January 14, 2013

謹賀新年


明けましておめでとうございます。

昨年6月に納車されたインプレッサスポーツも走行距離が15000キロを越えました。
通勤に趣味の写真にと毎日東北の道を走り回っております。

これといったトラブルも無く快適に走り回っていますが、値段相応なのか、内装が多少きしみだしました。
主にリアハッチゲート付近だと思うのですが、これはまた、何かの機会にでも対策したいと思います。

燃費は寒くなるにつれ悪くなる傾向ですが、それでも12Km/L程度は走りますよ。

今回インプレッサに装着したスタッドレスタイアはヨコハマアイスガードIG50と言うヨコハマの最新スタッドレスタイアです。
今までのIG30シリーズに比べブロック剛性が高いのかタイアのヨレ方が今までより随分マシになり、かと言っていきなりグリップを失うようなことが無いのが良いところです。

インプレッサの冬支度はスタッドレスタイアとスノーワイパー程度ですが、インプレッサには標準で雪や凍結に備えた装備が装着されています。
ヒーテッドドアミラーとフロントワイパーデアイサーですが、これがあると雪や凍結するような寒い日は便利です。

そうそうウインドウオッシャーの濃度も上げておきました。濃くしないと肝心な時にウオッシャー液が凍ってしまい使えなくなってしまいます。

なかなか更新できませんが、今年も宜しくお願いいたします。

m-95_37775 at 19:15コメント(0)トラックバック(0) 

November 11, 2012

10000キロ

半年を待たずに1万キロを走ったインプレッサですが、燃費は平均すると14KM/Lくらい。
通勤路はアップダウンが結構あるので、なかなか良い燃費だと思います。
これが1.6Lの排気量だとトルクが薄いのでここまでの数字は出なかったと思います。

さて、先日とんだ災難に合いました。
宮城県で氷が降ったのです。おかげで天井が数カ所へこんでしまいました・・・
でも、まぁ、津波で水没するよりマシかなと(w 
水没したら廃車しかないですからね(w

インプレッサのコーナリングってなかなか良いんですよ。
丁度、シートの後ろぐらいを中心に旋回する感じです。
色々な電子デバイスが働いてそのようなコーナリングになるんでしょうが
なかなか良い感じです。
リアのサスペンションの沈み方なんて下手な車高長よりずっとナチュラルです。

お知らせとまではいかないですが、震災で失ったものを手に入れる事が
できました。
今度はバイクです。
震災前はBMW F800GSというモタード系のバイクでしたが
今回は同じエンジンながらツーリング系のBMW F80STになりました。
12月に契約を済ませますが、乗るのは来年の春になります。
色はブラック。 今まで自転車から始まって以来乗り物でブラックを選ぶのは
初めてのことです。



m-95_37775 at 22:03コメント(0)トラックバック(0) 

October 01, 2012

インプレッサスポーツはや8000キロ

6月に納車されてから8000キロほど走りました。
燃費ですが、私の通勤ルートはアップダウンが多いせいか、平均すると13KM/L程度です。
最近、なるべく高低差の少ないルートにかえたところ17KM/L程度になりました。
これは朝晩が涼しくなったためエアコンをかけていないことも深く関係しています。
エアコンをかけると1.5LM/L程度燃費が落ち込む傾向です。

高速道路では車速が80KM/H前後が最も良く20KM/L程度の数値をオンボードコンピュータが
示しますが100KM/Hを超えると12KM/L程度になる傾向です。

不具合箇所については、Aピラーパネルがデコボコ道でカタカタうるさい程度でしょうか。

インプレッサはエアコンオフ時は1500RPM オン時は2000RPMまでは回転数を上げようと
しますが、それ以上になる車速の場合なかなか回転数を上げようとはしません。
結果、加速がカッタルくなるのですが、Sモードに入れれば解消されます。
(燃費は悪くなりますけど)
この回転数がクセものでシリンダー内にカーボンを堆積させてしまいます。
カーボンが溜まると燃費が悪くなりますからたまに高回転まで回すことになるのですが
それをすると折角今まで節約したガソリンの数パーセントを吐き出さなければなりません。
このあたり、どのラインでバーターするかが難しい問題です。




m-95_37775 at 19:44コメント(0)トラックバック(0) 

