October 17, 2006

[食]薬膳チェー

おなかいっぱいとかなんとかいいながら、
食事の最中からRさんとはこの次に行く店を打ち合わせ。
私がじゃーんと『ベトナムめし楽食大図鑑』を取り出すと、
彼女もしっかり持っていた。すばらしいコンビだわ!

私は食のバイブルとしてこの本を持ち歩いているのに、
時間がなくてなかなか新しいお店に挑戦できない。
これはいい機会、ということで、行ったことのないお店に行くことに。
薬膳チェーとして紹介されていたCam Phat(カムファット)というお店。

到着した店の看板にはチェーという文字がなく、
先ほど食べたBanh Canh Cua(バンカンクア)の文字があるので、
店がかわっちゃった?と心配になったが、
駐車係りのお兄さんに「チェーある?」と聞いたらあるというので、
恐る恐る店に近づくと...

Cam Phat

店の入り口にあった中華麺の屋台かと思っていたものは、
チェーの材料をてんこ盛りにしてある屋台であった。
しかも、普通のチェー屋さんでは見たことないようなものばかり。

食材

手前の右がクワイ、真ん中はレンコン(!)、左がナツメかな?
奥に見える丸い白いものは、なんと鶏の卵!!!

Sam Bo Luong

私が作ってもらったのが右側のチェー。
クワイが食べてみたかったので選んだら、
「蓮の実が合うよ」というので、一緒に入れてもらった。
クワイはさくさく歯ざわりがいいし、
ここの蓮はホクホクとした栗のようで、
今まで食べた蓮の実の中で一番おいしかったかも。
黒っぽい汁は思いのほか癖がなく、甘さ控えめでよかった。

左側がRさんが作ってもらったもの。
最初3種類ぐらい指差したら、
「それならこのへんぜーんぶ入れたほうがおいしい」といわれ
よくわからないから、そうしてくれ、といって作ってもらったもの。
これが『ベトナムめし〜』に「Sam bo luong(サムボールン)」として
紹介されているもののようだ。
日本人にはありえない食材として、昆布やレンコンが入っている。
レンコンを一口食べさせてもらったら....レンコンだった。
そのまんま、っていうのが面白くて、二人で大笑いしながら食べた。

『ベトナムめし〜』によると温かいチェーもできるらしい。
確かにこの汁は温かくしてもおいしそうだ。
次回は温かい...卵チェーいってみますか。

★Cam Phat★
住所:184 Vo Van Tan, Dist.3, HCMC
営業時間:15:00〜24:00


くわいの実が入ってます→ にらまん 


m-45_61079 at 01:07│Comments(5)TrackBack(1) 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ターメリック  [ 葉っぱの目 ]   October 20, 2006 23:02
胃を壊したのは先週の記事に書いたと思いますが、今日、帰ると待っていたのは薄茶色の

この記事へのコメント

1. Posted by ごんた   October 19, 2006 00:26
温かい卵チェーって、甘いおでんじゃん!
冷たい卵チェーなんて・・もっと怖すぎる。
月餅にも卵入ってるくらいだから、チェーに卵くらいデザート感覚にしか思ってないのかな?
実際に食べてる人、いるのかな?
2. Posted by 仁美   October 19, 2006 01:37
チェーって基本は
デザート??
おかず??
冷製スープ??
3. Posted by Fiona   October 19, 2006 09:42
ごんたさん
実際卵がたくさんあったので、食べてるんじゃないかなあ。。。
目撃はしなかったけれど。
今度いらしたときには一緒にいってみますか???

仁美さん
基本はデザートです!!!
でもくわいや卵やレンコンがデザートって、
日本じゃないですよね。
でも良く考えるとケーキなどに卵は
使われてるわけですが。。。
4. Posted by 仁美   October 19, 2006 23:47
やはり基本はデザートなんですか!!
蓮根も味付けによっては
デザートになりそうだけど
そのまんまなんですねぇ
試してみたいかも

玉子の使い方は違いますね(^−^;)
何事も試してみぬことには!!
5. Posted by Fiona   October 20, 2006 09:42
仁美さん
まあ、甘納豆のように豆も甘いお菓子になるので、
レンコンも甘くすればお菓子、かなあ。
どうもおかずという気持ちがぬけなくて。。。(笑)
今度お菓子作ってみてください!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