2012年01月02日

南紀すさみのブルドッグ、あいチャンの1月812年)

本ブログの休止と海外シニアボランティア

長年本ブログ続けてきたが、ここしばらく更新もままならずでお寄りいただけた皆様には大変失礼しました。

昨年JICAの海外シニアボランティアを受験し、低空飛行ながら何とか通り、ベトナム派遣が決まった。
その為の合宿研修に年明け早々の5日に福島・二本松の研修所に向け出発する。

それで最低2年間は当地はなれることとなり、本ブログ休止することとした。
その間はシニアボランティアのブログ新しく開設です。

たぶん「シニアボランティア ベトナムと糖尿と運動療法(水泳など)」となると思われる。

これから研修所で3月10日まで過ごし3月20日ごろベトナムに出発です。

ベトナムでは進出してきた外国企業に対して中小企業の技術力がまだまだ未熟なため、裾野の技術力向上のプロジェクトチームの1員としてお手伝いすることになっています。

丁度東京オリンピックから少しして、大阪万国博の前ごろの右肩上がりの日本の活気溢れる時期を経験できるのではと大いに期待しております。

そのあたりのお手伝いの状況や、糖尿に対する運動療法について書きたいものと思っています。
勿論都合よく泳げるプールに行き当たることが出来るかわからぬ故水泳記事になるかジョギングや他のものに成るかは今のとこり不明ですが。

よろしければ、新しいブログの尾より頂応援いただければ幸甚です。



m0662624001 at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)挨拶 

2011年09月22日

南紀すさみのブル、9月(11年) あいチャンと台風

台風12号・台風15号とあいチャンの腹具合

前回の台風12号が当地を襲った本年の2つ目の台風で、あいチャンのいつも散歩に行く海水浴場の砂浜に飛んでも無い量の木々や根っこを漂着させた。

本来なら町のいろんな団体から派遣された人出がボランティアで清掃に当たるんだが、今回は流石にそれでは無理と見たか、ユンボとブルドーザーの重機がお出ましとなった。

重機は流石に人が運べ無いような大きな木々の片付けにはよいが小さなものの片付けにはむかぬ。
表向きあらかたきれいな片付けに見えても一雨来れば、表面の砂が流れれば、下から病葉が山ほど顔を見せる。
後はいつものホウキとスコップとフルイのボランティアの出番である。

そんなこととあいチャンとが関係するわけではない、ただあいチャンこちらに来た当事より砂浜でないと排泄ができないから、台風だからといって排泄我慢せよともいえぬ、それで被害こうむるのは台風の中散歩のお供する当方と、せっかくだからと大雨や強風の中散歩に引き出されるゆりチャンとぶっちょ君である。

その上最近あいチャンに困ったことがある、下痢気味で排泄した後の処理に困るんである。

1度はペットクリニックに連れて行き見てもらって薬を貰ったり便を調べてもらったが、少し治りかけたが結局元に戻って良くならなかった。

それで長年使っていたサイエンスダイエットのドッグフードを変えてみたが最初はよくならずで散歩のたびに困った思いをさせられ続いた。

ところが今回の15号のころになってやっと効果が出だしてきた。
大体大雨に強風と来ては排泄の処理にコロコロの硬いのだって楽ではないがそれがビチコと来てはなおさらなんだが、今回の台風下には良くなってきて大いに助かった。

国産のドッグフードで、此方があっているなんてあいチャン ブルドッグの癖に洋犬で無く和犬だったかと疑うしだいである。
当初半生のほうが良いかもと思ってやってみたが却って良くならない、それで種類変えて硬いのにしたんだがやっと腹に合うのがあったらしく良くなってきた。
そして一番困る台風下で効果出てきてくれたというわけである。

だから台風15号でもいろんなものを砂浜に漂着させてくれたが、先ずはあいチャンのお腹の修復に繋がる台風ということで思い起こすことだろう。
悪い思い出だけでもないということである。



m0662624001 at 09:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ペットの田舎暮らし 

2011年06月16日

南紀すさみのブル、6月(11年) あいチャンと東北大震災・2

ボランティア活動の記

お知らせのまま置いておく訳にも行かぬと言うことで「南紀すさみの四季・日本の南仏プロブランス」に書いたボランティア記事をこちらにもアップすることにした。



南紀すさみの6月(11年)東北大震災・被災地ボランティア2

宮城県・亘理町

当方の住むすさみ町、田辺市、白浜町、上の4市町の社会福祉協議会のボランティアバス2台(1台ボランテイア20名社協関係者3・4名)で2回目のボランティアに出かけた。

前回は和歌山県と社会福祉協議会のボランティアバス1台で関西広域連合の協定で和歌山県が支援する岩手県の大槌町に行った。

今回は4市町の支援の亘理町。
震災にあったのは亘理町でも海岸に近いところで、大槌町のように町長が死んだり役場が全損なんて事もなく役場は地震の被害のみで津波からは幸いにも無傷。

大槌町から釜石市の海岸線の被害状況は目も当てられぬ状況であったが、ボランティアに入ったのは部屋が肩口ぐらいまで水に浸かった地域であった。

今回も部屋の中が頭程度まで水に浸かった地域であったが、本当の酷いのは既に震災直後に皆で何とかして住める状態まで回復しており、部屋より外回りであった。
本当にボランティアが必要なのは震災直後と思われるが、役所の体制が整わず申し出断っていたようである。

尤もこれからだってまだまだボランティアが必要とされるのは間違いない。
終わったお宅で大いに感謝され、勇気がわいて又復旧に立ち向かえると感謝されるのだから本当のところだろう。

でも今回2日目に依頼のあった家で、震災直後の皆さんの困難を味わえることとなった。
依頼者の家は平屋で外壁もそれほど大きく壊されてもいず、ただ家の前にはに泥の山だったと思える残骸の山があるのみ。

実は後で聞いた話だが、つい最近まで家の前を塞ぐ形で流されてきた2台の車が邪魔で片付けも何も出来なかったそうだ。

横手の勝手口のドア開けてびっくり、部屋の中は散乱した家具や日常品ばかりか瓦礫や病葉が腰どころか肩近くまで散乱、なんとなく異臭も在りどこから手をつけるか一瞬と惑う。

まず家の周りの瓦礫や泥を片付けてから部屋の片付けに取り掛かる。
津波で押し寄せた水が数日間引かなかったため布団や衣類や本など殆ど良品より分けるなんて事は不可能で、写真やカバンは何とか確保しておいた。
厄介だったのは冷蔵庫、3ヶ月放置のままだったからそれでなくとも特有の異臭に悩まされる中、下手にドア開けるとどれだけ腐ったものが散乱し異臭発散するか分らぬゆえロープで縛った上で移動、所が移動中に水気のものが流れ出しただけで臭う。

今回町ごとでチーム組んでの作業でわが町がこちらのお宅の依頼引き受けてきたわけだが、午後からは他の依頼で活動していた上富田町や白浜町のチームも追加でこちらに応援で入ってくれた。

濡れた畳はたっぷり水含んで上に泥かぶって4人がかりでの移動、布団類や衣類も泥水に浸かってすべて廃棄、その上瓦礫や大量の泥で作業終了時までにやっとのことで廃棄処理のみは片付いた。
出来れば床板ひっぺ替えしてしたの泥なんてことはとてもじゃないが無理、次のボランティアさんに引き継いでやってもらうしかなし。

この家の家族が後でやってきたときの話だが、家族4人がばらばらでご主人津波の濁流に流されは成れたところの電柱に何とかしがみついたそうである。
3月11日の冷たい泥水の中で浸かっていたせいか、助かった時には黄疸症状が出ていたそうだ。
奥さんも入ってきた津波の泥水に家の中に押し込められ徐々に増える水にやっとカーテンレールにつかまって外に抜け出しこちらも冷たい中長らく使っていたため足が黄疸症状。

子供たち2人も何とか助かったそうだが、家族の安否がやっと分ったのが4日後。
全てを失ったが家族4人が助かっただけでも良しと。
今もって皆さん小学校にて避難生活。

我々ボランティアなんてできる事は僅かなこと、国地方自治体が1丸になって復旧に取り掛かればもっと早く大きく前進できるはずで、こちらの家だって前に流れ着いた車さえ早く撤去できていれば、震災後3ヶ月もなるのにまったく手付かずなんて馬鹿げたことはなかろうと、本当に今の何も出来ない菅政権のバカどもが腹立たしいだけでなくそこを指摘しない大手マスメディアの腐敗堕落にも返す刀でバッサリである。

