2005年08月06日

あまいわな

温かいものに触れた
途端
物凄い恐怖に駆られて
腕の中を抜けた。

あまい罠。
人は
逃げれば逃げる程
暗闇の中に足を踏み入れて
いつしか
自分の像等亡くしてしまう。

私は
私を
殺さないように。

吸った温もりを
全て
冷たく吐き出した。



誰も
何も
判らなくて
・・・・それでいい事だ。

  
Posted by m-44_47657 at 02:17Comments(2)TrackBack(0)

2005年05月29日

蝶々のやふに


誰かの言葉から思う,確か有名な人の言葉。

好きな人の手をとって
“こうしてぎゅっとしている事が
何にもならないと思うから,私は貴方の手をとるの”
そう語るところを思い浮かべてみる。

貴方の負担にはなりたくないという私の思いと
それでも手を握る事で感じてしまう私の体温や行動に移したことの意味に
貴方が何を感じるのか,とても興味がある。

  
Posted by m-44_47657 at 03:57Comments(0)TrackBack(0)日々精進

廻るあなたへ

十代初め,色んな知識を欲していたけども
半ば差掛かり後半までくると
学に対する志はいつの間にか消えていた。

感情を,明快に言葉へと変換する術を
身に付けようと思えばそう出来たのかも知れない。
初めて出会う相手に
違和もなく溶け込む事さえ出来たかも知れない。

だけど誰かと居る真実は
其処に誰が居るのか探る事などではなくて
自分が何者か誇示する事でもなく
目には見えない“本人”を
容易く手に取る事が出来たからではないのだろうか。。

何故其処に居るその人を選んだのか
説明を本当に必要とするなら当人達だけの筈。
然し当人は,“本人”を知るのだから
何も説明する必要などないと私は思う。

私が何者か,示すべきなのは
隣に居る貴方にではない。
  
Posted by m-44_47657 at 03:28Comments(0)TrackBack(0)日々精進

2005年05月19日

やっぱり素直に

どうも厭な世界に漬かり過ぎた。
自分がそれに染まったとは微塵も思ってないのだけれど
知らない人の事,特に異性に対しては,
非常に疑り深い目を無意識に持つようになってしまった。

多分,それくらいでないと
今の私の生活環境ではボロボロになってしまうから
自己防衛というやつ。

でもその為に,素直な心の人までも
初対面だからと無意識に疑いの目を持ってしまう自分は悲しい。
そして疑いを持ってしまった事だけでも
相手に対しては申し訳ないとか
自分を恥ずかしく感じるのに
人の行動に説明を求めて,馬鹿げた気持ちの悪い質問をする自分は
もう本当厭ね。
「私の事好き?」とか聞いてる子女に成ったみたいな。
オイ御前,そんな事特に言葉にしたら冷めるじゃない
好意を持ってるか持って無いかすら感じ取れないの?みたいな。
そういう感じ。

心の奇麗な人しか私の前へ現れないで下さい。
私の心が奇麗か如何かなんて保証は出来ませんが。
  
Posted by m-44_47657 at 00:56Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月12日

素直

恋愛の産物は幸せじゃないと思う。
でも色々とカテゴライズするのは
最近の私の悪い癖だと思う。

矛盾したら矛盾したままで
縛っていたりするので
心に嘘はないんだけど
でも縛る事自体がやっぱ良くないだろう。

ベタてどんな魚なんだ。  
Posted by m-44_47657 at 03:33Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月11日

春雨

春の雨が降る。
気温は昨日から一気に20度近く下がったような。

その雫の透明である事に驚く。
その透明の中に何が,どんな汚染物質が潜んでいるのか
私は知らないけど
間違いなく私の泪よりも奇麗な透明。

自分が泣く時目から零れ落ちたものを見た事があるけど
雨の雫と比べ物にならないくらい濁ってる。

そうさどうせ普通なら女の子が泣く時の可愛さすら
私にはないって事で,いいよ。

もう昔みたいに美しいものが疎ましい訳じゃない。
  
Posted by m-44_47657 at 21:21Comments(2)TrackBack(1)日々精進

何処に生きる


アイドルロック歌手K氏の写真展受付をしてて
終わってから手伝っていた会社の小規模打ち上げに行った。

そこの会社員の内一名が云っていた言葉が忘れられない。
「オレは優しいよ,一緒に居た女の子は皆幸せに旅立ってく」とか
「人の不幸の上に自分の幸せがありたくない」とか
そんな冗談というか嘘の本気みたいなもの
「幸せ」「優しさ」全て糞喰らえだ。

付き合う相手に対して「幸せ」「優しさ」を求める女も
それを知っていて上記の様な冗談を云う男も
世間には溢れかえっている事実が煩い。
ただそういう人たちこそ幸せを判っているような気もするから
別に悪い事だなんていうように思ってはいない。
自分はそれに馴染めないだけで。

