2022年01月20日

休園中。

娘の幼稚園でひとりの子のコロナ感染が確認されたため、
今日の幼稚園は休園となった。
保健所の指示待ちとのことらしいのだけれども、
あまりにも急増しているために対応が全く追い付いていないのだとか。

ということで朝は園バスの送りへも行かなくてもよいので、
かなりゆっくりすることができた。

ところで、朝のEテレこども番組「シャキーン!」内で、
「ヒロスデママ」というコーナーがある。
ヒロスデママ
ママと「むちゅう人」のこども三人が、
色々なものを素手で掴んでいろいろなものを確かめていくという内容。

ずっと見ていて、ヒロスデママかわいいなー。
はしゃぎ方からして10代のタレントさんかしら。
それにしては落ち着いた物腰よな…なんて思っていたら、
この方が広末涼子であることを今日初めて知った。

確かに名前からして「ヒロスデママ」
このレトロメイクと髪型で完全に分からなかったわ…。
いや、本当にこのコーナーかわいいのよ。
今日なんて、いがくり頭の男の子の手触りを存分に愛でていた姿がよかった。

さて、娘。
0120-4
ピタゴラじゃんけんで、五条先生の無量空処で応戦。
これが無敵なのだとか。

いつもswitchを独り占めしがちな兄がいない今、
このチャンスにたくさんゲームをしてみたいというので、
課題を出して、それを全部できたらOKということにした。

課題は100マス計算。(とはいえ、9×7マスなので63マス)
0120-2
意外に集中するタイプ。
「7.8.9…」とか口に出しながら計算している横で、
逆カウントをしたりして色々妨害するわたしはものすごく嫌がられている。

できた。間違えたのは二か所。
0120-3
いつの間にか繰り上がりもできるようになった。
やるな。
その後、switchに没頭。面白いらしい。

韓国のM氏は今日引っ越しを無事に終えたらしい。
引っ越しは一瞬で完了。
0120-50120-6
以上。

炊飯器と布団のみ。
この炊飯器の中にはお米が1/3ほど入っている。
新居に引っ越すときのおまじないのようなもので、
その空いているところに福が入りますようにという意味合いらしい。

それならできるだけたくさんの福が入るように、
入れておくお米を最小限にしておいたほうがいいんじゃないの、
…みたいなことを言ったら「そういうとこだぞ」と。

あと、布団。
見覚えがあるものの中に、見慣れない赤い枕。
なんだあのサテンのテロテロ枕。なんかエロいねえ。
…みたいなことを言ったら「オンマ(お母さん)にもらった」とのこと。

新居とはいえ、まだ大型家具も入れる予定もなく、
家電も全く買っていない。
あるのは備え付けのオーブンレンジとキムチ冷蔵庫のみ。
思ったよりもこのキムチ冷蔵庫が巨大でびっくり。
多分キムチ3年分くらい入るんじゃないの、あれ。

夕方、今日はスイミング。
コロナによる休校だとかが相次いでいるせいか、生徒は少なめ。
帰りの空。
0120-8
新海誠作品みたいな空。

いちご大福だのアイスだのをたくさん買って帰る。
0120-7
いちご大福は旬のうちにたくさんたべておこう。

夜。
息子が何かの話をしていた時に、
「それでね、電話が来たんだけど」と言いながら、
電話をとるモーションをしたのだけれども、

「ジリリンジリリン、ガチャ、はいもしもし、はい、わかりました。ガチャン」

…という往年の黒電話スタイルだったことに驚いた。
令和の世でも電話といえばそれなのか…?
おしりたんていとかの影響か?

それでありながら、マリオの攻略法が分からなくなった時は、
YOUTUBEで動画検索をして見ている。
近頃は攻略本なんていう文化はなく、動画なんだな…。
確かに分かりやすいけど。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月19日

遠隔引っ越し。

娘の幼稚園バスの乗り場は息子が通う小学校の校門前だ。
今日、その鉄の校門をまじまじと見てみたのだけれども、
0119-3
風情のある刻印文字で「ヨコヅナ」と書かれていることを知った。
メーカーの名前かな。

当然のように身の回りにあるものすべてが、
どこかで誰かの手によってつくられてるものであるという事実。

身の回りにあるものだけでも、
どれだけの人たちによって作りあげられてきたのだろう…。
とか、途方もないことに思いを馳せるわたしは暇人。

さて、お茶でも飲もう。
0119-2
ルピシアの1ヵ月に1回やってくるサンプルお茶。
パッケージがかわいくて気分があがる。
しかし、飲んでみて気が付く。
わたしはフレーバーティがあまり得意でないということを。

今日飲んだ「クッキー」は本当にクッキー味の紅茶だった…。
クッキーをたべなくても、たべた気になる不思議テイスト。
飲んでいる最中、常に頭の上に「?」が出ていた気がする。

そして日曜日に採って来たちりめんキャベツを使ってスープづくり。
0119-1
生食向きではないらしい。
けど、コンソメで似たところ、びっくりするくらいにとろとろに。
おいしい。

夕方、M氏とビデオ電話。
もう新居の引き渡しが終わっており、明日引っ越しをするとのこと。
…とはいえ大型家具の移動はまだまだ未定。

引っ越しはいい日におこなうという考えに則って、
形だけでも行うのだとか。
具体的に言えば、自分の枕と布団を持ち込むだけになるらしい。

部屋の様子を見せてもらうと、何より景色がとてもよかった。
高層階ではないのだけれども、木や公園が一望のもと。
地面が見えるところに住むのは安心感がある。

そして、部屋の中にはこんなのがあった。
(ビデオ通話でスクリーンショット)
0119-4
唐辛子だの薬草だのが入っているどんぶり。
前の引っ越しの際、M氏お母さんがこれに火をつけて、
燻して出た煙を部屋中にまいていたな。そういえば。
確か害虫駆除のためと仰られていたけれども、儀式的なものなのだろう。

あと、部屋の要所要所に貼られていたお札。
お母さんが懇意にしてらっしゃるお寺さんにいただいたらしい。
0119-5
前の家(借家)に貼られていたお札の三倍くらいの大きさ。
家のグレードによってお札のグレードも変わるのか。
しかし、この黄色地に赤い文字。
キョンシーみがあって、とても好みだわ。

夜、幼稚園からメッセージが届いた。
他のクラスの子がコロナ陽性となったものの、
保健所からの指示がまだ出ないため、明日は臨時休園になるとのこと。

絶対にいつかそうなるかと思ったけれども、もう来たかー。
感染症の広まり方のスピードの速さを知る。
オミクロンは本当、従来型の比じゃないわ…。
一日二日でもうすぐ目の前に来ている。



m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月18日

オミクロン。

ついに…あいつが近くまで忍び寄りつつある。
ここ数日で急激にコロナウィルスの存在感がぐっと増した。
今日は小学校でひとつの学年が学年閉鎖となり、
お隣の学区の小学校は学校閉鎖。

つよつよの感染力。
比較的弱毒性であるとは言うものの、
かかる人がかかればインフルエンザ並みのつらさ。

ところで、インフルエンザが流行った時って、
どのくらいの人数がかかったんだろう。
…と、調べてみたら、最近で一番流行した2017〜2018年シーズンでは、
日本で1400万人の方が罹患したのだとか。
え、そんなに多かったの。やば。

確実な治療薬がないコロナと、
ある程度、治療策があるインフルエンザとは、
単純に比較対象にすることはできないことは分かるけれど、
このオミクロン株をどんな感じで恐れればよいのかという部分では、
たまに分からなくなることがある。

朝の空。
0118-2
きれいに晴れてるー。

昼間はテレビをぼんやり見て過ごす。
今年ブームになるであろう韓国スイーツ特集みたいなので、
「マヌルパン(にんにくパン)」と、「キムマリ」が紹介されていた。

キムマリってなんだっけ。
見てみると、春雨をのりで巻いたものを天ぷらにしたものだった。
たべたことありそうで、ないかも。

釜山の家の近くの軽食屋では、
たくわんののりまきを天ぷらにしたものは売られていたけど、
まあ、こういう味だろうな、というもの。
想像以上でも以下でもなく。

正直、どちらもわたしは好みではないのだけれど、
マリトッツォとかタピオカみたいに流行るのかしら。
ちなみに天ぷらならば、のりまきを揚げたものよりも、
カワハギの干物(쥐포)を揚げたてんぷらの方がおいしいと思う。

夕方、こどもたちがスイミングへ。
全体的に人数が少ないと思ったら、ここにもオミクロンの陰が。
学年閉鎖はもとより、学校閉鎖になったところの子たちも来られないとか。
ひとつのクラスはひとりだけのプライベートレッスンになっていたし。

そんな中、息子と娘はいつも通りに練習。
娘がざっぶざぶ潜りまくっていた。
あれだけ頭を全部漬けるのを嫌がっていたのに、
今ではプールの底に足をつけることに躍起になりながらジャンプしている。
娘の性格的に、少し高めのハードルがある方がいいのかもしれない。

終わった後は、マクドナルドへ。
0118-1
マックポテトが全部Sサイズか…。
そのため、ナゲットも追加してみた。
期間限定ソースが「にんにく醤油マヨ」と「燻製風チーズ」
どちらもたべてみたけれど、少ししょっぱいかなー。

あと、福袋クーポンを使って今日はてりやきバーガーをたべてみた。
昔、よくたべていたけれども、本当に久しぶり。
あー、この味だー!と思うのと同時に、
思っていた以上においしかった。
あれ、もっとレトルト的な感じの味かとばかり。




m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月17日

ダークマター。

コロナオミクロン株が現実的に近づいてきている。
近隣の小学校で感染者が出たとか、
知り合いの人が濃厚接触者になったとか、
そういった話を聞くことが一気に増えた。

この広がり方から見れば、いつかは幼稚園、小学校にも来るのだろう。
三学期始まったばっかりだけど、休みとかになるのかしら…。
また当分の間は、心穏やかなままでは過ごすことができなそうだ。

あと、近々コロナワクチンが5歳以上からも打てるようになるとか。
うーーーーん。こればかりはかなり悩む。
年齢的に言えば、息子はもとより娘もその接種対象者となる。
もしかしたら、韓国へ渡る時には必須になるのかもしれない。

ちょっと様子を見たいという気持ちが強いけれども、
現実的に、一番感染リスクが高いのはこどもたちでもあり。

さて、月曜日。
こどもたちが出てから、昨日採って来た野菜の料理といろいろした。
かぶを使ってクリームシチューにしたりとか、
葉っぱを洗って干したりとか。

あとは、これ。
0117-1
紫…というか黒にんじん。
どうするべきか。
そもそもわたしはにんじんが苦手だ。
ただでさえ積極的にたべたいとは思えないというのに、この色…。

生食が適しているとのことであるので、
ネットで検索して出てきたキャロットラペを作ってみることに。
ちょっと硬めなので、ピーラーで薄く切ってから千切りに。

しかし、ぱっと自分の手を見てびっくり。
手のひら全体が紫色に染め上げられているではないの。
洗ってもなかなか落ちないので、
なんだかものすごく悲惨な内出血みたいにも見える。ギャー。

その後は手袋をして千切りに専念。
リンゴ酢とはちみつ、亜麻仁油で和えて完成。
少したべてみると、わたしの苦手なにんじんの味はそれほどしない。
これならたべられるかしら、なんて思ったものの、
やはり後味がにんじんなので、ちょっとやはりアレだ。

あと、すりおろしたものを使って、カップケーキも作ってみた。
0117-20117-3
ダークマターかな…。暗黒物質。
ただ、味は普通のにんじんケーキでおいしい。
これはわたしもたべられる。
苦手な味がしない。
すかさずこどもたちにすすめたものの、ひきつった顔で逃げて行った。

Amazonテレビのリモコンがここ数日間行方不明になっていたので、
「見つけた人には100円」という賞金をかけたところ、
息子と娘が30分ほど捜索活動を繰り広げ、
最終的に息子が洗濯籠の後ろから発見という決着をみた。

…これからなくしものをしたら賞金かけようかな…。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月16日

収穫祭。

今日、いきつけの屋外施設で
野菜の収穫ができるという情報を入手したため、
ゼンカイジャーを見た後に早速出かけてみることにした。

そろそろゼンカイジャーも終わりかー。
それにしても、人格乗っ取られたステイシーかわいいな…。
あれだわ。
ステイシーとゾックスでスピンオフとかやってくれないかな。超見るけど。