July 14, 2012

インプレッサ2000キロを乗ってみて

先日1000キロ点検に出しオイル交換をしてもらったばかりだというのに、既に2000キロを越えてしまいました。
前回書きましたが、オイル交換をしてからの燃費が良くなりました。
交換前は通勤で16KM/Lだったものが17KM/L以上をオンボードコンピュータに表示してくれます。
道路の混雑具合で多少燃費は前後しますが、一週間の平均としてみると誤差は少ないのではないかと思います。
多少早めに家を出ると道路もかなり空いているので18.8Km/Lなんていう燃費を記録することもありますが、このようなシチュエーションが多々あるわけではないので参考程度に。
高速道路での燃費ですが、時速80KM程度で巡航するとオンボードコンピュータには21KM/Lの燃費を示してくれます。
ただこのときの回転数は1500回転強です。110キロを越えたあたりから燃費は11〜12キロ程度に落ちてしまいます。
まだ、高速道路で長距離を走っていないので端的な燃費を語るわけにはいけませんが、元気に走ると12キロ程度になってしまうのではないでしょうか。
逆に淡々と巡航すれば20キロ以上を記録できると思います。

最近気になるところは道路の段差などでリア周りから大きな音が聞こえるようになりました。
何かボルトが緩んでパーツが動いているような音です。ディーラーさんで点検してもらってもどの部分か特定できていませんが、同乗して音は確認してあります。
もしかしたら、リアアッパーに使われているピロボールかな?なんて邪推しています。

最近は距離もそこそこ走ったことなので、燃費を無視して高回転まで回すようにしています。
常時ではありませんが、適度に回すことによりエンジンが元気になるからです。
下から上までエンジンが気持ちよく回るのは個人的にとても重要な事柄なのです。

m-95_37775 at 14:20コメント(0)トラックバック(0) 

June 22, 2012

インプレッサスポーツ 納車されました

6月15日に苦節4ヶ月目にして納車されました。

現在のところ約550キロを走行しましたが、平均燃費が約16キロ/Lとまずまずの滑り出しです。
1000キロ点検でオイル交換をした後あたりからが燃費の本番というところでしょうか。
ステアリングインフォメーションはスタビリティ重視で決してスポーティな味付けではありませんが、
長距離を走行する場合はこちらのほうが疲れないと思います。
ブレーキは、まだ飛ばすような行為をしていませんのでわかりませんがフロントブレーキが
片押しながら2ポットですからそこそこ効くんじゃないでしょうか。
サスペンションはそこそこ良いと思います。妙にデコボコ路でつっぱったりするようなことは
ありません。車格相応ってとこだと思います。
エンジンはスタート時に水平対向独特の左右にボディが揺さぶられる現象があります。
まだ、慣らしの最中ですから高回転まで回してませんが、これも車格相応じゃないでしょうか。
CVTは、日本で一番古い歴史を持ちながらも金属ベルトの音が結構気になるレベルです。
こいつも1000キロ点検時にオイルを交換してもらい様子を見ようと思います。

長距離運転で大切なのがシートポジションとシートのすわり心地ですが、100キロ走行程度
での感想は 良い と思います。
体の真ん中にステアリングが来るのは当然ですが、電動シートが微妙なポジションを獲得
させてくれます。
シートのすわり心地は100キロ程度の走行ではかなり良い感触です。
シートが悪いと自然にポジションが変わりバックミラーの角度を変えないといけなかったり
しますがそういうことは皆無でした。

