2009年01月07日

マコにオファーが来ないんだって。だから、チームはコーチとしてどうだい、っていう話をマコにしているらしい。
やはり年棒とかのこともあるんでしょうかね、しかも不況だし。どのチームも手を出せないみたいな? それとも、もうマコには魅力がないっていう判断なの? そんなことないよね?
そして秀人には、J2のC大阪がオファーを出しているとかいないとか。
森下くんも移籍しちゃって、マコもいなくなって、今のままじゃどう考えたってDFは手薄なのに、これでもし秀人までいなくなったら、一体どうすんだ?って感じですよ。今年こそ降格まっしぐらだよ。
補強も、まったくうまくいっていないみたいだし。
明るい材料がまったくない。
開幕から出られない選手が何人もいるしさ。
もう開幕なんてすぐそこじゃん。のんびりしてたら、また去年と同じパターンだ。
せめてせめて、降格しないチーム作りを頼むよほんとに。
今年もまた、我慢の年になりそうだ。


(20:03)

2008年12月23日

森下俊選手 京都サンガF.C.へ完全移籍


昼休みに、友人からのメールで知りました。

入替戦が終わってからこっち、スポーツ紙に出るジュビロ関連記事は、どれもこれも不穏な空気をまとったものが多くて、「なんだかなー」って気分だったんだけれど、この森下移籍のニュースは、ちょっと私に意外なくらいな打撃を与えたわ。

2004年でしたかね? ジュビロユースは強かった。夢中になって試合に足を運びました。森下くんは、2年生くらいからサテの試合にも出ていましたよね。トップのキャンプにも行ったし。
とにかく、あの強かったユースのチームで、ディフェンスリーダーとして、ものすごく輝いていたし、かっこよかった。
あの団結力のあるチームを見て、『ああ、この子たちが将来のジュビロの中心になるんだなあ』って、ものすごくワクワクして夢見てた。
大量にトップ昇格。思い入れがあったからこそ余計に、すごく期待していた彼ら。
けれど、いまや残っているのは康太と八田だけ?
……なんて寂しいことなんだろう。
【思うように活躍できず、悔しい思いでいっぱいです】
本当に、私もものすごく悔しいですよ、森下くん。
あなたが将来、ジュビロのDFの要となる日がくるんだろうと信じて疑ってなかったから。マコや秀人を押しのけて、きっと真ん中に居座るようになるんだろう、って夢見てました。けれど、2年、3年と月日が流れても、いっこうに試合に出てくる気配はなく。ほんとうに残念です。悔しいです。

移籍先では、死に物狂いで頑張ってください。


来年のジュビロ、どんなメンバーになるんだろうか。
補強とか、どうなっているんだろうか。
今から来年のことを考えると、すごーく恐いんですけど。




(19:06)

2008年12月13日


◆2008 J1・J2リーグ 入替戦 第2戦◆

ジュビロ磐田 2−1 ベガルタ仙台
(松浦2)


終了のホイッスルが鳴った途端に、泣きました。
声を上げて号泣したのなんて、何年ぶり?
変な話、父が亡くなったとき以来、みたいな^^;

長いシーズンが終わった…って感じです。

来年もJ1にいられて、良かった…!!

松浦ありがとう!
キミはほんとに凄い子だよ。来年も、どうぞよろしく頼みます。

今日の敵は岡田(主審)だったな。
覚悟はしていたけど、あの人、絶対「俺がジュビロを落としてやる」って思って笛を吹いていたんじゃないかって思うくらい、なんかすっごいジュビロに厳しかった気がします。
今日の私は、「岡田(主審)に負けるなーーーーーっっ!!」って、何回叫んだことか!!

ほんとうにほんとうに、つらいシーズンだった。
ブログなんて書いてる場合か!って気分がずーーーーーーっと続いていたし。

最後にこうして書けて良かったです。

なんかね、試合後はもう放心状態っていうか、脱力状態っていうか。
食事をしていても、黙っちゃう感じ? 

なんもいえねえ、みたいな(笑)。



とにかく、来年はもうこんな思いは嫌だ。
ほんとにそう思います。



よかったよーーーーー来年もJ1!! 


(23:20)

