2023年02月04日

土曜の過ごし方。

さて土曜日。
娘に6時に起こされて以来、二度寝できなかった無念。
一度起きちゃうと眠れないことがままある。

朝ごはんはホットケーキを作った。
0204-1 0204-2
…焼き色とか形はちょっとアレだな。
分量通りに作ると結構テクスチャが固めなのよね。

ちなみに日本のホットケーキミックスを使用。
韓国でも通販で結構お得に買えたー。
久しぶりにたべるとおいしい。
娘はバターを山ほど乗せ、さらに追いバターまでしていた。わんぱくすぎだろ。

そして9時半にはプールへ。
行ってみると、こどもプールではお子さんの水泳レッスンが。
あれ?わたしが見たのだと平日にしかスクールがなかったようだけど。
もしかしたら人数が多すぎたために、土日も開催されるようになったのかな。

とはいえスクールは先生がひとりで生徒が5人。
とてもこじんまりとした集まりでされていたので、
わたしと娘はその横あたりで泳いだり遊んだり。

あと、個人的にレッスンを受けている親子連れなんかの姿も。
ああいうのは自分で先生を呼んで契約しているのかしら。
…そういうのもありなの…?

で、娘はこどもプールや大人用プールを行ったり来たり。
わたしはその横に付き従う形。
娘は蹴伸びからのバタ足の練習中なのだけれども、
今日は子供用プールの長辺(10メートル弱)を
息継ぎなしで泳ぎ切ることができるようになった。
前までは全然できる兆しもなかったのに。

さらにやる気を出させるために、
「10往復、きちんと泳ぎ切れたら、
 お父さんにおもちゃを買ってもらえるよ」と伝えたところ、
それも難なくクリア。えええ。

…もしかしたら、前までできないフリをしてたんじゃないの…?
さらに今日からクロールも練習させてみた。
左手はきれいに水をかけるものの、右手はなぜか猫の手みたいになる。
まあ、これは焦らなくてもいいのかな。
なんだかんだですぐにできるようになってしまいそうな気がする。

で、あっという間に2時間経過。
シャワー+お風呂に入って帰宅。ジャグジーお風呂気持ちよかったー。

家に帰ってからごはん。
その後、ねるねるねるね。
0204-4
チュッパチャプスで混ぜるという新しいタイプ。
もちろん日本で買ってきた。

あとお絵かきとか塗り絵。
0204-3
5歳女子が書くにしてはボーイズみがある気がする。
マイクラの図。

幼稚園から持ってきた塗り絵もする。
0204-5
わたしと娘で一緒に塗る。
こういうつるっとした絵柄よりは鬼滅とかみたいに
塗りこめる感じのがいいな…。

夕方、近所の住む友人たちと、
マンション内のカフェテラスに集う。
ここすごいな。ゆったりしたソファと適切な空調…。

あらかじめ何時に集合、というようなものではなく、
「今から会うべー」みたいな感じで。
0204-6
友人が買ってきてくれたコーヒーを飲みながら。
このイメージキャラクターの方、
韓国の有名なサッカー選手、ソンフンミンさん。

しかしわたしたちは3人でなかなか正確な名前が出てこず。
「フンサンホン…?」
「アンチョルス…?」
「アンジョンファン…?」
「パクチソン…?」
「ソンスンホン…?」
「ホーチミン…」

友人の娘さんには「なんで知らないの!?」と呆れられた。

韓国の人の名前難しい…というか、
「ン」が三連続の名前は難易度が爆裂的にあがるんだわ…。
全員が同じ名前に見えてしまう現象。

そして、おいしいお店の情報を色々教えてもらい、
6時前に解散。
牡蠣のおいしい店とかカルグクス(韓国うどん)、
羊肉串のお店とかめちゃめちゃ行きたい。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年02月03日

現状維持。

朝早くにM氏が出勤していったので、
わたしが娘を幼稚園へ送る。

…と、通りすがりに小学校があるのだけれども、
生徒数が爆増し、とても既存の校舎ではおさまらないということで、
仮設(だと思う)校舎が建築される。
少子化が深刻な韓国だけれども、
ニュータウン的な場所には子連れ世帯が集まるんだな。
0203-1
もともと猫の額ほどの校庭であったのに、さらに狭く…!
とはいえ、この小学校では体育の授業は講堂か中庭。
運動会も去年の段階では行われていないし、
それらしい遊具や運動器具もひとつもおかれていない。

別に使わない校庭だったし、いいか。
…なんて思うけれども、やっぱり小学生は走り回ってなんぼではないのか…?

特に息子が今日本の小学校で毎日のように体育で走り回っていると
いうような話を聞いているので、残念感が結構ある。

朝ごはん、ラザニア。
0203-2
こないだ作ったものの余り。
あー、おなかいっぱいでもう何もしたくなくなるぞ…。

マンション併設のジムは金曜がお休みのため、今日は家で過ごす。
よし、たまには積読になってる本でも読むかーと思い立つものの、
最初の3ページくらいで頭が飽和状態となってしまった。

なんというか、登場人物たちの気持ちなんかに入り込めない。
昔はすぐに物語に没頭できたのに、まったく身が入らない…。
漫画ならば大丈夫なんだけどな。

心を落ち着けたいときはクッキーを焼くに限る。
0203-3
初心に帰ってプレーンなものを。
別に難しいことをするわけではないけれども、
なにかを順序通りに作るという行動をしたい。

そんなこんなですぐに夕方。一日って早いな。
娘は幼稚園でマニキュアを塗ってきてもらっていた。
0203-4
右手がピンク、左手が水色。
乾くとシールみたいに剥がれるタイプの。

そのままピアノへ行くと、
先生たちに「お姫様の手よ!かわいい!」と褒められたとのこと。
本当、褒めまくってくれるのよね、先生たち…。
ピアノもたくさん弾いてきたよ!と。
それはなにより。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年02月02日

スイエー。

わたしは昨日の夜から若干憂鬱だった。
今日の10時からスイミング講習があるから。

あー、どうしてそんなの申請しちゃったんだろ。
別にそこまで泳ぎたいわけでもないわけだし、
わざわざ習いに行かなくてもいいじゃん、面倒だし。

しかし、一回目からバックレるような度胸もないので、
9時半にはしおしおと着替えてプールへ向かっていた。
0202-1
水泳バッグ。かわいい。

韓国のプールのマナーとしては、
プールに入る前にはがっつり体を洗うということ。
見ると、シャンプーから体から何から何までしっかり洗ってから、
それから水着を着ている人の姿をよく見かける。

え、濡れたままで水着着るとか、ものすごく着にくくない…?と
思うものの、友人の話によると石鹸を体に少し残しておいて、
それの力を借りて着ていくのだそうだ。(その後流す)

で、わたしは講習の20分前にはプールにいて、
誰もいない子供用プールでもぐったり浮いたり。
その合間に9時台の講習の様子をチラ見する。
…どうやらクラスは初心者、初級、上級に分かれている。
しかし先生はひとり。怖そうなぽっちゃりおばちゃん。
めちゃめちゃでかい声で檄を飛ばしている。

そして、最後にはみんなで円陣を組み、
「パイティーン!」(ファイティング)と言いながら講習が終了していた。
なんだかちょっと独特だぞ…。

で、10時台の講習スタート。
思いのほか人がたくさんいる。20人弱?
水の中で膝を回したりなんだりする準備運動の後、
「水に顔をつけられるくらい」
「クロールくらいならなんとか」
「それ以上」の三つのコースに分けられる。

「それ以上」の人たちは足ヒレなんかも持って来ていて、
バタフライとかいろいろしていた。
韓国のプール、足ヒレつけている人やたら見る…。
…ていうか、もはや講習とかそういうレベルじゃなくないかしら。

そしておばちゃん先生はその三つを行ったり来たりで指導。大変。
わたしは「クロールくらいならなんとか」コースに入る。
一番人数が多いものの、一番実力差が大きいコース。

で、講習を受ける人たちの年齢層は大抵わたしと同じくらいか上くらい。
中には学生さんみたいな女の子、
あとガタイのいいK−POPアイドルみたいなお兄ちゃんがいた。
クロールもガシガシと力強く泳げているので、なんでここに…?と思ったものの、
背泳ぎになるとぶくぶく沈んでいた。なるほど。

プログラムはビート板バタ足で往復、背泳ぎで2回往復、クロールで2回往復、
そのあと背泳ぎで2回往復、というものだった。
背泳ぎは教わったことがなかったのだけれども、
言われた通りの手の形にすると水も顔にかからず、まっすぐ進める。おお。
しかしおばちゃん先生は厳しい。
「姿勢まっすぐ!!」「手の平外側!」「バタ足しなさい!!」と指導が入る。

けど、誰に対しても常に同じようなものの言い方なので、
大声で言われてもドキドキするようなこともなく。
むしろそのくらいの大声でないと水中だと聞こえない。

例の円陣を組んで「パイティーン!!」と全員で叫んで1時間の講習が終わると、
ほとんどの人たちがすぐにプールからあがった。
…ということはシャワー室+お風呂が激混みになる。
空いているときにゆっくり入りたいので、居残りすることに。
4,5人残っていたので、2レーンを使ってゆったりと練習。

で、わたしは昔からの悪いクセを思い出した。
25メートルクロールで、息継ぎがあまりうまくないわたしは、
どうしても途中で苦しくなってしまう。
そして苦しくなってくると、スピードが遅く感じるようになってきて、
プールの底の「あと5メートル」のラインが見えてくると、
そこで「もうだめだ」とあきらめてしまう。

昔からそうだ。そして今日も。
結局一度もクロールで25メートルを通して泳ぐことはできなかった。
(平泳ぎ、背泳ぎならばできる)
どうしてもあと5メートルのところで立ってしまう。
多分、これは意識的なものなんだろうけれど。

ただ、今は昔と違ってネットで泳ぎ方だとか息継ぎ法など、
あらかじめ調べることもできるし動画でも見ることができる。
ちょっといろいろ試してみて、
せめて25メートルくらいは軽く泳ぎきれるようになりたいと思う。

ということで、行く前は「やだーいきたくないよー」だったものの、
一旦行ってしまえばやる気になるので、何事もやってみるものだということ。

で、空いているお風呂場で洗ったあと、すぐに帰る。
朝はなにもたべていなかったので、ここぞとばかりにたべる。
そして、一気にだるくなる。
疲れた…。何もする気がしない…。
というかもはや目の焦点すら合わせられない。
2時間ほどハンモックに揺られながらぼんやり。

スイミングの後ってこんなに疲れるのな…。
こどもたち、スイミング後もあんなに走り回ってたのすごいわ。

おやつはシナボン。
0202-2
通販サイトクーパンで40%引きで買った。
見切り品なんだろうけれども、冷凍ものなのであまり気にしない。

シナボンをたべるときはコーヒーと決まっている。
0202-3
最近、ブラックコーヒーがおいしく感じるようになってきたぞ。
…自分で淹れるようになる日も近いか。

ちなみにシナボンはうきうきしながら周りからたべるものの、
大抵真ん中の一番味が濃くておいしいところまで行き着く頃には
おなかいっぱいになってしまっている。

今日、息子は授業参観があり、
お父さんについてと、自分の得意科目について発表をしたらしい。
まあ、発表とはいっても、挙手をしてる子だけが発表するんだろうな、
なんて思っていたけれども、全員がしたらしい。おお。
中には緊張しまくって、喋れなくなっちゃった子もいたとか。
…気持ちはわかるぞ。

そして夜。
明日、M氏が出張で帰りが遅くなるため、今日のうちに節分をしておく。
0202-4
日本で買ってきた節分グッズ。

鬼スタンバイ。
0202-5
えらそう。

少し鬼の概念を勘違いしている気がする。
0202-6
ゾンビの仲間なのかな。

まめまき。
0202-7
最近のはパッケージのまま投げられるようになっている。
豆をそのまま投げると後の掃除が大変…。

豆袋ではらちが明かないので袋で攻撃。
0202-8
反則じゃないの。

そして討伐。
0202-9
…この光景は毎日見ているような気がする。

ちなみにこの炒り豆は娘の好物でもあるので、
毎日のおやつとなる。健康的でよし。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年02月01日

ズンバー。

去年、息子が多文化センターでもらってきたさつまいも。
「育ててみなさい」と言われたようだったので、
とりあえず水に浸けておいたらこんな感じになっている。
0201-1
いい感じで育っている。
冬休み、わたしたちが日本に行っている間、
一度も水の補給がされずにカラカラになっていたけれども、
それでも芽は枯れることがなかった。強いな、さつまいも。

今日からマンション内のジムでのプログラムが始まる。
月水がズンバ、火木がスイミング。
最初から飛ばしすぎだと自分でも思っているのだけれども、
こうでもしないとおそらく一生やらないため。

で、早速今日はズンバ。
踊る前にウォーキング20分しておく。
有酸素運動の効率を少しでも高めておくのだ…。

先生は明るくて素敵な方。
というより、ズンバの先生ってみなさん同じ雰囲気をお持ちよな。
長い黒髪、痩せすぎず太すぎず、セクシーなコスチューム。
そして笑顔が大きい。あとジャンプが高い。すごく高い。

定員が17人と聞いていたのだけれども、
今日集まったのは8人。え、少ない。
年齢層はおそらくわたしと同じくらいの方々。
初心者の方が大半。
いや、わたしもズンバは数ヵ月週1でやったことがあるだけだけど。

マスクはとってもいいしつけていてもいいということなので、
わたしは最初からとることにした。
絶対に苦しくなることがわかっているため。
 
そして音楽が流れて開始。
エアロビもそうだけれども、まず先生のクセを掴むところから。
手足の動きだとか、指示の出し方とか。
特にズンバはエアロビのようにきっちりとした動きではなくて、
ラテン?的なゆるっとした動きが入ってくるので大変。

とりあえず今日は振りつけについていくことに必死。
そしてズンバおなじみの周りの人たちとのハイタッチみたいなのも入る。
…これ、いらなくね?
そんなこんなであっという間に時間が経ち、水筒は空になり、
汗拭きタオルはべしゃべしゃに。

深呼吸などのストレッチが終わったあとも、
「もう一曲いっとくー!?」みたいな感じでさらにひと踊り。
すごく動いた気がする…。
もっと振りつけが頭に入れば楽しくなりそうだ。

で、午後。
疲れた。とりあえず横になる。
そして見るのはTwitter。

え、ローソンのロールケーキのクリームが47%増?
0201-3
こんな感じになるらしい。やばーー!
今の胃腸よわよわのわたしには立ち向かえないクリーム量よ…。

そして、突然見かけるようになった新しいSNS、Bondee。
自分の分身と部屋を作ることができるとかなんとか。
交流する気は端からないけれど、わたしも部屋を作ってみた。
0201-2
インテリアに選択肢はさほどないけど、ちょっと楽しい。

あと、Twitterを見ているとちょこちょこ入ってくる広告。
ここは韓国なので、自ずと韓国の広告が入る。
あんまり関係ないしーと、いつもは飛ばしていたのだけれども、
今日、これにくぎ付けになってしまった。

たまごって冷蔵庫に入りにくいですよね。
0201-4
※韓国ではたまごは30個入りが一般的。

ほら、こんなふうに落っこちちゃいますよね。
0201-5
→こんな入れ方している人いないだろ。

でも大丈夫。こんな風に一括収納!
0201-6
→たまご60個?!

こんなに振り回しても落ちません!
0201-8
おおおお。

こんなにスマートに収納ができちゃいます!
0201-7
なんと…!!
え、待って、ちょっとほしいかも。

ということで、まんまと広告にのせられそうになる図。
思わず詳細クリック。
0201-9
14900ウォンか…。(約1490円)
たまごトレイ…。ちょっとほしいな…。
ていうか、本当にたまご30個ケースは平置きすると邪魔なのよね。

3時、学校から帰ってきた息子とライン通話。
体育の時間、校庭で竜巻が起きて大騒ぎになったらしい。マジか。
よく「びっくり動画」みたいなので見るような、
運動会のテントが舞い上がるような規模のものではなかったらしいけれど、
実際にぐるぐると回っているところを見て、クラス全員で大興奮だったとか。

あと、明日は授業参観らしい。
母は仕事で行けないとのこと。それは全然いい。
けど、わたし行きたかったなー、授業参観。
国語の授業で、家族を紹介する作文を読むらしい。
息子は「お父さんのことを書いた」と言っていたけれども、
果たして明日、発表する機会はあるのだろうか…。

夕方、娘をピアノへ連れて行く。
帰りにピアノ教室のお便りをいただいたのだけれども、
そこには院長先生から娘の進度やレッスンの様子が書かれていた。

最初だからかと思うのだけれども、
これ以上にないほどに褒めていただいていて、
むしろ来月以降はもう褒め言葉残ってないんじゃないの?と思うほど。

とりあえず、楽しく通えているようなのでよかった。

夜。
冷蔵庫の中に残っていた溶けて原型をとどめていないダースチョコレートを
こんなことしたり。
0201-a

娘はなぜかタブレットでゲームをするときに、
耳当てをつけていて、
0201-b
「なんでこれ音が出ないの?」と訊いてきた。
それはヘッドフォンじゃないのだよ。残念。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月31日

あいつの気配。

昨日の朝、うっすらと鼻水が出た。
あれ?週末プールに行きすぎて風邪気味かな。
とりあえず葛根湯を飲む。

今日、うっすらと目がかゆい。
…ははーん、わかったぞ。
これはまぎれもなく花粉ーーー!ウワーーーン。

聞けば、日本は今年過去最多の花粉がとぶというし、
少ないとはいえ韓国だって杉はある。
ていうか、韓国どこもかしこも山だらけなんだから、
どこかからは絶対にとんでくる。

ああ…この季節が今年もきたのか。
鼻炎薬を飲むまでもないけれども、
まずはアレルギー用の目薬をさしておく。

韓国だと今日から屋内マスクもしなくていいみたいな話に
なっているようだけれども、わたしは当分マスクをつけ続ける。

そして今朝はM氏が朝からジムへ行ったので、
わたしが娘を幼稚園へ送る。
もちろんタダでは帰りたくないのでコンビニパトロール。
0131-1
アルフォート発見。
けど一箱2800ウォン。(約280円)
わたし知ってる。
実家の近所のドラッグストアでこれ一箱70円弱だった。
ていうか、このアルフォートのおいしさからすると、
日本の値段が安すぎるんだと思う。