幸せは自分で調達するもんだと思っている。
優しさは私に都合が良いものだけじゃないと思っている。
それから「幸せ」「優しさ」どちらも私にとって
必要ないとまでは云わないが特別大事なものではない。

可愛いからといってやたらと「幸せ」「やさしさ」を
与えようとする男にこんなことを云っても判ってもらえないだろうが
世間には少ないながらに私のような女の子達が居て
彼女達は苦しんでいる。
見た目の華はそんなことの為にある訳じゃない。
「幸せ」「優しさ」自体の本当の価値を
女の子達は見失ってしまう。

私は既に孤独を望んでしまっていて
もう何も要らないような気がする。
自分がメッセージを送る先が,もうこの世界にはないかも知れない。
だけど自分自身が何者なのかそれすらもう
現実とごたごたに混じって明快ではない。

私にとって多分大切なのは真実であり幻想。
何も全てが事実であり現実である必要なんてないと思うんだけども。

  
Posted by m-44_47657 at 21:07Comments(0)TrackBack(0)日々精進

2005年03月01日

心のかたち 人のかたち

MICHELLE,最近聴かないけど好き。
リアルにその音楽とお付き合い出来なかったので
知らない事も沢山あるから
ファンだという人からすれば
「それは好きのうちに入らないんじゃない」なんて事も
云われるのかも知れないけど
でも凄い格好良いと思ってるよ。

ついこの間,お友達が上野さんに会ったようで
「やっぱり人間的にもとても格好良い人だった」と話していた。
今度は誘うよ,と云ったのを聞き逃さずに
今度は是非私もその席にと頼んでおいた。

でも何ていうか,知った顔になってしまえば
憧れていた人の存在って変わってしまう。
憧れを失うとかそんな事ではなくて
今迄に“音だけから得たその人物の認識”は
実際会ってしまえば,当然情報も増えて
形を変えてしまう。
大した事でないようで大した事。
音にしても,作品として完成されたものというのは
純度が高いモノのように思う。
創り手の存在の密度が濃くなったようなモノというか。
創り手自身に触れたいような,触れたくないような。

とりあえず,まともに話が出来るようにならなければ。
先ず自分の事を頑張りませう。
  
Posted by m-44_47657 at 00:54Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月28日

私という人間


ぐう。
私の知る“アーティスト”というのは
崩壊した人間が大半。
というか真っ当な人というのは
“アーティスト”に,人間的な向き不向きで云えば
向いていないんじゃないかくらいに思っていたんだけれども。
でもミュッシャの様な,崩壊していない人間にも
素晴らしい作品を残す人は居るんですね。

何ていうか,それでも多分私自身は
「崩壊している人間の方が,作品を創りやすい」
くらいに感じている。

今日,“増山麗奈という人間”の話を聞いて
昔の無茶苦茶な自分を思い出したんだけど
やっぱりその時の自分は物凄いエネルギーを持っていたように感じるし
そういう無茶苦茶な人間は常にエネルギーに溢れているように思う。
でも一歩間違った時の怖さが半端じゃない。
心の目だけ,エネルギーの流れるままにだけ,動いて行くから
この世界に生きているようで,完璧にこことは違う世界の住人だ。

今の私は丁度,“そういう人間”達にとてもコンプレックスを抱いている。
過去がどうであれ,私はこの世界に従順に生きる事を選んでしまった。
愛する人に愛されたくて,自分の世界を守りたくて
一歩間違った時の恐ろしさを知って
“そういう人間”であることを止めてしまった。
今の私は,あの頃と比べてとても生き易さを感じていて
世界の中心は,全てのものであり,私ではない。
多分,それが幻想であってももう二度と
「世界を背負い込もう」等とは思わないでしょう。

ただ,作品までもが
コンプレックスを感じる程に,冷たくて,正しくては
私自身を表現し切れずに終わるのだし
上手い付き合い方をちゃんと見つけねば。
沸々。


  
Posted by m-44_47657 at 23:47Comments(0)TrackBack(0)日々精進

2004年12月10日

ミーティングのサーズディ。


にゃー,コワイ。
どうしよ。
某パフォーマンスアーティスト集団に入りたい。
入りたいけど,コワイ。
まぢ今年美大受からないと土俵が違い過ぎる。
自分の事足りない状態で居るなんてコワイ!
つか本当私みたいな状態の人間が
同じ土俵に上がりこもうとしてて良いんだろうか。
メンバーが誘われてる飲み会とかに行って良いんだろうか。
誕生日なんて一緒に祝わせてもらって良いんだろうか。
ゃー,がんばにょ。


とにもかくにも
千葉が髪を切ってくれて良かった。

  
Posted by m-44_47657 at 01:13Comments(0)TrackBack(0)