尤もそのお陰で、震災直後の皆さんのご苦労が理解できることとなって、自分たちの町の今後の防災対策を考える上で大きな示唆貰ったことになる。
多分今回のボランティアに参加した人たち全員に大きな衝撃を与え考える機会となったことだろう。



m0662624001 at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月09日

南紀すさみのブル、6月(11年) あいチャンと東北大震災

お知らせ

明日10日早朝より、前回4月の岩手県大槌町に続いて宮城県の亘理町にボランティアしに行ってきます。
帰るのは13日に成ります。
コメの返事帰宅後になろうかと思います、よろしくお願いします。




m0662624001 at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月06日

南紀すさみのブル、5月(11年) あいチャンとイノブータン建国祭・イノブタダービー

町挙げてのイベント

朝早く散歩の時から駐車場建国祭りで満車状態、ガードマンが全てシャットアウトである。

当地では 国の祭日であろうと無かろうと、5月の3日はイノブータン王国建国祭で全町祭日で、町の機能麻痺である。

ワンコ共いつもと勝手が違って落ち着かない、波打ち際歩いていたらアサリが一杯打ち上げられている。

毎年恒例の潮干狩りが8時からで大粒のアサリが採れる、勿論当地の海水浴場漁港の整備に合わせて、砂しこたま放り込んだ人工の砂浜ゆえ、当地で生育したアサリではない。

イベントに合わせて買い込んだものだから、前の晩に撒いておいても砂に潜ることもできないゆえ朝にはほぼ全てが波打ち際に打ち上げられる。

打ち上げられていたのを見つけたので、こちらも意味が分るから、全て水の中に投げ込んでおいた。

以前、こちらに来た当時そんな事を知らないものだから、当時いたさゆりと言うブルが見つけてバリバリ言わせて食いだしたものだから、当方もアサリが一杯いるのを拾い捲ってしまった。
勿論その年 潮干狩りでアサリが殆ど拾えず全く評判が悪かったそうだ。
さゆりの方も食いすぎて下痢、良かったのはアサリの吸い物しこたま飲めた当方と家内だけ。
其れをブログに書いておいた物だから、翌年はロープが張られて8時からとの看板と、早い目に打ち上げられたのを海に戻す役員が新たに作られた。

本日曇りのため、少々寒かったろうと思われたが、拾っている方は気にもせず必死で浸かっていて、当方が持って帰らず 戻しておいたから結構バケツに入っていたようである。
どうもあいチャン共々陰徳である。

P1010110id

最も白浜は3日が海開きで、潮干狩りより余程寒い。

其れと上の芝生の屋台も全て8時スタートで、イノブタ汁の無料振る舞いには早くから列が出来ていた。
潮干狩りの写真撮ってから並びに行ったら、既に500番近く。
今年は600食ということで間に合ったが、600食完了まで大した時間掛からず。

P1010099id

既に屋台のテントからは焼きそばやカレーにソーセージなどの臭いプンプンさせて呼び込みが始まっていたが。朝食食ったばかりでは流石に買う気には成れぬ。

メインイベントのイノブタダービーは4回あるんだが、最初の分が9時半から。
例年通り、時の人の名前を付けられたウリボウ共が怖がってキィキィ泣くのを無理やりスタートの檻に入れて一斉にスタートと行きたい所だが、そんな訓練受けもしないウリボウに分るはずも無く中々スタートとならぬ。

P1010117id

あいチャンに言わせれば、ブル共が勢子したらもっとうまく追い立てれるそうである

子供の勢子がそこから追い出すがこれが又うまくいかない、子供たちだって訓練無しでやらされるからもう一つ要領が得ない。

P1010119id

但し観客は犬のレースのように、猛スピードであっという間にレース御仕舞いではないので大喜び、マスコミのTVカメラが幾つもほうれつ作っているが、デジカメや携帯のシャッター音も多い。

P1010120id

走ったかと思えば団子になったりで中々ゴールに届かず観客喜ばしてやっとこさゴールに
入り込んでレース成立。

P1010121id

例年このようなレース振りだからこちらも驚きもせぬが、始めてみた人は何ともけったいなレースと映ることだろう。

建国祭のステージでは、うどんのはや食い競争やイカの皮むき競争が行われている。

今年はシーカヤックのレースに宮田さんと出ようということにしていたが、当日までに先に出場連絡しておかなければならぬようだったので、こちらの出場は諦めた。

実は翌日の報告しておかなければならぬ。

今回もブル共が見つけたお手柄だが、3日の潮干狩りで取り逃がしたアサリが結構波打ち際に打ち上げられて大人4人分にたっぷりな量のアサリを拾うことが出来た。

P1010124

今回は正真正銘、潮干狩りでの取りこぼしだから大きな顔である。

m0662624001 at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)田舎暮らしノイベント情報 | ペットの田舎暮らし

2011年04月21日

南紀すさみのブル、4月(11年) あいチャンと東北大震災−3

官僚とマスメディアの悪巧み

あいチャン最近腹の調子が悪く、今回の狂犬病の予防注射、他の2匹は連れて行ったがあいチャンだけは止めることにした、いずれ田辺のペットクリニックでやらねばなるまい。

と言うことで本日はあいチャンのことでなく当方のバカ菅始め、官僚やマスメディアへの苦言である。



復興財源確保のため、消費税率引き上げの検討

政府の消費税引き上げ案、与野党から異論相次ぐ

実は最近大手メディア、何をトチ狂ったか、官僚の言うままに増税路線をまたまた垂れ流しだした。
但し自分たちの新聞は特例設けて増税から外すと言うとんでもない見返り要求して、話が付いたかついていないか分らぬが、ここへ来て増税応援路線とっているからには特例OKさせたことだろう。

その為例のごとく小沢氏外しに使った手で世論調査なるものをやりだした。
震災復興に膨大な金が必要だが、復興税に賛成ですかって聞かれれば、余程今ここで増税やれば景気がガタガタになるとはっきり指摘できるほどの人で無いと、先ずはっきりと反対できなかろう。
先日来メディアで盛んに刷り込みやった上での世論調査だから、おい其れ反対できまい、反対すれば非国民扱い受けそうに思われそうである。

其れを持って国民が皆賛成であると言っているようだが、経済分るまともな識者や議員は増税すれば日本がズタズタになる、何としても官僚の悪巧み止めねばならぬと頑張っている。


天木直人ブログで以下の様な記事がアップされている。


復興を大義名分に増税を当たり前のように口にする傲慢さ。年金財源
を流用するという。電気料金を値上げするという。ガソリン減税や子供
手当てを止めるという。

その一方で膨大な原発埋蔵金には手をつけない。ODAは減らさない。
米軍思いやり予算は減らさない。国会改革、公務員改革や天下り禁止に
は手をつけない。官僚のいいなりだ。

これで怒らない国民がいるとすれば国民も舐められたものだ。
 


そうなんである、随分と日本国民はバカ菅にしたい放題されている。
あの代表選でバカ菅に付いた民主議員206名の馬鹿サ加減だって同罪である。
あれから随分酷い馬鹿菅見せられたはずだが今もって支持続ける気かサイド聞いてみたいものだ。
当地の比例で拾われた議員、旗色はっきりさせていないからどちらに付いたかはっきりと分らぬが、もしバカ菅側なら次の選挙では目にもの見せんと手ぐすねである。

まだ天木氏のは官僚の非難はしているが公務員改革・天下り禁止と言う言葉で縁曲である、公務員の給与2割削減どうなったのか?これをやれば国民も納得で尚且つ財源もでてくると言うものである。

阿修羅の投稿記事ではもっと過激で、2割削減どころか3割削減で政治家は半減と河村氏が聞いたら泣いて喜びそうな主張である。


消費税の増税でなく役人の給与カットを
http://www.asyura2.com/11/senkyo111/msg/853.html
投稿者 浦島 日時 2011 年 4 月 20 日 07:21:22: SatUa8esa6POA

東北大震災の復興を名目にして、政府と自民党は財務省の役人の狙いに従い、消費税の増税を企んでいるが、これは政治的な失敗の尻拭いを国民に押し付けるものだ。むしろ増税ではなくでなく民間に比べて割高になっている役人の給与カットをして、それを災害復旧に活用すべきではないか。国家公務員や地方公務員の給与を三割カットし、政治家たちの給与は半額にして無駄をただし、税金を食い物にしている日本のタカリ制度を改めるべきだ。  

マスコミを使った、増税賛成世論作りに邁進するテレビ、今朝もテレ朝でやっていました。 「被災地復興の為なら仕方が無い」、「反対する者はけしからん」とでもいいたげな論調は許せません。議員歳費や公務員給与を期限付きで全額カットすると言うならまだしも、国民に押し付けるなど、震災に乗じた役人の悪知恵でしょう、8%になったら、収入の少ない者は、買わないことで自衛するしかありません。
例え少数派であっても私は「増税」に反対します。