細かいところでは、リアのハッチゲート(?)からキシむ音が聞こえます。
また段差の大きいところでリアサスペンションあたりから異音がします。
朝一のファーストアイドルでは盛大なエンジン(CVT)の音が聞こえます。
最初は壊れたのか?と思ったほどでした。

アイサイトは以前乗っていたBRレガシィのものより新化しているように思います。
以前より西日に強くなっているようですし減速もスムーズに感じます。

まだいかんせん500キロ強の走行ですので、もっと距離を重ねると感想がかわるかもしれません。
そのときはまた、ここで報告させていただきます。

m-95_37775 at 21:54コメント(0)トラックバック(0) 

June 03, 2012

やっと納車日が決まりました

2月17日に契約したインプレッサの納車日がやっと決まりました。
車雑誌にはターボモデルやハイブリッドモデルのスクープ情報が
流れだした頃に納車とはなんとも言えない気分ですが
これも仕方が無い事と思うことにしました。



m-95_37775 at 15:30コメント(0)トラックバック(0) 

May 25, 2012

まだ東北でEVは非現実的

2月に契約したインプレッサの納車が6月上旬になるようで未だにステージアに乗っている今日この頃です。
インプレッサを契約するまでにハイブリッド車や日産リーフも試乗したのですが、ハイブリッドって
暖房をつけると燃費が20Km/Lまで届かないんだそうです。
そして、フリクションの関係からかAWDも一部を除き選択できません。
東北でも太平洋側であればAWDはあまり必要ないのですが、山間部を走るとAWDの必要性を
痛切に感じます。
EV車は充電ステーションが明らかに不足。
人口密度の低い東北ですから時間当たりの走行距離が多いわけで、たかだか航続距離が200キロ未満
だとすぐ 電欠 になってしまいます。
また冬季は暖房を使うので電費も伸び悩むそうです。
では東北ではEVは全くダメなのだろうかと言われるとそうでも無いと思います。
東北では通勤に車はかかせません。その車も大半が軽自動車です。
その軽自動車も一家に1台では無く、一人に1台ですから、通勤は軽自動車。遠出は家の乗用車と
TPOにあわせた使い分けができるのです。
このメリットを生かし、企業に充電ステーションを安価で提供できるようなシステムを作れば
案外EVも増えるのでは と思っております。
そこそこの工場だと高圧受電や特高などを受電しているのでインフラも楽に充実できるのでは
ないでしょうか。
田舎の通勤距離は往復100キロあたりが上限でしょうから、冬季の暖房で余分に消費することや
積雪による思わぬ渋滞のことなども勘案し実質150キロ程度走ることが出来るEVで
価格も割安にすれば爆発的に売れるような気がします。
もちろんAWDの設定は必修条件でしょうね。


m-95_37775 at 20:00コメント(0)トラックバック(0) 

April 12, 2012

ステージア 最近の燃費

ここ最近早朝の気温もプラスになり燃費も向上してきました。
通勤の往復100キロでの燃費は10.5KM/Lあたり。
真冬はリモコンエンジンスタータを使い20分程度の暖気運転を行っていましたが
気温の上昇と共に暖気を止めたことが燃費に貢献していると思います。
また、暖房も走り出してから15分程度、距離にして7キロ程度走ってから
スイッチをONにするようにしました。
何故そうするかと言うと、水温が低いとオートマチックの変速がトップギアまでいかない
からです。また水温が低いと燃料を沢山噴霧するからですね。

アクセルは一般的には アクセルペダルと靴底の間に生卵を挟んでも割れないくらい優しく
踏むと言われますが、あまりダラダラと走ってもオートマチックが変速せずトップギアに
入るまでに時間がかかってしまいます。それでは好燃費を期待できないですから
ある程度のスピードでアクセルを踏み加速させます。
燃費計がついている車なら、ダラダラアクセルと踏んだ時と、そこそこ踏み込んだ時の
瞬間燃費を見比べれば変わらない事がわかると思います。