お出かけ。
0116-03
どんと焼き仕様。
そうか、そんな時期だったか。

今日は温かいのでまさしく外遊び日和。
0116-01
娘がリュックにこの子をぎゅうぎゅうに詰めてきていた。
…いいけど、白いのは汚れやすいのよ…。

遊ぶ。
0116-02
風がなかったので、フリスビーやバトミントンに最適。
フリスビーは知らず知らずのうちにたくさん走ることになるので、
運動不足解消に最適。←息切れ。

まず野菜収穫午前の部。
0116-04
温室にて。
今回はかぶ、小松菜、水菜などを収穫。
0116-05
かぶはすぐに抜ける。おお、白くてすべすべのいいかぶ。

小松菜はもさもさ生えているので大変。
0116-060116-07
どこからが一株なのー?と探り探り。
水菜も同様。

たくさんの野菜をもらったので、一旦帰ろうとしたところ、
フラワーアレンジメント体験もしていたので参加。
0116-08
色とりどりのスイートピーを使って。

通りがかりの方々が「きれいねー」などと
声をかけてくださったりもしたのだけれども、
「え、男の子もこういうのやるの」というマダムのお声も聞こえてきた。

え、男の子がお花を触るのは普通じゃないの。
そんな風にも思ったものの、そうだよな。
今時、ジェンダーフリーだのなんだの言われているご時世ではあるけど、
一定の世代以上の方からすると「違う」ことなのよね、きっと。

わたしとしては性差はあってしかるべきであるし、
なんでもかんでも平等で同等とばかりに、
一緒くたにしようとする動きには同意しかねるのだけれども、
やりたいことが性別によって区別されるというのは理不尽だと思っている。

人は人、自分は自分。
やりたいことは自分で決める。
けど、他の人からの評価を全く気にしないというのは難しいことなんだろうな。

とりあえず、きれいにできた。
0116-08a
左が娘、右が息子。
息子の活け方がなかなか上手でびっくり。
葉っぱとカスミソウの活かし方、完璧じゃないの。

お昼に一旦家に帰ってごはんをたべた後、
収穫午後の部にも出陣。

フリスビー―を投げる娘とそれを見る息子とわたくし。
0116-09
ちょっと風が出てきていたので、変な方向に飛びまくって大変。

さて、午後の収穫は外の畑。
0116-10
キャベツー。
普通のキャベツとちりめんキャベツをそれぞれひとつずつ収穫。
0116-11
よいしょ。

本来であれば根っこの上部分をナイフで切るらしいのだけれども、
こどもたちには危ない作業であるので、
根っこごと抜いてからスタッフの方に切っていただく方式に。
キャベツ掘り。
0116-12
ちりめんキャベツの方がなかなか抜けず、ふたりがかりで。
ちなみに、このちりめんキャベツは煮込みにするとおいしいらしい。

その後はにんじん。
0116-130116-14
このにんじんは黒い種類。
ものすごく甘いため、生食が適しているのだとか。

なかなか掘るのに苦労したものの、たくさん収穫。
0116-15
結構細い。
にんじんはセリ科であるので、葉っぱもたべられるのだとか。
ちょっとたべてみると、ああなるほど。セリだ、これ。
スタッフの方はパクチーに似ていると仰られていたけれど、
パセリの方が似ている風味だと思う。

その後、いつものようにトラクターで遊ぶ。
0116-16
もはや遊び方がマニアックになりつつあるふたり。
椅子に座ってハンドルを回して遊ぶだけでなく、
後ろ側のメンテナンス(の真似)をするのが面白いのだとか。

家に帰ってから、取れ高確認。
0116-19
葉物野菜。

あと人参は広げて泥を乾かす。
0116-17
この後、葉っぱを落として乾かすことにした。
キャベツふたつは新聞に包んで冷暗所へ。

夕方、父の事務所へ行って様子伺い。
元気そうでなによではあるのだけれども、
最近、猛威を振るってきているオミクロン株コロナには気を付けてもらいたい。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月15日

気がする。

金曜ロードショーで録画予約していた、
「紅の豚」がテレビ側のエラーで録画に失敗していた。
えーー!!見たかったのにーーー!!

このテレビ(ポータブル)はたまにこうしたエラーが出るのだけれど、
番組への期待度が高ければ高いほど、録画失敗になる確率が高い気がする…。
なんなの、もう。

さて、土曜日。
今日は何もしない日と決めているので、家でぼんやりして過ごす。

息子がおやつに作っていたおさるのジョージプリン。
0115-1
水を入れて固めるだけ…なのだけれども、
これだったらプリンエルの方がコスパが格段にいいよな。
ジョージの顔型がかわいいから許すけど。

あと、いただきもののゴディバチョコレート。
0115-2
お年賀チョコレートとのこと。
トラの絵がかわいい。
ゴディバといえば、マクドナルドとコラボしたホットチョコレートが
近日販売開始になるとも聞いた。

わたしは正直なところ、味で言えば、
ゴディバよりもガーナチョコレートの方が好きだったりするのだけれども、
リッチなチョコレートというのは、なんでこうも魅惑的なんだろうな。

午前中、母が娘と買い物+公園へ。
その公園には大きな石製の滑り台があるのだけれども、
娘は見事にズボンに大きな穴をあけて帰って来た。
えー!!これで穴開けたの3本目よ、ズボン…!!

わたしと行く時は、ズボンに穴をあけたことは一度もないのだけれど、
母と行くと確実にお尻のところに穴を作って来る気がする…。
…一体、どんな滑り方をしているのだね。

あー、穴ふさぐの面倒だなー。
西松屋で500円くらいのズボンだし、また新しいの買っちゃおうかな…。
ものぐさの血がうごめく。

午後は昼寝をして過ごしたので、夜は比較的元気。
さて、0時も近いしそろそろ寝るかな、というところで、
突然家中のスマホから緊急警報アラームが鳴り響いた。
見ると「津波注意報」が出ているとのこと。
そういや、トンガの方で大きな水中噴火があったと聞いたな。それか。

地震のアラーム音とは違う音ながらも、
三台のスマホから時間差で流れてくるとなかなかびっくりする…。
なんて悠長に思っていたら、このアラーム音が10分おきくらいで鳴り続いた。
ただ、情報としてはすべて似たようなもの。
「沿岸の方は高台に避難」的な。
うちは沿岸でもないので、特にそこまで何かしなければならないことはない。

三回目にアラームが鳴った時点で、
わたしの二台のスマホの緊急通報アラーム受診をオフにしたものの、
母親のスマホは音量も小さくできたので、そのままにしておいた。
…けど、鳴りすぎよね。
後で知ったけど、発信側の設定ミスがあり、20回も鳴ったのだとか。ヒョー。

そういえば、半年くらい前にも
深夜に大雨警報のアラームが鳴り続けたことがあったな…。
災害は昼夜を問わないはずなのに、
なぜか0時から2時あたりで鳴るパターンが多い気がする…。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月14日

理不尽とか。

昨夜、久しぶりにバスク風チーズケーキを焼いた。
冷蔵庫に入れっぱなしになっていたクリームチーズの
賞味期限が近づいていたので、急遽。
0114-1
作り方はどのお菓子よりも簡単であるのに、
失敗なしでおいしくできてしまう夢のケーキ。

本当は表面が黒くなるまでコゲコゲに焼き上げた方が
見た目も風味もオリジナルに近づけるようだけれど、
非常に子供ウケが良くないため、このくらいの焼き色がついたところで
ホイルをかぶせてそれ以上の色がつかないようにしている。

今朝は小学校通学路の旗振り当番。
0114-3
わたしの担当はふたつある横断歩道の片方。
もうひとつの横断歩道には別の登校班地域の当番の方が
やってくる…ことになっていたのだけれども、
来ない。
定刻になっても来ず、こどもたちの登校が始まっても来ない。

結局、わたしがふたつの横断歩道を駆け巡って旗を振ることに。
車は来るし、こどもたちだって続々とやってくる状況。
ふたりでやっても、目で合図をしたりしながら協力的にするところなのにー!

と、なんとか黄色い旗を振り回しながら走り回っているうちに、
全部の登校班の送り出しを完了。
…達成感すごいけど、理不尽さもある。

ああ…誰かにチクりたいけど、チクる相手がいない…。くそ。
とりあえず息子に、
「月曜日、旗振りのママに「金曜日はそっち側の人来なかったよ」って
 さりげなく告げ口しておきなさい」と言っておいた。
息子は言わないだろうけどさ。

梅咲いてた。
0114-4
早いな。
今年も早めに実がつくのかもしれない。

通販で注文した絵本が届いた。
おまけにかわいい絆創膏がついていて嬉しい。
0114-2
勿体なくて使えない系だ…。

…と、思っていたら、
幼稚園で娘が指の爪を深くめくってしまったようで、
絆創膏を貼って帰宅した。

そして、この絆創膏を見た途端に「わたし、これ貼りたい」と。
だめよ!!
だって娘、あなたいつもかわいい絆創膏を貼っては、
5分くらいで剥がして、そのままポイってするじゃないの。

この絆創膏はプレミアム(謎)なんだから、
そんなすぐに捨てるような用途では使えないの!

絆創膏なのに絆創膏として使うことを拒否するという
理不尽さはわたしも感じてはいるけれども、
少しの間はこのままの姿で愛でさせていただきたい。

息子帰宅。
今日は不審者対策の全体授業があったのだとか。
不審者が学校内に入って来たときの特別放送についてだとか、
公園で不審者に遭った時の対応についてのお話があったらしい。

へー。公園で不審な人が来たらどうするの。
「かくれんぼしようって言って、そのまま逃げるの」
…ほんとか?
とりあえず、変な人がいたらさっさと逃げることよ。

それから息子のアトピーの薬をいただきに小児科へ。
アトピーの薬の他に、最近気になっていた息子の頭のフケの話をしたところ、
それ対応のローションも処方してもらえた。
言ってみるものだ。

その後、ちょっと足を延ばして大きな公園へ。
0114-5
夕方ということもあって人が殆どいない。
声がよく響くので、こどもたちがどこにいるのかすぐに把握できる。
こんな日もあるのね。
0114-60114-7
しばらくふたりで貸し切り状態のまま遊んだ。

夕食はほうとう。
大根とえのき、豚肉を入れて豚汁風に。
娘は「やさいときのこ嫌ーー」と言い続けていたものの、
たべ始めると口に合ったらしく、そのままどんどんたべた。

そろそろ偏食収まってくれないかなー。



m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月13日

午前。

今日も娘が午前保育のため、
やらなければならないことは早いうちにやっておかねばならない。

こどもたちを送り出してからすぐに買い物へ。
24時間営業のスーパーへ行って、必要なものだけを買う。
ついつい買ってしまいがちなお惣菜やパン類がまだ陳列されていない
時間帯であるので、衝動買いすることもなくて却ってよかった。

空もきれいだったし。
0113-1
今日もいい天気。

そして11時過ぎに娘帰宅。
帰ってきてからすぐに昼食。
0113-3
チルドピザとキリートレモン。

キリートレモンは、ワクチン接種の際にクエン酸を摂ると、
接種後の筋肉痛的痛みを緩和することができるとかなんとかの
都市伝説的な情報にちょっとだけ乗ってみた形でまとめ買いしたもの…が、
冷蔵庫の中に一本だけ残っていて、
それを娘が目ざとく見つけて取り出してきた。

…これって幼児が飲むものだっけか…?
わたしは昔、仕事が終わった後とかに、
気つけ薬みたいな用途でよく飲んでいたのだけれど。

娘は酸っぱいものが好きなようで、
ファミレスなどにあるポーションレモンも直飲みしたがるほど。

4歳という年齢からすれば、スポロンとか幼児用ジュースとかの
薄味的なものを飲んでいてもいいくらいなのだけれども、
刺激が強いものばかりを好むようになった娘。
兄妹そろって炭酸が強いのも大好きだしな…。
胃腸、大丈夫なのかしら。
0113-2
「めっちゃおいしい!」と、おかわりを所望。もうないよ。

息子帰宅。
先日、タブレットで送った赤ペン先生の課題が戻ってきていた。
早いのはいいのだけれども、内容を見て少し驚いた。
問題数…少なすぎないかしら?
紙版の1/3くらいではないかと。

とはいえ、漢字を丁寧に添削してくれていたりと、
美しい赤ペン先生添削はそのまま。

これからの時代はタッチひとつで添削までしてくれるとはな…。
昔では考えられなかったことだわ。近未来じゃん。
息子が大人になった頃にはもっと先進的なシステムになっているのかな。

