どぉも、愛菜です(・∀・)ノ

KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAIN
全公演 終了!!!!!


KAT-TUNツアー終了致しましたね。
これでやっと全部CHAINしましたね。
東北ハイフンにちゃんと届いたよね。


んー、なんか今回のライブ、
寂しいなーっていうより、
楽しいライブだったなーって気持ちが大きい。

ホント今回のライブって意味があるもので、
私自身にもホントに意味のあるものだった。



気持ち悪いけど、
ちょっと思うままに書かせてもらおうかなと。

うん、まあ。言ってしまえば
私は元々赤西担なわけよ。
昔の記事とか見てもらうとわかるけど、
そりゃあもう結構な。
担歴とかこれ書く前からで、
確か小6とかからだったかなー。
だから本当は今年の4月で13年目とかだったの。
中高とか俗に言う青春時代ってやつ。
そこぜーんぶ赤西仁に注いでたの。
気付けば人生の半分とかになってた。

正直、一途にずーっとってわけじゃなくて、
何度も何度も何度も何度も何度も…
担降りしようと考えたことあったのよねー。
それも2004年初頭から年1ぐらいのペースで。
頻度が高すぎて、その度に相方を動揺させたりとかしてたわ。
まあ、必死に止められたりとか、躊躇してる間に復活したりとかして、
2010年までずーるずーるずーるずーるそのままでいたんだよね。

その間にいっぱい苦しんだこともあったなー。
まあ、いろーんな噂とかホントいっぱいあってさ。
中学生の自分にはしんどいものも結構あったり。
その度にどんどん免疫が付いてきて、
最終的に動じないようになってきちゃったんだよね。

んーでもやっぱ彼関係の事で死ぬほど泣いたのは、
やっぱ留学の時だね。
もうなんか何信じていいのか全然わかんないし、
本当にこのまま一生さよならなんじゃないかって思ったり。
その時一応高校生とかでさ。
しかも高3とかで受験前に大ダメージだったの覚えてるよ。
あの時はホントに尋常じゃなく目が腫れるぐらい泣いた。
周りにクソほど心配かけたんだよね。

帰ってきてからはこのまま6人で続いていくんだろうなーって、
当時は全く疑いもしなかった。
だけどそうはいかなかったよねー。

ソロコンやりはじめて、しかも海外でとか言ってさ、
KAT-TUNのライブは欠席とかわけわかんないことになってさ。
その時はやっぱ留学の時のこととか思い出したよね。
んでまー、複雑な気持ち抱えつつ、東京ドームのライブ行ってきて、
彼はいないも同然の扱いだったのが辛くて辛くて。
でも正直その時、薄々感づいてはいたよね。
ここに居場所はもうないんだなーって。
んで、案の定脱退ってなってさ。
やっぱりかーって思ったから、留学の時みたいに死ぬほど泣かなかった。
辛い辛い辛い辛い辛い…って気持ちはずーっと抱えてたけどね。

ここから私の逃げが始まったんだよね。
みんな前向いてるから自分も前向かなきゃ!
とかいってぜーんぜん前なんか向いてやしなかったよ。
CD買ったりとかはもちろんしてたんだけど、
やっぱなんか心の拠り所を失った感じで、
ちょっと違う方面に走って自分が安心できるところ探してたかな。
ここら辺から相方との距離も離れてったし。
脱退したあとの彼の壮行会とか行ったけど、
ツアーとかも行ったけどなんか違うなーって気持ちは拭えなかったかな。
今思えばここの時点でもう私は赤西担ではなくなってた気がする。

去年とかKAT-TUNのライブが決まった時、
もちろん嬉しい気持ちがあって、行くつもりだった。
正直自分大丈夫なのかなーとも思ってたんだけどね。
自分は行っちゃいけないよなーって思ったり。
でも結局中止になって、自分もっともっと離れてっちゃったんだよね。
ドリボの時期は楽しんではいたんだけど、
心ん中は完全復活はまだできてなくって、ちょっと辛かったかな。

んで、今回のツアーが決まって、
私本当に素直に心から喜んでる自分がいることに気付いた。
しかも遠征までしようとしている自分がいたんだよね。
ツアーが決まった後に、彼のファンイベントも決まって、
そのイベントも当たったから行ってきたけど、
なんか違う、なんか違うって思いが前に出すぎてた。

その間になんかまた凄い報道が出てさ、
少しびっくりしたんだけど、
めちゃめちゃ動揺するってこともなくて、
単純に「そうなんだ」って受け入れてた。
まあ、タイミング悪すぎるだろとは思ったけど。

そんなこんなでKAT-TUNのライブも始まって、
石川公演に行って、なんか寂しさを感じつつも、
私の居場所はここだって思えたんだよね。
元赤西担なんて受け入れてくれないかもしれないけど、
私はこの人たちにこれからついていきたいって思ったんだ。
石川、名古屋、長野、東京って廻っていって、
その気持ちはどんどん膨らんでいったし、
自分がどんどん元気になってるのも感じられた。
私に必要なのはこの人たちなんだって心底思ったんだよね。

今までいろいろ越えてきたつもりではいたんだけど、
やっぱ越えていくなかで傷つき過ぎてもう結構ズタズタなんだ。
正直、疲れちゃった。

だから、この12年ずーっと私の1番だった人とお別れすることにしたんだ。
本当に、本当に長い間私の1番でいてくれてありがとう。
1番でいてくれた間、私は幸せもいっぱいもらった。
だけどもうこれでおしまい。
私はもっと幸せにしてくれる人たち見つけたんだ。
あの5人に出会わせてくれて本当にありがとうね。
降りるまでに8年もかかったけど、
私はこれから新しい1番の人に全力注いでいくことにします。
てかもう既に注いでいます。
12年、本当に本当に本当に大好きでした。


今回のツアーで私、
やっと一歩進めた気がする。
進むまでに2年かかっちゃったよ。


書きたいこと全部書けたし、
もうこのことについて書くのは今日でおしまいにする!
これまでいろんなことがあったのは事実だけど、
過去は過去、今は今、私は今が大事!
もう前しか見えない!