今日買ったもの。
0131-2
娘の好物ホットクパン。
(白パンに黒蜜が挟まっている。たくさん入っていて安い)
ツナキムチのりまき。
オシャレな箱のミルクキャラメル。

このBEURREってメーカーの名前なのかな…?と思ったら、
フランス語で「バター」という意味なのだとか。
あとこれはアーモンドバターキャラメルと書かれているのだけれど、
味はおなじみのキャラメルそのものだった。アーモンド?
けど見た目がおしゃれなのは正義。かわいい。

あといちごジャムづくり後半戦。
2回に分けて2キロのいちごをジャムにしたものがこちら。
0131-3
…色が違う。
昨日作ったのは煮が浅かったので鮮やかな赤。
今日のはそれよりも煮詰めたので濃い赤。
煮る時間が少し違うだけでこんなに変わってしまう。
どちらもおいしいからいいけど。

毎年この時期に一年分のいちごジャムを作っていたけれども、
こうして冷凍いちごでもおいしく作れることが分かったので、
一気に作らなくてもよさそうだ。
…とはいえ、たくさん作るのが醍醐味なんだけど。

昼頃、ジムへ。
いつものように歩きメインで始めたのだけれども、
ゆっくりめの8.5キロで走ればそれなりに長く走れることが分かった。
9キロで走ると5分くらいで息がきれてくるのだけれども、
今日は8.5で連続20分走ることができた。
トータルで3.5キロの距離。(歩きも含む)

息はさほどきれないけれども、汗はすごい…。
今日はがんばった感があるわ。

あと、昨日から室内マスクが義務ではなくなったわけだけれども、
ジムにいる人たちはみんなマスク姿だった。だよね。
明日からズンバ始まるんだけど、やっぱりマスクだろうな。

夕方、娘の迎え。
ピアノへ送り、わたしは娘が幼稚園で作ったものなどを先に持ち帰る。
今日持ち帰ったのは水の入った紙コップ二つ。
0131-5 0131-4
中身はなんだかよく分からないスライムみたいなの。
ええ…どうすればいいのよ、これ。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月30日

カペ。

よくない癖が出てきている。
先週、胃が弱っていてあまりたべない日が続いていて、
復活してきた今、
「多少たくさんたべても大丈夫だろ」と考える癖。

先週、2,3日たべられない日が続いたからといって、
別に体重が5キロ減ったわけもなく(そもそも計ってない)
調子に乗って過食すればそれ以上に太るということは
今までの経験からよくわかっているはずなのになー。

そんな今日の朝昼兼ごはんは餃子。
0130-1
…餃子なんだよ、これ。
作ったものを冷凍してあって、
それをそのままフライパンにのっけて焼いたら
わけのわからない形になっちゃっただけなんだよ。
味は餃子。おいしい。

餃子は冷凍庫にストックしておくと幸せな気分になるので、
またつくっておこう。

M氏は今日午後3時過ぎ出勤ということで、
ジムに行ったり半身浴をしたりと忙しい。
週末までに5キロ落とさないといけないとか言ってるけど、
なんだかもういろいろ極端すぎて。

それだけストイックになれるんだったら、
日頃から体型管理に少しでも気を配ればいいのに。
まあ、わたしも人のことは言えないからここでしか言わないけど。

昼。友人からカフェにいこーとの誘い。もちろん乗る。
近所にいい感じのところがあるというので3人で向かう。
しかし…アレ?
このあたり、そんなおしゃれカフェある…?
ともすれば再開発区域みたいな廃墟感あるエリアよ…?

なんて言っていたら、その中にスッと存在したカフェ。
佇まいからなにからして洗練されすぎていて目に入らなかった…。
とりあえず透明感が半端ないカフェ。

メニューはお茶。
こだわりのアレンジ茶みたいなものを出している店らしい。
最初に出てきたお通しのようなルイボスティー。
0130-2
こちらも抽出からこだわりがあるのだとか。
ルイボスティーってティーバッグで飲むものではないのか…。

そして注文したものたち。
0130-3
発酵茶(種類はなんだったんだろ)
カモミールアップルティー、
そしてわたしは焙じ玄米ミルクティー的な。

まあ、アレだな。
家ではなかなか飲めない感じのおしゃれな飲み物だ。
途中で出していただけたドライフルーツ。
0130-4
キウイってドライフルーツにできるのか。

あとは和菓子やパウンドケーキなども出しているらしい。
ただ、ちょっとお高い…。

で、わたしたちは明るく日差しがよく入る居心地のいい空間で、
冬休みぶりの近況報告で延々と喋りまくる。
本当、時間が過ぎるのを忘れてしまうよな。

途中、韓国の小学校の息子の担任の先生からメールが。
「3年生、新学期から学校来ますよね?」
…確認が必要なくらいの存在感のなさ…みたいな。

というか、わたしも息子が韓国の小学校に通うのが
あまりプラスに考えられなくなってきてしまっているところもある。
日本の小学校になじみすぎているのか、
韓国の小学校にあまりにもなじめなさすぎているのか。

小さい子って学校に通いさえすれば、
すぐさま現地の言葉を覚えてきちゃうものかと錯覚していたんだな。

夕方に帰宅。
そして娘をピアノに送ったりなんだり。
今日、娘は「疲れてたからピアノはあまり弾かなかった」という。
先生も無理強いはしないらしい。
塗り絵をしたり、先生とお話をして楽しかったというのでそれはそれでいいか。

で、わたしは朝からこれの準備をしていた。
0130-0
冷凍いちご。
ジャムを作ろうとしたものの、生いちごは高い。
安いものを買おうにも市場は遠い。

で、通販で探したら冷凍いちごが結構いい感じの値段だったので、
それを使って作ってみることにした。

一日砂糖に漬けておいたので夜にはこんな感じ。
0130-5
でろでろ。
これを鍋に入れて、延々とアク取りをしながら煮続け、
途中でレモン汁なんかを入れたりしたりしてできあがり。
0130-6
冷凍いちご1キロ。
砂糖65%
これで380cc瓶がきっかり3瓶分。

よし、いちごはあともう1キロあるから、
これもすぐにジャムにしてしまおう。
瓶詰楽しいー。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月29日

入り浸り。

日曜日、息子からのビデオ通話もかかってこなかったので、
だらだらと寝ているうちに9時半が過ぎていた。
娘はいつの間にか起きていて、
ヤクルト飲料を飲みながら悠々とタブレットで遊んでいる。

朝食。
0129-1
冷凍のクロックムッシュ。…味薄いな。

ドトールのおいしかったな。
メニューから消えたと聞いてかなしみ。
ただ、同時にメニューから消えたツナチェダーが復活しているらしい。
え、どうなってるの。

午前中、M氏と娘が寒い中コンビニへ行ってきた。
0129-2
M氏は行きつけのコンビニができるとめちゃめちゃ通う。
オーナーのおじさんとはもはや友達。
わたしにはその感性がないので戸惑いしかない。

それにしてもこのシナモンのキーチャームかわいい。
ラインナップにはタキシードサムやポチャッコもいるようだ。
え、ちょっとレジェンドじゃないの、それ。

で、昼。
わたしと娘は今日もプールへ。
昨日よりも空いていたものの、ほどよく人がいた。
毎回このくらいだったらいいな。

子供用プールでは息子さんにクロールを教えるお父さんがいたり、
めちゃめちゃ人懐っこい小さい男の子が、
けのびバタ足練習中の娘の後を追いかけてきたり。

で、25メートルプールを浮かびながら進む娘の横で
付き添いながら延々とウォーキング。
気がつけば2時間半が経っていた。頑張りすぎじゃないの、ちょっと。

その後、お風呂に入って家に帰ったら既に4時半。
一日があっという間だな…。
そして今日も体が重い疲労感。プールって疲れるな。
あと無性にカレー味のカップヌードルがたべたくなるのは、
昔、市民プールに通っていたこどもの頃、
よくプール帰りに自販機でそれを買ってたべていたときの名残かな。
あのプラスティックの小さいフォークも懐かしい。

また、M氏もジムへ行って運動してきていた。
自己最高体重からの減量はどうなることなのだろう。

夕食、M氏とミールキット試食会。
0129-3
ゆでたまごを乗せたら本体がよく見えなくなったけど、
こちらロゼステーキなるもの。
ロゼというからトマトクリームソースなのかと思いきや、
コチュジャンベースのクリームソースだった。
唐辛子を入れすぎたため、辛いー!

ステーキは赤身多めなものをよく焼いて。
それでもわたしは一切れ味見をするだけにとどめた。
付け合わせ野菜とたまごおいしい。

で、今日の息子。
じいじと会い、いつものように食事→ゲームセンター→買い物へ
行ってきたとのことなのだけれども、
0129-4
本日のクレーンゲームでの収穫品。
え?でかくない?
こんなのUFOキャッチャーでとれるの?

聞けば、これは小さい人形を引っかけて落とすともらえるものらしい。
見たこともあるし、やってみたこともあるけれども、
一回で「あー、これ無理なやつー」とあきらめたことがある。
…あれ、落とせるんだ。

夜。
今日の分の洗濯をする。
さー、洗濯も乾燥も終わったー、と引っ張り出すと、
ずるりと出てきた白くて細いもの。
何かと思ったら、M氏のイヤフォンーーー!
えーーー!!洗濯だけじゃなくて乾燥までしっかりしちゃったけど?

M氏にその悲報を伝え、
すぐさまイヤフォンの生死確認をしてもらったところ、
普通に両耳とも音が通常通りに聞こえてきた。
…すごくない?

ただM氏。
「イヤフォンはジムで走っているときにぶらぶらして邪魔なんだよね」と。
え?そんなのわたしずっとBluetoothのを使ってるけど?
わたしが使っているものを見せたところ、
「なんでこんな便利なのを使っていること教えてくれなかったの!」と。
えええ。

ということで、新しくBluetoothイヤフォンを通販で購入。
わたしはやっぱりambieのがいつか欲しいな。
…韓国の通販サイトには偽物が山ほど出てくるんだけどさ。







m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月28日

初泳ぎ。

さて土曜日。
朝の気温はマイナス8度。
外を見るとやたらと風が強い。
…これは、一日家の中にいることで決定だな。

朝から冷凍ピザを焼く。
0128-1
さつまいもコーンピザなるもの。
ピザに甘いさつまいもペーストを乗っているものは
韓国ではかなりメジャー。
わたしはどうしてもこれがあまり受け入れられないのだけれども、
焼き芋、そしてサイゼリヤのコーンピザが大好きな娘ならば
おいしくたべることだろうと思ったのだけれども、
娘の感想は「うーん…」だった。そんなー。

わたしは鶏ハムとパクチーをたべる。
やばいおいしい。
パクチーが足りないので、クーパンで追いパクチー注文をした。
明日の朝届く。よし。

息子は午前午後と収穫体験に行ってきたらしい。
午前はかぶ+葉野菜。
0128-3
温室。
大ぶりのかぶを母と一緒に堀り、

午後は湘南ゴールド。
0128-4
…え?あの湘南ゴールドの収穫体験とかできるの?
わたしもそれ行きたかったーー!!
これもたくさんもいで来たとのこと。
いい体験してるじゃないのさ。羨ましい。

そして。
うちでは娘が3分に1回話しかけてきて、
何をしようにも手がつかないので、
娘が「知っているけど映像では見たことがない」
「キャッチティニーピン」なるアニメを見させることにした。
ピン
こちら。
娘は幼稚園で塗り絵を塗りまくり、
さらにぬいぐるみまで持っているというのに、
アニメは一度も見たことがなかった。

ちらっと見てみたけどアレだな。
シークレットジュジュとおんなじテイスト。
とりあえず韓国語学習にもなることだろうからいいだろ。

娘も「何言ってるのかあまりわからない」と言いながらも、
きっちり見ているところをみると、
なんとなくの意味はとらえられているようでもあるし。

そんなこんなで一日が終わるのかと思いきや、
夕方に同じマンションの友人から連絡が。
6時から親子でプールに行くらしい。

え、プールですって。
わたしは2月頭から2か月の水泳グループ講習を受けることになっていて、
その前にちょっと偵察に行っておきたいと思っていた。
しかも、今日その水着も届いたばかり。

娘の水着は一年前に日本でスイミングスクールで使っていたものを
着させてみたら、あれ、なんでジャストサイズなのよ、あなた。
背は10センチ近く伸びているはずなのに。
足だけ伸びたの?まあいいや、そういうことにしておこう。

ということで、水着の問題もなく水泳帽もゴーグルもある。
よし、わたしたちも行くか!と合流することにした。

見たことはあったものの、入るのは初めてのマンション内プール。
どんなものかと思いきやなかなか立派な施設だった。
ホテル内のプールみたいなつくりじゃん…。

子供用プールはあの箱根ユネッサンと同じくらいの水温で快適。
25メートルプールは4レーンあり、
それぞれがウォーキング、初級、中級、上級と分かれている。

土曜の午後ということもあって、結構な人出だったけれど、
それはそれで活気があってすごく楽しかった。
やっぱりプールとか公園とかは少し賑やかなくらいがいいな。

娘はけのび+バタ足練習。
友人息子くんたちももぐって泳いで楽しそうだった。
また、25メートルレーンは水深140(もう少し浅い気がした)なので
こどもは入ってはいけないなんて言われるかと思ったのだけれども、
特に何も言われることもなく。
娘も背中につけるビート板をつけてふよふよと泳いでいた。
ビート板も貸してくれるので助かる。

ところで。わたしは全く泳げなくなってしまったと思っていた。
そのために水泳講習まで申し込んだくらいだったのだけれども、
今日、ゴーグルをつけて水にもぐってみたところ。
あれ、全然いけるわ。
クロール的な動きを試みても、普通に動ける。

「泳げなかった」原因はゴーグルだ。
ゴーグルをしていない状態で水に潜ることはできないのだけれど、
これさえつけてしまえば全く恐怖心もなく普通に潜ることができる。

しかし、やはりクロールの息継ぎのヘタさは相変わらずであったので、
講習ではそれを習いたいんだけど、
…韓国の水泳講習って何をするんだろうな、未知数。
でも、契約期間(2か月)内はいつでもプール入り放題になるしいいか。

そして2時間弱遊んだ後、シャワー+お風呂。
お風呂はなかなか湯温が高くて気持ちがよかった…。生き返る。

しかも、ドアtoドアで外に出ることなく3分以内で帰れるとか。
…一気に生活の質が爆上がりした気がする…。

で、久しぶりにプールでウォーキングしたため、
(というか娘の横について25メートルを往復数回)
家に帰ってから体が重い…。絶対疲れてるじゃん、わたし。
娘も10時近くまでM氏と遊んでいたものの、
布団に入ったら10秒で寝た。早い。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月27日

課金。

わたしは暇なときはTwitterをよく見るのだけれども、
なんだか最近、タイムライン?に流れてくるものが
やたらと画一化しているのが気になっている。

わたしは個別のフォローはせず、
気になる分野のトピック自体をフォローしているのだけれど、
特定の1,2個のトピックだけがやたらと出てきて、
あとはフォローしているのに全く出てこなかったり、
全然関係ないものばかり出てきたり。

別にそれを情報源として生きているわけでもないし、
単なる暇つぶし的に見ているものなのだから、
そこまで目くじら立てて「ナニコレ!」なんて言うつもりはない。

それでも昨日はやたらと、
わたしがまったくフォローをしたこともない
アイドルグループだとかテレビ番組の同じ話題ばかり出てくるので辟易。

Twitterは最近色々変わってきているとは言うけれども、
これはなんだかそういう過渡期におけるものなのだろうか。

で、これを機に自分がフォローしているトピックを見直したりしていたのだけれど、
「キャリア」と分類されているエリアに、
0127-1
なぜかIKKOさんがいた。
めちゃめちゃ大きなくくりになってる、IKKOさん。

そんな朝。
娘を幼稚園へ送った帰りにM氏がコンビニでサンドイッチを買ってきてくれた。
0127-2
韓国のサンドイッチは日本のよりも冒険心がある…。
ドレッシングとか素材の切り方とか。
いろいろ豪快というか…。

あと、左のはM氏が飲むはちみつ紅参ドリンク。(ホット)
紅参というのはいわゆる高麗人参のひとつ。
健康によさそうだなあ…とは思うけどわたしは飲まない。
土の味するし。

そして今日はM氏自主的にお休みの日らしい。
ということで昼は出前。
0127-3
わたしが気に入っているベトナム料理屋さんの。
混ぜフォーとあたたかフォー。おいしい。
謎の名前の知らない野菜もパクチーもおいしい。

M氏は最初「とんかつがいい」と言っていたものの、
急遽仕事で来週末までに痩せなければならなくなったため、
「今日からダイエット」となったのでとんかつは撤回。

…頻繁に仕事で痩せなきゃいけなくなることがあるって、
芸能人じゃないんだからさ。
ていうか、普段からそれなりに心がけていればいいことなのに、
今現在進行形で最高体重を更新中とかだからどうしようもない。

で、午後。
息子が「マイクラ内の有料コンテンツを買ってくれ」と言ってきた。
確かに約束したことはしていた。
漢字のまとめテストで90点以上とれたら買ってあげると。

もしかして90点以上とれたの?
と、見せてもらったら。
0127-4
88点ーーー!
いや、でも想定していたよりもかなりいい点数。
間違えているところや答えられなかった部分も見る限り妥当。

でも、90点じゃないじゃん。課金はなし。
最初はそう言おうとしたものの、
今回は買ってあげることにした。日々頑張ってるしな。

しかし、初めての有料コンテンツ。
課金の仕方なんて知らないぞ…。
見るとゲームの画面内からのマーケットプレイスにいかないとだめらしい。
となると、息子にわたしのカード番号を伝える…?
それはちょっとなー。

…と思い出した。
M氏のパソコンにウィンドウズ版のマイクラがあり、
それは息子のアカウントとも同期できるということ。

で、やってみたところ非常に簡単に完了。
課金460円。
そんなに緊張しながらやるような金額でもなかったとはいえ、
課金自体をそんなに簡単にさせたくはないし、するつもりもないので、
息子には「難関をいくつも乗り越えたうえで手続きした」という態で知らせる。

さて、鶏ハムを作るぞ。
0127-5
今日、ベトナム料理の出前でパクチーがたくさんきて、
余ったのがあるので鶏ハムと一緒にたべるのだ…。至福。

夜。
M氏が旧正月の残りの牛肉を焼いてたべる。
0127-6
わたしはもちろん脂身多め焼肉はたべないので、
こちらも同じく正月のあまりのチヂミを焼く。
冷凍してあったものをそのまま乗せたのだけれども、
あっという間にカリカリに焼ける。鉄板、いいねえ…。

ちなみにこの鉄板はわたしが旧正月前に
通販で間違えて買ってしまったふたり用の小さい鉄板。

こんなんいつ使うのよー!返品したいけど箱破けちゃったー!と、
仕方なく置いていたものなのだけれども、
大きい鉄板よりも使い勝手が良すぎることに気がついた。
これは買ってよかったやつだわ…。

食後、娘の言うがままに遊びにつきあったものの、
頼まれるがままにジャイアントスイングをし、
目が回ったダメージで倒れ込むM氏と、屍に鞭打つ娘。
0127-7
来月には娘よりも大きな息子も仲間に加わるぜ、よろしくな!