それに官僚 財源無しを連呼するが、あくまで増税ありきで、使いでの良いかね増やすにしかずが見え見えである、それにバカ菅盲目的に従属。
民主小沢系議員の川内氏がその辺りを上杉氏とのやり取りで話しているがこれが本当なら何とも不可思議な国・日本である。


川内

日本は、日本国政府として640兆円貯金がある。

あとは、国債整理特別会計の積立金28兆円とか、外国為替資金特別会計積立金20兆円。
国債整理特別会計に至っては毎年20兆円儲かっている、いわば余っているということです。

そういうものを上手にやりくりすれば増税などやる必要はない。復興財源をねん出することはできる。
私は自信を持って申し上げます。だから、借金があることと財政が厳しいこととは全く別。



尚冒頭のタイトルの読売の元記事如何にアップしておく。

政府が東日本大震災の復興財源確保のため、消費税率引き上げの検討に入ったことに対し、自民党は慎重な姿勢を示している。

自民党の石原幹事長は19日、国会内で民主党の岡田幹事長と会談し、消費税率の3%引き上げ案に反対する意向を伝えた。政府は被災地住民には増税分を還付する案を検討しているが、石原氏は「還付の手法がわかりにくい」とし、「社会保障目的税でないと(税率引き上げに)国民の理解は得られない」と語った。岡田氏は「(3%引き上げは)まだ決まったわけではなく、白紙から検討する」と答えたという。

自民党は復興財源のための増税自体には反対していない。消費税率引き上げに理解を示す声の一方、消費税ではなく、所得税や法人税の税率の引き上げの検討を求める意見も強い。公明党も、自民党と足並みをそろえている。山口代表は19日の記者会見で、「消費税は(低所得者ほど負担感が増す)逆進性が免れない。法人税や所得税を使う考え方もある」と語った。

野党側には、菅政権への不信感が根強い。菅首相がもともと消費税率引き上げによる財政再建を重視していたこともあり、「首相の構想にうかうかと乗れない」という側面も大きい。

民主党でも反発が出ている。同党が19日に開いた党税制改正プロジェクトチーム(PT)・財務金融・総務部門合同会議では、「上層部で消費税率引き上げを決めても、国会で堂々と反対する」「今消費税増税の話をするなんて被災地の住民の気持ちをわかっていない」などの声が相次いだ。
(2011年4月19日22時05分  読売新聞)




m0662624001 at 22:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)政治・経済 

2011年04月11日

南紀すさみのブル、4月(11年) あいチャンと東北大震災−2

4月11日・ご主人 和歌山県震災ボランテイアで岩手・大槌町より帰着

ご主人岩手の震災復興ボランティアで大槌町に行ってる間、3匹の散歩間々産1人ではえらかろうと、ご近所の人が手伝いに二人も来てくれた。

それでゆりチャンとあいチャン 二人の助っ人が散歩で、ブッチョ君はママさんと散歩。

たった一匹との散歩なのにブッチョ思い切り引っ張るからママさんいつもより大変。

あいチャンはいつも通り優しくて大人しいから初めてのおばさんだって楽に散歩できたって喜んでくれた。

そのおばさん最近18歳まで生きてたわんこ死なしたとかであいチャンと散歩できて良かったって。
それてあいチャンだって人に役に立って喜んでいるの。

下ははご主人の帰着の挨拶。


すさみ町が如何に津波に弱いか、町の中心部が軒並み3m程度であるから5m程度の津波で壊滅的被害こうむることになる。

そのようなわけで津波対策を考えることが町として急務で、だから震災以後、当町の名物料理イノブタ汁を500人前でも1000人前でも持って被災地で炊き出しに行こうと計画したが、諸般の事情で中断。

和歌山県・県社会福祉協会がバスをチャーターして、ボランティア20名を岩手県大槌町に派遣すると言う。

早速応募して8日発の第一陣に潜り込んだ。
こちらは現地での宿泊費・食費が自前ではあるが、行き帰りのバス代は無料と成っている。
500食・1000食の炊き出しでは随分持ち出しが多く負担が大変であったが、これなら一桁費用が助かる。

「頭使える者は頭使い、金使える者金使い、頭もカネも使えぬもの体を使う」の言葉通りのボランティアで、体力人一倍ある当方にとっては例え70歳まじかと言っても体使う方がらくなのである。

兎に角8日に和歌山発って9・10日と大槌町の桜木地区でボランティア活動して本日昼過ぎにすさみに無事帰着、今回のボランティア22歳から69歳、最高齢が当方。

現地での見聞やボランティア活動通しての体験を生かして当町の防災対策の提言をまとめるのに良い経験であった、とりあえず帰着の報告まで。





m0662624001 at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)天災 

2011年04月07日

南紀すさみのブル、4月(11年) あいチャンと東北大震災

東北大震災復興ボランティア

実はあいチャンやゆりチャンそれにブッチョ君の朝夕の散歩はいつもご主人と一緒。
3匹とも好きな方に行こうとするし、ゆりチャンとあいチャンは直ぐ県下おっぱじめるから必ず3回に分けていく。

でもご主人生活習慣病で数値滅茶苦茶悪かったことがあったので特別散歩嫌がる風でもないのでおお助かり。

でも明日からご主人東北の岩手に行くことにしたそうで散歩と餌はママさんと言うことになると思っていた。

そしたらご近所の人がママさん3ブルの散歩に3回はえらかろうと散歩の手伝い申しいれてくれたそう。
その人長らく飼っていた犬が死んで今は寂しくしているという事で、それにご主人ボランティアと言うことなので、散歩ぐらいは手伝ってもということらしいノ。

だからあいチャンどんな人が連れてってくれるか、今から楽しみにしているんだ。


下に東北行きの事貼り付けておくからね。

岩手県大槌町


8日から11日まで岩手県大槌町に和歌山県の社会福祉協議会のバス派遣が決まり、第1陣のボランティア20名が現地入りすることになった。

当初炊き出し500人分か1000人分持ち込んで友人と2人で行こうと画策したが、車の手配とガソリン補給が分らず、諦めてこちらに鞍替えしていくことにした。

東北道で行くのかと思いきや北陸道経由と言うことで、和歌山市を出発して延々18時間の長旅。
当方はすさみ町から和歌山市まで2時間以上掛かるから20時間以上のたびとなる。

往復にたっぷり時間取られて、実際のボランテイアは9・10日の2日だけだから大した作業も出来ないように思う。

でも1度行っておけば当地でボランテイア派遣を提唱することも出来ようし、そのときは当町の名物イノブタ汁の炊き出しも可能である。

当町は町の中心部が3から3.5m程度があらかたゆえ。5mの津波でも来ようものなら壊滅的被害発生。
タダ地形的に三陸海岸ほど大きな津波にはならないようだが期待の南海地震なら多分5m超える津波程度は来ると思わなければならぬ。

台風には今迄も痛い目にあっているから対策施されているが、津波は今回の大震災で目を覚まされたようである。

災害対策の意味合いから言っても今回岩手に行くのは単にボランティアだけに留まらずである。



m0662624001 at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月25日

南紀すさみのブル、3月(11年) あいチャンと原発

日高原発・日置川原発騒動

今回もあいチャンに関係しない訳ではないが、原発に付いて考えてみたい。

超巨大地震・東北地方太平洋沖地震と原発が大きな被害生もうとしている。
東北でとても大きな地震が11日に起きてすでに今日は25日、2週間が過ぎている。

でも当初8.4が8.8になりついで9.0、普通いままでの地震では8.4以上はありえぬからおかしいと思っていたら、今回外国が採用している単位にそしらぬ顔して代えていた様だ。
大きいことは大きいが、それでも9.0とはね。

おかしなことをするもんだと思っていたら、未曾有の地震で想定外のことが起こったから原発事故やむなしと下井らしい、何とも姑息なことをするものだ。

震度5や6で原発事故起こってはと言うことらしいが、予備電源部分5mの津波で流される位置におかれていたようだし、以前から津波の危険性と建屋の脆弱性指摘されていたのを東電が安全。安全と主張し、逃げ捲くっていたらしいから人災としか言いようが無い。

それに事故当初 アメリカからの原発事故の緊急支援申し出、廃炉前提のためバカ菅が東電ともども拒絶したそうで、その結果がチェルノブイリ凌駕する未曾有の放射能事故迄肥大化である、人災と言わずして何と言う。
その東電擁護が裏があって、自民の金城湯池を民主乃至はバカ菅につけ返らせるため恩売ったとと聞く。
そんなことで大惨事に引き吊りこむなんて、其れが国のトップのすることか!!!

