必死なのか、なかなかパスを選択しないので、もう少し出番が増えて落ち着いてきたら良くなるかなーとは思っていますが、どうなんでしょ。
ヤマちゃんはキレてますね。ぐんぐん前に行くカンジがいい。
後半名古屋がFKを取った場面で、さんとすが審判に延々文句?を言ってて、プレーが中断してる場面があったんですけど。
そのときヤマちゃん、つかつかっと二人に近寄って行って、ナニか言ったんですよね。そしたらさんとすに肩を突き飛ばされてませんでした?w
文句でも言ったのかなー。気が強いのは両刃の剣ではありますが、今の磐田はおとなしすぎる気もするんで、そういうのは頼もしくも思えます。

康太が前半に交代させられてましたが、あれはなんだったんですかね。
あまりに出来が良くなかったから、懲罰的な意味で?たしかに良くなかったですが。
康太はほんとに波があるなあ。いいときは抜群にいいのに。
期待してるんだから、もっとメンタル鍛えようね。


クラッカーはおいしくいただきました。
来季に持ち越さなくて本当に良かったw

8年ぶり!


 ■2010 J1リーグ 32節
  鹿島 1-2 磐田   (前田、ジウ)


昨日はBSでの観戦でした。
さほど期待もせずに見始めて、だって前節のあの体たらくで、中2日でアウェイで鹿島で。もうどこを取っても勝てる要素なんてムニャムニャ。
本当にごめんなさい。

前半早々前田と那須で右サイドを綺麗に崩して、前田が中にスルスルっと入ってヘディング・・・その瞬間・・・・笑いました。まwwじwwwでwwwwってカンジで。
鹿島どうしちゃったの。なんで前田について行くDFがいないの?って。

数分後、今度は左で前田がキープして、その横をシュートが半ば無理やり追い越して、そこにボールが届いたとき、そのクロスにジウがどんぴしゃで追いついたとき・・・やはり爆笑してしまいました。こんな早い時間に2点って・・・夢じゃないかと。

前半はけっこういい試合になっていたですね。
西がすごかった。相変わらず。攻守に奮闘ってこういうのを言う。
スペースがけっこうあって、前田もフリーでボールを持てる場面が多かったから、こういう展開だと松浦や菅沼がいたら、叶わないけど山崎がいたら面白いなーと思ってみてました。
前半最後にCKで1点取られますが、ここまでは楽しかった。


後半・・・。凄かったですねえw。まさしく能活劇場。
あそこに神がいる・・・と拝みながらの観戦でした。
鹿島の怖いところは、真ん中一本の早いパスで、ゴール前に到達すること。サイドをいくら警戒しても真ん中一本ですよ。怖かった。
コウロキの思い切りのいい飛び出しとか、何度悲鳴を上げたことか。
能活、いったい何本止めましたかね?
誰だったかなあ・・・マルキーニョスのシュートを防いで、こぼれ球を大迫、だったかな?あれを止めてくれたとき、これは勝てるかもしれないとちょっっと思いました。
その後に疑惑のゴールがありますが・・・あれ、はいっry
まあ、ミラクルなんだそうですから。そういうことにしておいて。

主審の手が高く上がったとき、泣きそうになりましたよ。
勝った〜〜〜〜〜!!!キセキだあああ!!!
ほんとにほんとによく守りきってくれました。
ありがとう能活!ありがとう!
他の皆さんも、よくやってくれました。
前田99得点目おめでとう。ジウ久々の得点おめでとう。
8年ぶりの勝利・・・長かったなあ。   ゜゜(´□`。)°゜。

でも後半の戦いっぷりは、、もうちょっとどうにかならなかったかと思うの。
30分過ぎに浄投入とか、そりゃないだろと思うの。最後の札がリュウとかry
ナビスコ決勝の広島が浮かびましたよ。今回は能活のおかげでなんっとか失点しないで済みましたが、ジュビロは守りきれるチームですかはたして。
ほんっとうに心臓によくないし。多分2回くらいはちょっと止まったと思うワ。

次はホーム最終戦です。優勝チームが相手です。
胸を借りるつもりで、なんとか勝ち点をもぎ取ってほしいと思います。
そしてあたり前田のクラッカーを是非くださいね前田さん。

夢のあとさき


いまだに頭の中が水色で、幸せを満喫してたりします。突然、頭の中にナビスコ杯のアンセルが流れ出したりして、ニマニマしないようにするのにたいへんです。
試合の録画は何度見直したことか。
ニュースはそんなに大層な特集を組んでくれるところはなかったですが、そんな中でも前田能活西那須の対談があったスポパラと、デジッチのあったやべっちFCには満足です。
なんかねえ、優勝した試合を何度も見直して、新聞買い漁って、スポーツニュースはしごして・・・って、こういうことが幸せだ。
本当に本当に7年ぶりの幸せを噛み締めていますよ。