軽い車が有利なのは上り坂でのアクセル開度です。 軽いのでアクセルを踏み込まなくても
速度を維持できるのです。
重い車でも、ある速度あたりからネガな部分を減らすことができます。
上り坂でもトップギアを維持できるスピードであれば燃費は悪化しないからです。
高速道路を走ると燃費が良くなるのはGo&Stopが無いことと余計な加速をしなければ
トップギアを維持できるからです。

軽自動車が高速道路で燃費が伸びないのは全面投影面積に原因があるかもしれません。
90キロあたりから空気のカベが車に立ちはだかるのでしょう。
走っているときに横から風を受けると車がグラグラするのは空気の力です。
横から受ける風を前から受けると同じ事が言えると思います。
軽自動車で燃費を追及するならハイトワゴンはやめて、背の低い軽自動車がいいかも
しれませんね。
初代インサイトはそのあたりを追及した車で、リアホイールのところにカバーをつけて
空力を追及していました。 

ステージアはワゴンの割には空力が良い方のようで、高速道路を流れに乗ったスピードで
走っても燃費は12〜14キロあたりまでいきます。

ステージアに乗る期間はもうわずかになりましたが所有して満足できる車には変わりません。


m-95_37775 at 11:50コメント(0)トラックバック(0) 

March 25, 2012

納期は5月下旬

買うか買うまいか悩んだインプレッサですが、最近の石油高騰が背中を押してくれ契約を済ませました。
2月の下旬に契約したのですが、納期は5月下旬頃になるそうです。
インプレッサのグレードは インプレッサスポーツAWD 2.0i-S EyeSightのホワイトです。
オプションはナビ以外これといって欲しいものがあるわけではなかったのですが
メーカーオプションとしてHIDをお願いしました。
去年の震災で海水が陸に上がったせいか車の腐食が多いと聞き、アンダーボディの防錆処理もお願い
しました。
雪国に住んでいるのでスタッドレスタイアは必需品で、冬前にはスタッドレスタイアを購入しなければ
なりませんが、純正のホイールのデザインがあまり好きではないのでエンケイのRC-T4を購入し
それに夏タイアを履かせ、スタッドレスに純正ホイールを履かせようと考えています。


m-95_37775 at 17:03コメント(0)トラックバック(0) 

February 22, 2012

車を買い替えようか

去年の震災で買って、まだ6ヶ月7000キロしか乗っていないレガシィツーリングワゴンGTを失ってしまい
急遽中古で走行距離が45000キロのステージアを手に入れて現在に至るのですが、
震災直後の海水に浸かった道路や震災で滅茶苦茶になった道路を走ったせいか最近調子が悪く
なってきました。
買った当初からオートマティックトランスミッションの調子がイマイチだったのですが、更に調子が
悪くなり、最近ではサスペンション系統やマフラーも具合が悪くなってきました。
また、V6 2500CCのエンジンはマルチシリンダーらしくジェントルなエンジンフィールですが
燃費が冬場に入ってから8.5Km/Lと通勤で往復100キロを走る身にはちとガソリン代が辛いのも
事実です。
このあたりを自分の気の済むように修理するにはかなりの出費が必要で、そこまでお金を掛けるなら
新しい車もいいなと漠然と思っておりました。
本当は同じく震災で廃車になった大型バイクを買いなおそうと思っていたのですが、
同僚の「その金額ならインプレッサが買えるよ」の一言で、思いが車に傾いてしまいました。
そのインプレッサに試乗したら「惚れた」とは思いませんでしたが「欲しい!」と言う気持ちに
なってしまいました。
ボディは大きすぎず小さすぎず、ハンドリングも素直、燃費も結構良い(私が運転した50キロで
14キロ/L程度)
そして決めては4DWのワゴン。
前回レガシィを購入したディーラーの営業マンさんと話をしたら、お互い震災で酷い目にあった身
ですからお値段は頑張りますと、かなり良い金額を提示してくれました。
ホンダに比べて垢抜けないスバルですが、冬の凍結した道路を走らねばならない東北地方には
やはりスバルの車は他メーカーに比べ勝るものが多々あります。
いつまで東北に勤務するかはわかりませんが、もう一度スバルを乗ってみようと思います。

m-95_37775 at 21:01コメント(0)トラックバック(0) 

