2007年10月

2007年10月25日

あまり更新しないのもなんなので

動画反省でも。

ちなみに青子時代の動画も反省しようと思っていたのですが、まあキャラも違うしなしで。




vsネロ


1ラウンド目

前日にそれなりにやって、ネロ戦はそこそこ思い出せた。2中対空の出しどころに気を使いつつやろうかなと。

00:03 とりあえず空投げまで。捕まえたらこっちのもの。
00:12 暴れ、リターン重視のEXシールド対策。おしっぱにはBハイロゥの方がいいものの、ネロの5中には負ける時があるので。
00:18 完全なる身内読み。でもここは避け仕込みのジャンプ攻撃重ねならコンボにいけた。
00:33 空投げミスかJ弱。カウンターが出てるから恐らくJ弱だけど、明らかに負けるタイミング。
00:48 この角度の2中なら大丈夫。これ以上遅いとだめ。
00:49 2段ジャンプのはずが空ダッシュ。確認が遅れてAハイロゥにできず。
00:53 Aハイロゥが出てない。このA黒鍵は案外有効。
00:55 シールド>J弱と入れ込むも、シールドが出てない。
00:56 とりあえず出した2強がヒット。締めはEXサマーよりEX黒鍵。


2ラウンド目

怪しいところはあれど、危なげなく勝てたので、このまま勢いに乗れれば。気は緩めず行こうと。

01:08 低空ダッシュが見えたので、被せ読みでシールド。ここで拾えれば大分楽だった。
01:13 派生黒鍵があまりにも素直過ぎる。シールドを見たらBハイロゥも微調整すべき。
01:15 安易な受身。ネロ戦は常にこういうところは気をつけないといけない。
01:24 自画自賛のJ弱。
01:27 勿論昇り中段。そしてサキスパ連打するも最悪なタイミングで開放。このラウンドのターニングポイント。
01:36 鹿とネロの位置を見て。ダッシュ暴発見てからセブンスはさすがに厳しいか。
01:39 恐らくBハイロゥ? カマキリの射程でそれはない。
01:44 J強を置こうとするも、空中バックダッシュの硬直が長い。しかしこの位置で空中バックダッシュ……?
01:46 2強ポイントだと思いシールド。実際何もしていなかったら2強を喰らっていたし、読み合いにはなっている。
01:53 長めダッシュで相殺を期待するも、少し我慢が足りてなかった。
01:57 後ろに下がったのを見てダッシュするも、それを釣る行動だったことに気づかず。


3ラウンド目

流れが傾いたことを悟る。相手にゲージはないし、何とか先に捕まえたかった。


02:06 J弱をガードぐらいはさせれただろうと空投げ入れ込み。確信ではだめ。
02:09 2強ポイントだが、さっきがさっきだったのでシールドは出さず。結果は逆。
02:23 低空ダッシュでの攻め継続に2中。しかし裏に回り、4強を出していたはずなので確認が追いつかず。痛い。
02:29 芋った。
02:32 受身できず。前日である程度タイミングは掴んだはずだったが…
02:46 ガード仕込みダッシュ。カマキリが来たら終わるものの、抜け出しやすいひとつのポイントでもある。
02:51 何をしようか迷った。投げでよかった。
02:55 相手の裏から低空ダッシュで攻めようとするが、相手はきっちり2段ジャンプで振り向いていた。完敗。


総評

J弱から空投げ入れ込みはまずい。せめて当てたことを確認。

固めに派生黒鍵は極力使わないように。最近意識してはいるが、ヒット確認が容易とはいえ危ない。

サキスパはどうなんだろう。実際あれは使うべき場面だったと思うし、ちゃんと出せるようになるしか。

カマキリの射程に入ったらガードしてセブンスだけを考えて様子見が正解か。いつでもサマーや2中での対空もできるように構えつつ、といきたいがそこまで意識が回るかどうか。回るようにする。