事故状況は隠蔽しまくって国民には危険知らせず、外国メディア参考にして分ってくるような有様で、父っちゃん坊や枝野以下、マスメデイアの御用学者共一緒になっての安心安全の垂れ流し、気が付く時には日本沈没。

原発避難20キロで屋外退避30キロ、30キロ地点では土中でチェルノブイリでも出なかった値が既に出でているそうだから、避難範囲100キロが妥当と思うが、其れも明確に避難指示出そうとしない、自ら勝手に避難せよとは!!

東電・政府の補償問題しか頭にないから、事故矮小化に懸命、福島原発事故受けてドイツでは運転中の原発止めたと言うのに。
それに企業エゴでここまで被害拡散したのに何故補償問題に税金投入、早々打ち上げるのか?

当和歌山の日高地方や隣町日置川でも その昔 町2分するような関電の原発誘致の大騒動があったそうだが、反対派の町民や京大原子炉実験場の助手6人衆の活躍などで誘致失敗に追い込んだそうで、今回の事故見るにつけ、その慧眼に頭が下がる。

お陰で風光明媚で肴が美味いの評判維持できているわけだから、当方のワンコ共も浜辺の散歩に心配要らぬ。。

でも福島原発、早くコンクリートでかためて廃炉にしてくれないといつ何時大きく爆発で連鎖の爆発起こそうものなら関東・東北 人が住めなくなり、太平洋側の海岸線放射能汚染で魚貝類に海藻類全て食べれぬことが起こる。

このような人知の及ばぬ原発事故では、最悪考えてやってもらわねば、最善尽くしたが結果が最悪では誰が責任取って済むと言うものではない、尤もバカ菅責任逃れしかねぬが。
その最善だって、今の隠蔽見ていると疑わしいこと夥しい。

こんな津波の大災害の上に原発の大事故、トップがバカ菅では日本も日本国民も最大不幸で、其れを国民に示せぬマスコミも同罪である。
それに今回は放射能と来ては日本だけではなく地球規模の汚染で世界に迷惑掛けることになる、バカ菅のお陰で世界に肩身の狭い思いせねば成らぬ。

以下に 如何に枝野も御用学者もマスメディアも原発事故に対して酷い発表しているかを分り易く解説しており事故にどう向き合うべきかを示唆してくれている、2時間と少々長いが是非参考にしていただきたい。


広川・広瀬緊急講演会より
『緊急報告「福島原発で何が起きているのか」』
http://www.ustream.tv/recorded/13509353


m0662624001 at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)天災 

2011年03月13日

南紀すさみのブル、3月(11年) あいチャンと大津波

60edb674.jpg
超巨大地震・東北地方太平洋沖地震と原発

東北でとても大きな地震が11日に起きたんだって。

その地震で起きた津波で東北地方に壊滅的被害がでたそうで、その津波が此方まで来るということで、避難勧告が出ていた。

あいチャンのおうちは海から7・80mしかないから大きな津波が来ればイチコロかも。
でもあいチャン海辺で無いと排泄できないから、行かないわけには行かないノ。

でもお散歩の時浜辺に行ったけど何の兆候も見えないけど、町民への連絡用の拡声器だけが 盛んに気をつけるよう言っていたけど 海見ても、沖だって何も無いからいつもどおり浜辺に下りて歩き回った。

それどころかあいチャン ご主人さっさと浜辺後にしたかったようだけど、テンコロリンしてお腹見せて背中ごしごし砂浜でかき捲くっていたの。

流石に誰も近づかないから浜辺貸切状態で、風で足跡消されていた浜辺に新しい足跡つけるのって何とも気分が良いんだ。

いつ 波の盛り上がり来ても逃げれるよう ご主人チラチラ沖見ながら歩いていたが そんな兆候全然無かったヨ。

以前東北で矢張り地震あったとき、今ほど大騒ぎしてなかったから ご主人外海と隔てている ボートで無いといけない一文字波止に 一人で釣りに行ってた時に津波に出会ったそうなノ。

津波の盛り上がり30センチほどで大した波ではなかったけど、普通の波は海面だけだから2m3mの波だって大した事はない。

でも津波は海の底から全体で押し寄せるからパワーが違い 波止に沿って渦巻きながらゴーって流れが出て 其れは其れは凄かったって、その後海が凄く濁ってしまって釣りにならなかったんだって。

と言うような訳であいチャンの散歩無事終了、但し今度の件でご主人原発について書きたいんだって。

hukusima1


原発の真の恐怖の隠蔽体質


日本は地震国であり、このような地に原発を作ることが大きな問題を抱えることに成ると
かねがね主張してきた。

当局側が如何に隠蔽しようと、放射性物質を撒き散らしており いろんな弊害が出だしていることが明らかになりつつある。

原子力が如何に怖い存在であるかは広島・長崎の原子爆弾の例のみならずチェルノブイリ
での原発事故やスリーマイルズでの原発事故で明らかである。

原発は炭酸ガスを出さないクリーンなエネルギーと言うがこれも詭弁である、ウラン精製時にエネルギー無しでできるわけは無い、百歩譲って出さないとしても放射能と炭酸ガスで、人類の長い歴史考える時どちらが怖いと言うのだろうか?

昨日 福島第一の1号棟の天井・外壁が爆発でぶっ飛んだが、その建屋がタービン建屋か炉心建屋かすら発表しない、5時間もたってから水素が充満して爆発したが、炉心容器は大丈夫で心配無用だそうである。

爆発直前の放射能レベルが報告レベルの2倍の量と言うことは発表しているが爆発後に幾らになったかは発表しない、こちらも数値下がるわけが無いから、余程深刻な数値がでているのであろう。

100キロも離れた柏崎の原発で放射能計測していたら、福島の原発の放射能と思われるものが計測されたと言う。
100キロ離れても影響あるのが、ごく近くで余り問題なしなんて全くふざけた話である。

避難範囲も当初3キロから始まってついで10キロ、建屋が吹っ飛んでからは20キロと発表。

本当は20キロどころか100キロだって、最悪考える必要が無いのか 疑問である。

当方は理科系であるが原子力に門外漢である。
しかし当初炉心の冷却に問題ありと聞いただけで、炉心爆発の可能性と放射能の大量漏洩を心配した。
実際に心配した方向にどんどん進んでいると言わざるを得ない。

本日になって福島第一の3号棟にも水素ガス充満して爆発の恐れ、それに福島第二だって全ての棟で炉心冷却が出来なくなったということである。

どれか一つでも炉心容器爆発すればとんでもないことが起こるのに、そこを考えれば避難範囲20キロで済むのか大いに疑問である。
たまたま1号棟の水素爆発最悪の事態引き起こさなかったから今後も大丈夫と捉えるか運が良かったと捉えるかの違いである。

原子力行政が今まで国民の目欺き隠蔽体質で乗り越えてきたが、今回相変わらずその体質から抜け出せていないようだ。

チェルノブイリやもっと以前のソビェト連邦時代の放射能廃棄物の爆発による放射能大量漏洩の隠蔽となんら変ることがない。

核燃料再処理工場のある六箇所村でも地震がいつ起こっても不思議でない場所に立てられていると言う。

もし再処理工場で爆発起こせば東北だけで済みそうな気がしない、その辺りに詳しい原発問題研究者の一人が退官を期に居住地三浦半島から長崎県に移住した大きな理由が、再処理工場の異常事態恐れてと聞いたら皆さんどうお思いだろう。

下記に原発問題の啓発記事をアップしておきます。

原発問題研究者に聞いてみました/日本の原子力発電って大丈夫なのか?
http://promotion.yahoo.co.jp/charger/200704/contents05/theme05.php 


m0662624001 at 21:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)天災 

2011年01月15日

南紀すさみのブル、1月(11年) あいチャンのブログに緊急割り込み

ど田舎から拡散・小沢氏明日朝TV出演

いつも偏向報道・捏造報道で嫌気さしたのか小沢氏のTV出演地上波では見れなかった。
恣意的編集のないネットでの出演はあったが。

阿修羅(http://www.asyura2.com/11/senkyo104/msg/538.html)を見ていて見つけた記事

急遽こちらのブログでも拡散することにしました。

多分「政治とカネ」で大手マスメディアに洗脳され捲くっていた人が見れば本当はそんな悪い人とは思えぬ、今までの報道はなんだったのかときっと思われるはずである。

是非ともチャンネルをあわせていただきたいと本ブログで取り上げた。



@saitoryuzoさんのツイッターからの情報です。情報感謝!
皆で見て、番組HPまたは、ツイッター#fujitvで意見を送りましょう。

【緊急拡散】16日(日)午前7時半からのフジ系「新報道2001」
▽あの小沢一郎が、「新報道2001」に緊急生出演で、85分間フルに全ての疑問に答える!
▼今回の改造内閣を一刀両断!

