2007年11月10日

『教訓』 …

幾度となく言われ続けてきた事がある。
「ダメなモノはダメ」という類の話だ。

個人的な考えだと、
『出来ない』って事に対する理由ってのは
『やらないから』って事だと考えてきた。
逆を返せば、『やる』=『出来る』って事になる。

だから誰でもやりさえすれば、
誰でも出来るって事になると考えてきた。

しかしそれを言うと、それは「間違いだ」と
指摘を受けることが大半を占めた。
挙句の果てには『ドコまでお人好しなんだ』と
言われたことさえある。

でも最近になって意味が理解出来始めた。
「やれば出来る」って言葉はキレイ事だって事を。

言い訳でも理由でも何でもいい。
ハッキリ言って疲れた。
そんな事はどうでもいいし、
もう話すことは何もない。

今更ながら心が荒んだというワケではなく、
極自然に身をもって教訓を得たという感じだ。

「やれば出来る」って言葉は、今まで自分の人生の中で
かなり重きを置いた言葉ではあったが、
万人に対して使える言葉ではないという事が明確になった。

残念とか悔しいとかそういう感情はない。
どちらかというと晴れた感覚さえする。

今日から「やれば出来る」は
「ダメなモンはダメ」に書き換えられた。
それを教えてくれた人達に、
ある意味では感謝したいと思う。



m-58_19351 at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月05日

『評価』 …

自分的に男のターニングポイントと呼ばれる
年齢は35歳位までだと思う。(独断と偏見です)
ある意味その年齢までの経験で将来は
ある程度決定されるだろう。

35歳を過ぎ、40代へ突入。
正直ウダツの上がらない野郎はゴマンといる。
なぁなぁで過してしまった結果は、
オーラのカケラも何も無い、
ただただ小さい何の魅力も無い男に見える。

オレはどう見られてるんだろう。
と言っても特段悩んでるワケでもなく、
ただ少し虚しく思う今日この頃なのです。

見える所で必死に頑張る人がいる。
でも周りの人間は適当にこなす。
わかってやれよ!と言いたいが、
本人が撒いた種という現実もある。

限界、一生懸命、精一杯、ベストを尽くした…

言葉は色々とあるけど、
自分自身の心に本音で問いかけても
本当にその言葉が出てくるのか?

残念ながら評価ってモンは
自分自信で判定するモノではなく
周りの人間がするモンだ。

教える教師の能力がないのか?
それとも
教わる生徒の能力がないのか?

時と場合によって違うだろうけど、
なんにせよどちらも努力して
初めて成立するモノだと思う。

って事は互いに同じ目標を持っていない同士の
関係じゃ、何も成立しないって事だな。

ふ〜まずは人材からか...っと物思いにふける
グチなのでした。




m-58_19351 at 18:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月24日

『ツケ』…

はぁ。。。喰らっちまった…↓
メンタルへし折られそうだ。

男は30歳〜ってか!?
まーそんな話は聞いた事がある。

ホントかどうかは知らないが、
そう言われれば確かに最近はイイも悪いも
リアルな経験をしてるような気がする…

そして今日はまた一つ経験をした。
「ツケは必ず回ってくる」って事だ。

適当になぁなぁでやり過ごした事に限って
後で凄く悔しい思いをする。

全てのモノ事に対して全力は尽くすことは
おそらく不可能に近いと思う。
そんな全てのモノ事の中で、どれに対して
全力を尽くすべきかを判断し、ベストな行動する。

しかし選択は非常に難しい…

でもそれはやるべきだ。
そうしないと必ず後悔する。

他人のツケも、めぐりめぐれば自分に回る事もある。
他人のツケも、任せた責任がある。
回ってきたモンは仕方がない。

なんにせよツケは必ず回ってくる。
それならツケをしない様にする事だ。
要はいつでもケツ●ド締めておけ!って事だっ(=3=)


m-58_19351 at 13:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月18日

『業界NO.1対決』 …

昼ごはんを買いにコンビニ業界NO.1の「なないちいち」に行った。
するとレジで「ヨシノ」というバイトのオバちゃん(推定50歳)と
運送業界NO.1の「ク●ネコ」の運ちゃんが何やらモメている。

どうやら伝票作成がうまく行かなかったようで、
配送納期が間に合わなくなっている様子だ。

対決はかなりデカイ声で繰り広げられており、
聞いた感じだとヨシノが伝票の処理方法を理解しておらず、
今回の問題の原因を作っているようだ。

しかしヨシノはガンとして認めず、
「私は‘絶対に’間違えてませんーっ!」
「そんな事は‘絶対に’ありませんーっ!」
「’100%‘処理しましたーっ!」
っと散々連呼するヨシノ50歳(推定)…
でもね…でもね…そんな事よりも。。。

さっさとオレの【赤飯おにぎり】をあっためんかいいいっ(゚皿゚メ)!!

