弥栄の烏 八咫烏シリーズ6
阿部 智里
文藝春秋
2017-07-28


内容紹介

八咫烏の一族が支配する異世界・山内。
「うつけ」の若宮と「ぼんくら」近習の少年・雪哉という若き主従の活躍を中心に、
賢く華やかな宮廷の姫君、若宮を取り巻く護衛の青年たちが繰り広げる、
お妃選びと権力争い、友情と断絶、成長と再生を描いた壮大な和風ファンタジー。
一冊ごとに表情を変えながら読者を魅了、80万部を突破したこの物語の
第一部完結篇「弥栄の烏」は、主人公・雪哉の弟が武官訓練所である剄草院に入学準備する場面から。
その実力を認められ、全軍の参謀役にまでなった雪哉、
敵対する勢力を抑えて朝廷の実権を掌握した若宮が治める山内を大地震が襲い、
開かれた金門の扉の向こうには、山内を恐怖に陥れた「人喰い大猿」が現れた。
ついに始まった、猿と八咫烏の最終決戦。若宮は名前を取り戻し、真の金烏となれるのか。
山内は栄えるのか、それとも滅びに向かうのか―ー

松本清張賞を受賞したデビュー作『烏に単は似合わない』から5年。
現・大学院生の著者25歳が作り上げる異世界和風ファンタジーシリーズ第6巻、
堂々のクライマックス!


一年ぶりの新刊発売に合わせ、前作までを一気読みしたので
すんなり八咫烏の世界に入り込むことができた。

この新作は前作「玉依姫」の対となるお話。

前作で山神に攻撃され、亡くなったのは?大怪我を負ったのは?が解明。
ショック大きすぎる( ;∀;)
最後の最後でようやく救われた思いはしたけれど。

これで一応第一部完結となるようだが
正直「対」は最初の二冊だけの方が良かったなと。
世界観は好きですが。
次作も期待。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村