今日サカマガの優勝記念特別号を買ってきました。
付録の前田のポスターのかっこいいこと!
ど、どこにかざろうかなあ・・・・。と部屋を見回しても飾るところがないんですけど。
思ってたよりも、しっかりとした特集で嬉しい。
これから数日、ニマニマと見返すことでしょう。

実は本当に手に入れられるかが心配でw、昼休みに会社を抜け出して買いに行ってきたんでした。
そのときに地元のFMで、ジュビロ磐田優勝特集みたいなことをやっていて、ご意見募集してまーす、みたいなね。
多分3時間くらいの番組で、どれだけ時間を割いてくれるかはわかりませんが、超聞きたかったですよ・・・・。
もうね、地元にもうひとつのプロサッカーチームあるとね、そんでそっちの方に比重が大きいのかなと感じることが多かったりするとね、こういうのは本当に貴重でね・・・。

明日はマガダイの本誌を買わなきゃ。
後はオフィシャルの記念DVDを買って、とりあえずそこで歓喜の区切りをつけるつもりです。いつまでも浸ってても、すでに現実を見つめているであろう選手の方々に申し訳ないですしね。
だからあともうちょっと、ニマニマ許してね。

リーグはあと5試合。
最後の3試合は、優勝争い(ACL争い?)の相手役をさせられそうでたいへんですが、その前のふたつ、仙台と山形にはなんとしてでも勝っていただきたい。
でもかなりハードスケジュールですね。天皇杯も入ってくるし。
なんとか怪我なきように、存分に戦ってください。
前田は2年連続得点王、狙っちゃえ! ケネディ捲くったら、どれだけ嬉しいことか。

チームはひとつでも上の順位へ。できれば賞金圏内へ。

値千金のドロー

 ■2010 J1リーグ 29節
  磐田 1-1 新潟   (前田)

120分激闘の末の中2日、もっと動けないと思っていました。
よくやった。このドローは勝ちに等しいと思います。

後半まで運動量が衰えなかったですね。交代で菅沼と松浦が入ってからは、特に磐田怒涛の攻撃でワクワクさせてもらいました。
新潟は、後半30分過ぎくらいから見事なベタ引きで、FKやCKのときは自陣での全員守備、最後の交代枠も唯一イヤらしかったミシェウを代えてディフェンシブな選手を入れてくれるという徹底振りで、ちょっとナビスコの広島を思い出したさ。
同点場面も那須からの折り返しを前田という、まるでデジャヴ状態で。
あのときのスタンドの盛り上がりは、まるで勝利したときのようでした。
ロスタイムも終わり間近、しかし勝負強くなったもんだ。
やっぱりメンタルって大事だなって思う。

成岡はもう少しやってくれると思ってた。
ミスが目立って、それを取り返すためにダッシュしてたのを何回見たかな・・・。
交代で入った松浦、キレキレでしたね。すごく良かった。
入って少ししたところで、相手5人くらいに囲まれたときに、するするっとドリブルで抜け出したのにはびっくりした。
久しぶりにベンチに入ったのに、どういうこと。もっと長い時間見たいです。
反対に荒田は・・・。成岡からのグランダーのクロス、あれは決めて欲しかった。
全体的に空回ってましたか。ヤマちゃんにベンチ奪われたのもうなずける。

びっくりしたのはシュート。
2日前120分フルで動き回ったというのに、今日も後半最後までよく動けてました。ほっそいのに体力あるなあ。特に運動量のいるSBだというのにすごい。
後半はとくにクロスもバンバンあげて攻撃の基点になってましたね。同点弾もシュートのクロスから。

とにかくお疲れ様でした。
負けなし記録は一応続いてるんだね。
それに前田98ゴール目、おめでとう。あと二つです。
なんとしてでも今季中に100ゴール達成してほしいと願っています。


帰りにショップに寄って、ナビスコ杯を見てまいりました。
久しぶりの戴冠・・・・。感動に浸ってしまいました。


ナビスコ杯

感無量

 ■ナビスコカップ決勝
  磐田 5-3 広島    (船谷、前田、菅沼、山崎、前田)


今日は朝からコンビニに行って、スポ新を買いあさってまいりました。
早慶戦に話題を取られると思っていたけど、けっこうジュビロ一面が多くて嬉しかったですよ・・・これは静岡版だからですかね?ニッカンの一面が紙吹雪を背景に喜んでいるイレブンで、とても綺麗。ありがとうございました。
優勝・・・したんだよね。まだ興奮から醒めません。