個人的に「絶対」と「100%(0%)」を口癖のように使う人間は
性格的にも人間的にも好きではない。
それ系の人は大成しないしね。。。

そんな事より何よりも、オレの【赤飯おにぎり】を
温めなかった罪は海よりも深く山よりも高い。

ま〜他人の前でモメるってのは正直大人げ無いと思うんで
ほどほどにって感じですね(・ω・)ノ



m-58_19351 at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月09日

『分析』 …

イイも悪いも全てに理由は存在する。

昔ながらのドンブリ勘定では
残念ながら今の時代は生残れない。

「時代が違う」って言葉を頑なに
認めようとしないタイプってのは、
よほどの運がない限りは長続きしない。

現実的な話で、どんなに優れた人間でも
必ずピークがあり、その後は下降線を辿る。
周りを読むチカラはとても重要だが、
それと同じ位、常に自分を知る事も重要だ。

最前線で引張ってきたという事に関しては
正直「スゲー」という最大限の賞賛の一言だが、
誰しも衰えは隠しきれない。

今、自分は生涯で最高のシュミレーションをしてる。
バーチャルではなく、ホントのリアルの世界の中で。
これ以上の精神的に効果のある経験は無く、
ある意味、超最高レベルの教育を受けている。

今の現状は必ず今後の人生に置いて
かなりの部分を占める大きな財産となるだろう。

人間関係から信用問題まで、
いつこの状況をクリア出来るかはわからないけど、
クリアできた時には、明らかに今の自分より
何倍も成長する事は確実だと思う。

それにしても、オレの人生いつも時間ギリギリだ…







m-58_19351 at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月04日

『communicate』 …

待てど待てど誰も来ない。
現代人は忙しい。

m-58_19351 at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月02日

『日々知り行く重み』…

最近どうも波に乗れん。
人間なら誰しもある事!?んな事ぁ知ってる。
実に『嫌〜な』感じで、正直人生に疲れる時もある。

目の前にある物を破壊したくなるし、
人と会うのも、今の状況を説明するのもダルくなる。
寝るのも嫌だし、起きるのも嫌。

今のオレって過去最高な位とても最悪!
仕事も嫌だし、電話に出るのも嫌。
ホントもう超嫌嫌だらけ…

でも、『どうして僕は…』なんてくだらない事は考えない。
答えは「無」だからだ。

って散々、悲観的な内容を書きまくってるけど、
今日の内容はそんなネガティブな内容じゃない。
むしろポジティプで、諸先輩方に対して
『すげー』と感心&尊敬をしてる。

今の状況と同じような経験を何度となく経験してるであろう
人生の先輩方には正直言って頭が下がる。

眠れない夜を何日過ごしたんだろう?
裏切られたり、馬鹿にされたり、見限られたりする事も
きっとあっただろうと思う。
それでも直向に努力するその姿に涙まで出そうになる事もある。

ムカツク事があればすねる今の自分は、まさにガキの境地であり、
納得出来ない事があっても、ただただ頑張れる人に憧れる。

人はいずれ『自分の為』から『守るべき人の為』に
頑張るようになる。
今のオレにはまだまだそんな大そうな事は出来ないが、
いずれそうなれる様に1mmずつでも成長したいと心底願う。