例えばこんな。
1910年に書かれたとされる「21世紀の未来予想図」的な。
0113-4
頭のなかに直接情報を入れちゃう。
…このレバーを回している子はどうなるんだろう。

夕方、スイミングへ行く。
そろそろ娘がレベルアップしたレッスンを嫌がる頃かと思ったけれど、
今のところはまったくそんな兆しもなく、普通に楽しく潜っている。
いつの間にかヘルパー(腕浮き輪)を外して、
ぷかぷか浮いてバタ足みたいなことまでするようになっていた。

息子は先月くらいまで「行きたくない」とよく言っていたものの、
すっかり慣れてしまったようで、こちらも問題なさそうだ。
息子の課題は、長い距離でも怖がらずに進むことができるようになること。
こればっかりは何度もやってみて自分なりに会得するしかない。

家に帰り、夕食の後は宿題だの課題をしてからゲームの時間。
息子は今ファミコン版のスーパーマリオと、
スーファミ版のぷよぷよに没頭している。

マリオは途中でどこでもセーブをすることができるので、
昔よりはクリアするのが簡単になっているものの、
クッパ城がなかなかクリアできないと、躍起になっている。

3Dで画面が美麗なゲームも素敵だけれど、
クラシックなゲームも単純で面白い。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月12日

りっちゃん。

朝、部屋の中が温かかった。
しかし、寝る前に干した洗濯ものがあまり乾いていない。
温度が高くて湿度が高いなんてこの時期には珍しい。
冬らしくない。

そんなことを思いながら、
娘を園バスに送るべく外に一歩踏み出したところ、
そこにあったのは別世界だった。

まず寒い。気温低すぎ。
アスファルトの路面は薄く凍り付いていて、
駐車場に止まっている車のフロントガラスは真っ白ガチガチ。
なんなの、壁一枚を隔てただけでこんなに気候が違うなんて。

ただ、昼間になると晴れの日差しが眩しいくらい。
こたつに入ってついついうたた寝をしていたのだけれども、
窓から入り込む日差しのためか、
「眩しくて前が見えないよー。ウワアアア」と悶え続ける夢を延々と見続けた。

さて、去年こどもたちが目いっぱい掘りまくってきたさつまいも。
0112-1
これにてラスト。よーし、全部たべきったぞ。
段ボールひと箱分くらいあったので、
一年近くかけてたべつづける覚悟でいたものの、
せっせと蒸かしてたべたら1カ月で消費できた。
30分弱火で蒸す方法が至高。

午後、帰って来た娘はバルーンアートのくまさんをもらってきた。
0112-4
幼稚園にバルーンアートアーティストの方が来てくださったのだとか。
全員に一個ずつ作ってくれるとはすごいな。

おやつ。
0112-3
ミレービスケット。
硬くておいしい。
これ、食べ始めると止まらなくなるぞ。
え、これ揚げてあるの、どうりでおいしいはずだわ。
カロリー高いぞ。どうすればいいの。

息子は通常通りの生活に戻った。
給食ありの5時間授業、帰って来た後は外遊びに走って行った。
残された娘は「ルパパト見る」と言ってタブレットで視聴。
プリキュアよりも特撮ヒーロー派への道を着々と歩む。

夕食は息子が前からリクエストしてきていた、
「りっちゃんのサラダ」を作ってみた。
国語の教科書にある「サラダでげんき」という話に出てくるサラダ。
実際に給食でも出てきてとてもおいしかったらしく、
うちでも作ってみることにした。

「サラダにかつおぶしをいれるといいですよ」
sarada de
…と、なんだかめっちゃえらそうに言う猫。
なんなのその立ち方。

材料は動物たちのアドバイスにより、
キャベツ、きゅうり、にんじん、トマト、
ハム、かつおぶし、コーン、こんぶ(塩昆布)
これに酢と油と砂糖を少し混ぜたドレッシングをかければできあがり。

かつおぶしと塩昆布を加えるのがポイントかもしれない。
できた。
0112-2
ラーメンどんぶり一杯分。
この後ビニール袋にドレッシングと一緒に入れてこれでもかと振って、
味をすべての馴染ませたらできあがり。
これがかなりおいしい。
いや、おいしくないわけがない組み合わせ。

生野菜をあまりたべたがらないこどもたちですらどんどんたべるので、
うちの定番にすることに決定。




m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月11日

スーファミ。

朝6時過ぎ起床生活が始まった。
朝暗いじゃん。雨じゃん。寒いじゃん。
つらい。眠い。

そんなテンションでもそもそと準備をしていたためか、
娘の上履きを見事に持たせ忘れた。
絶対何か忘れているかと思ったけど、本当に忘れていたとはな。

その娘。午前保育なのですぐに帰ってきた。
園かばんには去年からお守りをつけているのだけれど、
初詣の時に神社にお戻してくるのをすっかり忘れていた。

いろいろと忘れすぎなのはともかくとして、
まあ、お守りの神様今年もよろしくってことでいいか、
なんて思ってそのままにしていた…が、
娘「わたしの新しいお守りはいつもらえるの?」
…え?

今日、仲良しのお友達とお守りの話をしたらしく、
その子は去年のものを「神様のところに戻して燃やしてもらった」とのことで、
あたらしいお守りがかばんについていたのだそうだ。

…年中のちびっ子4歳同士ってそんな大人びた話もできるのか。
とりあえず、また今度神社に行っていただいてこないと。

switchのニンテンドーオンラインの有料プランの体験加入をしてみた。
ねらいはファミコン、スーファミ時代のゲームをすること。
わたしは昔、ゲームボーイで死ぬほどやった「ぷよぷよ」に
それこそ数十年ぶりに挑んでみることにした。

現役(?)の頃はそこそこ上手だった覚えがある。
全クリアまで無敗のままいくことが普通だった。
昔取った杵柄で、そのままの感覚でいけるだろうと思っていたのだけれど、
まず不慣れなコントローラーの扱いに苦戦。
思ったところにさっと入ってくれない。

さらに、ゲーム運びの中で連鎖を考えていく力が相当衰えていて、
連鎖を考えながら組んでいくうちに分からなくなっていき、
ふと「あれ?何がなんだかさっぱり」と、一瞬ぼーっとしてしまったりもする。
昔にはなかった感覚だわ。あれは。

何回かやっていくうちに幾分思い出してきたものの、
やはり瞬発力というか反射能力が格段に落ちている。
0111-1
何回も負けつつ、なんとか全クリアはできた。
昔も思っていたけれど、上位三人よりもその前に出てくる象が最強。

前にオンラインのゲームをしていたM氏が言っていた。
数十年くらいぶりのゲームを久しぶりにやってみたところ、
全然感覚がついていかなくてびっくりした、と。

へー、でも、慣れれば戻るんじゃないの、なんてわたしは言ったけど、
そういうものではないということを今日改めて実感した。
脳自体の処理能力が落ちているということを。

午後、息子帰宅。
冬休み前にやったというテストを持って帰って来た。
いずれも点数がとてもいい。びっくりするほどに。
紙テストは得意なようでなによりなのだけれど、
最近気になるのは、自分の意見を表現するのが極端に苦手なところ。

インタビュー形式で聞いて行けば答えることができるものの、
「どう思いますか?」というような、
自由度の高い問いが出ると思考が停止してしまうようだ。
表現するための語彙が足りてないのかしら。
考える力が圧倒的に足りていないのかしら。或いは両方なのか。

いずれ韓国に戻ったら、言語能力0からのスタートとなるので、
せめて日本語でもいいから思考力がある程度育った状態で
向かわせたいという気持ちがある。どうしようかな。

夕方、スイミングへ行く。
何か忘れていると思っていたら、案の定ゴーグルを忘れた。
今日忘れすぎだろ…自分…。

最近、会うと挨拶をするくらいの方がいる。
いつも向こうから挨拶をしてくれたり軽い会話をしてくれるのだけれど、
問題はわたしがその方がどの子の親御さんなのかを把握していないことだった。

今日、見学の際にその方がちょうど隣の席になり、
ようやく娘と同じクラスの男の子のママであることが分かった。

あんなふうにさらっと挨拶ができるような人になりたいなーと憧れるものの、
未だに誰ひとりとして保護者の方々の顔も名前も覚えていないわたしには、
なかなか高いハードルでもあり。ないものねだりにもほどがある…。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月10日

げつ

年始早々の三連休。
とはいえ、娘はまだ幼稚園が始まっていないので、
ただひたすら続く冬休みという様相。

クリスマスからの冬休み。
過ぎてみればあっという間のような、
もうはるか昔のように思えるような。
休みの期間は早起き免除だったのがよかったんだよな…。

明日からまた早起きをしなければならないのがつらい。
だって、まだ6時過ぎとか暗いじゃん…。あー。

今日は少し寒い。
日差しが入らない曇り模様のため、体感温度も低い。
あー、もうこんな寒い日は何もしたくないわ。

情報によると今日の釜山は久しぶりにかなり暖かいとのこと。
へー、何度くらいなんだろ、と、チェックしてみたところ、
今現在のうちの地域の最高、最低気温とほぼ同じ具合だった。
…今までどんだけ寒かったの、釜山。

思い返してみれば、零下になる日も普通にあったような。
寒さの質が違うんだよな…。
ついでに言えばソウルはさらに寒いんだよな…。

息子がタブレット版ちゃれんじの赤ペン先生の提出を終えた。
紙テキストの時よりも10日近く早く出すことができた。
今のところはタブレット学習の方が効率よく進めることができているようだ。
また、追加で発展学習もすることができるのでよし。

今のところはタブレット版の学習の方が利点が多い気がする。
何より、カタカナ学習。
息子は「シ」と「ツ」のかき分けができておらず、
見てみると一画目の書き順からして違った。

タブレットの場合、書き順が違う場合でも不正解となるため、
正解が出るまで書き直す必要がある。
ここできっちり形や書き順を覚えることができるので助かる。

午後、昨日と同じくらいの時刻に母とこどもたちと外遊びへ。
0110-1
昨日よりも寒かったためか、人の姿があまりなかった。
コロナ対策としてはかなりいい環境。

息子はバレーも少し教えてもらったらしい。
公園でやってる子たちいるもんな。
0110-3
ただ、かじかんだ指でボールをトスするのは痛いらしい。
だよね。

どこかから拾って来た小さい丸木。
0110-2
「大きなたいこ」を歌いながらずっと叩き続ける。
娘はいつもどこからともなくいろんなものを収集してくる。
今日のポケットからは、石、何かのタグ、何かの部品、瀬戸物の欠片が出てきた。
…瀬戸物の欠片とか、どこでどういう経緯で落ちてるものなの…?

少し散歩。
0110-40110-5
たまに日差しが出るものの、ほぼ曇り。
はーーー、寒い。

いつものコースを歩く。
0110-60110-7
こどもたちは全く寒さを感じることがないようなのだけれど、
母とわたしには寒さの限界が来ていたため、
帰りは温かいラーメンをたべることとする。
0110-8
バーミヤンの味噌ラーメンおいしい。
母は麻婆豆腐に酢をかけてたべていた。
…え?それ正解なの?