切り替えしの開放は最も狙いたいところで、当然相手も警戒している。2段ジャンプと空ダッシュを使い切った時以外はやってはいけないと思いつつやってしまう。

シエルはそれを逆手にとってダッシュするという行動もできるのでそんなに間違ってはないが、開放に反撃されるとダメージもゲージも精神にも痛い。

対空開放で切り返せるところはほぼBサマーで補えるので、狙いたい気持ちを抑えてBサマー。この意識を植えつける。


動画の主な反省は以上。

他にも反省するところはあるものの、それに対する正解、もしくは正解に限りなく近い行動がまだわかっていないのが正直なところ。

そこら辺は動画を見るなり人に聞くなり実際に対戦したりしてわかっていくしかないか。


次回更新は恐らく自論(というほど大げさなものでもないけど)を少し。

問いかけをしたいのか、文章を見て更に考えたいかは不明。

相変わらず自分以外誰のためにもならないブログは続きます。

m-87_17770 at 04:04|PermalinkComments(0) メルブラ 

2007年10月16日

ネタとか

ここ最近気にしてること。


・空中カウンター後の拾い

昔一通り調べたんだけど忘れた。

でもおそらく「安定のワンツー拾い」、「高めな4強拾い」、「状況限定だが最大のBE5強拾い」は変わってないはず。

この中でも4強拾いはできるかできないかで大分違ってくる。

なんでもできる限りは4強拾いにして損はない。確認のできるだけ早くするように。


・対空EXシールド5弱からのコンボ

空中カウンター前提。

Ver.Aの時は確かBE4中拾いが一番高かったはずだけど、最近調べたら5強派生黒鍵からの方が高かった。なんでだろ。

どっちにしろあまり使わないし、キャラにも左右されるのでBE5強1択でいいか。

ただ安定解放のリターンは見逃せない。そう練習できるものでもないし、何とか頭でだけは認識しておこう。


・おしゃれコンボ

2弱>2中>ワンツー>5強>派生黒鍵>2強>2弱(スカし)>2中>4強>エリアル

ポイントは2強から。主に2強先端では拾いにくいキャラ(シオンや翡翠など)のしゃがみ喰らいに狙う。

何がおしゃれかはわからないが、ダメージはミスコンからワンツー拾いよりは高い。5弱>4強よりは低い。

まあ安定コンボではある。エリアルではリバースビートは使わない方がいい。


・地上始動ノーゲージ最大コンボ

まずダブルワンツーだが、ダメージはあまり高くないことがわかった。

どうも2中が1ヒットか2ヒットかで結構変わってくるらしく、ダブルワンツーではどうしても2中を1ヒットしかさせれない(4強絡みのミスコンを狙うなら)のでいらないらしく。