November 20, 2011

完成? ランドナ

ボチボチ作っていたランドナですが、一応形になったのでここでお披露目。

IMG_0480


使用パーツはバルボアからの移植が大半ですが幾つかのパーツは新規に装着しました。

変更点

泥除け       本所の輪行用分割亀甲パターンに変更
ブレーキ本体   デッドストックのマファッククリテリウムに
フロントキャリア  日東キャンピー
サドル        フジタベルトに

バルボアからの移植パーツは全てオーバーホールしできるだけ錆びを落として使用しました。

この写真ではホイール関係はバルボアのものが装着されていますが、サンエクシードのラージハブ(130)に
アラヤのSP-30の組み合わせにシマノの8速カセットフリーで組んだホイールが近々届きます^^

基本、大学サイクリング部の自転車をポリシーにしているので第一段階としてはいい感じだと思います。





m-95_37775 at 22:24コメント(0)トラックバック(0) 

October 25, 2011

続 ランドナー

中古で買った丸石サイクルのバルボアですが、塗装が激しく劣化しておりまた、錆びも激しく進行しております。
これではお世辞にも年季が入っているとは言えず、率直に言うとただのボロ。
どうしようかと自転車屋さんで悩みながら天井を見上げると、

あれ?

この紺色のフレームってケルビムじゃないか?

ホコリがフレームに幾十にも積層していてはっきり判別できないので、天井から下ろし、ホコリを拭いたら
確かにCHERUBIM(ケルビム)の文字が書いてあります。
DSC_0042

しかし、これといった手の混んだ装飾がしてあるわけでもないので、きっとスタンダートフレームなのでしょう。
この時点ではケルビムのフレームに触手が動かなかったのですが、試しにフレームを綺麗に拭いてみたところ
なかなかイイ色をしております。
若干ヘッドにサビが出ているものの買うならヘッドを交換してくれると言うので一気に買う気になって
しまいました。
パーツはバルボアから移植し、気になるパーツをボチボチと交換していくつもりです。



m-95_37775 at 21:05コメント(0)トラックバック(0) 

October 02, 2011

ランドナー

最近ランドナーというカテゴリーの自転車を購入しました。

今の区分けはよくわかりませんが、昔は

ランドナー     1〜3日程度の旅行に行ける仕様の自転車

スポルティフ    27インチの比較的細いタイアを履き、泥除けのついた自転車でランドナーに比べ
            速いスピードでサイクリングができる自転車

ロードレーサー  走ることに不必要なパーツが無くツールドフランスなどのレースに使う自転車。
           タイアはチューブラーと言うタイアを使う。

クロスカントリー 見た目はロードレーサーに似ているが不整地を走ることに特化したフレームになっている。
           タイアもブロックパターンを使うことが多い。

キャンピング   名前の通り世界一周もできる自転車。 
           積載量も最大級で総重量はかなりのものになる。

MTB        名前の通りマウンテンバイク。初期のものはサスペンション機構が無かった。


最近はロードレーサーをロードバイクと呼ぶそうですが、外国では昔から自転車の事をバイクと呼んでいました
クロスカントリーはシクロクロスって呼び名が変わってました。 

今回僕が購入したのは約30年前に発売された丸石自転車のバルボアというランドナー。
この自転車が発売された当時はランドナー率も高く比較的売れ筋だったのではないでしょうか。
マスプロなら丸石・ミヤタ・ブリジストン・ナショナル・アラヤ・カタクラなど、オーダーなら
お金が無い人はケルビム。お金があれば東叡がオーソドックスなところだったかな。
今、東叡にオーダーすると納期が2年だそうです!フレームだけでですよ!