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月26日

話が長い。

朝、息子からの電話で目が覚める。
だから7時半前には電話するなしーー!

「おかあさん!『デザインあ』が始まった!」

なんだってええええ?!←完全起床。

ほんとじゃん!!
0126-7
Eテレ。

ちょっと…うん、いろいろな事情で音楽の感じが
全然変わっているとはいえ、まさしくデザインあ…。
この番組すごく好きなんだよー。
残念ながら韓国で見ることのできるNHKワールドプレミアムでは
まだ放送の予定はないらしいのだけれども。凹。

ところで。
わたしは韓国通販大手のクーパンを
毎日のように利用しまくっているのだけれども、
かねがね思っていたことがある。

それはレビュー欄。
商品の使い勝手や味の良し悪しをリアルな声で聞くことができる
とても貴重なものであるのだけれども、
韓国のそれはやたらと冗長なものが多い。というか多すぎる問題。

今日はごま油を探していてレビューを色々見ていたのだけれども、
一番上にあったレビュー、とりあえず長い。
0126-1
IMG_E3257

内容をかいつまむと、
わたしは主婦歴が長いのでごま油の良し悪しは匂いだけでわかる。
たべもののおいしさというものは素材の新鮮さが大切。
国産ごま油がいいけど高い。
ベトナム産よりは中国産のほうが良いので買ってみた。
私はごま油を使いきる前にあらかじめ買う方だ。今回もそう。
油なので破損なく届くか心配だったけどちゃんと届いた。賞味期限も長い。

<ごま油の効能>
<ごま油の栄養内訳>

ごま油は健康にいいからと言ってたくさん食べれば太る。
最初は香ばしい香りがした。
けど、うちにあるごま油よりは香りは劣る。
味もうちにあるのよりもイマイチ。
市場に行くのが億劫で買ってみたけどがっかりした。
家族のためにおいしい料理を作るため、これからは市場へ行って買うわ。
というようなこと。
レビューならばわたしがピンクで線をひいたところだけでもいいんじゃないのか。
ちょこちょこ上から目線のマウントみたいなのが垣間見えるのも
こうしたよく見かけるレビューの特徴のひとつ。
そもそもこのレビューの結論自体がマウントだよな。企業に対しての。

「いつもはこういう廉価品は買わないのですが…」みたいなのもよく見かける文面。
全部同じ人が書いているんじゃないの?と思うくらい。

しかし、韓国の食べ物についてはやはりこのレビュー欄が
結構参考になったりもするので、無視するわけにもいかず。
いつも見るたびに「3行でまとめろ」と思い続けているという話。
こんな冗長な文章を毎日書いているわたしがいうのもなんだけど。

で、わたしは結局大手メーカーの一番普通のごま油を買った。
うちはたまに使うくらいなので、正直なんでもいいのだ。

それにしても、ごま油。
M氏お母さんもそうだけど「ごまは中国産はダメ!国産がいい!」とよく聞く。
わたしからすればどっちでも全然いいのだけれども、
そもそもごまって日本ではあまり栽培されていないとあさイチで見た。

じゃあ、日本で買ってるごま油はどこ産のごまなんだろ。
…と思って、いつも日本で愛用している「かどや」のページを見たところ、
0126-a
ごま油のごまはアフリカ産らしい。
ちなみに太白ごま油もアフリカ産ごま使用。
話の次元が変わってきたぞ。

そんな今日は朝、零下5度。
M氏と娘を送り出し、さてシーツと毛布の洗濯でもするか、と思っていたところで
玄関のドアが開いた気配。
あれ?誰か戻ってきたのかな、と思って見たらそこにはM氏お母さんがいた。

そういえば昨日の夕方に電話があった。
「お米20キロもらったんだけど、いる?」と。
…うちにはM氏がもらってきたという謎の米20キロがある。

うちにもたくさんストックがあるので
お母さんたちたべてくださいーと、伝えたところ、
「備蓄はあるに越したことはないわよ」と、
完全に押し切られる形でいただくことになった。
ええ…、もう聞く前から決定事項だったんじゃん…。

その時に「明日の午前中に持っていく」と言われたものの、
零下8度近くになるという予報も出ているし、
うちには米がまだ死ぬほどあるし。
いつでも温かい日にでもーとお伝えしたのだけれども、
まさか本当に今日の朝にいらしてくれるとはなー!

20キロの米をくくりつけたキャリーカーを徒歩で。
そして背負ったリュックサックから大きな梨やりんご、みかんが。
0126-3
…お母さん、なにか修行でもなさってるんですか。

そしてわたし。
もう胃の具合は大分よくなっているのだけれども、
イマイチたべることができない。
というよりもなにもたべたくない。痩せる大チャンスじゃん。

ただ、こういう時に決まってたべたくなるものがひとつだけある。
アジの刺身…。
韓国では見たことないけど…。なんでないんだろ。
ここが日本だったら即刻スーパーに走っているんだけどな。
ああ、もうなんでわたし韓国にいるの。

午後、ジムへ行く。
昨日ガラガラだった時間帯に行ったのだけれども、
今日は謎に人が多かった。

そしていつものように歩いたり走ったり傾斜つけたり。
気がつけば4キロ分。
…4キロ。
それってどれくらいの距離なんだろう。
と、グーグルマップで実家のあたりで測ってみたところ、
絶対に歩いていくことなんて考えない場所がそのくらいの距離。

もちろん、外を歩いたり走ったりするのと、
ジムで淡々と平坦なところを走るのとはわけが違うとは思うけれど、
それでも結構わたしにとってはすごい距離、4キロ。

そして家では冷蔵庫のものをいろいろする。
シャインマスカット(もどき)がなかなか減らず、
しかもしおれてきたので砂糖漬けにしてみる実験。
0126-4
水分がなかなか出てこない。半分に切ればよかったかな。

1キロ買った鶏むね肉を半分は鶏ハム用に、半分か唐揚げ用に下ごしらえ。
大量にある白菜をコンソメスープに。←わたしの今日の主食。

夕方、娘をピアノに送り、さて、あらためて夕食準備と思っていたら、
息子とやたらと長いビデオ通話。
今日はなかなか学校で盛沢山の日だったらしく、色々話してくれた。

漢字のまとめテストでは自分のかけ算能力を使って計算してみたところ、
多分80点くらい、という話だとか、
体育のスポーツおにごっこで主力として頑張ったとか、
後ろから押されてジャンピング転倒し、膝を豪快に擦りむいたとか、
給食のフライが上の歯が抜けた跡地の歯茎にダイレクトに突き刺さったとか。

…なかなかアグレッシブな小学校ライフを送っているようでなにより。
なによりお友達の名前がスルスルとたくさん出てくるんだよな。
韓国ではほとんどクラスメイトの名前を覚えてこなかったのに。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月25日

復活。

娘が少し前から歌うようになった韓国童謡がある。
とはいえ、出だしの部分だけ。

「나는 눈이 좋아서〜」

え?「わたしは目がいいから〜」ってどういうこと?
それ、どんな歌詞につながるの?と思っていたら、
「わたしは雪が好きなので〜」という意味であることが今日判明。
(韓国語では「雪」も「目」も「눈」で、「良い」や「好き」は「좋다」)

韓国では「目がいい」は、
「目がよく見える(눈이 잘 보인다)」みたいに言うことが結構ある。

それにしても、最近わたしは韓国語のインプットが全然できていない。
そして会話能力もかなり落ちている自覚がある。
スムーズに喋れない、そして発音がうまくできない。
ここはトレーニングしておきたいものだけれどもどうするべきか。

前に習っていた先生からは、
「ドラマを見ながらシャドウイング一択!」と言われていた。

韓国ドラマなんてもう数年はまともに見てないよー。
今流行りの法廷ものだとかサスペンス的なものもいいけど、
穏やかな気持ちで見続けられるようなものはなものか…。
もうあの人が意地悪だの復讐だの逆境からの挽回だの、
そういう要素があるものは見る前から疲れてしまう。

そんな今日。
10年に1度の寒波が来ているとかなんとかは韓国も同様で、
こちら、朝の気温マイナス12度。
…とはいえ、マンション内は暖房をつけなくても温かい。

初めて窓が白んでいた。
0125-2
日が入ってくるなりすぐに消えてしまったけど。

天気がいいからか、あまり寒い感じはしない。
0125-1
この気温で風だの雪だのとなったら大変なんだろうな。

そしてわたし。
ほぼほぼ死にかけの態でいた昨日と比べると断然動けるようになった。
昨晩、寒気が出た時点で、去年にかかった腸炎を思い出し、
1週間ものおなかくだしに悩まされるのかと凹んだものの、
熱も出ず、おなかも通常営業。

ただ、食欲がイマイチない。…胃がストライキでも起こしているような。
それでも、動けることは動けるのでジムへも行った。
今日は走るよりも歩くことをメインで。
とはいえ、ただ歩くだけでは物足りないので、傾斜もつけていく。
意外に動けたので、ちょっと走ってみる…と続けて行ったところ、
気がつけば3,5キロも歩いたり走ったりしていた。
わたしの中ではかなりの長距離…。

で、息子。
朝は気温が零下になりかけてはいたものの、
体育のスポーツ鬼ごっこは半袖でしたらしい。
「だってみんな半袖だよ」って、本当にそうなの?

そして学校から帰ってきた後、母とたぬきを探しに行ったらしい。
たぬき…?何の話だ、と思いきや、
0125-3
本物のたぬきだったという。
え?住宅街にたぬきがいるの?なんで。

小学校のこどもたちの中ではかなり有名で、
大抵いつも同じところで丸くなって寝ているらしい。
ていうか、たぬきってどこから来たのさ。
こないだはサルが出たとかでちょっとした騒ぎにもなってたけど。

そして娘を迎えに。
夕方の時点で気温はマイナス2度。
朝に比べたら10度も温かいじゃん、なんて思いながら外に出たら、
めちゃめちゃ寒い。え、なにこれ。朝どんだけ極寒だったのさ。

娘はピアノに行きたいがあまり幼稚園から走り出てきた。
それを捕まえて、ピアノ教室へ送り込む。
0125-4
髪の毛を静電気でふわふわさせながら。

わたしは一旦帰宅。
この間に娘の夕食を作る。
旧正月料理の余りを使った炒飯。
あーー、天ぷらどうしよーーー。
たべてしまいたいのに、わたしの胃袋が仕事をしてくれない。

ピアノ帰り。
0125-5
娘には最近おさがりでいただいた分厚いコートを着せる。
朝に着せていけばよかったな。ごめん…と謝ったところ、
「なんで?わたし、全然寒くなかったけど?」とのこと。
ていうか、あなたいろいろ強すぎない?


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月24日

胃腸炎。

昨日の夜にM氏からおすそ分けしてもらうような形でたべた牛肉。
生肉の状態で見ると、結構脂のサシがかなり入っていたので、
少し警戒していたのだけれども、
焼いてみると、さほど脂感を感じずにおいしくたべることができた。

へー、いいお肉は脂の感じがしないんだねえ、
なんて言っていたものの、朝方4時に胃の気持ち悪さで目が覚める。

わたしは下戸なので二日酔いなんていう経験はなく、
ノロだとかの吐き気を伴う胃腸炎の経験もほぼない。
妊娠時、つわりもほとんどなかった人間であるので、
あまり「吐き気」というものを感じたことがない。

だけど、わかる。
これはまさしく、そういう系の気持ち悪さ…!!
世の中のすべてを呪いたくなるレベルでの気持ち悪さ…!

よろよろとトイレへ行き、とりあえず落ちつくことに専念。
なんだ、この胃の不調の原因は。
やっぱり、あの牛肉のせいか。
それとも昼にたべたソルビン…?
いや、あれはたぶん小皿一杯分くらいしかたべられなかったし、
そもそも娘がクリームを独占したのでわたしはさらさらの氷部分しかたべてない。

…牛肉でファイナルアンサー。
前までは牛肉をたべたあとはおなかをくだしていたけれど、
もう腸にたどり着く前の段階からアウトになってしまったのか…。

ということで、できることといえば太田胃散を飲むこと…。
横になるのがつらかったので、
30分ほどダイニングテーブルに突っ伏して凌ぐ。

そして朝。やっぱり体調は悪い。
娘は今日まで旧正月連休であるので、
「タブレットで遊んでもよし」と伝え、延々と横になる。
食欲なんかも皆無なので何もたべず。

あれだな。
めちゃめちゃ強い吐き気があるわけでもなく、
おなかをくだしているわけでもない。
それなのに、なんでこんなにもだるいのか。なにもできない。

洗濯もただ突っ込めばいいだけなのに、なかなかできず、
通販で来た箱の開封すら手が出ない。

夕方近くになってくると、寒気がしてきた。
部屋の中でダウンベストを着て、薄かけ布団に巻き付いてソファで寝る。
0124-1
娘はなんだかんだで課した勉強もきっちりこなし、
タブレットではどうぶつしょうぎに没頭。
なんなの、今日やたら優等生じゃないの。

そして、夜はYouTubeですまない先生とまいぜん三昧。
息子はline通話の向こう側で全裸で踊っていた。なにしてんのさ…。

一日横になり、うたた寝を繰り返していたにもかかわらず、
10時前には眠くなり、そのまま就寝。

もうアレだな。胃腸も体力も弱々すぎる…。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月23日

散歩と買い物。

さて、今日も旧正月連休中。
幼稚園もお休みなのでゆっくり寝坊…しないのに、
息子が7時前にライン通話をしてくる暴挙。

今日は何事よ!
「給食で揚げパン出るんだけど、前歯がないからたべにくい」
そうだろうな!!

普段、パンが出るときはちぎってたべればいいのだけれど、
揚げパンともなるとそうもいかない。
無理そうなら先生に言う…とのことだった。

ていうか、わたしの時は揚げパンといえばきなこ一択だったけど、
今時のはココアなのね。おいしそう。

そして朝。
娘が突然カスタードクリームを作りたいと言い出した。
そうなることを見越した…わけではないけれども、
日本で買って持ってきたものがあるのだよー。
0123-1
牛乳を入れるだけでできるカスタードクリームの素ー。
これ、本当に簡単ですぐにできるのだけれども、
なんというかアレだな。ちょっと安い味というか。

で、娘は娘で作ったことに満足しただけで、
クリーム自体をほとんどたべようとしない。えー。

…ということで、クリームパンでも作ろうかと思ったのだけれども、
生憎、強力粉をきらしている。
午後に買い物へ行くことに決める。

午前中は冷蔵庫の中にある正月料理の整理。
ナムルは一応冷凍できるので、そのままビビンバ用にとっておくとして、
困ったのは餅スープ用に用意された牡蠣と牛肉、そして薄焼き卵。

薄焼き卵は冷凍して娘がよくたべるおにぎりに混ぜる。
煮た牡蠣と牛肉は…カレーなんかにしてもいいのだろうけれども、
冷凍庫にあったパスタソースと、トマトソースを合わせたものと
合わせて高級パスタソースへグレードアップさせることにした。

牡蠣と牛肉は醤油で煮てあったので、
どうなることかと思ったのだけれども、予想以上に美味しくできて満足。
今日の昼にたべて、さらに三回分あるぞ…。うれしい。

チヂミは冷凍、魚は明日あたりに焼いて食べる予定。
てんぷらは…いざとなったらえびだけ再利用できるし、
牛肉はおそらくM氏が近々たべるだろう。

よし!これにて整理完了!

