2008年07月22日

コンボとか1

中段連携のまとめ

・バックジャンプ上りJSP→下りJLP
攻めと守りが両立している優秀な連携。
JLPをJLKにすると相手のダッシュやGDを止めることができる。

・前ジャンプ上りJSP→下りJSK
JSPとJSKの間にアースダイブを挟むことでコンボになる連携。
ギルズシャッター後の起き攻めに使える。
例:通常ギルズ→ダッシュLK(ダウン追い討ち)→LKアース設置→前ジャンプ上りJSP(ほぼ同時にLK離す)→LKアース当たる→下りJSK

・垂直ジャンプ上りJSP→HAD
一発ネタな連携。
S系通常技で暴れる相手に有効?
前ジャンプだとLP連打で簡単に潰される。

・通常ギルズシャッター後→SKアース設置→ダッシュ前ハイジャンプ上りJSP(SK離す)
相手の起き上がりにJSPを重ねる連携。
リバーサル技を回避しながら攻撃できる。
SKアースを当てることで、諸々の隙をごまかせるところがポイント。


コンボのまとめ、基本編。

・LKorSKボトムスクラッチ→2LK
ボトム砂かけの終わり際の持続が当たった場合のみ、2LKがコンボになる。
間合い調節と度胸が必須。

・遠SK→SPギルズシャッター
単純ながら割と使えるコンボ。
遠SKが先端ヒットしてしまうと、SPギルズが届かなくなるので注意。

・通常LKorSKドラゴンフィッシュブロー→SPギルズシャッター
カヤ、ヴィレン、バズウの喰らい中DAを無効化できるコンボ。
アースダイブヒット確認後の選択肢としても有効。

・近SK→AA→近SK→6SP
基本であり、高威力を誇るコンボ。
タイフォン、ボイド、ミト以外のキャラの立ち状態でのみ繋がる。

・2LK→2LP→AA→近SK→6SP
下段始動の基本コンボ。
補正が大きく掛かるためにダメージは期待できないが、
中段下段の2択を迫る際の選択肢として有効なコンボ。
これもタイフォン、ボイド、ミト以外のキャラの立ち状態限定。

・JSP→(2LK)→AA→近SK→6SP
ジャンプ攻撃からのコンボ。
2LKは入れなくても繋がる。
飛び道具を持つキャラに有効である。
やはりタイフォン、ボイド、ミト以外のキャラの立ち状態限定。

・近SK→AA→近SP→6SP
・2LK→2LP→AA→近SP→6SP
・JSP→(2LK)→AA→近SP→6SP
上述のコンボの近SKを近SPに代えたもの。
近SP→6SPは通常リカバリーで回避可能なため、コンボではなく連携。
6SPではなく、各種アースまたはバンクライザーを設置することで、
その後の展開を有利に進めることができる。

・2SP→AA→近SK→6SP
2SPが密着状態でヒットした場合のみ、AAが繋がる。
AA以降はいつでもQR可能なのでコンボというより連携である。
近SK→6SPは相手がリカバリーしなければ、タイフォン、ボイド、ミト以外は繋がる。
近SK後に相手が6SPのヒットする瞬間以外にリカバリーすると、6SPが引っ掛かっておいしい


コンボのまとめ、パークラ編。

・LPorSPドラゴンフィッシュノック→2LK→2LP→AA→近SK→6SP
パークラノックでぶん投げた相手を追いかける連携。
AA後はいつでもQR可能。
近SK→6SPはリカバリーされなければ、タイフォン、ボイド、ミト以外には当たるが、
カヤとヒカリは近SK時に密着していないと6SPが外れてしまう。

・LPorSPドラゴンフィッシュノック→2LK→近SP(→6SP)
Oゲージに優しい連携。
2LKで拾った際の高度によってはQRされることもある。
近SPヒット後にLPギルズが繋がるが、2段目のロックが行われないので注意。

・LPorSPドラゴンフィッシュノック→2LK→2LP→6SP
特定のキャラのみ繋がる連携。
密着状態かつ高めで拾った場合に狙える。
もちろん、QRは可能。
今の所、オービル、ガーネット、ベアトリスで連携成立確認済み。

・LPorSPギルズシャッター→前ジャンプ着地寸前JSP→近SP
パークラギルズで画面端に放り投げた場合のみ可能なコンボ。
実は6SPで締めてもダメージは大して変わらない。

m-87_17770 at 13:55│Comments(0) TRF2 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