一番の吼えポイントは、前田の同点弾でした。
あの瞬間はもう・・・・・ほんとにもう(´Д⊂)
前半はけっこうつまんないサッカーで、あんまし記憶も定かではないというか。失点の仕方もなんじゃそれってカンジで。ズッバーンと決められる方が、ああいう事故みたいな失点よりはガックリ感が少ないというか。
それからの後半は磐田は攻めに攻めてましたよね。試合の主導権は磐田だったと思う。なのに点が決まらない。途中から入った菅沼も山崎もよくチャンスに絡んでいたけど決まらない。
時計の針は一刻一刻と動いていく。負けてるときの時計って、なんであんなに進むのが速いんでしょうかね。
後半40分を超え、広島はキープの体勢に入り、ああもうこのまま終わりかな・・・と諦めかけてたんですが・・・・、だけど前田が!!!
あの瞬間、いま思い出しても震えてくる。
生き残った!って叫びましたよ。ほんとうにほんとうにすごいよ前田。
こんな土壇場で追いつく勝負強さなんて、ここんとこの磐田に縁がなかったのに!ここ一番でやってくれた!!!

広島にはすこし同情した。
勝ってる状態で選手交代も守備的にシフトチェンジしているようなカンジで、まさか残り一分で追いつかれるとは思ってもみないよね。
ミキッチを下げてくれてありがとう。佐藤寿人を入れる前に交代枠を使い切ってくれてありがとう。延長に寿人がいたら、わからなかったなと後で思いました。

延長戦は、後半の勢いをそのまま残した磐田の流れのままでした。正直言って負ける気がしなかった。絶対点を取ってくれると思っていた。
広島は足が止まっていた。前田や山崎がフリーになれる時間が増えていたし。
だから菅沼が点を取ってくれたときはほら見ろ!!wと思ったし、その後も山崎がいいようにドリブルできていたから、もう1点取ってしまえと言っていたらそうなったし。ここらへんで叫びすぎて、自分が何を言っているかわからなくなっていましたよw。

だから槙野のFKが決まったときはなんじゃそりゃと。なんて馬鹿試合と思いましたけどね。
後で友人が「壁が開いててさー。怖いなと思ったらそこを通されたんだよね」と言っていましたよ。私はそこまで見れてなかった。

でもその後の前田の追加点に、再び歓喜。

終了間際のPKは、あれ、ダイブですよね??思いっきり飛んでたよね??
あり得ない判定にブーイング。これがラストプレイかって時間で、これを止めて終わったら、なんてドラマチックなのと思っていたら・・・本当に止めてくれた!!!
最高にかっこよかったよ能活。
直後のホイッスルは実は聞こえなくて、ピッチに横たわった能活に数人の選手が折り重なるようにして抱きついていて、水色の紙テープが次々とピッチに投げ入れられて・・・そこで勝利を知ったんですよ。
嬉しすぎて、叫びすぎて、我を忘れました。
最高の歓喜をありがとう。ほんとうにありがとう。08年のつらいときもその後のパッとしないときもずっと応援し続けてきて良かった。
新聞等に「復活V」とか書かれて、次はリーグ優勝だとかACLだとか簡単に言われているけど、まだそこまで驕らないで。
まだまだだと思いますが、前田や那須や能活が言うように、これがその切欠になればいいな。ここからまた徐々に力をつけていって、勝てるチームになってください。
スポニチの名波の言葉にちょっと泣けた。
「前田や西はずっと昔のチームと比較され続けてきたが、やっとその呪縛が解けたんじゃないかな」
そうだよね。表彰式の前田の笑顔が爆発しているのを見て、勝ったときより泣きそうになったです。良かったね前田。MVPおめでとう。

続きを読む

台風の中で


 ■2010 J1リーグ 28節
  川崎 1-1 磐田   (ジウ)

昨日は珍しくテレビ観戦をしていました。
BSiで放送してたんですが、民放BSが自室で見れることを、ようやく知りました・・・なにやってんだ自分。

本当にすごい台風でした。現地の皆様たちは本当にお疲れ様でした。
前半は風下で、よく守りきったという内容でしたね。ジュビロの出来が悪いとかいうより、よくあの環境で、という。
能活のファインセーブはすごかった。相変わらずの守護神ぶりです。
後半の先制点は、こぼれ球を拾った成岡が良かったですね。あそこで拾えたからこその西のクロスであり、ジウのシュートだったと思います。
まあ、自分のシュートのこぼれ球にすかさず反応した、ジウグッジョブですか。
失点の場面は、リプレイを見ると、マークを外したのは康裕ですかね。あそこにピンポイントでスルーパスを通してきた相手も良かったけど、かんたんにやられすぎ。
終了間際の前田の決定機は、決めて欲しかったですねえ。
結局ドローで終わりましたが、まあ負けなくて良かった。上々でないですかね。