思惑通りに体が温まったところで帰宅。
さー。明日から本格的にこどもたちの新学期だー。
やばーい、何も準備してないぞ…。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月09日

混乱いろいろ。

一体、わたしは日々何に追い回されているのだろう。
そう思えるほどに、ここ数年のわたしは、
謎の何かに追われているように生活している。

とにかく急がねばならない。
外食に行ってメニューを選ぶ時も、
別にタイムリミットなどないはずなのに、ゆったり考えずに直感で選ぶ。
何よりも最速で選ぶことが優先だ。

たべることもスピード重視。
味わうとかそういう概念はどこかへ行ってしまった。
とりあえず詰め込め。以上だ。

本を読むときも料理をするときも掃除をするときも、
テレビを見るときもお風呂にはいるときも。
わたしは最短時間でこなせるようにしている。

ていねいな生活の対極といってもいいだろう。
余裕や遊びというものを全くもたない生活。

こんな考え方で生きているので、
もちろん、こどもたちにも同じようなことを急かす。
一日に何度「早くしなさい」と言っていることだろう。
はっと我にかえってみれば、
別に急ぐようなことでもなく、大して数秒数分の差であるというのに。

こうなってしまったきっかけは、おそらくだけれど、
息子が乳児の時にわたしが息子の動きに気を払うがあまり、
全ての事柄を「とにかく早く済ませてしまわねば」と、
すべてを効率重視で動いてしまったことだ。

今はもう、こどもたちの動きを逐一観察せねばならない時期も過ぎたし、
ゆっくりと考えられるようにもなってきているはずなのに、
もう、一度「スピード重視」を覚えてしまった脳はそうすぐには変わってくれない。

意味不明の「早く早く」ほど全く役に立たないものはない。
そんなことは百も承知なのに。わたしは今でも焦っている。
どうすればいいの、これ。
とりあえず、今年の目標は「いそがない」にしよう。

昨日拾って来たまつぼっくりを干す。
0109-09
結構たくさんあるぞ…。
娘の幼稚園へ持って行かせようと思う。

昼過ぎ、ちらっと外遊びへ。
0109-010109-02
飾りがお正月モードになっていた。
風情があってよし。

娘が熱帯魚観賞に夢中。
0109-03
うちでも飼おうよーとかいうけど、
こういうのってものすごく難しいのよ…。
よく知らないけど。

広場でサッカーをしたりバドミントンをしたりしたものの、
何かと思い通りにならないことにブチ切れた娘が泣き叫び始める。
…このパターン、この頃毎回なんだよなー。
そして、わたしが諫めるといじけて体育座り。
0109-04
…静かに数十分こうして座っている。
その後、自分で気分転換を終えて元通りのテンションに戻る。
普通に遊んだほうが楽しいよ?
なんでいつも騒いで泣いていじけるくだりで30分近く消費するの…?

そして息子は四つ足で走り回る。
0109-05
スササササササササ。
めちゃめちゃ速いので少し気持ち悪い。

そして跳ぶ。
0109-060109-08
ロープが張ってあるところでもかまわず跳ぶから怖い。
ひとたび、そのロープに足を引っかけようものなら大けがだぜ…。

また跳ぶ。
0109-07
そして日が暮れる前にささっと帰宅。寒くなって来たし。 

Eテレでだいすけお兄さんのコンサート番組があった。
もちろん息子がだいすけお兄さんを知っているという前提で話をしていたら、
全く話がかみ合わない。
「え…このお兄さん…誰?」とか言う。
うそだろ、すっとぼけたことを言うんじゃないよ!
あんなにおかあさんといっしょでお世話になったじゃないか!

すかさずwiki先生にお尋ねしてみたところ、
だいすけお兄さんは2017年の3月でおかいつを卒業されたとのこと。
この時点で息子は2歳4ヵ月。
え、そんなに小さかったの、あなた。

待って、ということは、ゆういちろうお兄さんもう4年目終盤?
まじか…まじなのか。
もうそんなになってしまうのか。
待ってくれ時間。とても追いつけないわ。

その後、レイチェルクーの番組を見る。
チョコレートをメインとしたコンセプトの番組らしい。
いつも華やかなお洋服でバイタリティに満ち溢れている彼女。
番組を見るたびに素敵だとは思っているのだけれども、
レシピの偏差値が高すぎてわたしの脳ではとても追いつけない。

今日のメニューは「チョコレート風味のビーツサラダ」
0109-a

材料 
ミニサイズのビーツ
ヤギのチーズ
フェンネル(せり科のハーブ。香りは八角に似ているらしい)
みかん
アボカド

オリーブオイル
かぼちゃのタネ
ココアパウダー
黒コショウ
バルサミコ酢

アーモンド 
ヘーゼルナッツ
ヒマワリの種

カカオニブ
クミンシード
コリアンダー
ゴマ
フェンネルシード

1.ビーツを洗い、オーブンシートを敷いた天板にならべ、
  オリーブオイル適量、塩一つまみを振り、
  200℃のファン付きオーブンで40分焼く。
2.かぼちゃの種一掴みを入れ物に入れ、
  ココアパウダー大匙山盛り、
  挽きたての黒コショウ適量、
  バルサミコ酢(材料が浸るくらい)を加えて混ぜる。
3.アーモンド、ヘーゼルナッツ、ヒマワリの種適量を炒って、
  ビーツと一緒のオーブンで10分焼く。
4.フライパンにカカオニブとクミンシード、
  コリアンダー、ゴマ、フェンネルシードを入れて熱する。
5.小さく爆ぜる音がし始めたら火からおろし、
  焼きあがった3を加えてすり鉢で粗めのパン粉くらいにつぶす。
6.ヤギのチーズ200gを小さくちぎって丸めて、5の上で転がす。
7.みかんの実をナイフでとりわけ、残りは絞っておく。
8. 焼いたビーツに2のソースをかけ、オーブンに戻してさらに5分焼く。
9.フェンネルをスライサーで薄く切り、ミカンの汁に浸して塩を振る。
10.大きめの皿に8のビーツを並べてフェンネルを散らし、
  みかんの実を乗せる。
  アボカドをスライスしたもの、6のヤギのチーズボールを乗せて、
  オリーブオイルを適量回しながら垂らせば完成。

いつも出てくる謎食材もさることながら、
チーズボールの周りにまぶすスパイスづくりだけでも尋常でない行程が。
何より味の想像がここまで全くつかないレシピというのもなかなかない…。
味覚の経験値を試されている気分になる。

夜、M氏と話す。
M氏はうちの父と顔を見て話をしたがる。
健康状態がすぐれないという話をしてあるので、
今きちんと話ができるうちに顔を見て会話したいという気持ちがあるようだ。

ただ父は痩せた姿をあまり見せたくないと思っているようで、
映像通話の機会もさりげなく拒否する。
その気持ちはわからなくもない。

それをM氏に伝えるのだけれども、
「家族なのに、顔を見ることもできないなんて悲しい」と。
それもわからなくもない。

わたしはあまり顔を見て話すことにあまり頓着しないけれど、
それをM氏に強いることもおかしな話。
それでいて、「今の姿を見せたくない」」という父に
我慢を強いるのもやっぱりおかしな話で。

どういう折衷案がいいものかな…。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月08日

初詣。

昨日、金曜ロードショーでやっていた千と千尋の神隠し。
もはやわたしは数十回見ているのだけれども、
それでも毎回見てしまう。さすが名作よ。

ところで、この千と千尋。
冒頭と最後の千尋の両親が出てくるのだけれども、
わたしは最初に見たときから、
「随分、このおかーさん冷たいな」と思っていた。
余分のない話し方がそう感じさせたのだと思う。

しかしどうだろう。
今見ると「あれ、このくらいのこと普通だな」という印象。
なんならもっとひどい感じで言ってるかもしれない。

「千尋、あんまりくっつかないで、歩きにくいわ」とか。
こどもにそんなこというなんてヒドイわ、なんて思っていたけど、
実際、わたしは毎日のように、
「もー!くっつくな!!邪魔!」みたいなことを、
半ば定型句のように叫び続けている。
そして、言い続けてしまったがあまり、こどもたちに耐性ができてしまい、
まったく言うことを聞かなくなってしまったというおまけつき。

…思わぬところで反省すべきところが出てきた模様。

そんな今日、初詣へ出かけた。
0108-10108-3
毎年恒例のお馬さんへのにんじんミッションもクリア。
今年もいい年になるぞ。

あと、お猿さんも見た。
0108-5
今時のイケメンお兄さんによる猿回し。
お猿さんはまだ小さい子のようで、
練習中という感じがとてもよかった。

その後、おみくじを引いたりハトや鯉にエサをやったり。
0108-20108-4
ハトに追い回されたり。ギャアアア、こっち来るな!

その後、大量のまつぼっくりを拾ってからサイゼリヤで食事。
…最近、ファミレス行きすぎだな…。
0108-6
ピザを切りたがる娘と、後ろから指示する息子。
手前にあるのはアンチョビオリーブのマルゲリータ。
これおいしい…。
この別添えアンチョビオリーブオイルがすごくいい。
ピザと一緒じゃなくても違うものにつけてもよさげ。

わたしが注文したミラノドリアチーズ。
0108-7
思った以上にチーズ盛りがすごい。
グラタンの上に載っているチーズを延々とたべているかのよう…。
何度も来ているのに、サイゼリヤの偉大さには毎回驚かされる。

そして家に帰ったあとはすぐにスイミング。
年始のレッスンがお休みになった分の振替。

息子は普段通りにこなし、
娘も一生懸命に頑張っているようだった。
特に娘は同じクラスの子たちがみんな小学生のようで、
見た目の心もとなさが尋常でなかったのだけれども、
本人は「今日も楽しかった」と言っていたのでよかった。

そして夜。
息子がスススと近づいてきて言った。
「最近、何か気づいたことはありませんか」

…何を?
「話しているときに「おれ」って言ってるの気が付かなかった?
 ずっと「おれ」って言ってるの、おかしいと思わなかった?」

そりゃ、気づいていたさ!
むしろ「おれ」と初めて言った時から気づいていたさ!
指摘するとひやかすみたいになるかもしれないと、あえて触れなかったのさ!
まさかの指摘待ちだったとは…。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月07日

延期。

息子は今日が始業式。
しかし、昨日の雪の影響で朝は1時間遅いスタートとなった。
普段は8時に出るところを、今日は9時に登校班集合。
8時前に起きれば間に合う…。

いいこと考えた。
もうさ、ずっと9時でよくない…?←早起き嫌い。

辛うじて残っていた雪でうさぎを作る。
0107-1
今年ラストなのだろうか、雪。

朝ごはんはベーグルに栗きんとんとクリームチーズのせ。
0107-2
これにておせち料理だのなんだの消費完了。
栗きんとんはただたべるよりも、パンとたべた方が合う気がする。

午前中は、読書。

かなり前に図書館で予約を入れていたものの、
順位が30番目とかくらいで、半ば存在を忘れていた中で、
突如「貸出可能」の連絡がやってきた。
待っていればいずれはやってくるのね、順番。

著者のヤマザキマリさんはとても破天荒な人生を送ってらっしゃる…と、
思っていたら、お母さんもなかなかのバイタリティーがある方だった。

とても読みやすくて、あっという間に読み切ってしまった。
この方の文章は臨場感とリズム感が半端ない。

そして、思った。
人間というものは自分の考え方ひとつで、
生き方をまるっと変えていけることができるということ。
もちろん、ヤマザキマリさんもお母さんのリョウコさんも、
特筆すべき技術を持っている人であって、並みの人ではない。
彼女たちは「持っている人」だからできることなのだとも思う。

けど、わたしなんて何者でもないただの人間だから、と、
端から諦めてしまうのは非常にもったいない。
別に、今の日常を打ち捨てて新しい生活へ!とか、そんな大袈裟なことではなくて、
少しでも気持ちが上向きになるような心がけができる、
そんなマインドを持つことができるようになりたい。

昼、娘はピザをたべ、
学校から帰って来た息子は豚丼をたべた。
息子はサイゼリヤのコーンピザ以外のピザは好きではないらしい。
ピザが苦手なこどもなんて存在するの…?うそでしょ…?