バルボア君は中古故、いたるところにサビやキズがありますが、分割式泥除けや専用工具が無くても
ヘッドを外せるようになってたりと結構手の混んだ事がしてあります。
購入したのは大阪の馴染の自転車屋さんで取りに行くまで結構時間があるので、グリスアップや
倉庫にあるいらない部品を適当に組んでくれるそうです。
何気に楽しみな秋のひとときです^^


m-95_37775 at 22:24コメント(0)トラックバック(0) 

August 20, 2011

ステージアでI PODを聴く

CDプレーヤーの壊れているステージアで音楽を聴くために今までソニーのDCC-FMT50UDという
FMトランスミッターを使用していたのですが、所詮FM故、帯域が狭いので聞き流す程度の音質でしか
ありません。
また、環境によるノイズも拾うのであまり良いものではありませんでした。
そんな時ふとカーショップに立ち寄ると、データシステム社のビデオ入力ハーネスなるものを見つけ
適合を見るとステージアが掲載されていました。
私のステージアはBOSEではないDVDナビ付スーパーサウンドシステムがついているので
品番はVHI-N11というものです。
取り付けはリア左サイドにある小物いれを外し純正チューナーの空いてるとこにカプラーオンで完了。
RCAコードの延長用を購入しグローブボックスまで延長しました。
さて、肝心な音質ですが、元のスピーカーが古すぎてあまり良い音はしませんが、今まで動いてなかった
領域までスピーカーが活動しているようです。ただし、バラバラな音ですが・・・
それでも今までよりはかなりマトモな音質なのでヨシとしましょう^^

m-95_37775 at 16:06コメント(0)トラックバック(0) 

July 13, 2011

ステージアで関西往復2000キロ

被災証明があると高速道路が無料になる数少ない特権を使って大阪にプチ里帰りしてきました。
ステージアでは初めてのロングドライブです。
ロングドライブで気になるのは疲労度数ですが、直進安定性が良く肩に力が入ることも無く
疲労は最小限に抑えられました。
恐らくタイアの性格も良い方向に向いているのでしょう。私が装着しているタイアは
ヨコハマ アース1というエコタイアでストレートグルーブが多いのです。
エコタイアですから当然燃費も良い方向に向いていると思われます。
長時間走行しているとシートが悪いとお尻が痛くなるのですが、ステージアのシートは
大きいせいか、スカイラインと共通のシートのせいか8時間ほど乗ったくらいから若干痛いかな
程度のものでした。
私のステージアにはミリ波レーダークルーズコントロールがついているのですが
スバルのアイサイトほど賢くはありませんが前車追従型のクルコンですから車間距離を
一定のまま走ることが出来、長距離ドライブには重宝します。また、余計なアクセルワークを
することもないので燃費も向上する傾向にありました。
気になる燃費ですが、だいたい11Km/L程度でありました。気温が低ければもう少し良くなった
かもしれません。

この車、前オーナーは9年間で約45000キロ走行されていました。
平均すると年5000キロです。走行距離は相対的に少ない部類だと思っていたのですが
往復2000キロ走行でエンジン内のカーボンが綺麗になったのかエンジンのピックアップが
良くなりました。
そしてオートマティックトランスミッションのレスポンスも若干良くなりました。
ただ、オーディオのCDチェンジャーが壊れているのは問題です。
デフォルトでついているオーディオを修理すると25000円程度に約3週間の修理期間。
フェイスパネルを取り替えて既製品のオーディオを入れれるようにするとオーディオは別に
約5万円程度。どちらにしようか思案中です。

m-95_37775 at 21:35コメント(0)トラックバック(0) 

