トップページ » 鹿男あをによし #09

鹿男あをによし #09

長岡先生がリチャードにどう騙されたのかが判明しましたね。
捏ねくり回したトリックではなかった。
けれどガッカリはせず、逆にここまで引っ張ってきた演出力は
割とすごいんじゃない?という感想でした。
好感度の高い番組には解釈も甘くなるな。
しかし先週の予告の「木を隠すなら森」で番組見る前から
リチャードが目を隠した場所がバレバレだったのはちょっと・・。

そして怪しい福原先生がやたら絡んでいた意味も判明して
スッキリ。しかし狸とうどんって何でしょう??

今回の1番はリチャードの「やっぱりヤダ!ヤダヤダ!」
可愛いくてモエー。
しかしリチャードの行動は気持ちは分かりますが、
考古学者としては風上にも置けないですね。
年齢を重ねているからこその気持ちだけど
年齢を重ねているだけに醜い。

そして近鉄電車に照らされたマイシカに乗った少女のシルエット!

来週はもう最終回ですが、大和杯の優勝プレートの方のサンカク
にもう1つ秘密がないかなぁと思ってみたり。

トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星