放送局)フジテレビ系列
番組名)新報道2001
放送時間)1月16日(日)午前7時30分~
番組HP)http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/index.html
メッセージフォーム)https://wwws.fujitv.co.jp/safe/red_mpl/response/res_form.cgi?bancode=108000006&flash=1&type=resprg



m0662624001 at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治・経済 

2011年01月01日

南紀すさみのブル、1月(11年) あいチャンと新年の挨拶


2011年の年賀の挨拶

夕日


謹賀新年

あけましてオメデトウ御座います。

本年もどうか宜しくお願いいたします。

a70785cb.jpg
一昨年暮れ当地の国保の病院の検査でバリバリの糖尿との医者のお墨付き。
昨年1月より医者代ケチって20年ぶりに運動療法で治すため水泳再開。

マスターズ大会もも11月より鈴鹿で復帰も20年以上のブランクが大きすぎたか、よる年波か今のところ記録もう一つ。

というのはご主人のことであいチャンは相変わらず元気一杯で砂浜でテンコロリンやってるよ





m0662624001 at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)挨拶 | 運動療法・水泳

2010年12月30日

南紀すさみのブル、12月(10年) あいチャンと防風ネット

60d86adc.jpg
稲積ビーチの砂浜の防風ネット

毎年のことながら当地の両隣の串本や白浜では11月も下旬になれば、砂浜に防風ネットが出現する。
串本は兎も角、特に白浜ではオーストラリア産の高い真っ白な砂を税金乃至は補助金で大量に買い込んでいるから砂は貴重品である。

当地では12月も中旬近く今年は予算の関係で防風ネットの設置やめるのかなんて思う頃にある日突然防風ネットが設置されて、ワンコ共の散歩のコースを変更させられることに
なる。

当地の砂は5・6年前1度買い込んだきりだから年々石混じりの砂に変っている、砂の量だって年々風dwとばされっるからへってい居るのだろうがはっきりとは分らぬ

といっても砂浜の真ん中辺りを歩いていたものを海側ぎりぎりを歩くか反対の芝生側の階段近くを歩くかで、大したことはない。

只暗い時に、急にネットが飛び出してぶつかったり、ワンコ共ショートカットしようとしてネットに邪魔される。

今年の設置位置は昨年とちがって最も風の影響受ける所がなしである。

その辺り、余りにも風の影響受けてネットが破壊されるからか、人通りが多く壊されやすいから止めたのか、真意は聞いていない。

一番風の影響の部分がはずされているのは事実で、昨日の強風吹き荒れていた時などその部分に近い一段上がった芝生の部分で、痛いほど砂が吹き飛んでいた。

吹き飛ばされる砂を止めるために防風ネットがあるなら、肝心のその部分に無いのは訳が分らぬことになる。

雨が降ったら傘取り上げて日が照ったら傘差し出す、中小企業相手の銀行みたいなものである。

ワンコ共の散歩、砂が吹き荒れ目に入るので砂浜諦めて 上の芝生歩いたが、風のきつい時は芝生の部分だって 砂が飛び散って姿勢の低いワンコ共目に入る程である。

ネットのない部分では尚のこと、砂が舞い飛んで酷い、近隣の家だって砂かぶることになろうから役所に文句が行くことだろう。。

勿論あいチャンだって他のワンコだって、文句は言わぬ白地が聞けぬからで、文句言わずとも歩きにくいに違いない。





m0662624001 at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)田舎暮らしの自然 | ペットの田舎暮らし

2010年12月10日

南紀すさみのブル、12月(10年) あいチャンと地産地消

cd87e682.jpg

あいチャンの海の大好物


ブッチョだってワンコだから肉は大好物、大人しいあいチャンだって負けては居ない、要するに3匹とも大好きである。

勿論当地だって熊野牛なる牛がいるから牛肉もあるし高い値段嫌う分にはアメリカ産やオーストラリア産だってスーパーで売られている。
当地ショッピングセンターだって一つながらあることはある。
所がそんな店に出ない肉がある、山で撃った鹿やイノシシだってあって、廻りまわって手に入り、彼らだっておこぼれに預かる。

所が彼らが涎をたらすのが他にもある、海の幸・生魚である。

最近 当方が釣りを再開 何かと釣って帰ることもあり彼らにもお裾分けである。

こちらに来たしばらくは素人向きのアジやイワシを釣っていた。
地元の手馴れたものほどは釣れなくとも、数が居たゆえ素人の針にも掛かった。
良く彼らの先輩犬のさゆりやブンタにも生の採れトレをやれたが、びっくりするほど美味しそうにぱくついていた。

所が2年目に相次いで亡くす事となった、ブンタは熱射病だがさゆりは腰が立たなくなってなくなった。

現在は今の3匹、ユリ・アイ・ブッチョがいる。
どうもさゆりの死因 生でやりすぎたんではという人も在り、今の3匹には余り刺身でやっていない。

自給自足目指して畑を借りた。
家庭菜園にしてはチト大き目の畑を借りたことも在って、いつとはなし釣りにも行かなくなった、石ころだらけの畑で忙しすぎた。

ところが夏のボランティアの水泳指導も終わり、畑の取り入れや畝たても一段落した。

そこへ最近付き合い深まった、元大阪人のM氏 彼が無類のつり好きと会って当方の釣りの師匠買って出てくれた。
それで当地の近くの地磯まで出かけることが多くなった。

以前の釣りは波止で釣ることが多かった。
魚種も限られ余り大きいのはつれなかったが、見境無く素人の針にも掛かってくれた。

所が地磯となると上手い下手がはっきりでて来る。
先日からイガミ(ブダイ)釣りに行くが、M氏には掛かっても当方の針は食わない。
食っているかも知れぬが酔う合わせられていないのかも知れぬ。

それで坊主も嫌なので、別の竿使って他のを狙うと、こちらはいろんな魚種が食ってくれて お持ち帰りが出来る。

当方も家内も 地元の人のように何が良いかにが悪いなんてそう贅沢を言わぬから、畑の産物と釣った魚持ち帰れば地産地消で自給自足の促進となる。

以前よくつれたショウサイフグすら、皆怖いものだから捨てていたが、毒のある内臓捨てれば問題なかろうとふぐ鍋して食っていたほどだからお分かりいただけよう。

でもトラフグ買って食えない身としてはこれだってご馳走であった。

臭みの在るのは流石に食いづらい、それでサンノジハゲなぞは余り食わない、くっても少しでやめることになる。
所が これがワンコ共にとってはご馳走なので、釣っても捨てかえることも無い。

たまには肝の大きいのを持ったカワハギ、グレシャブ仕様の35センチのグレ、身の引き締まった刺身でも干物でも美味い40センチのアイなんてのが釣れたりしてくれる。

グレシャブ1


こんなグレやアイになると夫婦二人ではもてあますので、ワンコ共もお相伴に預かることになる。

そんな時のブッチョの喜び様と来たら、後ろ足でたって其れでぴょんぴょん飛び跳ねる、所があいチャンだって出来ないまでも喜び体で表す。
ブルドッグのあの体でするんだからお見せしたい格好である。

現金なのはワンコ共だけでなく、家内だってグレやアイを釣って帰るといそいそと捌きにかかる。
先ほどのサンノジハゲなんかだと余り良い顔をしない、それどころか釣った人が捌いたらなんて憎たらしいことを言う。

なるだけ早く釣り方しっかり習って、狙いの魚を釣らねばならぬ。
取り敢えずは自給自足の品目、畑だけでなく魚にも広げ対物と思っている。

尤もこちらが良い魚と思わなくとも また何が釣れようとも、あいチャンだって他の2匹だって大喜びすることは間違いない。


m0662624001 at 11:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)あいチャンの田舎暮らし 

