2006年02月28日

「フィルタリングの存在価値が問われる」かも知れない今日この頃

 「インターネット有害情報対策セミナー」にこっそりと行ってきました。
 (どこかの記事に私が写っていたとしても、バラしちゃダメよ)

 ネットでも有名な紀藤弁護士と、悪徳商法?マニアックスのBeyondさんが来るということで、申し込んでいたんです。

リンク:BeyondさんのBlog誰にとっての有害サイト? − フィルタリング合戦の行き着く先


 詳しい内容については誰かが書くと思うので(他力本願)、とても簡単に書きます。
 ・インターネットとはこういうもの。
 ・こう言うところが懸念されます。
 ・近年はこんな犯罪がありますよ。
 ・こうして悪マニは、一方的にGoogleの検索対象から外されました。
 ・フィルターソフトは、フィルター基準が不明で、何を規制したいのかよく分からない。
 ・こういう嫌がらせもありますよ。

 セミナーを聴きながら思ったことなんかは、後で書こうと思います。

m-98_33582 at 22:18│Comments(0)TrackBack(0)日記風 | ネット

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
人物紹介
LOST or あさい
法について学んでいます

ゲーム好き
 現在は、法学の勉強があるため細々とやってます。

 ボードゲーム 海外のものいろいろ
 ウォーゲーム Warhammer
 TRPG Earthdawn、D&D
 PC シヴィライゼーション、シュヴァルツシルト、AoE、大航海時代オンライン
 ゲーム機 三国無双、FF、Wiz、ドラクエ、女神転生、PSO

哲学好き
 本から学ぶのではなく、人から学ぶ。
 「哲学は誰もがみんな持っている」

重視している言葉
 一期一会
月別ログ