私が収入源にしているもの。
 

(2017年1月 一部記事を加筆しています) 
 

一昨日の記事はなぜかかなりの反響がありました

 

10%を上回るなんて、信じられない」

「できたら教えてほしい」

 

などFBやメッセージを通じて、複数の連絡が来ました。

 

残念ながら複数の方が見ることができるメディアでは情報は公開できません。

 

差し支えない範囲の特徴だけ かいつまんで書いておきます。


(あくまで私個人の経験談として読んでください)
 

その1 
年利
12パーセント (月1%の配当)

香港ドル建ての配当 
HSBC香港の銀行口座を受取に指定することもできる。


その2
最小口数は10万HK。 追加は1万HK。
例えば100万HK 入れている方は毎月の収入を「再投資」することによって実質複利運用することもできる。

概算でいえば、6年で2倍になる計算である。
実際に長年のお客様でそうされている方もみえる。


その3 
元本保証ではないけれど、理屈上、仕組上、かなりそれに近い。

その4
スタートしてから
5年間 銀行の送金システム変更に伴う若干の送金遅れがあった以外は全く問題ない。
実際に私は、この収入がメインで海外で生活を維持している。


その5
特に一般に会員や出資者を募集はしていない。

その6
日本国内で発生する所得ではないので、日本の非居住者は日本に税金を払う必要はない。

 

私は特に資産家でもなく、過去にビジネスで大成功したわけではありません。
 

また日本国内の不動産投資で成功したわけでもありません。
 

以前書きましたが、一般的には海外投資案件は不動産以外は95%はまがいものです。
 

詐欺または事業の途中で頓挫する場合がほとんど。


海外不動産も日系業者がわざわざ日本国内で紹介するものは現地富裕層が見向きもしない割高物件、または売れ残り物件がほとんどです。


私もいろいろな失敗と試行錯誤を繰り返す中で、最終的に今の「投資」に出会うことができました。
 


その結果、そのほかの若干の事業収入と合わせて普通のサラリーマンが「悠々自適」と言われる程度の収入を確保できました。

 
証券投資やFXで非常に高いスキルをお持ちの方なら、年10%以上の利益を上げることは難しくはないと思います。

ただそういうスキルを身に付けるには相当の時間もかかるし、最初は相当の損失も覚悟しなければならないでしょう。

50代の私には今から、そんなことをするエネルギーも余裕もありません。

私個人は、リスクのわりに、非常に効率的なものに出会えたと思います。

このおかげで私の人生は大きく動きました。
 

一番良いのは、資産を切り崩すのではなく、定期的に収入があるということです。

 

ブログで書けるのは残念ながらここまでです。 

1対1でご要望などをお伺いするなかで、ご紹介することは場合によっては可能です。

海外移住 セミリタイアのためのコンサル



私の海外生活を知的なものにするコツ リージャス



にほんブログ村