2008年10月19日

今できること
本当にどうしようもないことなのだろうか。実はほとんどの場合、ほんの少しの努力を怠っているだけで、本当に万策尽きた状態には至っていないことのほうが多い気がする。
今、ジュビロ磐田があえいでいる。Jリーグに昇格以来、数々の栄光を刻んできたこの名門チームが、下部リーグへの降格の危機に瀕している。チーム発足以来、共に歩んできた自分にとっても、現在の状況は想像すらしていなかった。なんとかなるさ、と甘く見ていた。
だが現実はそうではなかった。戦えば戦うほど、勝ちに見放されていく。そこにかつての常勝を誇ったチームの面影はなくなってしまっていた。そんな中、僕はと言えばこの状況を生み出してしまった犯人を捜し、批判し、そしてどうしようもない現実を嘆くだけだった。
こうした状況下、立ち上がったのはサポーターだった。現実を受け止め、その現実を打開するために彼らは動き始めた。その行動は、やがて大きなうねりとなる。
肩を組み、応援歌を奏で、サポートの証であるボードを掲げるサポーター。あらん限りの力でチームを鼓舞するその想いは確実に選手へと伝わった。諦めにも似た雰囲気は、失いかけた誇りを取り戻そうとする必死さへと変化し始めた。懸命にボールを追い、貪欲にゴールを狙う選手たちが帰ってきた。
十月五日、対コンサドーレ札幌。一万人を超すサポーターの前で、前田遼一がハットトリックを決めた。雄たけびを上げるその姿を撮影しながら、僕は涙をこぼした。それは現状を嘆き、落胆するだけだった自分に対する後悔と懺悔の涙だった。
心から選手を信じていたか、心から勝利を信じていたか、必死の前田の姿を見て、そして必死のサポーターの姿を見て、努力を怠っていた自分を恥じた。
あと五試合。結果はわからない。でも、もう後悔だけはしたくない。だから僕も信じ続けていきたい。立ち上がった人たちのように。

*******************************************

久保さん、泣ける…  (⊃Д`;)


本日の静岡新聞日曜版【しずおか スポーツ百景】より

(19:18)

2008年10月07日

今朝の新聞を開いてびっくりですよ。

「山崎骨折」

ってオイ!

またですか………??

大丈夫かいヤマちゃん………。
本人も「あきらめがついた」と言っているようだけれども、ほんとに、しっかり、じっくり治して、完璧な状態で戻ってきてください。お大事にね……。

そして、前田は代表に連れていかれないのね?
ヤッタ〜〜。
良かったよ。本当に……。
行ったら、また怪我しちゃいそうな気がしていたので、ちょっと安心しました。

今前田がいなくなったら…って、ちらっと考えただけでもう、ガクブルです。


こちとら代表なんかにゃ、かまっちゃいられませんから。
すみませんが。

それにしても怪我人が多い……。



(20:02)

2008年10月06日

2008 J1リーグ 28節

ジュビロ磐田  5−0 コンサドーレ札幌
(前田3 ジウシーニョ1 犬塚1)

5点も取れるなんて……。
しかも前田のハットトリックが見られるなんて………。

なんで??(オイ)

相手が最下位、とかいったって、ジュビロはすぐその上。
始まる前からもう、変な汁がいろんなところから出てきそうな緊張感^^;

札幌は、とにかく外人が恐かった。1人で持って行けちゃうんだもん。
ていうか、外人しか印象にない。

先制点がどちらに入るかで、たぶん試合展開は違っていたんじゃないかと思う。ジュビロが先制するまでは、札幌の攻撃もキレがあったし、恐かった。


昨日は、初めて「ロドリゴさんが仕事してる」って思えました。浮いてないというか。
相変わらず、走り方は「のっしのっし」なユル〜イ感じだったけど。
あと犬塚。
すごい地味に効いてたよー。ほんと、影のつぶし役に徹していたというか。

そして松浦。
なんかいいよ彼。見ていてワクワクする。球離れも速くて、彼がボールを触ることで、スピード感が出る。で、3人目の動きっていうのもけっこうできてたし。試合を重ねたら、もっともっと良くなりそう。すごく楽しみ。
それに、ちっさいのに、ハイボールも案外負けてないの。

康裕も、そこそこやれてたね。
前半は攻撃にも絡んでたし。でもオフトは上がりすぎ、みたいに言ってたけど。
確かに、昨日はサイドがボール持てたな。上位チームが相手だと、ああはいかないだろうけど。それに、後半7番(だったかな)が入ったあと、何度か抜かれちゃってたしね。ちょっと恐かった。

でも、3点入ったあと、スタンドにいつものお気楽ムードが漂ったように思えましたよ。
勘違いしちゃだめだよ。一喜一憂してられないんだから。まだ先は長いよ。
勝ちはもちろん嬉しいけど、爆発的な喜びはまだない。だって確定してないんだから。1つ勝って15位になったからって、次に負けたらまたすぐ落ちる。しかも、残りは厄介な相手ばっかり。
まだまだ!
ああ、ガンバと名古屋、両方勝ちたい! あっちはあっちで別のプレッシャーあるでしょ? どっちの気持ちが強いかだからね。狙えるチャンスは絶対あるはず。


とにかく勝って休みに入れて良かったな。

そういえば、岡ちゃん来てたんだって?
あの人前田ラブだもんね。
しかもハットトリックなんかしちゃったし。前田連れてかれちゃうよね……。
怪我しないでね、お願いだから。



肩組ンデ

(19:15)

2008年09月29日

◆2008 J1リーグ 27節
ジュビロ磐田 1−0 アルビレックス新潟
(前田)