で、午後は娘とふたりで買い物へ。
こどもふたりを連れて行くとなるとなかなか大変ながらも、
ひとりだと気持ち的にかなり楽だ。
目が必ず届くという安心感。

まず公園で遊ぶ。
0123-2
ブランコでぐるぐる回る。
そうやって遊ぶものではない気がするんだぜ。

そして大きめのマートへ。
まず雑貨売り場でかわいいパジャマを見たり、よさげな枕を見たり。
おもちゃ売り場ではあやとり紐やシールを買う。

そして食料品売り場では強力粉をはじめ、ハムや有料ゴミ袋を購入。
セルフレジが空いていたので、娘にやらせたのだけれども、
店員さんもにこにこと協力してくれてとても親切だった。

ていうか、暑い。
気温自体は低いらしいのだけれども、日差しが暑い。
コートを着ていると汗ばむほどの気候。
ということで、アイスをたべるかかき氷をたべるかということになり、
娘が選んだのは「チョコレートのかき氷」

めっちゃ久しぶりにソルビン来た…。
0123-3
日本でも一時期流行ったらしいけど、どうなったんだろ。
ふわふわのかき氷で一世を風靡したお店。
0123-4
チョコレートブラウニー氷。
もりもりのホイップクリームと、
ごろごろと入ったブラウニーとチーズケーキ…。

あれ、それこそ10年前くらいの時なんかはM氏とよく来ていて、
食後のデザート的にふたりで軽くたべていた気がするんだけど、
まったくもう匙が動かないのよ、わたし。

ブラウニーとチーズケーキのかけらをひとつずつたべただけでも満足。
で、娘もホイップクリームとブラウニー、
そして甘いところだけをたべて、氷の部分は殆どパス。

とりあえず練乳をプラス。
0123-5
昔は練乳かけ放題だった気がするよ。

で、頑張ったけれども多分半分もたべられなかった…。
これは…多い。
同じ値段だったらバスキンロビンス(サーティワン)で
ファミリーカップを買って帰った方がコスパがよかったはずだ。

ちなみにソルビン、
ハーフアンドハーフなんていうメニューもあった。
マンゴー氷といちご、なんて選び方もできるんだな。
今度いつ来るかはわからないけれども、参考にさせていただく…。

家の近くの公園で遊ぶ。
0123-6
前までは上に登れなかったものの、今日は登りきって、
しかもネットの橋を渡って滑り台で降りてこられた。やったな。

家に帰る途中、友人息子くん兄弟と偶然ばったり。
いや、冬休みの期間見ていないだけだけどさ、大きくなった?
なんか…こう、一気に少年みが増しているというか。

そして兄弟そろって休みの日に外遊びに出れるという状況自体がいいよなー。
いつまでも小さい子だと思ってたら大間違いなんだな。感慨深い。

で、買ってきたものの一部。
0123-7
強力粉。
あと、かわいくてついつい買ってしまったぼのぼのシールセット。
…ていうか、韓国でそんなにぼのぼのは知名度ない気もするけど。

わたしが気に入っている「しまっちゃうおじさん」
0123-8
早速パソコンの裏に貼った。
これ、知らない人がみたら絶対意味わからないよね。
知っててもちょっとよくわからないもん。

そして息子。
自慢させてほしい。
算数のまとめテストで両面100点をとったという。
0123-9 0123-a
小学校2年生は最初の2週間以外にはずっと韓国で過ごしていて、
韓国語の習得があまり思わしくなかったために、
もはやこの時期の学業内容についてはなかば諦めかけていた部分もあった。

多文化センターでは公文式のごとく計算問題はたくさんさせてもらったけれど、
文章題なんて夢のまた夢であるし、
図形なんておそらく「三角形」すら韓国語で言えない。

一応、家では日本の教材でおさらいをさせていたものの、
やはり圧倒的に練習も足りないし、
どこまで理解しているのかどうかは未知数な部分もあった。
よかった、本当に。

ただ、二年生だからこそなんだろうな。
これから学年が上がれば上がるほどこんな風にはいかないだろうし。
…正直、このまま日本で学校に通ってほしいと思うくらいだ。
韓国に来た途端に言葉ができないがゆえの落ちこぼれになっちゃうんだもんな…。

あと、今日はじいじとも合流し、サイゼリヤでごはんをたべたという。
0123-b
さらにクレーンゲームでぬいぐるみもゲットしていた。
…もう、満喫しまくりじゃん…。

で、わたしはパンを焼く。
生地はホームベーカリーで作って、クリームを包んで焼いてみたら、
0123-c
なんか色んなところから出てるーーー!!
というより、クリームパンって成型難しい…。
クリームがゆるめだったからなおさら。

味はまあまあだったけれども、
パンに入れるクリームは味が濃いめの方がいいことがわかった。

こうしてみると結構マシに見える…?
0123-d
パン生地はとてもおいしいので、これをもとにまた何か作りたい。

そしてM氏が帰宅し、焼肉。
0123-e
わたしと娘はふたりで先にたべてしまっていた…のだけれども、
少しだけわたしもご相伴にあずかる。
昼のソルビンもそうだけど、少しだけたべるくらいがちょうどいいんだよな。

…それなのに、どうしてこんなに痩せないんだろ。おかしいな。

あと、韓国の焼肉で欠かせないのは「パジョレギ」
日本でもチョレギサラダなんて名前で見かけることがあるけど、
M氏の家で作られているのは長ネギだけのサラダ。

お母さんがどうやって作っているのかは見てないけど、
まあ、なんとなくだけどこんな感じよね。
なんとなく醤油を入れてみたいけど、
入れたら絶対「日本の味だ」って言われそうだしなあ…。

…と、あえて入れずに作って出したところ、
M氏「すごく日本の感じがあってこれはこれでおいしい!」と。
なんだと…?

あえて日本感を出さないで作ったつもりなんだけどさ、
お母さんの味とどんな感じで違うの、と聞いたところ、
「うーん、多分だけど母さんのは醤油が入ってると思う」

なんだと……!!!?

完全に作戦が裏目に出た模様。
別に日本味でもいいんだけどさー。たべられればいい。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月22日

旧正月2023。

わたしにとっては3年ぶりとなる韓国の旧正月。
とはいえ、特に真新しいことは何もなく。
たべるものも大体同じ。

しかし、今回からうちの正月の集いに大きな変化がひとつあった。
今までは朝9時集合だったのが、12時集合に。
この差は大きい。
ゆっくり寝ていられるし、準備ものんびりとすることができる。

ちょっともうこのまま昼集合の方がいいんじゃないの、
なんて思っていたのだけれども、
全員が同じ思いだったらしく口をそろえて「昼集合いいね!」と。
もうこれから昼にしよ。ほんと。

また、M氏お姉さんは、お盆や旧正月当日は
いつも旦那さん側のご実家へ行っていたのだけれども、
今年からは前日に行って餅スープを一緒にたべて終わり、という
スタイルに変えたのだという。

お姉さんはうちの正月スタイルももっと簡略化したいとのことで、
「うちも餅スープとその場でだけたべて残らないくらいの食事にしよう」と
提案してくださったのだけれども、お母さんはそれをよしとしないようだった。
まあ、当分はこんな感じで続くのかな。

とりあえず準備完了。
0122-1
ナムル5種、焼き魚(イシモチ)、チヂミ、てんぷら、
わかめ、白菜、生牡蠣。
餅スープ、正月スープ。

そしてメインは牛肉。
0122-2
鉄板で焼くよ。これが3パックあるよ。

てんぷらとチヂミはエアーフライヤーで温めたところ、
ぐっと生き返った。これはすごい。

で、新年のあいさつ。
娘は韓服もあるので、それを着て臨ませようと思ったのだけれども、
本人が「恥ずかしいからヤダ」とのことで普段着で。
わたしは土下座方式の韓国式のあいさつには未だに馴染めない。
いつもふわっとして誤魔化す感じになってしまう。
郷に入っても郷に入れないもののひとつ。

そして、M氏お兄さんの前の奥さんとの娘さんもやってきた。
娘はきれいなお姉さんと遊べて嬉しそうだった。
お絵かきをしたりして遊んだらしい。
…らしい、というのは、娘は一切部屋から出てこなかったため、
動きが全く見えなかったという。

しかし、徐々に姿を見せ始めた娘。
0122-3
得意のフラフープを断続的に披露していくスタイル。
まわすたびに喝采が起こるので悪い気はしないらしい。

あと、お年玉もたくさんいただいた。
いとこの子たちももうみんな成人しているので、
そちらからも貰えるようになってしまったという。おお。

それにしても自分の家で集まりができるのはなかなか楽だ。
というのも、ずっと話に入らずともダイニングテーブルに座って
お茶を飲んでのんびりしていてもいいという状態で。

おなかいっぱいたべたし、これはこれでいいのではないかと。

そして2時間弱で場はお開きに。
M氏お母さんが皿洗いをさせなさいとぐいぐい来られたものの、
無理矢理みたいな形でお帰りいただいた。
皿洗いなんてそんなに苦でもないのさー。
大量ではあるけれども年に1,2回だし、逆に達成感がある。

出たごみも即刻M氏に捨てに行ってもらったので、
すぐにいつも通りの台所にもどった…と思いきや、
大量に残っている正月スープよ…。
干し魚と貝のだしで、しょうゆ味。具は大根、いか、豆腐。
香り的にいえば、いか大根のスープみたいな。

…カレーにリメイクしてもいけるかな、これ。
シーフードカレーみたいにならんかな。

で、ようやく落ち着いておやつをたべる。
昨日いただいた和菓子を紅茶でたべたのだけれども、
なんだか珍しい種類のお菓子がひとつ紛れ込んでいた。
0122-4
「リアルチクピ(리얼 치크피)
 あんこの中にチクピがまるまるどーん!」

…チクピ?しかもリアル?
ていうか、もうアレしか思い浮かばないんだけど。
とりあえずM氏に「チクピって何?」と聞いたところ、
「…日本語で乳首でしょ?」と。
だよね。

調べてみたところ、チクピはひよこ豆のことだった。
ひよこ豆の甘煮が入っているもののようだ。
ていうか、なんでチクピっていうんだろ、なんて思ったら、
英語でひよこ豆を「chickpea」というのだとか。へー。チックピー。

ていうか韓国語でも普通に「병아리콩(ひよこ豆)」という名前で
売られてるの見たことあるけどな。
とりあえずひとつ賢くなったということで。

あと韓国で人気のあるみかん、
0122-5
天恵香。(천혜향)
これ、前にたべたときすごく甘かった記憶があるんだけど、
今日のは結構酸味が強かった。それはそれでおいしいけど。

ということでさらっと旧正月はおわりー。
娘はずっと「ピアノ教室に行きたい」と言い続けている。
教わったこと(音符の長さや五線譜など)を紙に書いたりもしている。
あと二日は連休だから行けないのよーと伝えると、
「じゃあピアノ買って。家でも弾きたい」と。

…ちょっといろいろ時期尚早ではある気がするのだけれども、
とりあえず、楽しく通っているようなのでなによりだ。
まだ二日しか行ってないけど。

そんな娘。
今日、彼女の口から出てびっくりした日本語が、
「もってけどろぼう」
「水に流す」

使い方も絶妙に合ってるし。

一体どこでそういうの覚えるの…と聞くまでもなく、
出所はYOUTUBEなんだよな…。
娘お気に入りのすまない先生。
正直、すまない先生は早口だし(←わたしが言うのもアレだ)
世界がなんというか独特でわたしにはあまりよくわからないぞ。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月21日

旧正月準備。

さて、明日に控えた旧正月。
とはいえ、もちろん年末感というか正月間は皆無。
ただハッピーニューイヤー!の後にちょっとインターバルがあり、
再びなぜかやってきた正月を称した連休、みたいな感覚。

韓国というか中国などのアジア圏の方々は、
この時期になると、あの日本でいう12月30日、31日みたいな
そわそわとした感覚をもっているのだろうか。
M氏を見ている限りではそんなこともなさそうではあるけれど。

M氏がお客さんからいただいてきたお菓子セット。
0121-1
韓国の「和菓子」
きっとどれも同じ味でぺったり甘いんでしょ。
なんて思いながらも、やっぱりときめいちゃうよね、こういうの。

朝ごはん。
0121-2
冷凍生地を焼くパンオショコラ…なのだけれども、
このトッピングのチョコチップがどうも焦げにしか見えない。
焦げてるわけじゃないのに。

あと、うちのエアフライヤーがやたら出力が強いようで、
パッケージに書いてある分数の半分くらいで焼きあがってしまう。
機種によって違うのかな。しかし極端。

で、息子。
母と初詣に行ってきたらしい。いいな。
0121-3
おみくじは末吉だったとか。
「春は近い」と書かれていたらしい。ほう。
「幸運」と書かれた小判入り。

穏やかに鯉を見る。
0121-4
…なんだかゆったりとした時間が流れてるよな。
このあと、ゲームセンターでUFOキャッチャーをしたり、
すき家で昼ごはんをたべたりしたらしい。
最高の土曜日じゃないの。

一方、娘。
こちらはM氏と公園へ。
昨日作ってきた手製の凧あげ。(手書きの韓国国旗模様)
0121-5 0121-6
ほぼ0度の気温であるにも関わらず上着拒否で出かけた娘。
娘曰く「暑い」と。うそでしょ。

体内温度調節機能どうなってるの?なんて思うのだけれども、
寝る時もパジャマすら「暑い」と言っていやがり、
そして布団などは足で蹴とばすような人だ。
…冷え性のわたしにその細胞を少し分けてくれないかね。

しかし、ここは韓国。
きっと通りがかりのおばちゃんなんかに
「子供が寒くてかわいそう!!」なんてめっちゃ言われるんだわ。
なんて思っていたけれども、
M氏「おばちゃんどころか人がどこにもいなかった」と。
寒くて誰も外に出ないのよ、きっと。

昼ごはんは出前で豚肉クッパを頼んだ。
さー、たべよう!と言ってるところにM氏お母さん到着。
確かに今日の午後、正月料理をここで作ることになってたけれども、
このタイミングでいらっしゃるとは。

ということで、お母さんが下ごしらえを始める横で、
わたしとM氏はクッパをたべる。(娘は別枠でおにぎりをたべる)
久しぶりにスンデ(春雨の腸詰)をたべたけどおいしいな、これ。

さて、食べ終わったあとはM氏は仕事へ向かい、
本格的に正月料理づくり開始。
まずは天ぷら。
0121-7
床で揚げるのが韓国スタイル。
「立ってあげると足が痛くなるでしょ」とのことだけれども、
そんな大量に揚げるわけでもないので、
別にガスコンロでやってもいいと思うんだわ。

わたしは粉づけと油への投入を担当。
えびはともかくとして、ジッポという干し魚に関しては、
もうガッとまとめて粉をつけて、ザッと生地をつけて揚げちゃえばいい。
お母さんは一枚一枚丁寧につけるタイプで、
ちょっと目を丸くされたけれども、咎められなかったので続行。
0121-8
揚がったよー。
ていうか、これ揚げたてが完全優勝だな。
いくら明日エアフライヤーで温めようが揚げなおそうが、
このえびと干し魚のぷりぷりとした食感はもう出ない気がする。

ということで、味見というかつまみ食いでどんどんたべる。
お母さんも「全部たべてもいいのよ!」と仰られていたし…。
おいしい。揚げたては胃にもたれない。

お正月の汁物のだしたち。
0121-9
これでだしをとり、しょうゆで味付け。
具は大根と豆腐。

にらチヂミ。
0121-a
貝もたくさん入っている。
どうせ娘はたべないと見越して完全大人仕様で唐辛子をがっつり入れて作る。
こどもに忖度しないスタイル。
これも焼きたてが優勝…。おいしい。

その他にわかめを茹でたり、ナムルを4種類作ったり。
それでもトータル2時間半で終了。
後片付けも同時進行でやっていったので、きれいに終わり、
お母さんは今日の夕食分のおかずを持ってお帰りになった。

あとは明日餅スープを作って魚を焼くのみ。(お母さんが)

で、料理中は全部の部屋の窓を全開にし、
換気扇もなにもかも回しまくっていたのだけれども、
室内気温が21度を下回ることがなかった。外気温5度とかなのに。
なんでだろ。不思議。
しかし、湿度はガクンとダウンして10%台に。

さすがにこの湿度はやばい…!と思っていたのだけれども、
料理が終わって窓を閉め、2時間ほどしたら普通に38%となっていた。
どこから来たの、この湿度。

あと、正面側にできた大きな鏡面ばりのビルに夕日が反射しまくり、
めちゃめちゃ部屋の中が眩しくなるという時間帯が10分ほどあった。
0121-b
時期的なものなのかな。
ていうか、なんで鏡張りにするのよ、あのビル。

夜、母が地域の会合に出なければならず、
1時間ほど息子がひとりで留守番をしたらしい。

さすがに夜にひとりにしたことはなかったので、
少し心配だったものの、
息子からライン通話が来たのは母が帰る5分くらい前だった。

「別に全然怖くもなかったし、余裕。
 ずっとスプラトゥーンやってた」とのこと。

スマホで母の位置情報を見ることもできるし、
会合場所もよく知っている場所なので、特に不安はなかったらしい。

息子と離れて10日くらいだけれども、
なんだか一気に成長した感がある…。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月20日

あとしまつ。

朝、7時。
息子からの電話で起きる。
「お母さん、ソフト麺の袋ってどうやって開けるの」
…は?

曰く、給食に出るソフト麺の袋がいつも開けづらく、
いつも苦戦するのがいやなのだそうだ。

そんなの先割れスプーンの先に引っかけて破ってから、
手で引きちぎるスタイル一択だろうが。
「先割れスプーンって何?」

最近の給食は箸がほとんどで、必要に応じてスプーンが出る程度。
だったら、箸で端っこに穴をあけて、指をねじこめばいいじゃん。
「でも、それはお行儀が悪いよ」

じゃあ、もうお道具箱からハサミを出して切ればいいよ。
「それは先生に怒られるかも」

…もうお行儀とかいいから、箸で突き刺せ!以上だ!