2010年11月21日

南紀すさみのブル、11月(10年) あいチャンと温暖な南紀

12月間じかの時期、畑のこげ茶色の長い紐

この話あいチャンのことじゃないの。

あいチャン元々大阪のブリーダーさんと頃に居たんだけど、子宮蓄膿で子宮取る手術のあと周参見にもらわれてきたの。

デモこちらは冬暖かく夏は流石に暑いけど大阪よりはずっと涼しいところで来て良かったって思っているの。

海も川も山も在って、自然が一杯で、散歩だっていつも海水浴場の砂浜や芝生あるけるから、排泄だって家で無くお外で出来るの。

デモご主人あいチャンが家でしないもんだからどんな冬の寒い大雨や台風の中だって朝晩散歩に出かけるから、やっぱりぼやいているけどね。

そんなすさみ町の温暖ぶりを皆さんに知ってもらうためにブッチョのこの前の経験話すことにするわ。


今日ブッチョ君畑に連れて行ってもらった。
ご主人、長芋掘るのに熱心で全然ブッチョ君構ってくれない。

それでブッチョ君あちこち見ていたら,最近タマネギ植えたところを何か長いものが動いて居るんだ。

何かこげ茶色の変な紐のようなものがゆっくり動いている。
物音一つ立てずに動くんだから、誰だってびっくりすると思うよ。

畑の蛇

それでウーッて唸ってやると、そいつ一端止まってこちらを見てるんだ。

細長いからだの癖にやけに顔小さくて小さな目が可愛らしいが、全体見ると何と無しに気味悪いやつなんだ。
それに胴体の半分より後ろに何箇所か膨らみあって、ひょっとしたらカエルでも丸呑みしたかもしれないって思うよ。

そしたら、今度はそいつミニトマトの畝の方に向けて動き出していくんだ。

そいつニョロニョロしながらトマトの畝越えてもう一つのほうに行って、気が付いたらそいつの頭消えてる、それどころか胴体まで段々短くなって最期に尻尾しか見えなくなったと思うまもなく居なくなってしまった。

マァ ブッチョ様にかなわないと思って逃げ出した訳だから、良しとしよう、今日のところはこれくらいにしておいてやろう。
デモどこに行ったかと思ったら、ミニトマトの畝の横の雑草の下に穴が開いているんだ。

ご主人そいつのことシマヘビと言うんだって、最近の温暖化で冬眠しそこなって穴から出てきて日向ぼっこしていたらしい、それで動きもゆっくりしてるんだって。

デモもうじきミニトマトの畝だって掘り返すことになるから、そんな下で冬眠しているんじゃ、鋤や鍬で可哀想で掘り返せないって、ご主人変にそいつに同情的なんだ。


そんなのがもうじき12月なんて頃に見かけるのだから、こちら矢張り温暖サ。


m0662624001 at 17:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)田舎暮らしの自然 | あいチャンの田舎暮らし

2010年11月02日

南紀すさみのブル、11月(10年) あいチャンとワクチン

ワクチン注射

ゆりチャンとあいチャンがペットクリニックまで行くことになったんだが、ブッチョ1匹置いておく訳にも行かず連れて行ったが当方の車では2名と3匹は少々きつい。

大人しくするワンコならよいんだが、四六時中動き回っているブッチョ連れは大変である。

其の点あいチャンは大人しくてワクチンだって黙って打たせる。

効き目があるのか副作用はどうかなんて聞きもしない、其の点人間は厄介である。


本日はワンコ共のことでなく人間のインフルエンザワクチンの疑問である。


疑惑のインフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンの注射、補助があって1000円。

当方は安くなったからとてうつ必要はないと断った、だが家内も断ったらしい。

当方は生活習慣病だって薬に頼らず、運動療法と食事療法だから、インフルエンザごときでワクチンなんかである。

むしろ薬と来れば条件反射で副作用と考える

面白い記事をアップしているブログに行き当たった。

飛躍しすぎた点もあるが、誰もが簡単には信じにくい内容で、勿論大手マスメディアはスルーである。

以下に其の一部を抜粋する。

日本の政治・経済・国民生活は菅内閣になってからというものの、首相(内閣)自体が先導して日本を地獄に突き落とすかのような日々が続いている。 

先月あたりに役所から「インフルエンザ注射接種」のお知らせが封筒で来ていたのでインフルエンザについて書こうと思う。


当ブログでも過去にインフルエンザは(米製薬会社と米政府によって)米軍の細菌研究所で作られた細菌兵器の1種だ と書いたことがある。 あの豚インフルエンザ(新型と故意に名称を変えたが)が全世界でパンデミック状態になりかけたときにも「インフルエンザワクチン接種をするな」と警告した。 はっきりいって効果がないだけでなく、副作用を及ぼすことのほうが多い。 これは米製薬会社が儲けるための殺人プロパガンダのようなもので、当然、当時首相だった麻生のところに米製薬会社のトップたちが輸入促進詣をしている。 これに世界のマスゴミも加担している。

その結果インフルエンザワクチンを税金で大量に買い(買わされ)、結局は大量に余ってしまったことも記憶に新しいではないか。


それ以外にも菌の拡散を恣意的に飛行機を使ってやっており、其の時ケムトレイルという飛行機雲のようなのが豚インフルエンザの流行地で多発、そういうことをマスメディアでは報道しないとか、ついていきかねるところもある。

ベトナム戦争やイラク戦争を見ているとアメリカと言う国は何でもありの国と分るだけに100%嘘などといえないどころか、9.11だって自作自演かも知れぬ。

戦後65年、アメリカの属国どころか植民地であり、アメリカの意にそむいた、何人もの総理大臣が失脚させられたり、非業の死を遂げていることもマスメディアは知らせない。

小泉・竹中路線が何百兆もの郵貯の金をアメリカに貢いだことだって。

小沢政権が誕生すればマスメデイアの立ち位置に齟齬がきたすと、彼らが説明責任も果たせぬ「政治とカネ」なる黒い霧捏造して検察ともどもに冤罪作りに邁進も意に介さぬ。

小沢氏が迷惑こうむるだけでなく、「国民生活が第一、政治主導、アメリカの植民地からの脱却」掲げて戦う政治家を抹殺しかねず、日本国民が又日本が大損害をこうむる。

国家や国民のためと言う目線がない。

しかし悪いことは出来ぬもの、村木事件で証拠改竄で検察の信頼地に落ち、偏向マスメディアの方も一部の国民気付き、新聞解約で経営に大打撃。

インフルエンザワクチンから大分脱線してしまった。

当方注射断ったことで効きもせぬワクチンにカネ使わず、副作用の心配もない訳でメデタシメデタしである。




m0662624001 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治・経済 

2010年09月25日

南紀すさみのブル、9月(10年) あいチャンと秋の収穫物

モクズガニ漁

大都会はいざ知らず、当地のようなど田舎では、村木局長冤罪事件や検事の改竄事件で持ちきりといったってマスコミが騒いでいるだけで、民衆が地鳴りのように騒ぎ捲くっているわけでもない。

多分阪神が優勝なんてことのほうが騒がしい筈である。

ど田舎をフランチャイズなんてするチームはないから、当地の人だって都会のチームを応援することになる。

広島や楽天、日ハムなどが比較的 なかでは小さい都市をフランチャイズとしていても、だからといって判官贔屓でフアンがいるなんてことには成らない。

当地だって、不思議と住人のあらかたが阪神フアンだから、トラの悪口さえ言わなければ村八分にあうなんて事はない。

尖閣列島での事件なんて、如何に菅政権が対応できなくてどじのしまくりで尖閣列島中国にくすね取られようという事態になってもそんな国の一大事すら気にしていない、日々の
阪神の勝敗に一喜一憂しても。

それで当方だけでがやきもきしてもどうにもならぬ、せめて小沢前幹事長が代表選で勝ってくれていたらなんて切歯扼腕するだけで、民主党の党員・サポーターのバカさ加減を呪い捲くるだけである。