14,000人もいたんですよ、観客。
こんなに入るとは、正直思っていなかったので、びっくりです。

たぶんね、サポーターも「本気モード」になった、んですよ。
「こりゃ、本当にまずいんだ」って。
今まで、上位にいることが当たり前のチームだった。少しくらい低迷しても、心のどっかで「強いんだから」って思ってた。
「大丈夫、大丈夫」って、根拠もなくそう思ってた。
不甲斐ない戦い方をして、文句も言いたいし、野次のひとつやふたつ飛ばしてやりたい。でも、もうそんなこと言ってる場合じゃないぞ…って、ここに来てようやく。

始まる前から「Top of the world」が歌われて。
それも、バックスタンドの人たちも、たくさん立ち上がって。今までにない雰囲気だった。
それを見ているだけで、なんだか知らないけど、ウルっときた。
文句もたくさん言うけど、やっぱりね、「支えてあげたい」って、すごく感じたシーンだった。

試合中はね、もう、ただただ必死に見てた。
PKだろうがなんだろうが、1点は1点。
追加点が欲しかったけど、とにかく失点するな…っていう気持ちで見てた。
フェアプレーデーだったけど、ガンガンイエロー出ちゃって^^; 誰かいなくなるんじゃないかと、半ば覚悟しながら見ていたけど、DF陣のガッツはすごかった。相手FWがファイター、って感じだったからね。それに負けないで、しっかり受けてたってた。

あと、トップ下やった松浦。
頑張ったよー。ヒヤっとする場面もあったけど、でも、頑張ってた。チャンスもたくさん作ってた。プレーも速いし、上手い。最後のチャンスは、得点になったら最高だったけど、それは次に持ち越しだね。
ゲーム終了後、みんなに頭小突かれてたね。「頑張ったな」って?
ヨシカツに肩組まれて、そのヨシカツにきゅうっ、って抱きついてた後ろ姿見たら、またなんだかウルっときた。

勝って嬉しい、というよりは、とにかく安堵。
まだ、前のチームの背中は見える。
追いついて、追い越さなくちゃ。

とにかく、今は勝ち点がほしい。
それだけだね。


(19:06)

2008年09月20日

◆2008 J1リーグ 25節
ジュビロ磐田0−1横浜 F・マリノス


憎たらしい太陽光。
強すぎです。試合結果と共に、ダメージ受けまくりです。


書けば全て後ろ向きになってしまうので、あんまりブログを書く気にもなれない今日この頃なわけですけれども。

前半、ディフェンスに行く時、相手に対して詰める…ということはできている…ように見えました。奪ったり、っていうシーンもけっこうあったし。

しかし。

そこからなんですよね。
そのあとが続かない。ゴールへのイメージがないんじゃない?っていうくらい…。

ボールが奪えても、得点につながらなきゃ勝てないし。

前田は、どっか悪いの?
あんなに踏ん張れない人じゃないよね。あまりにも簡単につぶれすぎじゃ? どっか悪いとしか思えないんですけど。


今日の帰り、友達と誓いました。
「残留したら、お祝いしよう」と。

さすがに、今日の今日はちょっと覚悟しました。

(23:54)

2008年09月02日

内山さん解任。

でもって、新監督はオフト。

新聞には「前監督解任後4日で決着!」なんて、仕事早いじゃんすげーじゃん、みたいな見出しになってますけど、実は「来日メド立たず、柳下コーチ指揮」とか書いてあったりして。

しかも。

「スペインで隠居生活を送っていた同監督の準備が整っていないのは明らか」

って、なんじゃそりゃあ〜〜〜〜!


「隠居生活」



試合勘あんのかーーー??? (#`Д´)ノ

(21:28)

2008年08月10日

◆ジュビロ磐田 0−1 ヴィッセル神戸



うーーーーーーーーーん………。
試合終了後の、サポーターのブーイングが全てを語っていると思います。
ヤマハスタジアムは、比較的選手に優しいスタジアムだという認識があります。どんなに無様に負けたとしても、ブーイングがあれども、拍手も多かった。
でも、昨日の試合終了後は、ちょっと違いましたね。
昨日は拍手があまり聞こえなかった。
比較的拍手の多いバックスタンドで、ブーイングが広がった。

さすがに、温厚な磐田サポーターも限界なのかな、と。

ていうか、よくもここまで耐えてきたよ。
ってな感じ。


私もなんだか途中で集中切れたし。
電光掲示板だか広告板だかは、えっらい眩しくてゴール付近の様子が見にくくて目がチカチカするわだし。ほんと、あの広告、ゴール裏に置くのはやめていただきたいです。せめて両脇にして。


あの選手交代は何なの。
前も似たようなことあったけど、負けている状態で、残り5分くらいでゴンちゃん入れて何をさせようっていうの。
出すならもっと早くから出してくださいよ。
何にせよ遅い!
最初の交代も、もっと早く動いていたら、失点だってしなかったかもしれないし。

なんかねー、観戦に行くのがつらい日々ですよ、ほんと。



でもって、今日はサテ観戦に行ってきました。
負けました。_| ̄|○

2日連続敗戦。



痛い………。

(23:00)