2005年01月22日

一人ぼっちで

さびしい  
Posted by m-40_03308 at 20:42Comments(2)TrackBack(0)

2005年01月09日

助けて

抗うつ剤が効かない。死にたい死にたい死にたい死にたい
一日中ベッドから動けない。こんなので生きているとはいえない。
しばらく実家にいたけど、することがなくますますひどくなってきたので
母といっしょに東京に戻ってきた。母がいる限り死ねない。
どうしたら良いんだろうもう生きていたくない  
Posted by m-40_03308 at 23:14Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月15日

なぜかログインできず

更新が止まっている間に恋人ができた。
しばらくは、続きそう。

性懲りも無く、相手は研究者。
ただし今度は医学のP.h.D.ホルダー。ヨーロッパの研究機関で数年働いた後、戻ってきたところに私と出会ったというわけだ。
頭がずば抜けて良いのは当然として、顔も素晴らしくハンサム。

ただ・・・。

いろいろ書くことはあるんだけど、それはまた今度。  
Posted by m-40_03308 at 01:50Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月25日

恋愛ごっこのキスの味

近付いてくる外国人には、ガードが甘くなってしまう。英会話の練習にちょうど良いと思いながら遊んでいるうちに、趣味恋愛が始まってしまったりするのだ。英語の勉強には確かに良いし、何かと刺激的なので、好きだと自分に思い込ませてしまうのが原因だろう。
そんな、かつての苦い経験。ふとした瞬間に「もしかして私はこの人を愛していないのではないか」と気づいてしまい、いきなり別れを告げた。当然相手は怒り狂い、私は走って逃げた。

今回はその辺をちゃんと意識しつつ、数ヶ月前から口説いてきているアメリカ人に対する自分の気持ちを確かめてみようと思って、久しぶりに二人で会ってみた。ルックス良し、頭良し、話面白い、優しい、で条件的には何の不満もないのだが、なんっか違うなぁ〜・・・。

と、気づいたのは、雨を理由に連れ込まれた歌舞伎座の暗がりでキスされたときだ。その連れ込み行為を許した時点で、そのぐらいのことは覚悟しとかなきゃいけないわけだから抵抗はしなかったけど、ああ、情熱恋愛と趣味恋愛の違いはキスの味だなぁと思いながら私はそれを受けていた。かつての浮気相手たちとのキスと同じ味だった。体の一部と一部が接触しているだけ、というか。

さーて、なんとかうまいタイミングで、帰ると言い出さないと、この流れはヤバイぞ。と、頭の中で計算していると、彼は「cute」「beautiful」「nice」を連発しながら散散キスしたらもう良い様子で、「明日も仕事だから」と、帰る風を見せた。へぇー・・・てっきり、ヤリたいだけで近付いてきてるんだと思っていたのに。

帰りに、"Hope you don't think I was rude"とメールが入っていた。気にしてるらしい。30代の男とは思えないピュアさに感動した。最近すっかり男性不信になっていたが、この人はちょっと違うかもしれない、と思ったり。

これが大抵の私の間違いの元になる。  
Posted by m-40_03308 at 00:22Comments(1)TrackBack(0)

2004年09月22日

四つの恋愛、あなたはどれ?

スタンダールが『恋愛論』で示した、有名な四つの恋愛形式。

‐霰恋愛・・・一番ピュアな恋愛。恋する相手がどうしようもなく輝いて見える幸せなもの。

⊆駝N愛・・・遊びの恋愛。恋愛ゲームを楽しむための恋愛。恋愛ごっこ。

F体恋愛・・・相手の肉体のみに関心がある恋愛。

さ栄恋愛・・・恋人の一人や二人いなければみっともないという、虚栄心が作り出す恋愛。

皆さん、身に覚えがあるのではないだろうか。
スタンダールに言わせれば、,両霰恋愛のみが本物の恋愛であって、◆銑い領愛は恋愛の名にすら値しないそうだ。

・・・と、言われても・・・ね。

私が今までに経験した‐霰恋愛は、かつての「彼」とのもののみだと思う。自分の中の最高の男性像を彼に投影し、実物より良く見えていたような気もする。

それに対して、他の恋愛は(浮気も含めると)△亮駝N愛(やりとりや相手の反応、お決まりの筋書きを楽しむ)とい竜栄恋愛を混ぜたものだった気がする。

私やA子のように、「頭が良くて仕事ができてお金持ちでおしゃれなビジネスマン」じゃないと駄目よねー、と言ってるのもたぶん虚栄恋愛・・・だよね・・・。

なんだか、私の浮気相手たちが色あせて見えてきた原因がわかった気がする。‐霰恋愛の相手と、◆銑い領愛の相手は全然別なのだ。おそらく私は本当に恋した相手にお金も地位も望まない(実際、そうだった)。
ただ、趣味恋愛の相手としては遊んで楽しい、心地よい相手が良かったわけだ。

このことを意識しておかないと、次の恋愛の相手を、変な基準(趣味恋愛や虚栄恋愛の方の基準)で選んでしまいそうだ。実際、次彼候補の中で、趣味恋愛の相手ならパーフェクト、という人はいるのだが、付き合う気にならないのは情熱恋愛の相手でないから、ということだろう。

そして、最高の幸せは情熱恋愛によってのみしかえられない、というのが私の結論なので、寂しさに負けて趣味恋愛に走るのは、今のところはよしておこう。  
Posted by m-40_03308 at 17:18Comments(1)TrackBack(0)