娘が昨日から左耳に何か入っていると言い続けている。
しかし、耳の穴を確認してみるも、
あまりにも狭くて暗くてまったくよく見えない。

特に聞こえが悪くなっているわけでもなさそうなので、
異物が入っていたりとそういう事例ではないかと思うのだけれど、
とりあえず近所の耳鼻科の予約を入れることにした。
ついでに息子のアレルギー飲み薬ももらってこよう。
しかし予約を入れるのが遅かったからか、診療は5時過ぎとなった。

ネットで順番を確認しながら病院へ行くと、比較的すぐに呼ばれた。
先生に診てもらったところ、
娘の耳には何も異物は入っていないものの、
自分で搔いたりした傷が残っていて、それが痒いのではないかと。なるほど。

あと、耳の中に水が少し溜まっていたらしく、
中耳炎のおそれが…と指摘されつつ、
それはどうやらお風呂かプールの水であったようだ。そんなこともあるのか…。

次いで息子の診療。
先生は戦隊ものの話を息子にふり、
それに息子がよどみなく答えると、周りの看護師さんたちが「おー」と歓声をあげた。
こちらはアレルギーの様子見なので、特にそれ以上の診察はなし。

お約束の吸引。
0107-3
へんな匂いがする…らしい。

この耳鼻科はお会計までの時間が長く、
さらにそれからの薬局でも待ち時間が長い。
結局家に着いたのは7時前。

そこから七草がゆメインの夕食を作った。
意外にも息子が七草がゆをたくさんたべた。
味覚が…こどもじゃない。

夜、久しぶりにM氏と映像通話で長く話した。
うちは引っ越しが決まっていて、
そろそろ新居の鍵をもらうことができるのだという。
ただ、じゃあすぐに引っ越せるね、という話かと思いきや、
今現在住んでいる家の契約は5月まであるとか。え。

あと、捨てる家具や買う家具について話す。
M氏は殆どすべての家具を新しく買うという。すごいな。

そして、ここ1ヵ月ほどわたしが考えていたことを話す。
結論として、わたしは2月には釜山へ戻れないと。
理由はいくつかあるけれど、一番の理由は父の健康問題。
数年前までは60キロ近くあった体重が、
今では30キロ台に入りそうな体調になっている。

夏に腰骨を折ってしまった時は、
びっくりするほどの超回復を見せてくれたものの、
喘息、心不全、その他もろもろのリスクを抱えている透析患者である父。
いつ何時、何があってもおかしくはない。

娘の新しい幼稚園の抽選に受かってしまったことで、
3月頭の入園に間に合わせるように戻る予定でいたけれども、
未だコロナ騒動が収まっておらず、
日本と韓国の間を自由に往来できないことは、
わたしにとって大きな問題になる。

今、韓国へ戻ったとして、
もしもすぐに日本へ帰らねばならない状況になったとしても、
出発までに数日、そして日本入国後は2週間の隔離が必要となり、
その間、わたしは何もできない。

成田から釜山への直行便のフライトも、
少し前の情報では2月中に復活するとあったけれども、
今見たところそれは延期されていた。
一応、再開予定の日付も入ってはいるものの、
それが確定ではないということは誰しもが知っているところで。

M氏は理解してくれて「日本にいた方がいい」と言った。
今ここで一生分の後悔を残すことになるのは絶対によくないと。
幼稚園については、韓国に戻ることが確実になった後にまた探すことにしようと。

ここ一ヵ月ほど、心の中で澱のようにたまっていたことを、
滞り伝えることができ、理解を得ることができてよかった。

こどもたちの学習環境なども踏まえると、
おそらく韓国へ行くのは早ければ早い方がいいのだろうけれど、
わたしにはその決断ができなかった。

いずれ、このことに対して後悔する日が来るのだろうか。
ふとそんなことも思ったりもするけど、今はとりあえず前を向く。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月06日

積雪。

家の中にいると、外の寒さはあまり感じないのだけれども、
今日ばかりは足先からの冷えが尋常でなかった。
外の気温は最高2度だか3度だったらしい。そりゃ寒いわー。

午前中、手羽元を煮る。
0106-1
ネギの緑の部分が冷蔵庫に余りっぱなしであったので、
それを使うために手羽元を買ってきた。
お酢多めで味付けをするのが好み。

お昼前から外では雪が舞い始めた。
最初のうちは、まあこのまま止んでいくんだろうなと思うほどの
勢いだったものの、徐々に雪の粒が大きくなってきた。これは…。

そんな中、母が午後出勤というので車で送る。
まだ雪が路面に残るほどではなかったので、
およそ雨の日と同じような感覚で運転していたのだけれども、
母の職場はちょっとばかり細い山道的なところを抜けたところにあるので、
普段よりも狭い視界に戸惑った。

まだこども二人を15分以上の留守番をさせたことがなかったので、
一緒に連れて行く。
0106-5 
タブレット持参で。
別にいいけど、そこまでしてゲームをしたいのかね。

雪はどんどん勢いを増していった。
0106-2
積もりだしたぞ。

外は寒いし、もうできるだけ何もしたくない。
しかし今日は夕方からこどもたちのスイミングがある。
雪だけど、寒い。プール。
もはや頭の中で拒否反応が起こるレベルの組み合わせ。

息子は残留級で、娘は進級後のクラスとなる。
今まで水遊びクラスで甘やかされてきた娘が、
水中ジャンプや蹴伸び練習なんてできるのかと心配だったものの、
以外にも余裕でミッションをこなし続けていた。あれ。
むしろ、誰よりも水中にもぐり続けていたような。

最初こそ水中ジャンプのタイミングを掴みかねていたようだったけれど、
三回目くらいからは十分にできるようになっていた。
本人も「たくさんもぐって楽しかった」と言っていたので大丈夫なのだろう。
…あれだけもぐるのを拒否していたのにな。

息子は新しく進級してきたメンバーたちに、
「お見本」を見せる役割を担ったらしく、
今までで一番きっちりとした泳ぎ方をしていた。
さては、ギャラリーが多くなると燃えるタイプだな。

息子「今日、同じクラスに味方ができたよ」
着替えを終えて出てきたところでこんなことを言った。
聞けば、同じ幼稚園出身、同じ小学校(いずれも違うクラス)の
女の子が今回新しく進級してきたとかで、たくさんおしゃべりをしたらしい。
「友達」を「味方」って表現するのか。独特…。

あと、その話をしてきたとき、息子の一人称がやたらと「おれ」になっていた。
普段は「ぼく」を使う息子がめずらしい。
おそらくお友達と話していた時はちょっとカッコつけた感じで
喋っていたのかしらと予想。少しほほえましく思う。

ついでに、今まで一貫して「わたし」を使って来た娘。
物心ついてからすぐに「わたし」と言い出したのだけれど、
ここにきて自分を名前で呼ぶことが増えてきた。
特に直したりはしないけれど、こういうのって何のきっかけなんだろう。

相変わらず雪が降り続く薄暗い空の下、
わたしたちはマクドナルドへ向かった。
スイミングの新しいクラスで頑張ることができたら行こうと、
娘にかねてより言っていたので、行かざるを得ず。
雪降ってるし、駐車場の視界が悪いし、本当は行きたくなかった…。

とはいえ、中に入ればそれはそれで楽しいのがマクドナルド。
0106-4 
ハッピーセットは明日から新しいおもちゃになるとのことで、
のりものずかんしか選ぶことができなかった。
わたしは福袋に入っていた無料クーポンでたべる。
ベーコンレタスバーガー初めてたべたけどおいしい。

あと、ポテトの中に入っていた、
どこかの「県」みたいな形のもの。
0106-3
こういう形のを見るのは初めて。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月05日

なくしもの。

わたしはものをよくなくす。
カード類や書類なんかはもとより、
スマホは大抵一日に十数回は探していると言っても過言ではない。

そんなわたしであるものの、
今まで財布や鍵といった貴重品は殆どなくしたことがない。
そのあたりは自分でもまだまだ管理能力が衰えていないと思っていた。

しかし、今日。
車の鍵がなくなった。え?
かばんの中に入れっぱなしにしていたはずなのに。
特に取り出した記憶もないので、どこかに落とした…?うそだろ。

ただ、考えてみると昨日車で帰って来た時、普段通りに施錠をした。
とすると、家に帰って来るまでは鍵を持っていたということになる。

家の中でなくすとかありえないんだけどなあ…。
…と、なにげなくこどもたちに「車の鍵見てない?」と聞いたところ、
明らかに娘の目が泳いだ。
おい、まさか。
「えー、わたしの宝物だったのにー」と、おもちゃ箱の底から出してきたのは、
紛れもなくわたしの車の鍵。ギャーーー!!

今回は思わず笑っちゃったけど、次わたしのかばんをあさったら承知しないわよ。
ついでに言うと、わたしが見失いまくっているスマホだって、
大抵はあなたたちがどこかに持って行っちゃうのが原因でもあるんだからな。

そんな娘がいちごをたべる。
0105-1
こども包丁で切り分けながら。
一応「猫の手」のするのは知っているらしい。クックルンによる知識。

午前中は息子を理髪店へ行かせた。
いつも行きつけのところなので、ちょちょっと希望の髪型をお伝えし、
(今回は「気持ち長めで、襟足と耳周りはすっきりめ」)
お金を払ってわたしはそこで帰宅。
息子ももう慣れたもので、特に何も言わずに髪の毛を切って帰って来た。

その後、兄妹ふたりで勉強時間。
0105-3
うちはゲームやタブレットで遊びたい場合、
その日の課題をしなければならないシステム。
娘が「足し算だけでなく引き算をしたい」と言い出したので、
簡単なのを出題したところ、兄に教えてもらいながら解いていた。
というより、答えを教えてもらっていた。コラー!

わたしはその間に正月の間のあまりものを全部ぶっこんだカレー作り。
0105-2
かまぼこだの煮物、すきやき、お雑煮のだしなどを投入。
全部一通り煮て、さてカレールーを…というところで、
まさかのストック切れが判明し、コンビニに走ったくらいのアクシデントはありつつ、
おいしいカレーを作ることができた。
カレーは正義。

午後、Amazonで頼んでいた携帯電話のバッテリーが届いた。
これは父のガラケーのもの。
長年使っていたために、一回の充電で30分しかもたなくなった…と、
こないだ聞かされて注文したもの。
30分しかもたなくなるって…相当劣化してるよ?
もっと前に言ってくれればよかったのに。

このバッテリーの注文時には、ちょっと腑に落ちないことがあった。
携帯電話自体がかなり前のモデルというので、
バッテリーも既に廃盤になっているかと思いきや、
きちんと検索で出てきたので安心した…のも束の間、
Amazonの正規品として出てきたのが「9900円」という超高額のもの。

そして、その下にあるマーケットプレイスのところには、
「1300円」のものが出ている。
ざっと見た限り、ガラケーのバッテリーは1000円前後が相場。
え、9900円って何?ありえないだろ。

とりあえず、1300円の方を注文して買い、
届いたものを確認すると、見たところでは間違いなさそうな正規品。
父のところへ行って交換をし、少し充電をしてみても問題はなさそう。
そこでようやく安心できたのだけれど、なんか…スッキリしない。
なんだったの、あの9900円の製品…。

iPhoneもバッテリー交換が自分で簡単にできればいいのにな。
もうわたしの6S、限界に近付いている気がするし。

そんなこんなで夜。
最近、こどもたちがお風呂に100均で買ってきた入浴剤を入れたがるのだけれど、
わたしはあの匂いが苦手だ。
バブとかバスクリンといった、大衆的なものはあまり気にならないものの、
ちょっと変わった匂いのものは芳香剤に漬かっているようでいい気がしない。

ということで、わたしが一番最初に何も入れないお風呂に入り、
その後にこどもたちが好きに入浴剤を入れて楽しんでいるのだけれども、
あの匂いはお風呂だけにはとどまらない。
子供向けの入浴剤(球体)の中には小さい人形が入っていて、
そいつがまたとんでもない香りを放ちまくる。

もう、あの人形自体が芳香剤になり得るのではないかと思えるくらいに。
こどもたちはその匂いすらも楽しんでいるようなのだけれども、
できるだけわたしの近くには置かないでほしい…。





m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月04日

大公園。

朝6時に息子のめざましコラショが鳴り響いた。
(ちゃれんじ一年生の付録であるアラーム時計)

この時計はやたらと騒々しいので、←わたし的に
「でんちをいれかえてください」表示が出てから、電池交換はしていない。
さらにアラームも全部切っていたので油断していたのだけれども、
昨夜、息子か娘が設定を変えたようで、早朝6時に鳴り響くことになったようだ。

あと残り少ない長期休暇なんだから、できるだけ長く寝かせてくれ…。
ついでにこどもたちは一度目が覚めるとさっさか起きて行く仕様。
彼らにはオンかオフしかないらしい。

こどもたちの昼ごはん。
0104-01
お正月仕様ピカチュウラーメン。
赤いのがバター醤油味で、黄色いのがコンソメ味。
わたしが子供のころは「バター醤油味」とか「味噌バター味」の
ラーメンが流行り絶頂だったものだけれども、
最近あんまり見ないよなー。
背脂とかよりもバターが乗ってるラーメンがたまにたべたくなる。

午後、天気もよく温かかったので、
母とこどもたちと足を延ばして大きめの公園へ。
さらっと遊んでさらっと帰ろうと思っていたのだけれども、
こどもたちがテンション高く遊び続けるため全く帰れず。
0104-02
ふたりで長い滑り台。
大抵、ふたりで行動しているので、探すのも簡単。
…してみると、この公園に来るたびに、
迷子にさせてはならぬと、延々と母とふたりで目を光らせていたものだけれど、
今日はちょっと姿が見えなくても心配もない。
成長したものだー。楽になったものだー。

息子は高いところから跳びまくり、
0104-03

娘はいろんなところで飛び跳ねる。
0104-04a
楽しそうでなにより。

シーソーではそこに居合わせた他の兄妹と遊ぶ。
二人ずつ乗ると、ちょうど体重が釣り合ってしまったため、
そこからエンドレスでシーソー遊び…。

埋まってる方々。
体の半分が砂の下。
0104-06
…これ、もともとこういうデザインなのかしら…?

