逆にそれって愛かもね的きらら稽古見学さようなら僕の小さなダイエット

2007年03月20日

悲しいことがあっても、きっと開かないんだろうけど。

 はいっ!私、西南学院大学国際文化学部国際文化学科06期、田坂哲郎、無事に卒業いたしましたっ。この文章は、脚本を書いたりこのコーナーを更新するのに使いまくった、大学の学生相談室のパソコンで書いてます。これも最後になるでしょうと思うとそれなりに感慨の深いものがありますね。この相談室にはお世話になりました。なにより客が増えました。ありがとう、これからも見に来てね。
 それにしても、5年で卒業するっていうのは、ものすごく卒業式でテンションがあがりにくいですね。一緒に卒業を喜び合う人がいねえいねえ。特にサークル活動していたわけでもないので、後輩もいねえし。卒業証書も教授の部屋で一人でもらいましたよ。不良高校生が卒業式遅れて、校長室で証書もらうあの感じ?ちょっと近いかも。あー、外では「わっしょいわっしょい」という掛け声が盛んに響いています。胴上げって、なんなんだ。
 卒業式だというけれど、なあにを卒業するのだろう。
「なあに」の部分に潜む幼児性をこそ、卒業するべきなのでしょう。「尾崎はいろいろ難しく考えすぎなんだよ」とは、昨日の稽古場で大竹さんがつぶやいた一言ですが、日常で窓ガラス壊して回りそうな大竹さんにとっては、歌にするようなことじゃないんでしょう。大竹謙作ファン!見た目にだまされるな!壊されちまうぜ!
 あたし、大竹さんになら壊されてもいい。
いったい何人の婦女子がそういうことを思うのでしょうか。チクショー!!
そんな大竹さんも出演する6月本公演「座布団一枚の哲学」、予約が開始しております。HPから予約すると先着でお得になるんです。もうすでに予約がきておるのです。どうせなら、お得に見てほしい。だから急いで!!私は半分が優しさで出来てますから、そういうことを半分思います。残りの半分は銭ゲバで出来ているので、全員が一人友達を連れてくれば動員数が倍になるのに、ということを半分考えています。倍×半分だから横ばいですね。あと、誰かえんぶチャートに俺を投票してくれないかな、ということも考えています。考えてるだけで、言わないけどね。あ、書いちゃった!
 そういうわけで卒業式は無事終わったのですが、3月31日までは学生でございます。おごるなら今!だって、学生って、施しを受けるものでしょ?あー、またもや外ではわっしょいわっしょい言うております。それでは、また。



m-88_35269 at 17:00│TrackBack(0)

トラックバックURL

逆にそれって愛かもね的きらら稽古見学さようなら僕の小さなダイエット