というような訳で、アメリカ・中国に虎の子分け取りされて、愈々日本が崩壊する前に菅内閣の早期退陣祈りながら、秋の恒例行事のモクズガニ漁に出かける日々。

そうデモせずに、頭に血をかっかかっかとさせていると糖尿に悪いというもので、そんな訳で本日も話題はブッチョ君でなく当地の秋の味覚モクズガニである。


9月も中ごろになると気の早い人はカニ篭を川に仕掛ける、幸い当地の川は漁協が管理している訳ではないから、カニだってウナギや鮎さえ入川料払う必要がない。

その代わり放流もしないからその分少ないかも知れぬが、絶対的に養殖物の放流さえないから全て天然という事で、世間の養殖馴れしたのとは大違いである。

そういう意味では最高はウナギで真に天然物の王様である。

当方のカニ篭に1度大きいのが入ったが、捌くのに大いに弱ったがその分何ともいえぬ美味さであった。

ところがウナギは其れきりで、待ちぼうけの歌どおりである。

又そんなモクズガニの記事が地方紙を飾り、毎年当地の川で何十年来のカニ漁の名人が登場するのもこの時期である。

当方も最近になって、例年の場所に仕掛けてみた、但しカニ篭2つだけである。

モクズガニ

モットたくさん仕掛ける人もいるがそんなにたくさん仕掛けても商売にする訳でもなく夫婦で食べるだけ故、充分である。

最初の日こそもう一つだったが其れから連日のように50・100匹と入ってくれる。

ところが例年以上に育っていない、ところが余りにもたくさん入っているとその場で選別出来ぬから一応全て持ち帰る。

全てたらいにぶちまけて泥吐かせる間に、多すぎて死なしてしまうのがいる。

止むを得ないから死んだのは畑の堆肥行きと成るのだが、その他は逃がしている。

中でメスで少し大きいのを選んで蒸し器で蒸すんだが、矢張り濃厚で美味い、越前が二のように大きくないのが玉に瑕。

茹でガニ

以前は塩茹でにしていたが蒸すほうが味が逃げず美味しいようである。

上海蟹の親戚だけのことはあるだが、残念ながらこちらではそこまで貴重品扱いされない。

メスはもう少しすると甲羅の中の赤いのが美味いが今は未だ少しである。

これも今年の暑さで秋の訪れの遅れによるものかもしれないが、色んな所に異常気象の影響があるようである。




m0662624001 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)田舎暮らしの自然 

2010年09月15日

南紀すさみのブル、9月(10年) あいチャンと代表選

小沢氏敗北

今回もあいチャンを書いてくれるのでないらしい。

大体南紀のすさみで細々と生活しているワンコのあいチャンとしては民主の代表選なんて関係なしダワ。

でもご主人ど田舎暮らしにも拘らずそうでもないらしいノ。



日本が如何にゆがんだマスコミ報道で捻じ曲げられているか

彼らは日本を正しいほうへ導いているなんて傲慢に思っているかも知れぬが、マスコミが如何に腐っているかについて書いて見たい。

特に大手マスメディアの偏向報道である。

偏向報道なんて気がさらさら無くてのことだったら尚更酷いというものである。

今回の選挙で党員・サポーター票が勝敗を決したようです。

当日党員・サポーター票が菅氏・小沢氏が6対4で菅氏リードながら小選挙区での勝敗により大差となった。

其れがリークされて、態度未定の議員に伝えられ、或いは勝ち馬に乗ろうとした議員の寝返りもあって、議員投票での206対200の結果となったようである。

ところが党員サポーターの投票がこれほど関心がもたれた中、投票率がたった66%程度にしかならなかったのは、はがき投票での小沢氏の分を廃棄されたからではないかとネットでの有名ブログ「きっこ」サンのブログでかかれている。

読んでみると納得させられる部分も多い、特に封書で無くはがきというのが曲者である、名前が即刻分るから取捨選択が容易であるというのである。

その真偽はおくとして、街頭演説や公開討論を聞く限りにおいて、クリーンな政治や掛け声だけの雇用しかいえぬ菅氏に対して、ネガキャンによる四面楚歌の中、正論を堂々と披瀝した小沢氏では月とすっぽんほどの差を感じたのは当方だけではあるまい。

あれほど大手マスメディアが何年にも渡って「政治とカネ」で世論誘導が無かったら党員・サポーター票だって大きく逆転していたであろう。

それどころかもっと早く鳩山総理の前に小沢総理が実現していたはずである。

そしたらどれだけ今の日本と違っていたか、考えるだに残念なことと、大手マスコミの与太記事に洗脳された人の如何に多いかに嘆かされる。

全く持って、第二次大戦時の大本営発表に誇張をつけた提灯記事を書いた当時と、なんら変わりのない今に、日本の現状を大いに憂うのである。

図らずも先日無罪の判決の出た郵便不正事件での特捜の暴走と、その冤罪事件を書き囃したマスメディアの姿勢に同じものを見ることとなった。

松本サリン事件で当初犯人扱いされた河野義行さんのインタビュー記事を見つけたので引用させてもらった。


小沢報道、松本サリン、郵便不正事件の同じ構図

1.日刊ゲンダイ2010年(平成22年)9月14日付(13日発行)7面

「緊急インタビュー 河野義行さんも怒った! 小沢報道と松本サリン、郵便不正事件は同じです

厚生労働省の村木元局長の冤罪事件を報じる新聞を見て、順序が逆だろうと思いました。新聞は検察の批判記事を書きまくっていましたが、事件当初、自分たちはどう書いていたのか。村木さんを犯人扱いしてきたではないか。それなのに、手のひら返しで、検察批判に転じる。すいぶん、身勝手なものです。

◆あまりにおかしい大マスコミの身勝手報道

まず、自分たちの報道姿勢を反省し、それから検察批判が順序でしょう。松本サリン事件で私が犯人扱いされてきた時とまったく一緒の光景が繰り返されている。あの時も新聞は「長野県警、謝れ」みたいな報道をしましたが、一緒になって犯人扱いしてきたのは新聞です。私が恐ろしいと思ったのは当時、メディアが私に潔白を証明しろ、と迫ってきたことです。彼らにとって、捜査機関は絶対である。間違えるわけがない。それが違うと言うなら、自分で示せ、と。容疑者が真犯人かどうか、立証責任は捜査機関や検察にあるのに、通じない。

そして、松本サリン事件とまったく同じ構図なのが、小沢さんの政治と金の問題だと思います。

小沢さんは検察が本人を何度も事情聴取し、事務所や関係先も徹底的に家宅捜索した結果、不起訴になった。それなのに、メディアは「おまえは疑われているのだから、自分で疑いを晴らせ」と迫るのです。これは恐ろしいことです。

村木さんと違って、小沢さんは逮捕もされていないんですよ。それなのに、何年間も犯人扱いされ、説明責任を求められる。捜査当局=権力者の間違いを監視し、チェックするべき報道機関が、捜査当局のお先棒を担ぎ、法治国家を否定するようなことをする。

その背景には、さまざまなことがあるでしょう。小沢憎しがあるのかもしれないし、捜査当局との癒着もある。冤罪がなぜ、なくならないのかというと、組織の長が最初に一定の方向性を示すと、なかなか変えられないのです。見込み違いは、トップの能力を問われるからです。

だから、なかなか軌道修正ができない。証拠がないと、容疑者に大声を上げる。当局が描いた事件に持っていこうとし、供述を強要することになる。私のときがそうでしたが、変わっていない。


「政治とカネ」が如何にマスコミによって捏造され、無いものねだりの説明責任を声高に主張し、其れも大手メディアが横並びの魔女狩り裁判で小沢氏排除に邁進しているいることが良くお分かりいただけよう。

自分が実際に犯人として報道され、周囲から指弾を受けた人の言葉だけに説得力もあると思うのである。

どうかマスコミがいつも正しい報道をしている訳でなく、恣意的に媒体を使っていることがあるということも知っていただきたいし、ミスもあるが捏造もあるということである。

そこには当然小沢氏排除が腐れマスメディアにもたらす大きな恩恵があるからすることだろうが、そのためあたら日本の針路を間違った方向に進ますこととなれば、彼らのやっていることは重大な犯罪で、大きな問題である。

報道の自由を彼らが言うが、不偏不党も彼らの信条ではなかったのか?

このような大手マスメディアの世論形成の元での、党員・サポーターの投票結果を考えれば善戦とはいえ、如何に単純に洗脳される多くの人が居り、そのため日本の針路がやがめられることが残念である。


代表選での党員・サポーターばかりか、議員でさえも僅差ながら逆転された結果に、小沢氏が愛想尽かしをされ、政治への情熱も、何とか日本を良くし、政治主導を実現し、対等の日米関係を築くことを諦めぬことを切に願うものである。

少なくとも200名の議員は小沢氏に付いていったのだから。



m0662624001 at 16:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治・経済 

2010年09月13日

南紀すさみのブル、9月(10年) あいチャンと世論調査のトリック

マスコミの世論誘導

ご主人、「学校水泳応援団」の更新忙しくて中々あいチャンのブログまで手が廻らないんだって。

その上民主の代表選でのマスコミの偏向報道に怒り心頭なんだって。

前から「政治とカネ」だってクロの実態の無いのに、みなして悪い悪い、黒い黒いなんて書くもんだから、「うそでも100回言い続ければ真実に成る」なんて格言に当てはめれば
その何百倍書き捲くったら言いまくったり、今度は代表選でも菅さん優勢と垂れ流したり
世論では菅さんなんて、マスメディアの情報しか触れない人の世論誘導。

今のアメリカ隷従の日本救えるの小沢さんしかいないと信じているそうで、それを菅さんが首相に相応しいなんて世論調査を大手メディアそろいぶみでたれながす物だから、只でさえ暑いのに余計暑くなっているらしい。

それであいチャンのブログにも横はいりされてしまったノ。


本当のところ、誰の目にも菅さんより小沢さんが実行力も政策も数段上ということは、異論の無いところであろう。

只余りにマスメディアに「政治とカネ」で小沢クロを刷り込まれているため菅さんがクリーンに見えると世論誘導にあっていると見られる。

それで小沢さんより菅さんが首相に相応しいとの結果が誘導されているわけだが、どうもそれだけでなく、民主支持者デ無く民主非支持者によるところが大と看破している、ネット内の記事に出くわした。



26. 2010年9月12日 08:58:39: nf585wELeM

[世論調査の悪質トリック!!]