水辺でも遊ぶ。
0104-05
このそばにあった公園の遊具に息子がはまってしまい、
近くにいた同じくらいの男の子たちと延々と遊び始めた。
そして、身長が足りず、それに加われない娘はひとりぶすくれる展開となる。

広場でサッカー。
0104-07
顔面でボールを受けるスタイル。

なかなかボールを蹴るのも上手になってきた。
0104-080104-09
さて、もうそろそろ夕方になるし、帰ろうか。
…というところで、こどもたちが「何かたべて帰ろう」と言い出す。
えー、昨日サイゼリヤ行ったじゃーん。
今日は家でうどんでもたべようよー。

とかなんとか言いつつ、結局楽な方へ流されるわたしたちはバーミヤンへ。
0104-10
きのこ生姜あんかけラーメンおいしい。
赤い餃子もおいしい。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月03日

甘味。

特に正月らしい文化的なことは何もしていないというのに、
きっちり年末年始にたべなくって肥えていくという、
そういうところだけはきっちり正月感を満喫中。

それは娘も。
わたしの頭が普段以上にゆるゆるになっていたので、
「まあ、お正月だからいいよいいよ」と、
なんでもかんでもおやつをたべるのを許していたところ、
気づけば常に何かをたべているようなありさまに。

すあまが気に入ったらしい。
0103-01
父が買ってきたものの、娘以外の誰もたべず。
結局、一袋全部をひとりであっという間にたべきってしまった。
まあ…上新粉だからいいか。←穀物ならばセーフ理論。

ところで、うちの台所の扉はモザイクガラスになっていて、
0103-080103-07
こんなことになる。面白いな。
ちなみに右のは娘が変顔中。

午前中の早い時間は箱根駅伝の往路を見て、
それから昼間は父と合流して食事+買い物。
今日はサイゼ。
0103-06
わたしはディアボラ鶏にはまり中。
皮目がぱりぱりですごくすき。

こういうファミレス系のところにくると、
決まって父は自分がたべないものをじゃんじゃん注文してしまう。
「各々、好きななものを注文するから」と言うのだけれども、
「いいんだいいんだ」と。
もちろん、それらを父が箸をつけることはなく、
好む好まざるを問わず、母とわたしがたべなければならなくなる。

きっとわたしたちがたべなければいいのだろうけれども、
文句を言いながらも、もったいない精神でたべてしまい、
最近では、この父の注文を踏まえて自分のメニューを考えるくせがついてしまった。
なんだかな。

食後、軽く買い物。
0103-02
100均で息子が見つけたたこ焼き屋さんセット。かわいい。
娘がUFOキャッチャーでポケモンボール型の財布をゲットした。すご。

少し休憩。
0103-05
クリームソーダに入っているソフトクリームの量がすごい。
全部をたべきった息子が寒さに震えながら、
「温かいラーメンたべたい…」と言うほどに。

帰宅途中、ケーキ屋さんで新年スイーツチェック。
0103-03
迎春クラシックショコラとトラつきプリンアラモード。かわいい。

夜、みかんをたべすぎた。
0103-04
お正月のテレビを見ながら。
今年のみかんはハズレがなくてどんどんたべてしまうわ。



m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月02日

往路。

さて、今日は新年のルーティンともいえる箱根駅伝から。
わたしが起きた時間にはもう出発していた。

家のテレビはこどもたちがゲームで占拠していたため、
ポータブルテレビで見る。
0102-1
ポテトチップスをたべながら。

それにしても沿道がすごい人出。コロナ以前に戻った感。
もしもこれでクラスターなんて…とか思ったものの、
今のところ満員電車や遊園地が危険だというような話も聞かないので、
別にそこまで危ぶむことはないのかしら…。
けど、大声で応援している人を見るとやはりモヤっとはする。

そして駅伝。
正直、他の駅伝は全く知らないのだけれども、
この箱根だけはなぜか別格で、毎年楽しみにしている。
コースが仕事で毎日通っていた道だということもある。
そこをたくさんの人の思いを背負った若くて強くて速い子が走り抜けていく。

高みを目指している人にしか見えない光景というのは確実にあって、
それを余すことなく見せてくれる機会。
なんて贅沢なレースなのだろう。

彼らが20キロほどを走る間に、完全に感情移入をし、
もはや全員が親戚の子みたいな感慨すら抱いてしまうほどに。
みんな、怪我無く走るのよ…!
しっかし早いなー。びっくりするくらいに。

ネット記事でもとりあげられていた、
初出場である駿河台大学の師弟タスキリレーもよかった。
そこを車で監督が通り過ぎていく際にマイクで言った、
「二年間ありがとう。
 俺に謝ってきたら ぶっ飛ばすから!」でさらによかった。

まさか新年早々「ぶっ飛ばす」でここまで心を打たれるなんて
誰が予想していたことか。

父がクリスマス前にもらってきたものの、
そのままになっていたシュトーレンをたべる。
0102-2
なにこれ、すごくおいしい。
今までたべてきたシュトーレンの中で圧倒的一位。
なんだろ、時間が経っているのがよかったのだろうか。

突如始まった兄妹のコンサート。
0102-3
兄が鍵盤を弾き、妹は箱(そして頭)を叩きまくる。
ちなみに小学校の宿題で、
鍵盤ハーモニカの「ぶんぶんぶん」「かえるの合唱」が
課題として出されている。

鍵盤の指運びは全然問題がないのだけれど、
タンギングがまだ甘いので、
大抵頭の部分がふわっとした音になってしまう。

しかし、1年生の時点ではこんな態であるのに、
6年生にもなれば「パイレーツオブカリビアン」だの、
「コンフィデンスマンjp」だの高難度の合奏をやっちゃうんだもんな…。
こどもってすごいわ。



m-82_45617 at 00:00|Permalink

2022年01月01日

2022。

新年。ついに新年。
まずはお雑煮でスタート。
0101-1
ディズニー餅。
わたしは嚥下力が低いので、このくらい小さい餅の方がいい。
いつものクセで、普段使いの深皿に盛ってしまった。
見た目が華やかになったからいいか。

おせち料理は本当にこじんまりと準備。
正直、あまり食指が動くものではないものの、
なければないで寂しいもので。

今年は父も一緒のお正月。
いつもはお正月も仕事をしている(らしい)父だけれど、
寄る年波にはかなわぬと、お休みすることにしたらしい。

父は昔、料亭で料理人をしていたことがあり、
昔取った杵柄よろしく、こういうところで腕を振るいまくる。
そしてたべきれないほどの量の煮物だのすき焼きができあがる。
一体、何人分なのさ、大鍋いっぱいとか。

昼ごはんはすき焼き。
牛肉はいいものを使いたいという話ではあったものの、
大人たちは脂物をたべるともたれる胃弱モードのため、
普段使い的な切り落としのお肉を用意。これで非常によかった。

昼、こどもたちと母が公園へ遊びに出かけたので、
わたしはこたつに入ってぬくぬく過ごさせていただく。
公園には誰もいなかったらしい。
そりゃみんなこんな寒い中外に出たくないよ…。

その後、わたしと娘でマクドナルドへ。
当選通知がきていた福袋をとりにいくため。
当初はささっと福袋だけ買って帰る予定だったのだけれども、
娘「チキンナゲットたべたーい」
いいよー。

席についてスマホで注文できるの本当便利…。
0101-20101-4
ハッピーセットと100円のアイスコーヒー。
おまけは小さい人生ゲーム。
イベントは給料日のみという寂寥仕様…。
そしておこさま椅子かわいい。

ゆったりと娘とデートを楽しんでいたところで、
母から電話があり、父がそろそろ事務所に戻るのですぐに帰るようにと。

そして帰ったはいいものの、そこから家を出発するまで1時間半。
…昨日のデジャブじゃないの、これ。いいけどさ。

帰りの車の中、信号待ちで見た富士山。
0101-5
今年もきれい。

夜、母とこどもたちは7時半に早々に寝てしまった。
なんだかんだでお疲れのようだ。
わたしはさほど疲れていないと思っていたのだけれども、
やはり10時過ぎには睡魔が。

きっと今年もあっという間に過ぎ去っていくのだろうな。
とりあえず楽しいことが多い一年になりますように。



m-82_45617 at 00:00|Permalink

2021年12月31日

おおみそか。

2021年は今日で終わり、
明日から2022年になるんですって。

しかし、我が家は未だに新年を迎える準備ができていなかったため、
午前中にわたしひとりでスーパーに買い出しに出ることとなった。
きっと同じような家も多いだろうし、
さぞかしスーパーの駐車場は混みあうことだろうと
覚悟して向かったところ、意外に空いていて拍子抜け。

買い物メモを見ながら、牛肉だのおせちの小さいセットだのを選ぶ。
イベントごとでもあるし、さほど値段を気にせずにぽんぽんカゴに入れていたのだけれど、
レジの時に普段の買い物の3倍近くの金額が出てきたのは少し動揺した。

そして駐車場に出ると、満車状態になっていたのでびっくり。
どうやら、偶然空いているタイミングで滑り込めたようだ。よかった。

その後、父と合流すべく出かける。
1231-1
とんちきなコーディネイトの人がひとり。
サングラス、マスク、軍手、そしてやたらと重いリュックサック。
「普通」なのはつまらないから、かわいいことをしたいのだと本人の弁。
ええ…そういうのって、思春期も後半になってから言い出すもんじゃないの。

そして父と合流してさっさと昼ごはんをたべに行こうーとなっていたのだけれど、
父の準備がまったくできておらず、結局1時間近く待たされることとなった。
ええ…その時間に来いって言ったじゃんか…。

それでいて「みんなで急かすものだから、忘れ物をした」とか言うし。
1時間待たされた後に、急かされたと言われるとか理不尽極まりないわ…。

いつも行く和食レストランへ行ったところ、
待機が5組もいるということで早々にあきらめ。
しょうがないからバーミヤンにでも行くかと向かったところ、
こちらは団体(?)のお客さんがどっと抜けたところで、
待機もなくゆったりとたべることができた。よかった。

娘と半分こにするバーミヤンラーメンと、その他いろいろ。
1231-21231-3
こちら、醤油ラーメンの中で一番好きかも。
THE無難みたいなのがいいんだ…。
もう背脂とかコクとかいらないんだ…。

その後、午前中に買いきれなかったものを揃えるためにスーパーへ。
こどもたちはおもちゃやおまけつき雑誌を買ってもらったり。
1231-4
娘の。
女の子雑誌のおまけはキラキラお姫様の使うような色ペンセットだった。

息子の少年雑誌では件の「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」の最新情報があり、
それをわたしも熟読してしまう。
主人公の姿や乗り物(バイク)、武器なんかはすごくかっこいいんだけど、
メンバーがどうなん…?ピンク細長すぎだろ…。
とりあえず、中の人が発表されるのは楽しみに待つけど。

父がお客様からいただいたという最中。
1231-5
空也のもなか。
あの銀座の一等地にお店があって、予約必須の幻もなか…!
小さめサイズで、もなかがしっかりしていておいしい。
これを昔の文豪たちもたべていたというのか。感慨深い。

夜。おそばやお刺身をたべた後、
お風呂に入ったりなんだり、こどもたちの支度をした後、
そのまま紅白を見る流れになる。
今年はガキ使もないし、なんか物足りないなあ…なんて思っていたけれど、
前半の最後あたりから、それなりに紅白を楽しんだ。

まふまふ…。いろいろ度肝を抜かれる。
櫻坂、乃木坂…え?日向坂…?
マツケンサンバ。きらびやか。
ドラクエ序曲。名曲。
三山ひろし。歌よりけんだま。
パフュームとバンプオブチキン、なんで年とらないの。
藤井風。もはや伝説。

年越しはいつものごとくジャニーズカウントダウン。
もはやよく知らない世代になってきているけれども、
それでも素敵な若い子たちを見るだけでも楽しくなるよね…。
もう、その時点で老い感がすごいな、わたし。

それにしても。
行く年来る年の中継先の神社や東京ドームも、
かなりぎっしり密状態で人が集まっていることにびっくり。
(東京ドームでは歓声なしで徹底されているようだったけど)
このままコロナ前の環境に戻りゆくのだろうか…。



m-82_45617 at 00:00|Permalink

2021年12月30日

みそか。

掃除をしている時に出てきた音読ドリル。
ちょっとやってみようかと息子にいくつかさせてみたところ、
「はなさかじいさん」が出てきた。

「あ、これ、国語の教科書にも載ってるよ」と息子が見せてくれた。
そうそう、ワンちゃんがね。シロが「ここ掘れわんわん」って…。
あれ?
シロ?