July 03, 2011

ステージアのナビ

ステージアには日産純正DVDナビが最初から装着してありましたが、一世代前のDVDナビですから
使い勝手が悪くて仕方がありませんでした。
また、純正CDチェンジャーも壊れており仕方なくIpodTouchをFMトランスミッター経由で聞いていたのですが
最近auの EXPERIA IS11Sに買い替えたのを期にこいつでナビと音楽を楽しむことにしました。
まず、FMトランスミッターですが、SonyのDCC-FMT50UDにしました。このFMトランスミッターはUSB端子を
持ち、アンテナケーブルが長いのでカーラジオのアンテナの近くに持っていくことができ、ノイズが乗りにくい
ようになっています。USB端子はスマホの充電用に使います。
二つの機能(FMトランスミッタ・ USB端子)がひとつのボディになっているので余計なシガーソケットの増設を
せずに済みます。ボクはケーブルがゴチャゴチャしてるのが嫌いなのです。

次にスマホを保持するクレードルですが、これはカーメイトのME6 吸盤ベースと
ME8 携帯・スマートフォン用ホルダーで保持することにしました。
このパーツで純正ナビの右横に設置することが出来るようになりステアリングから少し指を左に
オフセットすればスマホを操作できるようになりました。
スマホ1台でミュージックプレーヤとナビを兼用させることが出来るのはとても便利です。

さて、カーステレオとしての音ですが、なんせ製造から9年を経たスピーカーですのでさしたる
音が出るわけではないのですが、以前のIpodTouch + バッファローFMトランスミッターBSFM03より
はるかに良い音が出るようになりました。
ナビの性能ですが、細かい機能は専用品にはかないませんが、地図が常に最新の状態と言うのは
不足分を補うのには十分です。
スマホにはブルートウスが搭載されていますのでブルートウスインカムを使えばバイクでも使える
ようになります。

これでステージアの弱点もかなり克服できました。次は何をしようかな。

m-95_37775 at 20:27コメント(0)トラックバック(0) 

June 26, 2011

ステージア 燃費

購入後まだ2500キロほどしか走っていませんが、一応燃費の傾向を纏めてみたいと思います。
ステージアと今までの車の使い方の最大の違いは「暖気運転」
ステージアではほとんど暖気をしたことがありません・・・
中古とはいえあまりにも酷い扱いだなぁ〜
さて、燃費ですが街中Go & Stopの連続では5.6Km/L程度 極短距離での使い方です。
一方田舎道をそれなりに流れに乗って走ると10Km/Lあたりまで伸びます。
原因はゼロスタートが多いか少ないかってとこでしょうか。
なんせ車重1.9MTもありますから。
高速道路では「ぬふわキロ」ぐらいで巡航すると10Km/L程度ですが
「ゆわキロ」キロくらいだと13Km/L程度になるようです。
回転数をセーブしすぎても燃費は悪くなる傾向になりますが、このあたりは
空力との兼ね合いもあるようで100キロ程度で巡航するより「ぬふわキロ」で走る
ほうが燃費が良かったりします。
このデータは純正DVDナビ(ふるっ!)の付属機能の瞬間燃費計・平均燃費計を
見ながらの結果です。
一応満タン法でも行っていますが、誤差0.1Km/L以下なのでそこそこ信用できる
数字だと思います。
この燃費が良いのか悪いのかわかりませんが省燃費タイアの効果も含まれて
いるのでしょう。
この燃費は津波で流されたレガシーツーリングワゴンGTアイサイトとほぼ同じ
傾向でした。
レガシィはターボついてるのに意外と健闘してたんですね。



m-95_37775 at 19:55コメント(0)トラックバック(0) 

June 10, 2011

車は買ったけどバイクが

先般の震災でレガシィが廃車になりましたが、実は大型バイクも廃車になってしまいました。

見た目はなんとも無く、 まだ新しいね と言われそうな状態ですが修理代に120万円ほど

かかると言われとりあえず廃車にしました。

最近は東北も暖かくなりバイクで走ると楽しいだろうなぁ〜〜と思うことが多くなり

欲しいホシイシンドロームが発症しはじめ抑えるのが大変です。

パソコンを見てると知らぬ間にバイクのHPを閲覧してたりと、どんどん悪化しているようです。

今まではBMW F800GSを乗っていましたが、今回欲しいホシイシンドロームは

ずばり

BMW R1200GSアドヴェンチャー  たかっ!