高いのは2中>ワンツーからのミスコン。ワンツー>2中よりもリバースビートはかかっているが補正の関係上高い。

しかし発生の面で優秀なワンツー始動の方が使いやすいことは使いやすいし、直前にリバースビート補正がかかっていても回復できる。

ちなみに本当の最大はおそらく、

4強>ワンツー>2中>5中>5強〜

のミスコンになるが、発生が10Fの4強始動は使いにくい。

とは言っても2中と発生は1Fしか違わないし、ダメージも結構違ってくるので、余裕があるのなら4強始動コンボも狙っていきたい。

余談だが、本当に余裕があるのならJ2強>Bハイロウ。


・崩しネタ

ジャンプの降りにJ中を持続気味に重ね、そこからほぼ最速でJ強に繋ぐと、ちょうど2段ジャンプ中段がしやすい高さになる。

J強は気持ちディレイ。かけすぎてもだめ。

利点は昇り中段をする上で重要な高さ調整が容易なことと、リバースビートがかからないのでコンボが痛いこと。

ネロやワラキアには適当にJ強をディレイかければいい。こいつらには元々高さ制限が緩い。

欠点は対の選択肢である下段が薄くなることと、両志貴には対応してないこと。勿論元々昇り中段に対応してないキャラにはできない。

着地中段にしてもいい。むしろそっちの方が高さ制限は緩いかも。

固めから崩したい人へ。




需要があるかどうかは知らない。

メモ書きでもある。

m-87_17770 at 16:29|PermalinkComments(0) メルブラ 

2007年10月10日

意識配分

最近やっと意識配分がわかってきた。

中段は見るものじゃなくて意識するもの。頭ではわかっててもいざとなるとできてなかった。

それが最近はわかってきて、意識の仕方もある程度はわかってきた。それでも食らう時は食らうけど。

ただまあ、ガードしようとするだけならまだしも、割り込みやいつジャンプするかなどを考えながらは少なくとも自分は無理。

実際は中段をガードするだけでは終わらない場合も多いし、中段だけに意識は裂けない。裂くならシールドを取るぐらいじゃないと。

それに適当に出された中段ならともかく、たいていは意識を散らしてから出すのが常套手段。いつまでも中段だけに意識は裂けない。

結局中段は最低限意識しつつ、固めから抜け出すことを最優先した方がよさそう。現状ではいくら頑張っても中段にシールドはできないし、投げだって安くない。ただ状況があまり変わらない中段をガードするだけのために他を捨てるのは意味がない。

ただ相手がここぞと言う時に出した中段はガードするだけで大きいのも事実。

そこら辺は試合の流れ、『空気』を読むことが重要かな。勝負所での意識配分がいかにできるか。

中段だけに意識を集中してシールドを取ることも時にはあり。

一応練習はしておくべき?




あ、色々ありましたがキャラを戻しました。

理由は他愛もないこと。

青子は面白いので、これからもサブで使い続けると思います。

でもまずはシエルのリハビリ。最近はちょくちょく使ってましたが、細かい部分だけは戻しておかないと。

それプラス、三ヶ月の月日を経て考え方が多少変わったので、その理想に近付けるように練習。

対戦でも色々試しながらやってみますか。

m-87_17770 at 23:19|PermalinkComments(0) メルブラ 

2007年10月05日

スカイ3on

告知期間が短かった今回の大会、たいていの人がチームメイト探しに困ってるみたいですね。

とは言っても現在はほとんどの人が決まってるみたいですが。

そんな私は今回も参加予定。相方はげおさんとHIRO様。東海三県で組んだ構成です。

青子レン志貴と、中々安定キャラばかり。不得意キャラも特にいないんじゃないでしょうか。

勝ちたい気持ちも勿論ありますが、それ以上に楽しみたいですね。


月スカ大会には毎週参加。今回は紅白戦でした。

私はナギお嬢様(笑)チームに入り、シエルがいないから今回は楽だぜーとか思いつつ大会開始。

まずなぜか志貴最強決定戦が始まり、序盤はでてぃことくろまくチームが優勢。

しかしナギお嬢様こと芹チームのげおさんとクルシェンヌさんというレン使い二人がそれぞれ3タテしてからは芹チーム優勢。

結局後半になかうさんと遊君を残し、二人でくろまくチームの残りを5タテして芹チーム勝ち。

ちなみに芹チームの残りは芹君と私。余裕でしたわ^^

その後行われた偏りをあえて大きくした紅白戦では何とか2勝。

こちらは順番固定で、向こうは当然被せ。くろまくさんには野試合でも勝ったり負けたりなので、勝てたのはそれなりに嬉しかったり。

紅白戦も2勝して終了。

野試合も適当にこなして帰宅。銀時さんの優しさに今後とも感謝。

次回はおやすみですね。まあ日曜があるんで関係ありませんけど!

金スカにも行く予定なので、がっつりやっていきますか。

m-87_17770 at 23:46|PermalinkComments(0) メルブラ 

ユダのドリブル

>>ジョイソルさん
そうみたいですね。11月とはまた微妙な……
まあ自分は結構暇だと思うんで、行くならまた皆で行きましょう。




何となくユダのドリブルを練習。

トキには難しいなーとか思ってたらそうでもなかったり。イチコロが解けるタイミングさえ掴めれば。

むしろケンレイに若干安定しない説。レシピを変えた方がいい?