確か、あれはポチじゃなかった?
ほら、童謡でもあるじゃない。
「うらのはたけで ポチがなく〜」っていうアレ。

…と調べてみたところ、
オリジナルの物語で出てくるワンちゃんの名前は「シロ」だったものの、
童謡の歌詞を作った時期に、犬の名前で「ポチ」が流行っていたため、
それを採用したのだとか。え、そういうのってありなの。

さて、今年も残ることあと二日。
1230-1
将棋をうつ二人。
並べ方は完璧なのだけれども、駒の進め方はオリジナル。

おやつの蜜豆。
1230-2
こちらも掃除をしていた時に出てきたもの。
賞味期限が切れていたけれども、問題なくおいしかった。

今日はその他になにをしたかと思い返したものの、
全く思い浮かばないから困る。
とりあえず一時間くらい昼寝はした。

今年一年なんだかそんな感じで過ごした気がするー。
思い返そうにも記憶がすべてうっすら。
では、それが無為で詮無い日々であったかといえば、そうでもなく。

色々思うこともあったけれども、
それがすべて消化できて、ともすれば無かったことになって、
長々と悩むようなことが殆どなかった一年であったこと。
何もなかった、と思えること自体がよかったのかとも思う。

今年、残り一日。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2021年12月29日

YOKOHAMA。

今日は都会に出て友人と会う約束をしている。
こどもたちは母に任せる。ありがたい。

バスに乗ったところで、ハンカチを持ってくるのを忘れたことに気づく。
さすがに手を洗った後にティッシュで拭くのもなんだかな…と、
少し時間があったので、駅にある雑貨屋さんでハンドタオルを買うことにした。

普段は、家にある適当な柄の適当なハンドタオルを使っているのだけれど、
この際だから思いっきりデザインがかわいいものを選んでやると、
ジルスチュアートのを買った。ピンクの。

普段は黒だの茶色のものしか入っていない鞄の中に、
突如華やいだ空気を出してくれるので、なかなか良い。
自分の気持ちが上がるようなものをこれからも増やしていければいいな。
そうだな、来年はネイルも復活させてみようかな。

そんなことを思いながら、
試供品のよさげな美容液を手の甲に縫ってみたりしていたところ、
すべすべを通り越して、テッカテカに仕上がってしまった。
あれ、顔に塗ったらすごいことになるんじゃないの…?

そして友人と落ち合う。
一年弱ぶりの再会。お変わりなく―。
早速ランチ。
1229-1
タイ料理屋さんで。
前菜セットとガパオライスとトムヤムヌードルセット。
なかなかこのところはたべることができなかったので嬉しい。
オシャレでいいねえ…。

その後、本や文房具、眼鏡などをチェックしたあと、
みなとみらい方面へ。
…進化がとまらないな、この界隈。

わたしがこのあたりで仕事をしていた時は、
バブルの時期に開発が目されていたもののそれが弾け、
広大な空き地が広がりまくるエリアであったというのに、
今では高層ビルやマンションがにょきにょきと作り出されている。

日産社屋のを通り抜けられることだとか、
見学スぺースがあるということも初めて知った。
1229-2
見学スペースは今日お休みだったけれども、
吹き抜け部分から中を少し覗くことができた。
あれが近未来の車か…。
ぬるっとしてるな…。どうやって扉が開くんだろ。

そして、わたしがかねてより行きたいと思っていた、マークイズへ。
1229-31229-4

このあたり。
横浜美術館は休館中らしい。
調べてみたら、今年の3月から23年までお休みなのだとか。長。

マークイズ、おしゃれショップがたくさん入っていてとてもよかった。
素敵な家具屋さんだとか、チョコレートショップ、雑貨屋さん。
あー、こういうとこ近くにあったらいいのにー。
普段はなかなか買えないけれど、特別な時に特別なものを買うことができる、
そんなお店揃いでとてもよかった。(ユニクロは広かった)

しかし、おさるのジョージショップ…。
クッキーが一枚500円弱、小さな棒付きキャンディが300円弱というのは
ちょっと驚きを隠せなかったわ…。
確かにクッキーは大きくて存在感もあるものだったけれど、
スタバのクッキーの倍以上というのはさすがに。

その後、少しお茶。
1229-5
とりとめもない世間話。
何も考えずに、おしゃべりとお菓子に集中。
おススメしてもらった「僕の姉ちゃん」今度見るよ。

あと、教えてもらった出雲のスタバ限定のマグカップも調べた。
めのう
めのう柄。
このマグカップもだけれど、スタバのお店自体も素敵なのねー。
いつか行ってみたい、出雲。
サンライズ出雲に乗って。

歩いている途中にこんなのも。
1229-6
唐突な謎の京急スペース。

あと、日本のサグラダファミリアとも称された、
常に工事中であった横浜駅前も完成形(なのかな)となっていた。
いいなあ、いろいろお店が入ってて…。
それでいて、全く佇まいが変わってないジョイナスを見て安堵したり。

ここでグラニフのお店を見たところ、
さきほどマークイズのお店で見て一目ぼれしていたコートが、
半額になっていたので、即買いした。
後々、通販サイトでもチェックしてみたら、売り切れになっている商品。
迷わずに買ってよかった…。
もう、これでグラニフのコート三着目くらいになったけど、いいの…。

あと、お店の前でルーズソックスを履いている若い女の子を見かけた。
こないだ、テレビで再流行しているという話題は見たものの、
地元では実際にそれを履いている子を一切見たことがなかったので、
本当に履いている子を見て驚いた。

実際に見てみると、あれ温かそうでいいな。
確かにルーズソックスを履いていたあの頃、
スカート丈短めであっても寒かった記憶はない。

そして帰途に就く。
楽しかったなー。
なんか、大袈裟ではあるけれど自分を取り戻せた感がある。

ところで。
家に帰ってから見たネット記事。
JRの貨物列車トランク風の駅弁が出たんですってよ。
1229-7 1229-8
今まで新幹線やブラックシンカリオン弁当にもときめいたけれど、
これはまた別角度からのときめきをもたらせてくれるな…。
しかもお弁当自体もおいしそうだし。いいな。






m-82_45617 at 00:00|Permalink

2021年12月28日

歯とプール。

こどもたちの歯科検診のお知らせハガキが来たので、
歯医者へ行ってきた。
コロナ禍以降、閉鎖されていたキッズスペースも復活していて、
兄妹ふたりで遊び始めたのだけれども、すぐに呼び出しがかかった。

いつも通りにそれぞれ隣り合わせのブースの中にある診察台に座り、
歯科衛生士さんによる歯磨きから。
こどもたちはこの後に塗布されるフッ素の味をリクエスト。
メロン味がいいだの、チョコレート味がいいだの言っていたものの、
「りんご味とぶどう味」の二択だったため、今回もぶどう味をチョイスとなった。

先生がやってきて、ふたりの口の中をチェック。
虫歯はなし。よかった。
息子の永久歯の生え方が明らかに斜めで気になっていたものの、
今は顎の成長とともに様子見で。

そしてガチャガチャで出した、
動物の形をした消しゴムやスーパーボールをもらって帰宅。

家に帰った後、わたしひとりで買い物へ。
年末準備も兼ねているため、なかなかの大荷物になる。
大根とかごぼうとかものすごくかさばる。

その間、母がこどもたちを公園へ連れて行ってくれた。
公園にいた小4,5年の男の子たちと一緒にバレーをしたり、
ドッジボール的な遊びをして盛り上がってしまい、
1時間半近くも遊び続けたとのこと。

母も遊びに参加して、すごく楽しかったと言う。
え、参加したの?すごいな。

昼ごはんはピザ。
餃子の皮サイズのピザ生地が売られていたので、それを使う。
1228-2
好きにトッピングをしたあと、チーズをのせて焼く。
ちょっとしっとりした生地であったものの、結構おいしい。

夕方は今年最後のプール。
今日もプールサイドでの写真撮影が可能だったので、
しっかり撮ることができるデジカメを持って参戦した。
1228-41228-3
ふたりともパワフルに動いている。
そして、娘の飛び込み方が独特で笑う。

先生たちのはからいで、今日も兄妹一緒の写真を撮ることもできた。
いい思い出になりそうだ。

さて、写真撮影タイムが終わったので戻ろうとすると、
娘がこんな感じで浮いていた。
1228-5
満面の笑顔で。

どこかでこういうの見たことあるな、と思ったら、これだわ。
1228-6
直立で浮くあざらし。全体のフォルムが同じじゃないか…。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2021年12月27日

思考。

ネットの何かの記事で、
「文章化しなかった思考は消えていく」というのを見た。
それなー。
別に大したことを考えて生きているわけではないので、
消えても一向に構わないことだらけなのだけれども、
ただ、何も残さずに通り抜けてしまうだけというのはせつない。

最近のわたしはどうだろう。
考えることを放棄し続けている日々だ。
とにかく感情が動くことが億劫ですらある。

来年の目標は感受性を少しでも高められるように。
人の機微に触れることを億劫に思わぬように。
とか言っても、今できないことが、
来年になったらできるようになるわけでもないし。

端的にいえばこのままの生活をしていたら、
多分すぐにボケてしまうので、少しでも脳を動かせということだ。

おやつのショートケーキ大福。
1227-1
うーん、スポンジ生地が中に入っていれば、
もっとケーキ感が出たような…。
これは、いちご味クリームが入った餅だ。

息子、ちゃれんじタブレットで学習中。
1227-2
…全然勉強しているようには見えないけどな。
横で娘もぴったりとくっついて見続けているため、
なんとなく娘の勉強にもなっている気がする。

あとswitch。
息子は大分ゲーム操作に慣れてきたものの、
わたしから見ると、やはりまだ荒い。

マリオは二人プレイで一緒のステージで遊ぶこともできるのだけれど、
息子とわたしでは協力をしてクリアを目指すということが未だできず、
「ちょっと!なんでそれやっちゃうの!!」
「おかーさんが悪いんじゃん!!」
…みたいな、不毛な喧嘩がたびたび勃発することになる。

ゲーム初心者の7歳にガチ切れするわたしもわたしだけど。
というか、悪いのはわたしか。大人げなさすぎか。

夜たべたポテチチップス。
1228-1
ノンフライでカロリーも少な目。
韓国本場のキムチ味。
まあ、激辛なんて書いてあるけれども、ほどほどなんでしょ。
…と、完全に甘くみてたべてみたところ、卒倒しそうになった。
やばい辛い。
韓国本場のキムチでこんな辛いのたべたことないよというくらいに辛い。

2枚ほどたべて今日のところはギブ。
これは相当の心の準備がなければたべきれないぞ…。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2021年12月26日

眠い年末。

最近、うっすらとした頭痛があり、
毎朝鎮痛剤を飲んでいる気がする。
こどもたちが冬休みに入って気が緩んだとかそういうことだろうか。

午前中、息子のちゃれんじタブレットの色々な設定をした。
今まで紙媒体でしていた毎日の学習をタブレットでもできるというもの。
英語の勉強もできたりするので、なかなか便利ではある。
あと、なにより採点を自動的にしてくれて、
学習終了の際、わたしのところにメールで結果を教えてくれるのはすごい。

あと、ひらがなをていねいにきれいに書かないと、
画面で正しく反応してくれないので、
そういった意味で、きちんと書く習慣も身に着くのではないかと。

わたしは旧世代の人間であるので、
勉強は紙に書いてナンボであって、タブレットでの学習なんて、
なかなか頭に入らないんじゃないの、なんて思っているものの、
これからの子たちにとってはそれが当たり前になっていくのかもしれない。

昨日、スーパ―で半額で買ったスポンジケーキを使ってショートケーキ。
1226-2 1226-1
上にデコレーションしたいちごは娘によって全部むしられた。
なんだかここのところ毎日ケーキをたべている気がするぞ…。

午後、こどもたちは母と縄跳びをしに出かける。
わたしはその間にこたつで少し横になっただけだったのに、
次に目を覚ましたら夕方になっていた。
…一日を無為に過ごした感が半端ない。