それにしても、今の世の中でもソフト麺が給食に出るんだな…。
そんな感じで朝起きた。
娘、9時登園なのだし、もう少しゆっくり起きたいんだけどな。

ダイニングテーブルにはパンがたくさん置いてあった。
夜遅く帰ってきたM氏が買ってきてくれたらしい。
ひとつひとつ箱に入ってる…高い店だわ。

それにしても、これ。
0120-1
たべにくいパン選手権でもしてるの?ってくらいにたべにくいぞ。
ハサミで一口大に切ってフォークでたべるスタイルで正解なのかな。

メレンゲの中にクロワッサン。
0120-3
さらにラズベリージャム。
メレンゲの量すごいな。

暗黒物質ばりに真っ黒、
ココアパウダーがこれでもかと振りかけられたパンオショコラは、
どんなものかと思いきや、表面にチョコレートがたくさんかけられていて、
その上にココアパウダー。チョコ風味がありえないほどに濃厚。

そして、日本でも一昨年あたりにちらっと見かけたマヌルパン。
(マヌル→にんにく)
0120-2
最近全然見かけないのを見ると日本じゃ流行らなかったんだな。
丸いパンにチーズクリームが詰められて、表面ににんにくバターと
はちみつがかけられているというのが一般的なのだけれども、
こちら、パンの中にみっちりと入っているのはカスタードクリーム。
そこににんにくの香りと甘いシロップ…。
0120-4
クリーム量すご。

ちょっと、なんだろうな。
おいしいという感じではなくて、やっぱりよくわからないな。
そもそもここににんにく風味をプラスする必要ってどこにあるの。
しかしM氏は「この世のものでないと思うくらいにおいしい」というので、
韓国の人の味覚には合うのだろうけれどもだ。

さて、午前中。
今日はジムがお休みなので、1年間放置していたおもちゃ整理をする。
こどもたちが使わなくなったおもちゃをネット上で売るべく、
写真を撮ったりなんだり。

…こういうのやったことないからよく分からないんだよな…。
とりあえず今日は写真を撮っていく。
本は4冊ずつくらいにまとめて。
それでも20品目くらいになってしまった。多い。
あとはコミュニティサイトにアップすればいいんだよな。
それは旧正月明けにすることにしよう。
とりあえずはやや前進。

さらに旧正月になるとゴミ捨て場がえらいことになるので、
その前に捨てられるものは片っ端から捨てる。
冷蔵庫、冷凍庫の中もチェック。
もう手をつけないと確定しているものは容赦なく捨てる。
すっきり。

息子、算数のテストで86点だったという。
え、かけ算とか計算問題で86だったらちょっと渋い点数よ、それ。
と思ったら、図形だったらしい。あー。なるほど。

図形の設問や文章題も普通にできたものの、
「長方形」の「方」と、
「三角形の辺」の「辺」という漢字が思いつかなかったと。
それ、算数の管轄じゃないやつだな。
けど、これを機会に覚えられたからいいさ。

やっぱり日常的に接していないという点では漢字はちょっと大変。
で、来週はその漢字テストがあるらしい。まあ、がんばれ。

そしてちょいちょい気になるのは息子の言葉遣い。

「もー、超最低最悪って感じー?」
「〜だっちゅうのー」

…あれだな、喋り方が日本の男児というよりも、
平成初期のギャル化してるんだけど、どんな影響なの、それ。

夕方、娘はピアノ二日目。
幼稚園から飛び出してくるなり「ピアノ行こう!」とやる気。
今日は院長先生ではない先生がみていただけたのだけれど、
この方、めちゃめちゃ美人さん。
さらに言うとスタイルがよくてグラマー。目線がついつい。
喋り方も上品で、物腰も柔らかい。
娘よ、こういう女性になるのだ…。母と兄を真似てはならない…。

一時間後に迎えに行く。
先生「本当にしっかりした子ですね」と。
…家でもその「しっかり」具合を10%でいいから見せてくれんか、娘よ。

明日から韓国は旧正月休みに入る。火曜日までお休み。
マンション内の放送で、
「ごみの分別をしっかりしてよね。
 このマンションに住むものとしての風格とマンション価値の上昇のために」
…みたいなことを言っていた。

日本だったらマナーを守りましょう、とか、
思いやりの心をもって…とか、どこか婉曲な感じで表現するものだけど、
なかなかストレートに言ってくるよな…。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月19日

ピアノ。

朝6時に起きて、まずジムのスタジオレッスンの申し込みをする。
…なんでこんな時間に申請開始なのよ…?

それでも6時ジャストは人が集中したようでつながらず、
少し遅れての申請となってしまった。先着順か…。
多分大丈夫かとは思うけれども、定員内に入ればいいな。

ついでにちょっと考えて自分の水泳スクールも一応申請しておくことにした。
こないだユネッサンに行ったときに、
ちょっとクロールでもしてみようかと思ったものの、
まず水にまともに浮くことすらままならなくて焦った。
なんだろう、とりあえず体が思い通りに動かない。

そもそもクロールも小学校で習っただけで、
息継ぎもいまいちうまくないので25メートル泳ぐのでやっとだった。
ちょっとここらでしっかり泳げるようになりたい…と思いたってみた。

こどもたちにも水泳はさせたいんだけどなー。
いろいろな方法を模索していこ。

朝、クーパンで注文したマカロン詰め合わせが届いた。
パッケージが干支とお正月デザインでかわいい。
0119-01
8個入りの大きめトゥンカロン(クリームが多い)で
1万ウォンちょっと。安いと思う。普通においしいし。

そして朝ごはんは昨晩M氏が買ってきてくれていたトースト。
0119-02
ハムとチーズ、キャベツの卵焼き、目玉焼きが挟まったホットサンド。
レンジで温めたあとにエアフライヤーで焼くとさらにおいしい。

そして、10時過ぎにわたしはジムへ。
よし、4日間連続で行けた。
金曜は休み。
そして週末は旧正月だから少し間があきそうではあるけれど。

昨日は5分連続で走るのはつらかったものの、
今日は10分連続でもあまり息があがらなかった。成長?

ジムから帰った後、家に帰って頭を洗い、
向かったのはピアノ教室。
M氏にアポをとってもらっていたので、直接話を聞きに行くことに。

教室は今月オープンしたばかりなのでとてもきれい。
びっくりしたのはピアノブースが16個もあったところ。
そしてどのピアノもなんだか非常に立派だった…。
外から見ると、そこまで広いとは思わなかったからびっくり。

そしてやさしそうな院長先生とお話する。
先生はカナダでピアノの勉強をされていたらしい。おお。
0119-05
こんな感じでやりますよー。
前に息子がピアノ教室に通っていたこともあり、
なんとなくやることはわかっているし、あまり差もないように思う。

韓国のピアノは週5で通うのも普通。
週2で通ったとしても月謝が3万ウォン(約3千円)しか違わないのだから、
やっぱり週5で通わせたくなるよね。
家で練習しなくていいのと、常に先生の横で弾くことができる利点。

あと、うちの娘にとっては、
幼稚園とは別の環境で韓国語を使わねばならず、
色んな年齢の子がいることによる刺激がある。
音楽ドリルで文字の練習もできるという利点もあると思う。

ピアノ教室は幼稚園の真横にあり、
家から歩いて5分ほどの距離であるので通うのにも楽。

…ということで、ここでぐだぐだ悩んでいても埒が明かないので、
早速登録させていただくことにする。
で、いつから通えるのか聞いたところ「今日からでもいいですよ」と。
娘、今日からピアノ通うの決定。
あとで来週あたまが旧正月休みだと気づいたけれども、いいや。
思い立ったが吉日なのだ。

夕食に牛丼をつくる。
0119-04
こないだ焼肉をしたときのあまりで。
いい肉らしいけれども、使ってしまえー。
旧正月にたべる焼き肉用の牛肉がたくさん届いているので、
前のものはどんどん消費。

夕方、幼稚園に迎えに行き、そしてそのままピアノ教室へ。
娘は「ピアノ弾く!!」と喜んでいたものの、
教室に入ると、一気に緊張が顔に出ていた。大丈夫かしら…。

先生が「1時間後にいらしてください」というので、わたしは一旦帰宅。
そして息子とライン通話。
息子側のスマホが「インカメラの向きが横になったまま戻らない」という
珍現象にさいなまされており、対応策を探すも全然見つからない…。

そもそもわたしはandroid詳しくないし。
知恵袋を見ても、再起動するとか自動回転をなんとかするとかで、
どちらもやってみたけれどもダメだったのよ。
…息子、一体何をしたらそういうことになるのさー。もー。

で、一時間後にピアノ教室へ。
…トイレがすごくきれいだった。
0119-03
ひょー。

そして教室を覗くと、
0119-06
いた。
先生とマンツーマンで理論勉強中。
とはいえ、色鉛筆で線つなぎみたいなものだったけれど。

正直、5時からではかなり遅い時間かと思うし、
1時間早めて4時からにしようかな、なんて考えていたのだけれども、
5時の段階ではかなり生徒さんがたくさんいたのに比べ、
6時になると娘とあとふたりだけになっていた。
先生は3人。

…この時間の方がじっくり先生に見てもらえるということだな。
もちろん、教室がオープンしたばかりで、
これから生徒さんがどんどん増えていくのだろうけれども、
今のところは5時のままにして先生を独り占めして教えてもらうのがいいかも。

で、娘。
泣きはしないだろうけれども、ちゃんとできるのかしら…なんて
心配していたけれども、
先生から「集中力があって、本当に素晴らしかったです!」と激褒めされた。
ピアノ教室っていうのはたくさん褒めていただけるところなんだな…。
そしてピアノ教室のかばんとお菓子をいろいろいただいて帰宅。

娘曰く「楽しかった。ピアノは3回だけ間違えちゃったけどできた」と。
よし、これからもがんばれ。

帰り途中、ねこさんがいた。
0119-07
野良のはずなのに、人にやたらと懐いている。
わたしたちが足を止めると、すぐに足元にやってくるほど。
なかなかのぽっちゃりボディさんだったので、
たくさん餌をもらっているんだろうな…。
これから寒くなるから温かいところにいるんだよ。

あと、マンションの敷地内にあったツリーイルミネーション。
0119-08 0119-09
こんなのあったのねー。
夜に外に出ることがなかったので全然知らなかった。

そして、キックボードで疾走して帰る。
0119-10
わたしも並走したけれども、この4日間のジム通いの効果というべきか、
一切息切れすることなく娘に最後までついていくことができた。
やってみるものだな。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月18日

情報。

困ったことになった。
いつも通りのペースで牛乳を2パック買ったのだけれども、
まったく減らない。
娘も飲むことは飲むけれども、
うちの牛乳の3分の2は息子が飲んでいたんだな…。

ということで、牛乳を早く消費すべく、
わたしの今日の朝ごはんは辛ラーメンカルボナーラ。
おいしいな、これ。
牡蠣のオイル漬けもプラスしたからブルジョワ感もアップ…。

しかし一気に消費できる牛乳の量は200cc。
シチューでも作るかな。白菜あるし。

ところで、娘の幼稚園。
実は今はまだ冬休み中であることが判明。←今更。
1月30日まで冬休みであり、それまでは課外保育期間なのだそうだ。
で、何が普段と違うのかといえば、
普段の担任の先生がお休みで、他の先生が代わりに来ていることくらい。
クラスメイトはひとりも休んでいないし、給食も出るし、
登園、降園時間も全く変わらない。

そういえば夏休みもそんな感じだったよな。
課外保育とはなんぞ…。

そしてわたしは家にある大量の包み野菜の消費をする。
0118-1
豚プルコギを包んでたべるのおいしい。

最近はこうして野菜の摂取をかなり心がけているのにも関わらず、
唇の裏に口内炎ができてしまったのは解せない。
何が足りないというの。

そして友人からものすごい寒波が来ていると聞いて、
来週の天気予報を見てたまげる。
0118-2
…え?
来週の火、水の最低気温零下13度?
それ、人が暮らせる温度よね、大丈夫よね?

もうマイナス1度くらいであれば全然余裕ーなのだけれども、
さすがに二桁はやばい気がする。

そして、今日。
マンション内に告知が出ていた。
ジムのスタジオでグループレッスンが。
そして、スイミングレッスン(大人、こども)も始まるらしい。
マジかーーーー!!

…と、よくよく見てみると、
それぞれ2か月のプログラム。
その後に続けようとするのであれば、その時々でまた申し込むスタイル。
こどもの水泳レッスンなんかは募集人数も少なく、
それはもう激烈な競争が予想されるのに、
運よく入れたとしてもそれは2か月で終わると…。うーん。

しかも申請が明日の朝6時ときた。
え?なんでそんな早い時間なの。誰得なの、それ。
とりあえず今回は自分のスタジオレッスンだけちょっと申請してみようかと
思うけれども、さてどうなることなのだろう。

あと、娘の幼稚園の迎えへ行き、
お友達のママと少し喋る。

そのママは幼稚園の横にできたピアノ教室に、
小1のお姉ちゃんを通わせるために申請してきたところだとのこと。
ちょっと待って。
そのピアノ教室、わたしもものすごく気になっていたのよ。

で、色々お話を聞くと、月謝はさほど高くない。(韓国基準)
週5で通わせることができる。(韓国では一般的)
まださほど生徒数はいない模様。
…ちょっと具体的に検討してみようかしら。

なんだか今日は一気にいろんな情報が頭に入り込んできたため、
ちょっと混乱気味であるのだけれども、とりあえず始めてみないことにはな。

あと娘が今日作ってきた貯金箱。
0118-4
下についている綿棒をくるくる回すと、
このピカチュウの手が動き、お金を引き込むシステム。
ほー、うまいことできてるー。

今日の息子。
0118-3
上の前歯が抜けたらしい。
えええ、こないだまでそんなに揺れてなかったのに。
ということで、前歯が今全然ない状態。
上の歯が××〇×みたいな感じでスッカスカ。
永久歯全然生えてこないー。

上の歯の矯正器具は前側にも引っかけるタイプなので、
もしかしたら無理っぽくない?なんて思ったけれども、
一応装着には問題がないらしい。よかった。

それにしても、下の歯の隙間がだいぶ出てきたな。
矯正前まではぎっちぎちに生えていたというのに。
やってみるもんだ。

あと来週、学校で息子は韓国についての発表をするらしい。
えええ、大丈夫なの?!
喋ることを箇条書きにしたメモを持って行きなさい!
なんならわたしが全部考えてあげようか?

…なんて、やっぱり過保護気味になってしまうのだけれども、
ここは息子の成長を信じて「自分で考えてやってみなさい」にとどめた。
さて、何を発表するんだろう…。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月17日

スラダン。

今日も外はマイナスの日和。
やっぱり日本とは気温が全然違う…。
緯度的にいえば東京とさほど変わらないのになぜだ。

そんな今日、M氏とこれを見に行ってきた。
スラダン
スラムダンク劇場版ー!

てっきり韓国では吹替の方が優勢なのかと思いきや、
字幕版もしっかり上映されている。
いや、むしろ字幕版の方が大きい劇場で上映されているような。

今日はいつもとは違う映画館へ来た。
0117-3
待合スペースがやけにおしゃれ。

中もおしゃれ。
0117-2
ちょっとレトロっぽい感じがいい。

そして変わり種ポップコーンを見つけてしまったので買う。
0117-1
胡椒ポップコーン。
韓国でメジャーなコショウの缶と同じようなデザインの箱がかわいい。
タイトルなし
このコショウとコラボしたらしい。
けど、アレだな。コショウなんだよ、これ。
味は結構おいしいのだけれども、たべるとくしゃみや咳が出そうになる。
…これ映画館でたべるのにはなかなかリスキーよ。

あと、こちらはドリンクがセルフなので、
氷抜きで入れることができてとてもよかった。
これからは全部の映画館で導入してほしいな…。

で、スラムダンク。
わたしの持っている知識としては、
30年前にジャンプで連載されていた時にチラ見した。
湘北高校のメンバーはわかる。
左手はそえるだけ。
あきらめたらそこで試合終了ですよ。
仙道と牧はわかる。

このくらいのものだ。
けど、初見でも楽しめるというのでどんなものかと思っていたら、
びっくりするくらいに面白かった。

主人公は桜木くんではなくてリョータくん。
リョータくん、そんな過去があったなんて知らなかったさ…。
アクの強い1年生と、ゴリと眼鏡くん、みっちゃんの3年生。
その間にいるちょっとチャラい感じの2年生みたいなイメージでいたけど、
アレだな。めちゃめちゃかっこいいな。

なにより、本当のバスケのコートの中にいるような臨場感。
音とか動きとか。
キャラクターたちの目の動きだとかもすごくリアル。
わたしの中にあった漠然としたスラムダンクの画に、
一気に魂が吹き込まれたかのような感覚だった。

あと、ちらっと出てきた海のシーンがいかにも湘南な感じでよかった。

ちなみにお客さんは平日の午前中の割には多かったと思う。
中には小学生のお子さん連れの方々もちらほら。
吹替じゃなくてよかったのかしら。
韓国でも人気があるっていうのは本当だったんだな。

見た後に昼ごはん。
0117-4 0117-5
とんかつ屋さんで。
なぜかとんかつ屋ではいつもこのポタージュスープが出てくる。
わたしはキムチうどんとミニとんかつのセット。
…正直、とんかつはミニではなかった。たべきれないよ!

そして、仕事へ行くM氏と別れてわたしはバスで帰宅。
家に着いてからソファにごろんとしてしまうと、
もう動かざること山のごとしになってしまうので、
ささっとジムへ行く準備をして今日も向かう。

しかし、わたしの体は全身くまなく筋肉痛…。
翌日に筋肉痛が出るなんてまだ若いわね、なんて思うけれども、
足のつけ根と肩甲骨、腰の筋肉ががっつり痛くて動くのもつらい。

とりあえず、今日は2キロ。
歩いて走って歩いて走って、そして最後は早歩きで〆る。
正味20分弱。
有酸素運動で脂肪が燃え始めるのは30分以降であるということは
よく知っているけれども、それでも疲れたので帰る。

そして学校から帰ってきた息子からビデオ通話。
「もうだめかもしれない」と。

え?なにが。大丈夫なの?!
「もう…日本に慣れすぎて韓国に行けないかもしれない」

……。日本で楽しんだあとは黙って韓国に戻ってこい。





m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月16日

ジムデビュー。

朝、娘に髪型のリクエストを聞く。
…とはいえ、三つ編みの有無、おだんごの有無、
ヘアゴムの種類ぐらいなものなのだけれども。

大抵いつもは「三つ編みでいい」「そのまま(普通に結ぶ)」
というような答えなのだけれども、今日は違った。

「三つにして」

…三つ…?
えーと、それは三つ編みという意味なのかな。

「違うよ、蜜璃ちゃんみたいに三つ編みを三つするの」

えーーー…。
四つならば、一旦二つに結んだ後に二つずつ三つ編みを作るという
苦し紛れの技があるのだけれども、
三つ?