ガソリンタンクが33リッターと言うすごいバイクですが、兎に角カッコいい。

最高速も200キロを越えるそうそうです。(怖くて出せないけど)



m-95_37775 at 18:16コメント(0)トラックバック(0) 

May 28, 2011

M35 ステージア納車

先日宮城県からJRを乗り継ぎ秋田まで行きステージアの引き取りをしてきました。

秋田港から宮城県まで約350キロの道のりですから当然音楽が無ければ飽きちゃいますね。

なのでCDを数枚持参してきたのですが、カーステレオにCDが入りません・・・・

これが第一の問題点です。

初回登録から約9年で45,000キロほどしか走っていない車ですからエンジンが重いと

思っていましたが、マジで重いです・・・

これが第二の問題点です。

それ以外はとても良い車で、特に6気筒のフィールが今更ながら新鮮でした。

V6ですから両バンクのエンジンフィールが同じわけではありませんし直6に比べてしまうと

劣りますが、スムーズなフィーリングは長距離を走る上で楽でしょうね。

ステアリングインフォメーションはV34スカイライン譲りですからステアリングセンター付近は

非常にドッシリしており直進安定性もバッチリです。

しかし、ステアリングを切り込んでいくとノーズが素直に入っていくとこなどはアテーサの

効果でしょうか。 それとも日産FR車の伝統?

重いエンジンフィールはオートマティックトランスミッションフリュードを交換することにより

かなり改善されました。

交換前はロックアップが働いたのかわからなかったのですが、交換後はスパッと

ロックアップが効きエンジン回転数が数百回転下がるようになりました。

エンジンフィールも吹け上がりが軽くなりましたが、2.5リッターエンジンに1.9トンの

ボディはやはり重過ぎるようで豪快な加速フィールを得ることはできないようです。

燃費は街乗り9キロ  高速で11キロ程度でしょうか。まだ詳しくデータを取っていないので

今後詳しく調べてみます。

足回りは恐らくブッシュがへたっているのでしょう、路面のアンジュレーションに対し

横にズレるような感覚があります。

ブッシュ総取替えはしてみたいですが、そこまでする必要があるの?と聞かれれば

使い方を考慮すると「ノー」でしょう。

サスペンションをNISMOにはしてみたいと思いますけど(笑

シートは座面が大きいので長距離でもゆったり座れて疲れにくいのがいいですよ。

さすがバブリーな時代に設計された車だけありますね。



m-95_37775 at 23:13コメント(0)トラックバック(0) 

May 13, 2011

あとは船に載せるだけ

今日、馴染のタイヤガーデン箕面さんが携帯に写真を送ってくれました。
ホイールセットはワークエモーションCRkai 17インチ8J オフセット42 
タイアはヨコハマアース1 215/ 55/ 17です。
もっとぶっといタイアにしようかと思ったのですが、最近長距離を走る機会が増えているので
ほどほどのサイズに燃費志向のタイアの組み合わせにしました。
個人的にステーションワゴンにはサイドウオールが薄くなる低扁平率のタイアより
少しファットに見えるタイアのほうが似合っているように思います。
単純にファットに見えるだけでなく、ホイルが若干引っ張り傾向にあるほうがカッコいいとも
思うのです。このあたりは微妙ですけど。

CA3H0003


あとはフェリーに載せてもらったステージアを秋田港に受け取りにいくだけとなりました。

とても楽しみです^^



m-95_37775 at 21:58コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
Luke
生年月日  1966年生まれ
性 別   男
現住所   かなり北に移動
職 業   会社員
趣 味   自動車遊び 海外旅行 

最近の出来事 
最近ゴルフが楽しくなってきました
Archives
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