2004年11月05日

目まぐるしく目の潤う日


2日,明和電機のレセプションパーティーに行ってきました。
モ○○が御呼ばれしてるって事で和田さんが私にも連絡くれたんだけど
ぅぅ・・・・モ○○の知り合いが多かったのは判ったけど
誰が誰だか判らず,覚えてるのはスメリー氏やトースティ嬢だけで(笑)
初めての経験は楽しかったけど,果てしなく疲れました。

そのあと,和田さんが個人的にお呼ばれしてたクラブイベントで
ヨッシィ氏(銀座の交差点にある日産ギャラリーのデザイナー)に会い
奇麗で素敵なボーカリストの御姉さん(聞き取りにくい名前の為…)に会い
モデル陣の方々に会い,本当目まぐるしい。
写真がないのが残念だけどとっても目の潤う一日でした。

  
Posted by m-44_47657 at 18:27Comments(0)TrackBack(0)ART

2004年09月27日

日々是闘い


人は結構判ってる事にでも
判らないふりをしている事が多いなって思う。
若しくは,自分で人生を複雑にしているのか。
つまり本気で生きていないのか。

世の中は私の中でとてもシンプルだ。
全てが一つだと思う。
そして私のコンセプトがそれだ。

人としてものを考えるのには限度がある。
どう考えたって大切なものの中に
“生”“死”“愛”“性”“美”は最低限含まれるんじゃないだろうか。

私自身も然り。
そしてどれだけ昔に戻っても
人として生きている以上
そういった簡単なものの支配下に人が居る。
偉人であっても凡人であっても。
人が人であり
自分が自分であって
何を選択して大切なものを大切に出来るか。
そのコンセプト。

そのコンセプトは非常にシンプルに培われていくが
考えなければ判らないままであるんだろうし
本気で居続けなければ答すらなくなってしまう。

私は私の望むものをどれだけ形に出来るのか
それは才能とは関係なく
自分自身の努力や苦労や苦痛で成り立つ。
結局は現実のそれが大事だ。
負けないで居られるのか。。



  
Posted by m-44_47657 at 02:14Comments(0)TrackBack(0)日々精進

2004年09月26日

ブレイク ファスト


おだまき蒸を作ってたんだけど
もうほぼ卵が固まりかけてきた頃
何分か待って,硬さを見ずにそのまま鍋から
片方だけ持って引きずって引き上げたら(つかこの神経の無さがいけないんだけど)
卵が固まってなくて,上の方から形が崩れて
中でまだ液体状になってた出汁が流れ出して
仕様がないから
又片方だけ持って引きずって鍋戻して(・・・・)
つかもう出汁零れちゃったから固まらせるもんは無いんですが
とっとと固くさせようと思って
火ボーボーで温めてたらブクブク云ってきて
なんかそのブクブクが子供の駄々みたいでむかついて
そのまま2分経ったとこで漸く見に行ったら
なんだかおだまき蒸のお皿の中にプールが出来てて
なんじゃこりゃゃああ!
どうやら鍋のお湯が空っぽなので沸騰して上ってきたものがお皿に入ってしまったらしい。
まあ仕様がないので
上のお湯だけ捨てて食うかと思ったら
何処までがお湯なのか何処からが出汁なのかが一切判らず
ただお湯食べるのは厭なので,多分出汁迄全部捨てました。
辛うじて卵と共に固まった部分が3分の2くらいは残ってくれたので
ぐちゃぐちゃにはなったけど,ようやっと
今日の朝食を食べました。

私もくだらない事書いてみたかったから書いてみた。
つか私は全て含めてどういう神経してんだろうね。

  
Posted by m-44_47657 at 16:12Comments(0)TrackBack(0)日々精進

2004年09月16日

ツカウト


GEISAIの当日,某アーティスト集団からスカウトされた。
他にも色々誘いがあったんですが,特にその誘いは
私自身憧れていた集団からのもので
そりゃもうまぢ嬉しかった。
でも,それと同時に彼女達がプロの集団という事もあって
相当にびびってて,こんなチャンスが転がり込んだって云うのに
私には絶対に時期が早過ぎる不安もあった。

昨日はそのスカウトしてきた人の事務所に行って
彼女達のパフォーマンスヴィデオを観ながら話を聞いたり
御飯食べながら又話を聞いたり,笑。
色々な話を聞いて・・・・
自分の身が少なからず固まったら
是非参加させて欲しいと思った。
今はやっぱり腕の方もまだまだだし
一番に受験という問題がある。
そこが固まってからじゃないと私自身も自信が持てないし。

来週はその声を掛けてくれた方に美術館巡りに連れてってもらう予定。
少なからず気に入ってもらってるんだろうか。。
その人は「自分は父性が強いから 大抵の女の子は
娘みたいな可愛がり方になる」って云ってて
自分で云うのってどうなんだいと思ってたけど
最終的には私にもその人が父親みたいに感じた。笑
それはすごく印象が良いという意味で。
勘違いかも知れないけど
私の将来が楽しみだとか,美術館に行く機会が無いって云ったら連れてってくれたりとか
そういう発言は,私を伸ばそうとしてくれているように受け取れた。