ここはグーグル先生に尋ねようと思ったものの、
さすがに三つ編み三本なんてけったいな髪型は出てこない。

ということで、こんな感じにした。
0116-01
三本。
もう、かわいいかかわいくないかというような話ではない。
リボンは一番上のゴムが出ていてかわいくないので、
それを隠すためにつけようとしたのに、
娘はこれをぜったいに耳の上にしかつけない。なんで。

そんなこんなで娘はM氏と幼稚園へ。
戻ってきたM氏がサンドイッチを買ってきてくれた。
0116-02
ほう、いちごサンドだね。
…と思ったら、パンがデニッシュになっている。
0116-03
これ、すごくたべやすくておいしい。
間違いなくカロリー爆弾ではあるけれども。

その後、M氏とマンション内のジムの契約をしに行った。
ここに住んで約1年。
噂によれば開く前から赤字だとか、器具が届かないとかで、
紆余曲折あったようなこのジム。

ようやくオープンとなったので通うことに。
家から一度も外に出ずにささっと行けるのでものすごく都合がいい。
今はまだ暫定的なオープンのようだけれども、
来週からはドアに顔認証機能をつけて、きっちりと管理されるとのこと。

思ったよりも広かった。
0116-06
あと、ちょっとしたスタジオもあったので、
コロナがなんとかなったらグループレッスンとかもやってほしい…。

さあ、走る…じゃなくて歩くよ。
0116-05
コロナ時代直前までジムに通っていたけれども、
それからずっと運動というものはご無沙汰。
たまにYOUTUBEを見て踊っていたくらいで。
前はランニングマシンで20分くらい続けて走れたものだけれども、
今日は5分もせずに呼吸がついていかない。

なんでこんなに苦しいんだ…と思ったら、
わたし、普通にがっつりしたマスクをつけていたわ。
…高所トレーニングしてるみたいになってるし。
明日からはちょっと薄目のマスクをつけてくることにしよう。

とりあえず、歩いたり走ったりで2.5キロ。
初日にしてはまずまずなのではないだろうかと。

あと、このマンション付属のジムの何がいいといったら、
誰とも話すことなく行って出てこれること。
町のジムだと、まず入口でトレーナーさんとあいさつをし、
そして帰るときも同じくあいさつをして出ないといけない。

あいさつ自体は別にいいのだけれども、
「がんばってますね」とか「こないだ来なかったですね」とか
「大分できるようになりましたね」とか「もう帰るの」とか、
そうした言葉を交わすのが徐々に億劫になっていた自分がいたので。

…別にやましいことは何一つないのだけれども、
できれば誰にも接することなく自分の好き勝手にやりたいんだよな。

とりあえず、今のジム環境はわたしにとっていいものだと思うので、
無理せず長く続けられたらと思う。

そして意識の高いわたしの昼食はこれ。
0116-07
パプリカ。
…もちろん、これだけじゃ足りなくていろいろたべたけど。
M氏お母さんがたくさん作って行ってくれた餅スープに
カレーを加えてアレンジしたのをたべた。おいしい。

それにしても部屋の中が暑いなと思ったら、
0116-08
結構室温高い。
外は零下なのだけれども、暖房いらないぞ、これ。

あと、M氏お母さんが置いて行ってくれた牡蠣。
火を通してからオイル漬けにしておくことにした。
0116-04
それでも早めにたべないとだな。
何しよ。

午後、わたしが先月21日に日本から送った船便到着。
0116-09
めちゃめちゃキレイな状態。
船便といえば、ぼろっぼろになって届くというのは昔の話なのか。
何を送ったっけかな…?
…と、出してみたらキッチンハイターの詰め替え用が7本も出てきた。
自分、どれだけ漂白する気なんだ。

韓国ではお風呂場用の泡ハイター的なものはあるのだけれども、
キッチン用のものはない。
成分的には同じなのかな。それでもなんとなくキッチン用のがいい。

そして、今日も息子がやたらと電話してくる。
もう、いい加減にしてーーー。
0116-10
こういう画面エフェクトで遊びたいらしい。
最近のライン通話ってすごいのな…。



m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月15日

家族の集い。

一昨日くらいに、うちにM氏お兄さん一家が食事をしにくるという話を聞いた。
M氏お兄さんはソウル在住。
本当はご両親の家で集まりたいものの、あまりにも手狭なので、
うちになったらしい。

へー。別にいいけど、何時くらいからやるの。
「夕方近くになるんじゃないの?」
ふーん。

…くらいの感覚でおり、
まあとりあえず、部屋の掃除くらいはしておくかと思っていたのだけれども、
昨日の夜に詳細を聞いてびっくり。

「夜7時に飛行機で釜山着」

え?夜なの?
しかも、お兄さん一家はその日に帰るという。
…別にそこまでして来なくてもよくない?と思うけれども、
どうやら旧正月に釜山へ来ることができなそうなので、
今のうちに集まっておきましょうみたいな感じらしい。

よくわからないけど大変なのね。

ということで、昼間は普通の日曜日として過ごす。
M氏はずっとスラムダンクを読む。
今回買った愛蔵版は昔に発行されていたものと少しセリフが変わっているらしく、
無難な「おりこうさん」な感じになっているらしい。

でも、わたしがどうしても違和感があるのは呼称。
ヒロインの晴子さんは主人公を「桜木くん」と呼び、
花道は晴子さんのことを「ハルコさん」と呼ぶ。

しかし韓国版だと「ベクホ(花道)」「ソヨン(晴子)」といわゆる呼び捨て。
わかっているのよ。
韓国にも一応「〜さん」とか「〜くん」に値する言葉はあるけれど、
同級生同士では使わないということを。

それでも、このカタカナでの「ハルコ」に「さん」をつけるくらいの距離感?
ただの同級生じゃなくて、こう…なんかあるようなニュアンス?
そういう感じ…なんだけど、わかる?

…と、M氏にしつこくからむ。
M氏「なんとなくわかる気がする」っていうけど、本当かしら。

そんな中、突然、娘に聞かれた質問。
「『かたぎ』ってなに?」

…?!!
何?なんかあなたまた変なYOUTUBEチャンネルでも見ちゃったの?!
「違うよ。ちゃれんじに出てきた」

え?!!ちゃれんじに「かたぎ」なんか出てくるわけないでしょ。
0115-1
出てたわ。

問題によると「た」を抜いて読んでみてね、というもの。
なるほどだけれど、ちょっとびっくりした。

あとはフラフープをしたりアニメを見たり。
0115-2
試しに2本でやらせたら普通に回せた。
もう、特技にフラフープって書いてもいいと思うよ。

兄がいないので、邪魔もされず喧嘩にもならず。
…非常に落ち着いた昼下がりだな。
え?こんな感じでいいの?と思うほどに穏やかな時間が流れる…。

で、ちらっと昼寝をした後にM氏お母さんがお見えになる。
今日は牛肉を焼くという風に聞いていたのだけれども、
お母さんはいろいろ副菜や汁物を作りたいのだとか。ほほう。

材料。
0115-3
全部今朝、市場で買ってきたのだという。ほー。

さて、嫁としてお手伝いしますよ。
0115-4
根にんにく?
やたらと可食部の少ない食材の根っこを落として葉っぱを落とす。

あと茎わかめを洗って切ったり。そのくらいだけど。
0115-6
…え、何人集まるんだっけ。多くない?

しかし、何かを作るごとにお母さんは、
「どうしようかしら…、作らなくてもいいかも…」と逡巡なさるので、
「いいえ、作りましょう!」と横から言いまくっていたのはわたしだ。

そしてお母さんはお餅のスープやチヂミなどをどんどん作っていく。
わたしが「おなかすいた」とこぼしたところ、
「今たべるのよ!」と、牡蠣がたくさん入ったチヂミを焼いてくれた。
0115-7
たまごがたくさんでものすごくおいしい。
日本人的にこれは絶対にポン酢が合うと思うのだけれども、
横入りしてきたM氏は酢コチュジャンでたべていた。
それだと味が濃すぎてチヂミの味がまったくしなくなるじゃないの。

そんなこんなで7時半ごろにお兄さん一家到着。
一人息子のJくんも一緒。
Jくんは息子と同じ年なのだけれども、体がでかいー!

そして部屋に入ってくるなりハルモニ(M氏お母さん)にハグ。
…うちの子たちは絶対しないアクションだな…。
韓国の子たちってそういうのどこで覚えてくるんだろう。

あと、M氏お姉さんと息子くん(弟)も来た。
M氏が肉を焼く担当。
0115-8
みなさん楽しく食事をされていて何より。

娘は完全に人見知りモード突入だったものの、
Jくんと徐々に距離を狭めていき、ちょっとしたゲームをしたり、
ハンドスピナーを体のどこで回せるか選手権をしたり、
フラフープバトルを繰り広げたり、
最後はふたりで犬になりきって部屋中を走り回るという、
ちょっとよくわからないゾーンに入ったりして、とりあえずは楽しかったようだ。

聞いたところによるとJくんは、
毎日のように複数の塾に通い、
学校には彼女がいて(彼女と一緒にいるときはママをガン無視するらしい)
本好きのためか、書き取り試験はノー勉強でも100点。
…という、スペックの高いお子であるとのこと。

え?うちの息子?
書き取り試験なんて、一文字でも書けてたら「すごいじゃん!」の域よ。

おそらくこの「いとこ」関係が日本人同士であったならば、
こちらも競争心であるとかそういうものが芽生えたのだろうけれども、
あまりそうした気にならないのは、
あくまでも「よその国の話」みたいな感覚があるからなのだろう。

それでもJくんからすると「日本語できるの羨ましい」とのことなので、
みんな違ってみんないいんじゃないの、的な。

そして9時にはお兄さん一家、みなさまがお帰りに。
その後の後片付けも10時前には終了。

集まる時間が遅いー、なんなのー。めんどいー。
…なんて、正直思っていたけれども、こんなスピード感で終わるのであれば、
夜集合も全然悪くない…。



m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月14日

ひとりっこ。

昨日と今日で気づいた。
あれ、夜になっても喉が痛くないぞ。

息子が日本にいるので、今は娘の一人っ子状態。
喧嘩もないし、大声で指示をしなければならないこともない。
…あれ、めちゃめちゃ平和じゃん、これ。

そして部屋がとても静かだ。
わたしは自分のことをし、娘はひとりでレゴをしたりタブレットを見たり。
謎の釣り道具を作ったり、図鑑を読んだり。

娘は今まで一人っ子状態になったことがなかったので、
こんな風に過ごしてみるのも悪くないのかもしれない。
お父さんの肩車も独占できるし、たべたいもののリクエストもよく通る。
見たいテレビも、YOUTUBEも自分の思いのまま。

そうしてみると、今まで娘は大分息子中心の生活をしていたのだなと思う。
声が大きい方が勝つというか、大抵娘が丸め込まれるパターンだった。

ついでに息子は今日も10回近くビデオ通話。
雨の土曜日ということもあって、暇だったらしい。
ただ、母に天ぷらを作ってもらったり、駄菓子屋へ行ったりと、
こちらはこちらで穏やかに過ごしているようだ。なにより。

で、こうしてゆっくりと娘をみることができるようになったのだけれども、
アレだな。ひらがな、カタカナがまだあやしいのな。
息子の時は結構ドリルなんかもやったりしていたものの、
娘の場合はなんとなーくできているような気がして、
あまり重点的にみてあげたことがなかった。

で、今日ひらがなとカタカナのチェックをしてみたのだけど、
運筆がたどたどしい。
カタカナは読めるけど、書き順通りに書けるものは少ない。
鉛筆の持ち方がおかしい。
…という課題を見出すことができた。

韓国では来年度「年長」ではあるけれども、
早生まれのため、日本では小学一年生になる。
できれば、ひらがな、カタカナ、漢字は今年中にやっておきたいんだよな。

あと、娘は左利き。
ハサミや箸は右で持つこともあるけれども、
鉛筆はどうやら左で固定されてしまいそうだ。

左手で書くからなのか、すべて右から線をひきたがるし、
書き順を教えるのもなかなか骨が折れる…。
左利きだから右から線を引いていい、なんてこともないだろうし。

とりあえず、息子が帰ってきたらまた息子の韓国語学習だの
漢字学習に時間をとられそうなので、
今のうちに娘のひらがなカタカナはできるだけ仕上げておきたい…。

以前、鉄道博物館で買ったフリスクケースが出てきた。
中には早速砂糖菓子を詰める。
0114-1
そして、秒で娘に奪われた。
あげてもいないのに「ありがとー!」って、おい。

そんな今日。
小雨が降ったりと、ずっと曇り空。
わたしと娘はテレビでアニメを見たり、昼寝をしたりゆったり過ごす。
いや、ゆったり過ぎるだろ…。なんかやることあるだろ…。

夜ごはんもマックの出前にしちゃったし。
新製品というか、去年も見たことがある限定バーガー。
0114-3 0114-4
幸運バーガーゴールド。
…うん…へえ…。ああ、こんな感じだったな。
あと、このくるくるになっているポテトは、
いつもついつい頼んでしまうのだけれども、やっぱり普通のがおいしい。

ハッピーミールのおまけはマリオのおもちゃ。おお。
基本メニューが変わっていたけど。
0114-2
チーズバーガーとポテト…ではなく、
デフォルトが「いちごココナッツプリン」になっている。
前はチーズフライだったのに変わったのね。

そして値段が5500ウォン。(約550円)
日本だったらアプリで400円だったのに…。かなしみ。

日本のマクドナルドも値上げすると聞いたけれども、
ハッピーセットも上がるのかな。




m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月13日

二日目は雨。

7時半、息子からのビデオ通話で目が覚める。
…。
こちらは8時起床予定なんだぜ。
別にモーニングコールはしてこなくてもいいんだぜ…?

しかし暗い。
あれ?朝ってこんなに暗いものだっけか。
0113-1
リビングの様子。
ああそうか。雨が降ってるのか。
気温をチェックしてみると14度。…14度!?温かすぎ。

ということで、娘にはコートの代わりにパーカーを着せて準備。
久しぶりの幼稚園で緊張しているものかと思いきや、
まったくもって普通モードだった。よし。

そして、昨夜スラムダンクの漫画を3時近くまで読み続けていたというM氏を
9時にたたき起こして娘を幼稚園へ送ってもらう。いってらー。

さて、静かになった部屋。
まずは掃除をして、洗濯。
あとは水回りをちょっと磨いたり、クリスマスツリーを片付けたり。

…。
あれ?わたし、いつもこの部屋でどう過ごしていたっけか。
なんだかとりあえず落ち着かない。
座ったり立ったりを繰り返しては、うろうろ。

そうだ、昨日見逃していたシンウルトラマンを見ねば。
何度か中断しながらも見たーーー!
アレだな。もう今まで見続けていたウルトラマンが山ほどあるけれども、
すべてがこの一作で集約できてしまったかのような…。

最初は現代的なストーリーだとか、見せ方と、
そのウルトラマンと怪獣という取り合わせに違和感があったけれども、
すごいな、いつの間にかそれがぴったり合わさってくるのだから。
いや、えええーーー?!っていうシーンもあったけど。巨大化とか。

あと出てくる「ゾーフィ」
あれ?確かこれって「ゾフィー」ってのがいなかったっけ?
なんて思っていたのだけれども、後々ネットで見たら、
小ネタ満載のそういう設定であったらしい。なんだそれー!

ウルトラマンについてあまり知らないというのに、
全部知ったような気になれてしまう、そんな映画だった。
ていうか、米津玄師、エンディングテーマいいな。
映画を見てから聞くとさらに「ああ…」感が。←語彙消失。

で、さらに落ち着きをなくしたわたしは、
とりあえず通常営業に戻るべく、クッキーを焼いてみることにした。
0113-4
どーん!
こんなに作ってどうするんだよー!!

しかし、日本でも二回ほど焼いてみたけど、
こっちで作る方が格段にうまくいくな。オーブンの違いだな。これは。

そして娘が帰ってくるのは5時。
この頃、睡魔に襲われつつあったものの、お迎えへ。
お友達のHちゃんにもおみやげを渡すことができてよかった。

一ヵ月ぶりの登園は娘にとって楽しかったらしい。
クラスメイトたちがみんな「(娘)だーー!」と次々と来てくれて、
男の子に抱っこされたりもしたらしい。

…え?
男の子に抱っこ…された?
いや、別に全然いいけど、随分熱烈な歓迎なのな。

あと、ついでにM氏ご両親のおうちへも行くことに。
父から高級カステラを貰ってきており、その賞味期限が18日…。
これは、行かねばなと。
娘の幼稚園から徒歩10分以内でもあるし。

で、行く途中に電話をして、ほぼアポなしで向かう。
0113-2
街。
午前中から午後にかけてたくさん雨降ってたからな。

ご両親宅ではおみやげをお渡しし、少しだけお話をした。
お菓子をいただいたり、
おかずにつくったという牡蠣の卵焼きをたべさせてもらったり。
いきなり行ってしまったというのに、なんだか非常に申し訳ない。

その横で娘はマッサージチェアーで「うあああああああああ」とかやってるし、
いきなり腹筋運動をしてご両親に絶賛されまくったり。←謎。

あとお父さんは禁煙に成功したらしい。
おお、どのくらいやめたんですか。
「うん、半月だな」

……いや、成功って言うには時期尚早だろー!
オブラートに包み「まだ微妙ッスね」と返事。

いつもニコニコで迎えていただけるし、
家も近所なのでおそらくは頻繁に行ってもいいのだろうけれども、
わたしにそうした社交能力がないのが問題なんだよなあ…。

近くのスーパーで油とヤクルトを買って帰宅の途につく。
0113-3
イルミネーションもちょっと見た。
娘が幼稚園に傘を忘れてしまったので、
それを取りに行ってから帰ろうとしたのだけれども、
この頃には6時になっていた。

駅前でちょうどお帰りになる幼稚園の先生たちと会ったのでご挨拶。
あー、もう門は閉まっちゃったねえ。
傘は月曜日に回収しようか、なんて話しながら幼稚園の前を通ったところ、
園の駐車場で閉じ込められている人を発見。
いや、人というか車というか。

幼稚園が閉まると必然的に駐車場の門も閉まる。
外から開けられないようにがっちりとチェーンの鍵もかけられる。
で、わたしたちの目の前には、
がっちりとチェーンがかけられた向こうで立ち往生している車。
おじさんが焦りながらどこかに電話をしているようだった。