投げブルはレシピがわからず。根本的な部分が違うのか、それともやっぱり応用なのか。

ブーストが1本あればできるんですけどね。どうなのこれ。

2D>バニからのドリブルはある程度予測がついているものの、家庭用では試せず。スタンプがなあ。

スタンプの位置が関係ないレシピなら笑う。

とか思ってたら某対戦動画でそれらしきものが。これは……どうなんだろう。

サウザーマミヤに対してはほぼ百烈+ヨウソウで問題なさそう。サウザーにはドリブルも簡単だけど。

ちまちまとコンボは練習しておきますかね。

m-87_17770 at 12:34|PermalinkComments(0) その他 

2007年10月02日

終わらないゲーム

a-cho北斗2on2大会に行ってきました。

Metal、せこい、U、リンス、ぺけじぇ〜、ぺそ(敬称略)、そして私でくじ引きをして、私はぺけじぇ〜さんとのペアになりました。Metalせこい、Uリンス、ぺそ君は一人に。

相変わらず集合時間に揃わないということが起こりつつも、無事開始前にa-choへ。

行き道では誰もはっきりとした道を覚えてない中で、ぺけじぇ〜さんだけが冴え渡ったナビをしてくれました。GJ。

着いたら早速野試合。トキレイが多いのは当然として、ジャギやハート様の姿もあってちょっとびっくり。マミヤだけはいなかった。

野試合をやった感じでは、いつも通りできれば思ったよりはボコボコにされないかなと。

他のレイ使いをガン見すると、端ドリブルの精度が高い。やり込み次第では安定するんですかね。


大会は予選リーグがUリンスペアと同じブロックで最初はげんなり。

いつも負け越している二人でしたが、大会慣れの差か今日は勝ち。リンスさんのいつもの思い切りが薄れてた。

次に勝てば決勝トーナメント進出という場面、相手はトキジャギ。

その前にUリンスペアが負けていて、ジャギ対策不足に暗雲が。8:2に近い組み合わせだとは思うんですが……

結果はジャギに負け。ジャギつえー。

敗因は近D>ブーバニのミス。

相手☆が残りひとつで、近Dの時点でしゃがみ喰らい。コンボ選択は間違ってなかったとは思うんですが、普段やらない行動を選ぶのに若干時間がかかってしまい、結果繋がらず。そこから逆転負け。

あとからせこいちゃんに聞けば、近D>2Dでよかったんですね。それすら知らなかったという無知っぷり。負けるべくして負けました。

敗者復活では3チームとも勝利、ラウンド数で並び最試合。そこで力尽きて負け。

ケンユダを倒し、これを倒せば敗者復活抜けという場面でトキレイ。そして同キャラ。

最終ラウンドのブーンカウンターが痛すぎた。警戒しきれず。

最試合は普通にケンとトキに負け。ケンの人には強気行動がばれていて、トキの人はさっきと動きが別人のようになってました。いやつえーわ。

Metalせこいペアは決勝トーナメントまで進むも、準々決勝で負け。Metal君が凄い悔しい負け方をしていたのが印象的でした。


負けてからはメルブラ。

某有名都古使いに粘着。普段やれないキャラに、これ以上いないくらいいい相手とできて楽しかった。

やった感じでは地上浮遊、B破裂が足りなかったかも。こちらの要塞に対して2強の差し込みをよく狙ってきたので、それを警戒する行動を覚えよう。

置きJ強には付き合わない。真下を取られたら技は出さない。この2つも念頭に置いておく。

いい経験になりましたわ。


帰りの車は特に問題なく帰路へ。

助手席なのに10分程度寝てしまったらしく申し訳ありませんでした。

自分でも気付かないうちにおちてた模様。反省。

運転手のリンスさんとUさんはありがとうございました。

参加者の皆もお疲れ様。また行こうね。




今度はちゃんと皆が大会に出れるように調整していきたいですね。

ぺそ君が可哀相だった。楽しそうにアルカナをやっていた気もしましたけどw

次はおそらくスカイDF2予選。ペアは全然決まってませんが、多分また三重勢皆で行くことになるでしょう。

その時は何とか人数を合わせたいものです。


m-87_17770 at 00:05|PermalinkComments(0) その他 | メルブラ