前にかなり力のある人に相を見てもらった事があるんだけど
その時に私は「”ゼロ気”だから人の気を吸収して生きてるので
気の集まる人のところに居ないとダメになる」と云われた。
それを信じる信じないというよりか
私自身も,そういう流されやすい人間だっていう事をよく判っているので
声をかけてもらった人に対して本当感謝している。
ただ色々なものを見せてもらったり話を聞けるだけでも
今の私には刺激であり学べることであり大切な事なのだ。
しかもあれだけつらつらとお喋りをされて(笑
少しも不信感や不快感を抱かなかったような人なので
安心してついていける。
確かにWサンはきっとすごくいい父親になるんだろうな。

  
Posted by m-44_47657 at 02:37Comments(0)TrackBack(0)ART

2004年09月13日

芸祭 −タッチ!美−


ひょんな事で,村上隆主催のGEISAI-6に参加する事になった。
私は友人の作品に乗っかっただけなんだけど
それが「タッチ!美(予備校)」のブースの一部だったお陰で,まんまと賞も受賞した。
思うにその中の松井さんが予備校参加者全体の賞とは又別に金賞を受賞したお陰。
あやかります。

今日出していた作品は,今年の予備校の芸祭で優秀だったものと
例外的に,予備校で去年とても高い評価を受けていた 松井さんの作品だったので
予備校の芸祭に完成品も出せなかった私は
参加させて頂いて本当の本当に運が良すぎた。
イベントは,予備校内でも,外でも,これが初体験だったので
何もしてないくせにとても良い思い出が出来ました。

受験生だけどやっぱり自分の色っていうものも
ちゃんと考えて持っていなければなという事を凄く実感した。
これからは好きな事をしているのだから
作品自体も好きなものたちで彩るべきだと思った。
松井さんの話を聞いて特にそう思えた。
すごく純粋で人付き合いに不器用な人なので
インタビューにはうまく答えられないけど
いつも「好きだから・・・〜」「〜・・・好きだから」って答えてたのが凄く印象に残った。
それが一番大切な事なのに,受験生となるといつも忘れがちだ。


タッチ!美ガル オレパンダに遭遇
決して好きでガル格好をしてる訳じゃないでつ。
私たちは作品の一部としてこの格好なんでつ。
途中遭遇したパンダに一目惚れの一枚

目のとこグリグリ潰してあるけど
存在自体で物凄く判るので許可無しなのが心配でつ。
ガルなんで許して下さい。テヘ。

  
Posted by m-44_47657 at 01:38Comments(0)TrackBack(0)ART

2004年09月08日

ホメオスタシスとトランジスタシス


皆どうして無いもの強請りするのか考えてた。
あっこと話し合って自分なりに出た答が
“そういう人は皆天使だからだ”。

人は変わるのに変わらないモノを望む。
変わらないつもりで何かを愛する。
矛盾しているだけならそれも良いけど
人は,変わっていく“人”に変わらない姿を望む。
無いもの強請りじゃないか?
普通に変わらないなんて思うの止めたらいいんだと思うけど。
幾らその姿が変わったって,愛や友情や信念や
求めるものが失せる訳でもないと思う。
ベイビー・スターダスト

まあでも全てを含め,それが人間なのか。
ホメオスタシスとトランジスタシス。


  
Posted by m-44_47657 at 02:05Comments(0)TrackBack(0)日々精進

2004年07月18日

ここにしてからどうも更新が面倒なんだよね。
書くのはどうせ戯言。
絵描いてるからソレ見せたいかなあと思うけど
実力もまだまだだし。
云々。

夏休みに入ってから遊んだ記憶って呑み会だけで
今日も暇ちん。
昨日は多摩美のOCで,益々入りたひ。
勿論一番競争率の高いグラフ狙い。
負けてらんないフレフレワタシ


横ティンが彼氏と別れてNTサンに走るって噂を耳にして
ネガ子がありえないって叫んでた。
全然有り得ない話じゃない。
ほんの一瞬だって本物の恋だってこともあるし
最初から誰も好きじゃないってのもありだと思う。
不振になって何にも触れられない事より
何倍も何倍もまし。

確かに別れた彼氏が自分を繋ぎだと思うなら
それは可哀相なことかも知れない。
でも横ティンの思いの丈くらい判ってて良い筈。
独り善がりは恋とも云えるけど
彼女の気持ちが変わらない限り,付き合いとは関係ない。
まあ,人の事だから,ほっときなさいって。
  
Posted by m-44_47657 at 16:53Comments(0)TrackBack(0)日々精進