夜、テレビで男子フィギュアの中継を見る。
羽生くんの別次元過ぎる演技。
既に最上の位置にいるというのに、さらにその上へ行こうとするメンタル…。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2021年12月25日

プレゼント。

昨晩。
息子はクリスマスのサンタさんが来てくれるのが楽しみすぎて、
延々と寝付けず、ようやく寝たかと思いきや、
11時頃に目を覚ましてしまって再び寝付けなかった。
そんな態であったので、朝はさぞかし遅くに起きてくるんだろうと思いきや、
まだ真っ暗な4時半に「サンタさん来たあああ!!」のという息子の声。
まじかよ。

早速プレゼントをリビングへ持っていき、
勢い余って妹の分まで開封するという暴挙に出たものの、
トッキュウジャーの変身グッズにとても喜んでいた。
1225-02
最近はメルカリさんというサンタさんの強い味方がいてだね…。

ちなみに娘といえば、普段通りに8時半に寝て、
6時半になると起きるというルーティン通り。

娘にはすみッコのアイロンビーズ。
1225-01
さっそく「とんかつ」を作成中。
これ…結構根気が必要なのね。

…と、午前中はサンタさんからのプレゼントで遊んでいたこどもたち。
しかし、お昼前に弟(こどもたちからすると伯父)から、
Amazonの箱に入った小包が届いた。

中身はなんとこれー!
1225-03
任天堂switchじゃん!!そしてマリオ二作。
もちろん、遊ぶ。わたしも。
息子とはマリカーのロケットダッシュ(スタート時)がらみで、
大喧嘩をしたりもしたものの、やっぱりゲーム楽しいー。

それにしても、最近のマリオってすごいのね…。
あまりにも進化しすぎててびっくりだ。なにこれやば…。

すっかりゲーム漬けになってしまったので、
夕方前に少し体を動かしに行く。
1225-05 1225-04
もう菜の花も咲いてるー。
あとはキャッチボールをしたりバドミントンをしたり。

池面に空がきれいに映りこんでいたので面白い写真を撮ったり。
オリジナル。
1225-08

この写真をさかさまにする。
1225-09
非現実感が出て面白い。

もうひとつ。
1225-06

1225-07
さかさまにして、少し角度を変えてみた。

帰り、信号待ちのところで前の車が気になった。
「MEGANE」と書かれているかっこいい車。…メガネ?
エンブレムはルノー。
あの車の正体は…?と調べてみたら、
「メガーヌ」という車であることが分かった。なるほど。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2021年12月24日

チキンでイブ。

昨日、買ったものの放置していたキンカンを煮た。
下ゆでして、少し放置して甘く煮る方法を採用。
1224-1
こういうのって、煮ている間の匂いが幸せなのよね。
ちなみにこのキンカン煮で一番めんどくさかったのは、
最初にフォークで穴をあける行程。

午前中、母が衝動買いしたという椅子が届いた。
えー、椅子なんて別に買わなくていいのに。
そんな風に思っていたものの、届いたのを見たらあらかわいい。
木製なのに、軽くて扱いやすいのもよし。
そして、少し座面が高めでこどもが座るのにもよし。
…いい買い物したじゃないの。←上から。

メールをチェックすると、マクドナルドから報せが。
こないだなんとなく応募した福袋の当選結果が出たという。
どれどれ。チェックしてみたところ、
1224-2
当たってたーー!!
保冷バッグにポテトライト、ポーチ、カップ。
そして3130円分の無料商品券が全部入って3000円の福袋ー。
去年は外れてしまったのでこれはうれしい。

さて、息子が今日で二学期終了。おつかれー。
宿題もあり、家の手伝いをするという課題もあるらしいのだけれど、
「おふろのじゅんび」「じゃぐちをあける」とのこと。
…いや、もっとやりがいのあるお手伝いあるだろうよ。

夕方前、スーパーへ買いものに出かける。
1224-3
その途中で公園で遊ぶ。
息子のうんていが上手くなっていた。

スーパーでは今日たべるチキンやお寿司、いちごなどを買う。
一年に一度だし、値段は見ずにどんどん買うのだ。
そして夕食はささやかにクリスマスパーティ。
チキンおいしい。



m-82_45617 at 00:00|Permalink

2021年12月23日

前イブ。

こども二人が家にいると、常に騒がしいものなのだけれども、
息子が学校へ行き、娘がひとりとなるととても静かだ。
何をしているのかと思ったら、梱包材でリボンを量産。
1223-01
…かわいいけど、どうするのさ、これ。

その後、ケーキを買いに行くがてら散歩+公園。
1223-021223-03
日差しがあると温かい。
太陽が雲に隠れると、あからさまに寒い。

最近見ていなかった空中逆上がりも健在だった。
1223-2a
連続で3回は余力で回れるようだ。
「おかーさんもできるからやってみて」とか軽く言ってくるので、
無理です、と答えると、
「やらないからできないんだよ!」と、
普段、わたしがよく口にしているセリフで返された。ぐぐぐ。
見ていると、さも簡単そうなんだけどねえ。

お菓子屋さんでクリスマスケーキの調達。
明日のイブは激烈に混雑するので今日のうちに。
本当はピースケーキをいくつか買う予定だったのだけれども、
大きめパーティケーキにも惹かれる…。
やっぱり、こういう時は見た目派手なものを買うべきよな。

ということで、ケーキ電車を買った。
箱が長い。
1223-06
計算外だったのは、この箱のままでは冷蔵庫に入らなかったことだ。
わたしとしたことが。

とりあえずクリスマス感のある写真を撮っておく。
1223-07
いいじゃん。

あと、散歩の途中にあった無人販売でゆずとキンカンを買った。
1223-04
そういえば、昨日の冬至ではゆず湯しなかったな。
今日やろう。

早速作った。
1223-05
ゆず化粧品、ゆず大根、ゆず茶。
あとはキンカンの甘煮までやろうと思ったけれども力尽きた。
明日やる。

ところで、ゆずの汁は目に入ると劇的に痛いことを知った。
ちょっと一滴飛んできただけだったのに、
「目がァ!!目がァアアアアァ!」とムスカ大佐になった。
ああ、びっくりした。

今日まで五時間授業の息子帰宅。
ひとりでいるとおとなしい娘。兄が帰って来た瞬間に「ヒャッハーー!」となり、
たちまち家の中は騒乱の中に。あああ。

夕方、スイミングスクール。
今日は年末特別仕様ということで、プールサイドまで保護者が入り、
写真撮影をすることが許された。
初めてプールエリアに入ってみたけれども、暑いー!
分厚いコートを着たまま入り込んだことを即座に後悔。

あと、今日は家を出る前にちょっとしたトラブルがあった。
息子がゴーグルがきついと言い出したので、
紐の長さを調節しようとしたら、ちぎれてしまったのだ。
仕方ないので、今日はレンタルのゴーグルをしてもらうことにしたのだけれど、
ここで大問題が勃発。

ゴーグルをすると誰が誰だかわからなくなる問題。
特に息子のクラスは背格好が同じくらいの男の子たちばかりだ。
今まで息子が使っていたゴーグルは黄色+水色というちょっと目立つ色合いだったので、
それを見て判別していたのだけれども、レンタルしたゴーグルは無難すぎる黒色。
同じようなのを使っている子も複数人。

ということで瞬時に判別がつかなくなってしまったので困った。
1223-11
もう誰が誰だか。(前にいる子が息子だと思ったら後ろだった)

問題の蹴伸び。
1223-09
なんかこう…しまりがないんだよな…。

娘はボールを使った遊び。
1223-10
そのあと、滑り台などで楽しく遊んでいた。
…と、突然鳴り響くホイッスルの音。
そこから避難訓練開始。今日はいろいろ盛りだくさんだ。

ところで。
今日で息子の学校は今年度の給食が終了。
1223-12
献立表を見ると、昨日は冬至メニュー。
今日はクリスマスメニュー。いいねえ。

今日のクリスマスデザートはクラスでひとつ余りが出たので、
クラス全員でじゃんけんによる争奪戦になったものの、
息子が全部勝ち抜いて、デザートをふたつたべることができたらしい。
それはまたすごいことだな。

夜のゆず湯。
1223-08
こどもたちがすかさず皮を剥こうとしていたのをとめる。
特に息子。
あなたアトピーがあるんだから大変なことになるわよ。
ゆず、めっちゃしみるからな。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2021年12月22日

どんぶらこ。

朝たべたパン。
1222-1
いちごとつぶあんのメロンパン。
もはやメロンパンの概念が不明。
しかし結構おいしいなーとたべつづけながら、
ふとカロリーを確認したところ、軽く500キロカロリー弱あった。
やばいな。

そして、新聞を読んでいるとどこからともなく現れる
「の」チェッカーの方。
1222-9
記事中に「の」という文字を見つけると逐一チェックしていくお仕事。

ところで。
毎年、今頃の時期になると発表される次回の特撮ヒーロー。
そろそろ来る頃かと思っていたら、今日発表となった。
1222-8
「暴太郎戦隊(あばたろうせんたい)ドンブラザーズ」
ドンモモタロウ(レッド)
生まれてすぐ桃の形のカプセルに乗せられて飛来。
サルブラザー(ブルー)
マッチョ。
イヌブラザー(ブラック)
ロボット?
キジブラザー(ピンク)
全長220センチ。多分男性。
オニシスター(イエロー)
鬼。
…ちょっとよくわからない。
今年度の「ゼンカイジャー」も戸惑いしかなかったけれども、
次のもちょっとこれはいろいろアレなやつだ。

日本色のあるヒーローが来そうだとは思っていたけれど、
そっち方向で来たか…。
そもそも「あばたろう戦隊」って何…?
前にいた「アバレンジャー」と同じ路線…?と思ったけど、
アバレンジャーは恐竜モチーフだしな。

ついでに、このモモタロウレッドは、
来年早々のゼンカイジャーにも登場してくるとのこと。
楽しみだな、それは。
あと、息子の反応は「えーーーーー!めっちゃやばい!」とのこと。
もはやなんでもかっこいいらしい。

今日から娘は冬休み。
午前中はこれを作ることにした。
1222-2
生地から作るヘクセンハウス。無印。
こちら、クッキーが入っていて組み立てるだけのものもあるけれど、
せっかくなのでクッキーから作る方をチョイス。

まあ、でもそんなに複雑そうにも見えないし、
ささっとこどもと一緒に楽しみながら作れるんでしょー、なんて思いながら
中身を確認してみたところ、
……へえ…。これはあれだな。大作業だな。

まず型紙を切り抜く作業からしてものすごく多いので大変。
小さいパーツもあるので幼稚園児に任せるのは難しい。

そしてクッキー生地を作る。
かなり固い生地なので、やはり幼稚園児の力では無理。
特にココアパウダー、抹茶入りの生地はかっちかちだ。
え、なにこれ、餅?くらいの固さ。

型をもとにクッキー生地を切り分ける。
ナイフを使うので幼稚園児には…略。
1222-3
必死になりすぎて、写真はこれしか撮っていない。

型抜きした生地を何回かに分けて焼く。
1222-4
全部焼けたー。
焼いているところで、卵黄を塗るのを忘れたことに気づいたけど、
見なかったことにする。

もうこの時点で疲れているけれども、これからが本番。
アイシングを作って組み立て。
粉砂糖に卵白を混ぜて固めのを作り、それを糊代わりにくっつけていく。

途中、くっつきが甘く、壁が倒れてしまって割れたりもしたものの、
そこは前から見えない部分だったのでよし。
1222-5
アイシングでくっつける。

できあがりー。
プレートにはこどもたちの名前を書いた。
クリスマスを盛り上げるのだ。
1222-6 1222-7
余った生地で顔とかツリーを多めに作ってみた。
結構存在感のあるものができ、とてもかわいい。
ちなみに、クッキーはかなりハード目ではあるもののきちんとおいしい。

思っていたよりも大変で、そして楽しくできた。
ただ、こどもと一緒に楽しみながら作ろうなんて、
そんな生やさしいものはないことは確実…。

夜、父の事務所にお歳暮がたくさん届いているというので、
それをもらいに車を走らせる。
こうして夜間に走るのは本当に久しぶりだ。

週に何度も病院と家を往復していた時期もあったけれど、
なんだかとても昔のことのようにすら思える。


m-82_45617 at 00:00|Permalink