ふ〜この歳になっても自分の事をガキだと感じるとは…
正直情けない…↓



m-58_19351 at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月27日

『言うのはタダ』…

最近合併ネタで盛り上っている電気屋に行った。
そこには『決算大セール』というポスターが
自慢げにデカデカと貼りまくられていた。

今日の目的は、仕事で使うデジカメを買う事。
そんな日に偶然にも『決算大セール』とは…
オオ!何か得した気分だ!っとご機嫌で店に入る。

デジカメコーナーを物色していくつかの候補を選んだ。
その中でまた自己検討して最終的に1つに決めた。

値段は『¥37,000』に棒線が引っ張ってあって、
『さらに値引き!』っとなんとも心強い言葉が書いてある。
「さすがはYAM●DAだ…」心で感動して一人泣いた。

早速店員を呼んで、実際にいくらになるか聞いてみた。
「あの〜コレ¥37,000で『さらに値引き!』っとありますが、
最終的にいくらになりますか?」っと
素晴らしく丁寧に、かつ紳士的に聞いてみた。

すると店員はこう応えた『え〜と…¥36,300ですね』っと…

オイオイ…値引きってたったの¥700?は?2%?
¥37,000に対して¥700だけ?っと確認すると、
『はい』との事…

いやいやいやいや…キレたね…(by 純次) …

『決算大セール』ってデカイ事言っといて¥700…
そんな値引きはしなくてイイから、その代わりに
『決算大セールのポスターをはがせっ!』って真顔でゴネた。
そしたら、色はシルバーでよければ¥32,000でなんとかします。って
事になって、なんだかんだで¥5,000値引きにしてくれた。

やりゃ出来るじゃんYAMAD●よー!

いや〜それにしても『なんでも言ってみる』モンだねぇ(=3=)



m-58_19351 at 23:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年09月24日

『変化』 …

人間って生物は凄く飽きっぽくて継続力が無い。
集客力の減った店のオーナーが『客が減った』と
悩んでたけど、外から見れば一目瞭然な理由がある。

変化が無いし、変化しようと努力してないからだ。
いつも同じ商品が棚に並んでいる。
宣伝をするワケでもなく、新商品を仕入れるワケでもなく、
ただひたすら、店の奥で永遠に来ないであろう
羽振りのイイ今時珍しいバブリーな客を待ってる。

新商品無し!
宣伝無し!
情報発信無し!

店を見てくれ!とは言うものの、商品はホコリに塗れてる。
せっかく見に来た客も、日付の止まったホコリ塗れの商品に
一体何の魅力を感じてくれるのだろうか?

そんな意見を伝えると3日は動くが、その後3日で止まる。
多忙は百も二百も承知だが、でもそら皆同じだ。
仮にそんな多忙が続いてるのであれば、
特別な理由を除いたら、本人の要領が悪いだけの事。

マンネリの恋愛には飽きブーたれるクセに
自分の事になるとマンネリ万歳になる。
人間はなんでココまで自分に便利に出来てるんだろうねぇ?

ある意味コレで3日動けば御の字か?
コレ書くのに10分そこそこ…
客は何を期待して、何を感じたいんだろう?

オーナーさん…客観的に自分の店を見てはいかがですか?




m-58_19351 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月18日

『小さな事』…

最近走ってる。
ナゼ走るかって、それは色々と事情があるから。
まーこの歳にもなればそりゃ誰でもねぇ…

でも本当の理由は別にあって…
個人的にはショックな事で…

それはさて置き、走っていると様々な思考が頭を巡る。
走出しはまだ精神的にも余裕があるので、
周りの景色だとか、新型の車だとか色々と観察しながら
テクテク走ってる。

そして折返し地点に到達する頃には1つのモノ事に対して
深く考えられなくなってきて、後半戦はメンタルとの戦いが始まる。

キツイから歩こうかな…と自分に自問自答が始まる。
この手の症状が出始まると決まってもう一人の自分が呟く…
『肉体的にはまだ行ける…
ダメだと思うのはメンタル負けのせいだ』っと…

そんな事をブツブツ繰り返しながらもテクテクと進む。

そしてゴール間近になるとメンタル面が思考を支配し始め、
『ココで歩いちゃったら、オレはこの先の人生で
キツイ場面と遭遇した時も途中で投げ出すんだろうな…』っと
一人段々と内容が重くなっていく…

フラフラになりながらもなんとか家に辿り着き、
一人心の中で叫ぶ…勝ったどぉぉぉーっ!!っと…

そしてオフロに入りながら冷静に振返り我思う。
たかだか3km程度で人生に勝ったと思い込むオレ…

あまりに『小さすぎる』っと…




m-58_19351 at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Archives