…もう駐車場のおじさんはいないし、
幼稚園の先生もさっき駅前で会ったけど、バスか地下鉄に乗っている頃。
おじさんひとりであれば門を越えればいいだけだけど、
車はさすがに出すことができないだろうな。

わたしはそのまま素通りしたのだけれども、
あれからどうなったのか気になる。
明日あさっては土日だから、その間は駐車場も開かないだろうし。

で、家に着いた後、娘にごはんをたべさせながら、
わたしは園でもらってきた進級に関する書類の作成。
0113-5
16枚もあるんだぜ…。
とりあえず、わたしにでも書けるものは書いてしまおうと思ったら、
外国人名義だと面倒になってしまう銀行口座関連のもの以外の15枚は書けた。

ていうか、アレだな。
韓国ってあんまり個人情報だとかそういうものにうるさくなさそうだけど、
書類になると、ともかく出てくるのが個人情報なんちゃらかんちゃら。
多分、三分の一くらいはそれ関連にものだったのではないかと。

で、いつも悩むのは「こどもの性格」欄。
もう一年通わせているわけだし、先生たちの方が娘の対外的な顔をよくご存じ。
そんな中で何を書くか迷い、
結局「明るい性格ですが、恥ずかしがり屋な面もあります」と、
ほぼ90%ほどのこどもに当てはまりそうな無難な内容に落ち着く。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月12日

韓国戻り。

朝、4時半起床。
きっと何度か目が覚めてしまったり、
アラームが鳴る前に目が覚めてしまうんだろうな、
…なんて思っていたものの、

「…?なんでこんな真っ暗な時間にアラーム鳴ってるの」

と、完全に忘却モードで起きた。
あぶなー、二度寝とかしてたら大変なことになるところだった。

で、一緒に起きてきてくれた母とお茶を飲んだり、
息子のことについての申し送りをしたり。
わたしが娘を産んだときに、
息子と母は一週間ほどふたりで暮らしているものの、
今回のケースとは全然違う。期間もだし年齢もだし状況もだし。

まあ、それでもいつでも連絡はとれるし、
ビデオ通話もできるし、位置情報だって見ることができる。
とりあえずはお互いに慣れるのみだ。

息子にも挨拶をして出て行かねば。
…と、家を出る前に寝ている息子に話しかけたものの、
「あー?うん、はいはい……」
と、目も開けずにそのまま再び夢の中へ。

あれ?がばっと飛び起きて「おかーさん!」みたいなのを想定していたのに、
そんな感じなの?そう…そうか。

ということで、まだ真っ暗な中、娘と一緒に家を出る。
バスは一番早い始発。
ただ、最近バスのダイヤがかなり縮小されたせいか、
めちゃめちゃ混みあうこととなった。
朝イチで混雑の中とかつらいんですけど。
…もう一本くらいこの時間帯のバスを増やしてくれてもいいじゃん。

そしてわたしがいつも心配しているのが、電車の遅延。
いつもは特急電車の乗り継ぎよりも
30分以上前には乗り換え駅に到着できるようにしているものの、
今日はどんなに頑張っても乗り継ぎの10分前にしか到着できない。

ということは、突然急病人が発生、とか信号待ちだとか、
そういうアクシデントひとつが命取りになる。
うちは成田空港からかなり離れているため、
その特急電車に乗り遅れることは、飛行機に乗り遅れることとイコールになる。

バスはとりあえず時刻通りに到着。
そして電車も遅延なし。よし。
走り出しは順調。しかしなんだかちょっと緊張してきたぞ。
未来の「もしも」なんて想像しても仕方ないこととはいえ、不安は不安。

その不安を紛らわせるためにTwitterを開く。
タイムラインに出てくる適当に面白テキストでも読んでいれば、
気持ちが落ち着くはず…と思っていたところに、
「話題のツイート」でフワちゃんがオーストラリアで飛行機乗り遅れーと
いうのがあがってきた。

しかも、彼女は飛行機に乗れなかったので、
スカイダイビングに挑んだり(強風で不発)なんだりと、
色々と時間を有効活用するべく動きまわったようで、
凹む様子は殆ど見受けられない。

彼女、前にも何回か乗り遅れていた気がするけど…。
けど、まあ、あんなに忙しそうな方でも乗り遅れたら「しょうがないわ」で、
いけるもんなんだよな。

なんでわたしはこんなに「必ず」今日行かねばならないみたいな
切迫観念みたいなのがあるんだろうなあ。
多分、「面倒ぐさがり」で必要最低限のことしかしたくないという
性格がそういうところに通じてきているのだと思うけれど。

…ということで、そこから妙にスッと落ち着くことができたという。
ありがとう、フワちゃん。

そしてさよならスカイツリー。
0112-1
車窓から見えるといつも興奮してしまう。
もう何回も見てるのにね。

そして空港到着。
もう冬休みでもないし、平日だし。そんなに混雑してないだろ。
そう思ったら本当に空いていた。あら。

あらかじめ家から送っておいたトランクを受け取り、
その目の前にあるチェックインカウンターで待ち時間ゼロでチェックイン。
え、こんなにスムーズにいったことある?

しかも、見て。
0112-02
29.3キロ。
預け荷物制限、ひとり15キロ×2。
きっちり仕上げてきたのよ…。

チェックインがすぐに終わり身軽になったところでコンビニへ。
荷物に入れられなかった分、ここで色々お菓子などを買いまくる。
この時間、いつも至福…。

そして出国手続き。
荷物検査も引っかからず、出国審査も待ち時間ゼロ。
搭乗口のすぐ横にはキッズスペースが。
0112-03
こんなとこあるんだ。
あまりにもスムーズにいきすぎて、搭乗時間まで一時間近くあったけれど、
ここでごろごろと遊ぶことができたのでよかった。

ずっと娘が撮らせてくれなかった、
ふじっこガチャガチャ、きんとき豆をこっそり撮る。
0112-04
かわいいよね、このストラップ。
娘が気に入ってずっと手放さない…。

キッズスペースでは英語ではない言葉のご家族と少し遊んだり、
(金髪の赤ちゃんがめちゃめちゃ天使だった)
こうしてタブレットで遊んだり。
0112-05
こんなにストレスレスな待ち時間があっただろうか…。

そして定刻通りに搭乗。
一番前の座席を予約してあったので、足元広々。
隣には赤ちゃん連れのママ。

赤ちゃんはおとなしい子で、さほどぐずりはしなかったものの、
ママがすごく気にかけているのがわかる。
ちょこちょことお話をしたくらいであったのだけれども、
そのママが韓国語日本語両方ネイティブの方で、
そちらの方が気になって仕方がなかった。いいな…。

久しぶりに乗ったエアプサンは、機内食もドリンクサービスもなくなった。
けど、乗っている時間は2時間ほどでもあるし、別にこれでもいいかも。
娘は持って来ていたアンパンマンパンをたべた。

わたしはこれよ…。
0112-06
あまり食欲がないときでも絶対にたべられる梅しそおにぎり。
試験前だろうが緊張しているときだろうが、これは鉄板。
いつでもどこでもおいしい。

そして無事に釜山到着。
最近、ニュースで成田空港に不審な爆破予告の電話が入るというのを
見ており、「まさかな…」なんて思ったりもしたけれども、
いつも通りにナイスなフライトでよかった。

一番前の座席であったので、一番乗りで飛行機を降り、
一番乗りで向かったのは健康チェック。
機内で書いた黄色い健康カードを提出して終わり。

その後すぐに入国手続き。こちらも一番乗りであったのと、
他の飛行機からのお客さんもいなかっため、待ち時間ゼロ。

なんだかやたらあっさりと出てこれたな…と、
預け荷物の出てくるターンテーブルまで行ったところ、
ちょうど動き出したところで、一番最初にわたしの荷物が転がり出てきた。
そしてほどなくして二個目も出てきたので、そのままゲートから出る。

…。
0112-07
1時半前くらいに到着の便だったはずなのだけれど、
1時半にはもう外に出ちゃったぞ。

M氏が迎えに来るということだったので、
「じゃ、2時で」と伝えてしまっていたじゃないのさ…。
そして、15分ほどしてからM氏到着。
そのタクシーに乗り込み、家まで帰る。
夕方の時間帯は混みあう道路ながらも、2時前はガラガラだった。

そして家到着。2時15分。
久しぶりの家はなんだか新築の匂いがした。こういう匂いだったのか、うち。
部屋もきれいなまま。
聞けば昨日、M氏お母さんがいらして掃除をしてくれたのだとか。
いや、M氏、おまえがやれ。

で、荷物を全部出すぞーーー!
0112-06a
まずチェックイン後のコンビニで買ったものたち。
娘の大好物であるみたらしだんごも。
これ、串だし若干液体っぽいし、荷物検査でひっかかるかしら、
なんて思っていたけれども、大丈夫だった。よかった。

あとはいろんなところで買った小物だとか雑貨だとかドリルとか。
0112-10
スパイファミリーグッズもキャンドゥーでいろいろ買った。
ぼのぼのグッズも。

あと何よりもこれ。
0112-09
いくらたべおさめ。
心してたべる。

で、家で何か変わったことはないかな、と思ったら、
M氏の部屋にこんなものが。
0112-11
スラムダンクの愛蔵版。(韓国語)

韓国でもスラムダンクの映画が公開されていると聞いて、
「わたしが釜山戻ったら見に行こー」と言っていたのだけれど、
その後にM氏の中でスラムダンク熱が燃え上がり、
映画を見る前に復習をするべく買いそろえたのだとか。

ちなみに韓国版は名前が違う。
0112-12
流川くんはソテウンだし、花道くんはカンベクホ。
誰やねん。

そのため、韓国での映画の公開は字幕と吹替の半分半分。
吹替も韓国での人気声優さんがしているあってレベルが高いらしい。
それなら韓国でわざわざ字幕で見る人なんていないんじゃないの?

M氏
「いや、今スラムダンクを見る世代であれば、オリジナルも見たい。
 オリジナルの日本語版の名前だって大抵は知ってるし」とのこと。

ああ、そうだ。
日本ではゲームをする息子にテレビを占領されて見られなかったけど、
いろんなところでおススメされたシンウルトラマンを見なければ。
…と、テレビをつけて映画チャンネルで見ようとしたのだけれども、

娘「すまない先生(YouTube)が見たい」

…。
結局、冒頭の30分くらいしか見ることができなかった。
明日ゆっくり見よう…。
ていうか、冒頭のあのぐにゃああああっとしたタイトルコール?
あれ、めちゃめちゃ懐かしかった。今思うと怪奇でしかないけど、あの絵面。

夜、チキンをたべる。久々ー!!
0112-13
娘は日本で買ってきた鮭おにぎりとポテトをたべるくらい。
横で延々と点描細工を作っていた。
0112-14
細かい作業好きだよなー。

で、なんだかんだで心配していた息子は、
事あるごとにビデオ通話をしてくる。
いや、一日一回にしとこうぜ!初日だからいいけど。

しかも、ライン通話でエフェクトをかけられると知ってからは、
娘と息子がそれでずっと遊びまくり。
いいけど。

母曰く、息子はきちんとごはんをたべて宿題をして、
ゲームも時間を決めてすると言っているらしいので、
いいスタートをきれたようだ。

娘もすぐに一人で部屋で寝たので、
その後、わたしは明日幼稚園に提出する報告書作り。
あー、作文しないといけないなあ…なんて思いながら用紙を見たところ、
「絵や写真、入場券などをもって作成してください」とある。
え、字書かなくていいの。

ということで、写真を並べたものをプリントアウトして貼る。
0112-15
これにて完成。簡単ー。

m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月11日

前日。

明日、韓国へ戻るわけだけれども、
荷造りは終わってしまったし、特にやることもなく。

母からかぶのシチューを作っておけというミッションを受けたので、
とりあえず、シチューのルーを買いに散歩がてら、
近所のドラッグストアへ娘と向かう。

寄り道しまくり。
0111-01 0111-02

0111-03 0111-04
春頃になるとカメも見られるんだけどなー。
今日は鴨とブラックバスを観察。

娘がこないだ天才てれびくんで見たという「水切り」をしたいというので、
河原にも降りてみた。
しかし、水切りはなかなか難しかった。
わたしもできなくなっていた。
昔はこの同じ場所でよくやったものなんだけど。完全に腕が鈍ったな。

それにしても温かくてまさしく散歩日和。
鳥の鳴き声を聞きながら、明るい道をゆっくりと歩く。

ドラッグストアでシチューの素とポケモンのバスボムを買い、
最後にガチャガチャ。
0111-05
うちの子たちが小さいうちからお世話になっていた
このガチャガチャは、あと一週間ほどで撤去されてしまうらしい。
色々面白いのがあってよかったんだけどな。
ちなみに、ここで娘は「ふじっこ」のおたふく豆ストラップと、
リプトンのグレープティーストラップをゲット。

そして家に着きそうなところで、
娘が「車でお買い物に行きたい」と言い出した。
今日で最後だし、わたしもおいしいパンがたべたい。

…ということで、すぐさま駐車場へ行って車を出す。
こういう環境がやっぱり便利だしいいよな。
どこにでもすぐに行けるということで生活の質がぐんとあがる。

で、パン屋さんでいろいろ買う。
長いバケットピザ、これで400円しないってどういうことなの。
0111-08
バケット半分がそのままピザになっている。
しかも具もチーズもたくさん。採算とれてるの?

あと、スーパーで納豆だのをお使いで買う。
0111-07
胡麻坦々…だと?
早速たべてみたら普通においしかった。
こういう納豆のバリエーション楽しいよなー。

そして、かぶを使ってシチューを作る。
0111-09
韓国でなかなか見ない、かぶ。
ビーツはやたらよく見かけるのにな。
みんなビーツで何作ってるんだろ。ボルシチ?

そうこうしているうちに息子帰宅。
もう給食が始まり、5時間授業。
給食ではお正月料理が出たらしい。へー!

あと、生活科で収穫体験をしてきた。
0111-10
小さいだいこんとかぶ。
…七草粥の材料みたいね。
これらは明日、母が料理をしてくれることとなった。

で、何かし忘れたことはないか…と思っていたところで、
ふと母と息子が2月末に韓国へ来る際の
前泊ホテルの予約をしていないことを思い出す。

いくつか成田空港の近くのホテルを見てみたところ、
全国割を使い、なかなかお得な予約を取ることができた。
心配なのは空港近くのホテルは外国人の往来が多いということ。

…とはいえ、こないだ行ったユネッサンも
やたらと外国人だらけであり、
しかもお客さんのほぼ全員ノーマスクだったもんな。わたしたちも含め。

しかも外国人に対してコロナのおそれを抱いてみたりしているけれど、
そもそもの部分で日本国内だってかなりの流行中であるわけで。
もう、どこに行こうが変わりないわなーー。

で、ホテルの予約とシャトルバス時刻表をプリントアウトしにセブンへ。
…プリンターがうちにあればいいなと思うけれど、
そうだ、前に買おうと思ったときはコロナ禍でテレワーク全盛期。
プリンターの在庫がほとんどありません、みたいなことを言われたんだった。
もう品薄は解消しているのだろうか…。

ていうか、もうセブンでできるからいいんだけどさ。
0111-11
ついでにピザまんを買ってたべる。
チーズ溶ける!生地やわらか!!
わたしの知っているピザまんとは違う…。進化してる。

あと、梅が咲き始めていた。
0111-12
そろそろ春。



m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月10日

新学期。

わたしの感覚では今日は三学期開始なのだけれども、
最近は、二学期制のところが多く、
例に漏れず息子がこれから一ヵ月半ほど通う小学校も二学期制。

ということで、今日からいきなり授業が始まり、
明日からは給食が始まるのだそうだ。スピード感すごいな。

で、朝は登校班。
去年まで一緒に行っていた子たちなので、勝手は知っている。
今日はわたしも昇降口まで尾行していくことにした。
登校班のところにいらしたママと少し喋った後、学校へ。
0110-1
娘も共に。
来年はあなたもこの中のひとりとなって小学校行くのよ…。

で、昇降口到着。
息子に番号シールの貼られていないところに
靴を入れるように指示していると、お友達が続々と登校。
「あ!!(息子)じゃん!!」と口々に声をかけてくれるものの、
息子は恥ずかしいのか、はにかむのみ。

とりあえず「一緒に教室に行ってくれるー?」とお願いすると、
「当たり前じゃん!行こうぜ!」とみんなでぞろぞろ連れて行ってくれた。
よし。とりあえずは安心安心。

…と、思いながら家へ帰る道すがらで気づいたことがある。
あれ?わたし、家の鍵を持ってきていないぞ。

しかもわたしたちが出かけてからすぐに母も仕事へ出ているので、
家の鍵が閉まっているのは確実な状況。
やばーーーー!!家に入れない!!

そして思い出したのは、昨日息子のランドセルにくっつけておいたスペアキー。
いつか留守番をしなければならない日もくるはずだと、
念のためにとりつけておいたもの。

ということで、わたしたちはすぐに学校へ引き返し、
息子の教室に突入。
お道具箱を机の中に入れていた息子「あれ、どしたの」
びっくりさせてしまったけれども、わたしは無事にスペアキーをゲット。
まさか、こんなにもすぐに入用になるとは思わなかったよねー。

帰宅後は、マスク作り。
こないだ試作を作ったままにしてあった自分用睡眠用マスク。
ちょっと型紙を変えてみたりした改良版をいくつか作る。
わたしは寝る時は鼻を出しておきたいので、(←見た目は不審)
それに特化した形で作成。
0110-2
型紙は鬼滅カレーのパッケージで。
よし、これで寝ている間にのどが乾燥することを防ぐことができるぞ。
冬の間にはこれ必須…。

12時前、午前授業の息子が帰宅。
一言目が「暑かった!」と。
聞けば、国語の予定だった2時間目は息子の歓迎会にあてられたとのことで、
一時間ぶっ通しで鬼ごっこをしたらしい。
ジャンバーを着たまま外に出てしまい、めちゃめちゃ暑かった!らしい。

あと、算数は九九プリントと文章題をみっちりやって来ていた。
そうだよ、こうやって何をやったのか見えると助かる…。
韓国の小学校だと何をしたのかさっぱりわからなかったんだよな。
多分、息子自体も何をしたのかわかっていなかった説。

午後、近所の公園でTくんママと合流。
しかし、うちの子らがぴったりくっつきまくるし、
なんだかんだであまり大人トークはできず。

あと、息子がドッジボールの投げ方がイマイチうまくないことが判明。
…もっと練習が必要だぞ、それ。

Tくんママに帰省のお土産をいただいた。
白えびのかきあげうまい棒とか初めてたべた…。うまー!
その他にもお茶やお菓子も。たくさん!ありがとー!!