ともわれ、大事な決勝戦に、負けずに行くことができるのは大きいです。
最近本当に負けなくなって、見ていて安心できて嬉しい。守備が安定してるって、こんなに平常心で見れるんだって、気が付きましたw。
ときどき他チームのいろんなところに意見を探りに行きますが、「磐田は守備がいい」って言葉がとっきどきですが見ることがあって、数年前には考えられないことだと、そんなことでも嬉しがっていますよ。

今日、決勝の相手の広島の試合がありました。
なんとなく気にしてて結果を見ましたら、負けてましたね。
そんなことで安心はとても出来ませんが、良いイメージを持って国立に行くことは出来ると思います。

あと3日です。
決勝戦は04年の天皇杯以来、ナビスコ杯の決勝戦は、01年以来です。
今からもうドキドキしていますよ。

思い出

飼い猫が亡くなりました。享年19歳。大往生でしょう。

続きを読む

逆転勝ち


 ■2010 J1リーグ 27節
  磐田 2-1 浦和    (ジウ、那須)


勝っちゃいましたねえ。
前半の戦いぶりを見ていてなんだかもう守備にいっぱいいっぱいで、ボールを拾っては取られ、動き出しは半歩遅れ、攻撃に移ろうとすると反撃にあい・・・というカンジで、点取れそうにないなあ・・・なんて思っていたので、終わった後にちょっと夢心地でしたよ。

そんな中で先制点を取られたわけですから、ああこれは・・・と。しかもあっさり取られたなあと。
だからすぐ後の同点弾は喜びもひとしおでした。しかもあの前田のアシストの凄いことといったら!八割は前田の点だね!
ゴールライン際で粘り勝ったときには、思わずおお!と声が出ました。
すごいよあのニョロニョロしたキープ。感動しましたよ。いつだったかのグノを彷彿とさせる鬼コントロールでしたね。
ジウの飛び込みもドンピシャで、得点したあとにゴールマウスの中でなかなか立てないでいた相手のDFを見て、また悦に入ってしまいました。
あのゴールを見ただけでも、来た甲斐があった、みたいな。

那須の決勝弾はセットプレーから。
選手の皆さんには申し訳ないですが、ジュビロのセットプレーは点が入る気がしない。
なのであの時もちょっとぼんやり見てたんですね。
ボールがこうきて・・・あ、那須が蹴った・・・はずれr・・あれっ!?ってw
サイドネット揺れてるっ!!しかもボール中にあるじゃん!!ってww
慌てて見た那須は、天にこぶしを突き上げてましたよ。あのガッツポーズ最高にかっこよかったですよ。感動しましたね。

終わってみれば2-1で勝利。
出来が良いとは思えなかったので、この結果はびっくり。嬉しいびっくりです。
全体的に浦和の方が強かった。外人2トップは強いしゴリゴリだし、柏木のボランチは目立ってた。いいところでボールを奪われるんだよね。
勝って良かったよ。嬉しいよほんとに。

今朝の新聞を見たら、6戦負けなしなんですね・・・04年ぶりらしいっすよ。
ついでに清水は6戦ぶりの勝利らしく、地元新聞は上手い具合にそこらへん写植してましたよ。ああ、気分がいい。



代表戦


前田と駒野、二人とも先発と聞いて、ワクワクと見てました。
でも前半早々の駒野の負傷退場にテンションだだ下がり・・・・・。
軽症であって欲しいと願っていましたが、速報によると、右上腕部骨折とか・・・・。
ああああああまた骨折かよおおお。落ちた瞬間、イヤな方向に曲がってたもんなあ。
上腕部って・・・これは今季復帰は難しいかなあorz
広島とのナビスコ、出て欲しかったなあ。
心よりお見舞い申しあげます。一日も早い完治をお祈りしています。

一旦下がったテンションは早々に上がらず、あまり身の入らない代表戦観戦になってしまいました。結局そうかよまたかよ、な自分。

前田はポスト頑張ってましたね。
韓国のプレスに苦しめられていたように見えました。前田もよくやってたとは思いましたが、ゴールは遠かったですね。
良かったところもところどころありましたが、本人は納得してないだろうなあ。
ザック監督には、長い目で前田を使って欲しいと思います。


それにしても、本田はすごい。一人でレベルが違ったですね。
まさしく本田△
Archives
livedoor プロフィール
Mybloglist
気になるリスト



  • ライブドアブログ