一政党の代表選に全国民を対象とした世論調査のカラクリ。小沢65%間22%となるのは当たり前、なぜか説明します。無知な国民を愚弄するトリックです。

政党支持率:
民主党 35%
自民党 19%
公明党  5%
共産党  2%
社民党  1%
みんな  5%
国民新  1%
無党派 32%

この割合で1000人調査したとします。その人数別に菅、小沢を振り分けて予想すると概ね以下のようになります。
民主党 350人  菅140 小沢210
自民党 190   菅170 小沢 20
公明党  50   菅 45 小沢  5
共産党  20   菅 15 小沢  5
社民党  10   管  2 小沢  8
みんな  50   管 45 小沢  5
国民新  10   管  2 小沢  8
無党派 320   管220 小沢100
----------------------------------------
total 1000人   639人  361人 

なるほど、管64%、小沢36%で、管支持がが多くなる。
これは民主党の選挙なのである。「代表選は首相選挙でもある」というトリックに国民はだまされているです。

上記の民主党員に限れば、小沢60%、管40%と同一調査で数字が逆転する。ネット調査がマスコミと違うのは当然だ。民主党支持者が多いとみられるので、民主サポーターの実際の支持動向を反映しているといえます。


上記に寄れば、大手マスコミが御しやすい菅さんが小沢さんより相応しいという大手メディアの世論調査のカラクリが白日の下にさらされたというわけである。

小沢さんが首相となれば、多分メディア・官僚に大いなるダメージが行くことが目に見えているだけに、必死に足を引っ張る。

でも四面楚歌の中戦っている小沢さんにこそ国の代表として大鉈振るってもらいたいと思う今日この頃。




m0662624001 at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治・経済 

2010年08月31日

南紀すさみのブル、8月(10年) あいチャンと民主代表選

地方からの日本の将来

あいチャン今回お休み、すさみだって浜辺以外分っていないのに日本のことなんて全く分らないからご主人に譲ることにしたノ。



幾らど田舎だって民主党の代表戦ともなると大手メディアだけでなく地方紙だって扱う。

大手のマスメディアによる一方の予定者のネガキャンが余りにも酷い。

どうも昨年政権交代したときのマ二フェスト「国民生活第一」 、「官僚主導から政治主導」、「アメリカ隷従から対等なつきあい」などを全て反故にした菅政権が余程お気に入りのようである。

ところがこの3ヶ月の菅政権の政治も経済も何も出来ないカンカラカンのツケが結局のところ国民に跳ね返るのが分りながらの菅擁護路線、余程御しやすい政権と踏んだものと見える。

仮にも小沢前幹事長が代表すなわち日本国首相ともなれば、大手メディアの既得権益の大幅削減に繋がること請け合いだから、ネガキャン張ることに必死。

しかし不偏不党のマスコミの矜持は今の大手メディアには残っていないのだろうか?

まるで第二次大戦の頃の戦争あおった翼賛メディアの再来である。

二言目には「政治とカネ」で黒のイメージ刷り込み、ど田舎の人だって染め上げていく。

悪名高き検察が先途調べた挙句基礎の見送り決めた件ですら、検察審査会裏で操って小沢黒なんてわめく。

それに世論調査とくる。

同じ系列のメディアが実施したネットの世論調査では小沢支持の逆の結果でていても其れは報道しない。

明らかに世論誘導であったり捏造だったりしているのではと勘ぐる。

ど田舎に生活していても日本の動向は気になるし、日本が破滅に向かうより繁栄に向かって欲しいから、却って真実を直視しようとするし、捏造・偏向メデイアの裏を知ろうと努力をする。

だから如何に大手メディアが菅が良くて小沢が悪だと決め付けても裏が分っているからそんなもので左右されない。

でも大手メディアに誘導されてる人に目を覚ましてもらいたいので、ネットで見つけた情報を拡散することにする。




検察審査会を国民の代表と簡単に言って良いのでしょうか

検察審査会を国民の代表と簡単に言って良いのでしょうか。
昨日のテレビ報道で、司会者が「小沢さんは、国民の代表である検察審査会が、起訴を検討している人です」と言った言葉に非常な危険を感じました。

検察審査会は告発した検察庁が有る所の一地方の、くじで選ばれた11人の人達にすぎません。また名前や所在も解らない人達です。

もし、くじで選ばれた人達のほとんどが昔から小沢嫌いの人達であったならば、証拠など関係無く、小沢は悪人なので、起訴して裁判で有罪にしたいと思う事になると思います。
こんな全く誰か解らなく、どのようにして選ばれたかも解らない人達が、はたして国民の代表でしょうか。

国民の代表は、国民が選んだ人を言います。もし本当に国民の代表として検察審査会のメンバ−に成るなら、議員と同じ様に立候補して、選挙で国民に選ばれた人達で無ければならないと思います。

そんな矛盾も解らないで、小沢さんは国民の代表である検察審査会が一度起訴相当とし、また二度目の審査中の人が首相になるかもしれない、代表選などに立候補して良いのですかと云う言葉を簡単に使う事は、いかに、マスコミが国民を扇動しているかと云う事にとても恐ろしさを感じました。

また、司法の中で一番の調査能力がある、検察が二度も証拠が無いと小沢氏を不起訴にしている訳ですから、現在小沢氏は無実の人だと云う事を、全てのマスコミは忘れているようです。

検察審査会は本来、疑わしい人を、検察が怠慢な捜査をしたと思われた時や、警察の身内をかばって捜査をしなかった時に、はじめて審査するべきです。
また、検察にその告発をする場合は、政治的に政敵の妨害の目的で告発する人間を排除する為に告発した人の氏名や所在を明らかにすべきです。

今回の様な、国政を左右する様な政治事件を、11人の国民の代表でも無い人に審査させる事は、その人達には国政の重責を負わせる事に成り、国民一人一人の生活も左右する事に成ります。

この様に、欠陥だらけの検察審査会制度で私たちの生活が左右されて良いはずが有りません。あくまで、検察審査会は素人の11人の集団と云う事を忘れては成らないと思います。



全国の民主党議員・党員・サポーターへ
郷原 信郎


常々言っているように、私は小沢氏の支持者でも擁護者でもありません。しかし、『政治とカネ』の問題で代表選での政策論議を封殺しようとする企みは許せません。堂々と政策論を戦わせるべきです。

第5検審が「起訴相当」とした「被疑事実」は、不動産取得時期と代金支払時期の「期ズレ」だけです。こんな事実で再度の起訴相当議決はありえません。万が一あっても、絶対に無罪です。

この『政治とカネ』の問題が検察の暴走と検察翼賛メディアによって作り上げられたものだったことは、私の著書「検察が危ない」(ベスト新書)の冒頭70頁を読んでもらえば容易に理解してもらえるはずです。

代表選挙までの間、「厄除け」に「検察が危ない」を携帯してください。その「厄災」とは、『政治とカネ』という意味不明の呪文で8年ぶりの民主党代表選を蹂躙する動きです。財務省ベッタリの菅政権では「政権交代」の意味がありません。

『政治とカネ』の問題が法的にはいかなる事実がどのように刑事手続の対象になったのか。その他に社会的には何が問題にされ、それは何の根拠に基づいているのか、政治家の評価の問題として政治全体の中にどう位置づけられ、現在の政治にどう影響するのか、しっかり考えてから物を言




m0662624001 at 21:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治・経済 
スポンサードリンク
Profile
がくさん3
2006年、さゆりとぶんたの時代が終わり、
やはり大阪からあいとゆりが9月と12月に
やってきた。
南紀すさみが気に入ってるみたい。
なんたって海、山、川があってコンクリー
トジャングルの大阪より気候温暖。
ただ一つ気に入らないのは、風!!

このブログ人一倍気の優しいあいチャンが主人公