そして夜。
あさって韓国へ戻るための荷造りをする。
午前中にはトランクも空港へ送ったし。
いよいよ、だな。
いつもながら寂しいやらせつないやら。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月09日

ママトーーーク。

大人のスーパーカップおいしいな。
0109-1
とことんいちご。
ソースとアイスの層ができていてなにこれおいしい。
スーパーカップはバニラ一択だったけれども、
こんなシリーズまで出て来たとは。

さて、今日は午前中にSくんママと待ち合わせ。
0109-2
子連れなし外出にはしゃいでしまい、早めに到着。
やはり外で一人になれる時間っていうのは貴重だと思うのよ。
ちなみにこちらはオレンジ味のラテ。
え…、それどうなの…?なんて思ったけれども意外においしい。

そしてSくんママと合流してからは怒涛のように喋りまくる。
止まらん。
喋っても喋っても話が出てきてしまう。やっぱり止まらん。
近況報告から、仕事の話、そしてこどもたちの話。

毎日無難に、なんのストレスもなく暮らしていきたいものだけれども、
なかなかうまいこと運ばないこともあるし、
「あれ、なんでこうなっちゃったんだ?」と思ってしまうことが、
結構あるし、たまにはそうしたマイナスの渦に沈み込むことがある。

何事にも正解はないわけなのだし、
とりあえず目の前にあるものを、今考え出せる最善の策で対処していく。
その積み重ねがいずれどこかで「あー、よかった」に結びつくかもしれない。
…なんて、きれいごとなんだけどな!
実際は、今目の前にある物事について悩みまくる日々なんだけどな。

そんなことを色々喋り倒す。
最初は小一時間くらい会おうぜ、みたいな感じであったのに、
ぱっと時計を見たら既に3時間が過ぎていた。ひょー!

さらに、帰省おみやげまでたくさんいただいてしまった。
0109-3
カーフェリーという選択肢…。なるほど。
Sくんママ、てかAちゃん。いつもありがとーー!!

そしてお店の前で別れた後、わたしは買い物へ。
さて、100均行ってドラッグストア…からのスーパーかな。
そんな風に思いながら歩いていたら、目の前に格安美容院が。

別に髪型には全然こだわりはないけれども、
なんだか最近もさっとしてしまって不満ではあるのよね。
ということで、吸い込まれるように美容院へ入る。
20分ほど待つとのことだったので、先に100均へ行ったりパン屋へ行ったり。

その後にお店に戻るとすぐに案内された。よかった。
しかし、わたしは美容院が苦手だ。
あの首にタオルとケープを巻かれるあたりで「逃げられない」感が漂い、
わたしの脳内が「あれ?やばいんじゃない?やめたほうがいいんじゃない?」と、
警報を出しまくる。うっすらとした、パニック。

ただ、このパニックはひとたび髪の毛にハサミが入った瞬間に消えることも、
経験則から知っている。
とりあえず、このケープをかけられて、ハサミを入れられる前。
おそらく1分弱の間だけでも乗り越えればいい。

…ていうか、いつまでこんなのを繰り返すんだろう…。
時間薬と経験の積み重ね。
今日に例に漏れずに切られているときはごくごくリラックスモード。
後ろ頭をごっそり切ってもらってすっきり。
行ってよかった。

ところで、パン屋で買ったうさぎさん。かわいい。
0109-4
母「この白い方の目つきが悪いわね」
え?かわいいハート型の目だよ。
しかし、そうした目で見てしまうと、あれ、目つきが悪くも見えてくる…。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月08日

散財の日々。

日本のコンビニって魔窟だよねって話。
ひとたび踏み込んでしまうと、手ぶらで出てこれないんだもの。
0108-2
ファミチキ味ポテトチップス。

そして、レジ横にあって「!?」と思わずカゴに追加したもの。
0108-1
バター舐めたことないでしょ。飛ぶぞ。
流行語…っていうの?
のせられているということは分かっているのだけれども、
もう、あえてそういうのには積極的にはのっていきたいタイプ。

こんなことばっかりしているから、
財布の中が瞬く間に寂しくなっていくんだよなー。
しかし後悔はなにひとつしていない。むしろやり切った感でいっぱい。

そんな今日。
午前中、父のコロナワクチン5回目に付き添う。
なぜか家族総出で。

父を迎えに行ってから予約してある施設へ。
車の中に母とこどもが残り、わたしは付き添いで父と接種会場へ赴く。
もう同じ会場で5回目なので、一連の流れは慣れたもの。
接種する人が少なくなったからか、さらに動線がシステマチックになっていた。

そういえばわたし4回目どうしようかなー。
一応、市には接種券を申請したんだけれども、年末だったこともあってか、
手元に届かずに終わった…。
これからは有料になるというし、ますます遠のくな。

で、父の接種はスムーズに完了。
副反応、さほど出ないといいねえ。

その後、早めに昼食に。
0108-3
わたしは色々混ぜる丼をたべる。
奥のはかにみそグラタン。
さほどかにに執着はないながらも、なんだかやたらおいしい。

食後、買い物へ。
まず遊ぶ。
0108-4
トランポリン。
…いつも思うんだけど、こどもたち食後によく飛ぶよな…。
あと、100均でスパイファミリーのグッズを色々買う。
折り紙、ノート、シール、付箋などなど。

食料品売り場で一通りの食品を買った後は、休憩。
父と母はおいしいコーヒーが飲みたいと、いつものカフェへ行ったのだけれど、
こどもたちは「フードコートがいい」と騒ぎ立て、
結局わたしとこどもたちでそちらへ。…わたしもカフェがよかった。

娘のクリームソーダ。
0108-5
この色味がいいよな。
息子はセブンティーンアイスをたべていた。
セブンティーンアイスといえば、スイミングスクールの前にある自販機。
進級できた時とか、練習が厳しかったときなんかによく買ってあげたものだ。

で、息子が半分くらいたべて「もういい」となったので、
わたしがその残りをたべたのだけれども、
その味で思いだしたのは昔、高校生くらいの時にたべたそれ。

駅前に自販機があって、部活帰りによくたべたものだった。
ソーダとクリームが混じったその味、そのままだ。

そして、今日買ったもの。
いちごわらびもち。
0108-6
…アレか。
中華街とかで流行りの 糖葫芦を模した感じか。
味は、いちご味の飴をそのままわらびもちになった感じ。
うん、なるほど。

100均で買った入浴剤。
メジェド様。
0108-7
こどもたちは「…え?かわいくない…」とドン引きだったものの、
わたしは狙っていた白メジェド様が出たので非常に満足。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月07日

やり残し。

あーーー。
もうそろそろ日本から出発しないといけなくなるーーー。
しかも息子を残して。

最初に考えていたときは当然どうにでもなるだろ、なんて思っていたけど、
間近に迫って来ると不安も増してくる。
息子は今のところ「全然平気」と言っているけれど、
たまにぽろっと「学校大丈夫かな」みたいなことも言うし。

もうこればっかりはやってみないとわからないんだけどな。
コロナはこれからやばそうな感じでもあるし、
健康面などでも不安は尽きないのだけれども、
いざ何かあったらすぐに日本へ飛んで来ればいいんだよな。
できないこともない。

そして、わたしも韓国戻りたくないなー。
このまま日本にいられればいいのにーなんて思うけれど、
韓国に戻れば戻ったでそれなりに楽しく生活できることも知っている。

そんな今日。
午前中、母がこどもたちを遊びに連れ出してくれた。
そこで、息子の幼稚園のときのお友達Iくんと会ったらしい。

しかし、最初はお互いに牽制。
0107-1
向こう側からお友達たちがじっとこちらを見ている。

それから3分後にはお互い近づいていく。
0107-2
「あれ?韓国いるんじゃないの?」みたいな会話をしている模様。

そしてほどなくして一緒に遊び始めた。
0107-3
娘はいつものように鉄棒らしきものがあると回り続ける。
Iくんと息子は幼稚園、小学校と一度も同じクラスにはなったことが
ないのだけれども、馬が合うらしくよく遊んでいた。
これからもよろしくよー。

午後は、息子を行きつけの床屋さんへ連れて行く。
0107-4
こういう場所があるとホーム感があっていい…。
わたしはお会計だけして、家へ帰る。

後で聞いたところによると、
もうひとりいたお客さんが「おじいちゃんが韓国の人」だったらしく、
少しだけ韓国語で会話をしたのだとか。
そんなこともあるのねー!

で、その間、娘は公園で少し遊ぶ。
0107-5
やっぱり回る。
ていうか、よくブランコを掴む手だけで自分の体重を支え切れるな…?
わたしなんて、ブランコを漕いでいるだけで足が疲れてきたくらいよ。
…退化しすぎだろ、わたしの筋肉。

夕食はマック。
なぜならわたしが新しいサムライマックをたべたかったから。
0107-6
重いかと思いきや、さらっとたべてしまった。
ソースおいしいー!そしてやっぱりたまごは正義。
そして思う。
日本、マクドナルドは値上げをするらしいけれども、それでも安い…。
サムライマックセットとハッピーセット3つ合わせても
2千円しないってすごいことよ。

夜。
2月後半に母と息子が渡韓するため、
それに際しての必要書類などをプリントアウトする作業。

迷ったのはワクチン接種証明書。
日本へ行くときのチェックインカウンターで
見せなければならない状況になるかもしれない。

しかし母のスマホではそのアプリすらだうんろーどできない。
ということで書面での証明書がほしいのだけれども、
それは郵送での申請となるらしい。うあああ。面倒。

で、なんだかんだ「あれがいる、これがいる」「え?これも?」と、
セブンイレブンのプリンターをわたしは3往復もすることとなった。
0107-7
月がきれいだったからいいけど。
今日は2023年最初の満月、ウルフムーンなんだとか。
6時前後では10円玉みたいに濃いオレンジ色だったけれども、
徐々に色が白んでいった。

やれやれ、とりあえずなんとかなりそうだな。
…と思いきや、母と息子が渡韓する日、
そもそも家から出るバスの早朝便がないことが判明。

タクシーを呼ぶのもいいけど、もう前泊してもらおうかな。
その方がわたしの精神安定上いい気がする…。ひやひやしたくない。


m-82_45617 at 00:00|Permalink

2023年01月06日

箱根/下。

母とこどもたちの朝は早い。

5時過ぎに起きた母は部屋付き露天に入り、
6時に起きたこどもたちもお風呂に入ったり団子をたべたり。

わたしは7時前に起きた。
しかし眠い。なんだ、昨日は0時前には寝たはずなのに。
とりあえずごはんをたべに行く。
0106-01
これに鯖の塩焼きとあさりのお味噌汁とごはん。
温泉卵に明太子、豆腐と金目鯛のタルタル。モロヘイヤの和え物。
え…、もう最高じゃん。
ごはんいくらでもたべられるじゃん…。

意外にも息子がこの中で一番気に入ったのが
モロヘイヤだった。
緑の野菜なんて絶対たべない!と言い切っていた人だったのに、
そういえば最近はあまり偏食しなくなったな。

で、なんだか寒いと思ったら外はこんな感じで見事な霜柱。
0106-02
こんなに棒寒天みたいに生えるの。

ただ、心配してい積雪や凍結はないようでなにより。
箱根の凍結した道をノーマルタイヤで降りる勇気はなかった。

食後、一旦部屋に戻ったものの、
ここでわたしは猛烈な睡魔に襲われたので布団に横になる。
あー、昨日ユネッサンで湯に浸かりすぎて疲れたかな。
ていうか、半日湯に浸かるだけではとどまらず、
大浴場+部屋露天と、なんだかんだで風呂尽くしの一日だったもんな。

あー、でもこどもたちの声がうるさくて寝られないかもー。
…と、思っていたところで起こされたらチェックアウト時間。
え!?もうこんな時間なの?早!!

宿泊料の精算は終わっていたので、とりあえずゆっくり部屋を出る。
そしてナビを見るまでもなくご近所にある、
「星の王子様ミュージアム」へ行ってみた。
思っていたよりも外は温かく、寒さはほとんど感じなかった。

こちら、存在こそよく知っていて、
まあ、いつかは行けるだろうなと思っていた。
しかし、去年の年末にTwitterでこちらが3月末で閉館するという報せが。

えーーー!
ちょっとこれは今のうちに行っておかねばよ、と駆け込む形で。
0106-03 0106-04
ひゃ!!チケットがかわいい!!
そして、こどもたちには謎解きパンフレットをいただく。

まずは絵を描くところからスタート。
0106-06 0106-07
星の王子様のいる星、B-612には何があるでしょうか。
フライパンだとかポットとか、お花とか。

中に入るとこじんまりとしているけれどもきれいな庭園と建物が。
0106-08 0106-10
いたるところにかわいい装飾がされていて凝ってる…。

建物となればとりあえず扉は開けてみるよね。
0106-11 0106-12
開かないけど。

ここも開かない。
0106-13
それでも階段だとかドアがあるだけでもこどもたちは十分に楽しいようだ。

この建物の裏はフランスの街並みがちらっと再現されている。
0106-14 0106-15

0106-17 0106-25

この赤いひさしのお店の中はトイレだった。
こんなに素敵だと見逃してしまうわ。
0106-20 0106-21
ディスプレイはキラキラ尽くしで見ていて飽きない…。
ゆっくり見ていたけれども、それを許さないやつらがいる。
ちなみに写真はタイミングよく人のいないところで撮れたけれども、
お客さんは結構たくさんいらしていたと思う。

そして展示ホール。
正直、わたしは「星の王子様」というと英語の教材でしか馴染みがなく、
おそらくだけど原文で読んだことはない。
家には本があった記憶があるけれども、
どこか人を煙に巻くような文章で、何が言いたいのかわからずに断念した。

ということで、ほとんど知識がないままに、
星の王子様の作者である「サン=テグジュペリ」の生涯をたどる。
写真だとかキャプションがついているようなありきたりな展示かと思いきや、
部屋の再現であるとか、雰囲気づくりが素晴らしくて楽しい。

スタンプラリーもある。
0106-22 0106-24
スタンプを押すところもかわいい…。
しかも、ただスタンプを押すだけではなく、
押すことで絵が完成するというもの。
0106-23
これは鳥に連れられて行く王子様のスタンプ。

無料休憩所のディスプレイ。
0106-26 0106-27
いつかうちでもこんな装飾ができたらいいなあ。
…いつかな。

教会の中でスタンプラリーはゴール。
0106-28

最後のスタンプはきつね。
0106-29
「おとなになっても こどもだったころをわすれないで
 また、会いにきてね」
…なんだか色々せつなくなるわ。

そしてこのあたりで終盤。
0106-30 0106-31

0106-32 0106-34
大きなクリスマスツリーがどーん。
ミュージアムのそこかしこに電飾のライトがあったので、
きっと夜に来たらさらに違う表情が見えるんだろうな。

あと、願い事メモが色々貼られていた。
0106-35
なんだかもうすべてがオシャレに見えるわ…。
…ん?
0106-36
「来世はカッパ」
なにがあったの、この方に。

そして、最後はミュージアムショップ。
わたしたちはこれを買った。
0106-37
ドロップと、夜空の金平糖と、丸いオリジナルボトルの水。

このドロップの瓶は息子の日本の小学校の担任の先生の
机の上に同じものが置いてあったらしい。
ていうか、あなたよく見てるのね。

そしてなによりもこの夜空の金平糖。
紺色に近い青と鮮やかな黄色の金平糖と、銀色のアラザンが入っている。
あああ、これはもう見るだけで正義のやつだわ。かわいい。
…もう、今日だけでかわいいって何回言ったの、わたし。

併設されているレストランもカフェ的なフレンチでかわいいのだけれども、
朝ごはんをがっつりたべてきてしまったため、見送ることに。
0106-05
佇まいからしてかわいいのよ。

で、今回の箱根旅はこれにて終了。
近くのミュージアムにも立ち寄ろうかと思ったものの、
この近くだと「ルネ・ラリック美術館」か「ガラスの森美術館」
…どちらも繊細さと壊れ物がつきもの。
とてもこどもたちには向かない。

もしくは彫刻の森美術館という手もあるけれど、
あそこにある大型遊具は冬になるとひえっひえになるため、
こどもたちがすぐに「もういい」と言ってくるのも目に見えている…。

ということで、一路帰宅。
湯本前でちょっとした渋滞があったけれども、あのあたりは仕方ないよな。
歩行者の方も多いし。

昼ごはんはどうしようかねえ、なんて言っていたら、
息子「家に帰る」
娘「お買い物して帰りたい」とふたりが強固に主張し、
結局、中間をとって近所のコンビニで調達することとなった。

わたしはこれ。
0106-38
生ハムとトマト、クリームチーズのサンドイッチ。
この見た目が反則級にいいわ。

で、家に着いてからはたまっていた事務作業を色々とする。
息子の学校関連であるとか、わたしたちの韓国行き、
息子と母の韓国行きなどについての必要書類のプリントアウトとか。

一気にやってしまえば苦でもない。
ひとつひとつバラバラにして考えて、ああでもないこうでもないと
考える時間は無駄でしかないのだーーー。やるしかないのだーーー。

で、洗濯だのなんだのしているうちにあっという間に夕方。
何気なくこどもたちが見ていたポケモンをチラ見すると、
寺田心くんがいつの間にか綾野剛みたいになっていてびっくりした。

え?声とかも完全に低くなってるし、体格ももう青年に近いじゃん。
中学生の成長すげえ…。
そう思うのと同時に、横にいる8歳男子があと5年もしたらこんな風に
メガシンカを遂げてしまうのかと思うとちょっとびっくりする。


m-82_45617 at 00:00|Permalink