2016年12月31日

さよなら2016

 様々な出来事があった2016年も間もなくカウントダウンを迎えます。

 2016年はオリンピックイヤーでしたが、リオでは日本選手が大活躍したので、4年後の東京オリンピックが今から楽しみです。個人総合と団体の体操男子のダブル金メダルをはじめとして、卓球団体がアベックでメダル獲得、女子水泳のホープ池江璃花子の躍進、といった活躍が連日放映され、日本国中が沸きかえりました。

 世間では、小池東京都知事誕生、熊本地震、初の女性米国大統領ならず、と色々ありましたが、なんといってもSMAP解散がダントツのナンバーワンになるでしょうか。入れ替わりの激しい芸能界で約四半世紀にもわたり活躍を続け、やや残念な結末ではありましたが、メンバーそれぞれの今後の活躍を期待することとしましょう。

 それでは、我が家の2016年ベスト3は?

・奥様 ついにXXキロ突破!

 歩く「快食快眠快便」である奥様は、2016年も絶好調でした。特に快食は他の追随を許さず、お腹やお尻も
すくすくと健やかに成長され、毎年にわたり最高記録を更新されている体重もついにXXキロを突破されました。それでいて血液検査はいつもA判定なので、まさに超人としか云いようがありません!

・お嬢様 社会人1年生!

 日本を代表する大手金融機関の一角から内定を頂いてはいたものの、ソフィアでの大学生活を大々満喫されて4年間をお過ごしになってきたお嬢様が無事に卒業できるのか、旦那様と奥様はずっと心配のしどおしでした。

 しかし、最後の最後での大逆転のうっちゃりで、まさに奇跡的とも云える卒業を成し遂げられたのです。イチローも真っ青の、これぞ9回裏代打逆転サヨナラ満塁ホームランともいえる偉業です!堅実な旦那様譲りでもなく、万事が大らかな奥様譲りでもないようなので、これぞ天賦の才能なのでしょうか?

 これまでお家では甘々に甘やかされてお育ちになってこられたお嬢様も、社会人になって世の中の厳しさを
少しずつ学ばれているようです。「甘ちゃんには厳しさを!」ということなのか、いきなり本店に配属され、毎日ヘロヘロになって帰宅されていますが、今後のご健闘をお祈り申し上げます。

・マイホーム 建て替え決定!

 今のお住まいは、旦那様が奥様の実父から購入されたので、奥様が幼少の頃からの想い出がいっぱい詰まったお家なのですが、築年数が30数年にも及び、あちこちの老朽化が激しくなってきました。旦那様が資金繰りやその他の様々な要件を勘案し、リフォームや買い替えをも選択肢として慎重に検討されていたのですが、最終的には奥様の「建て替えるわよ!」という有無も云わさぬ鶴の一声で、建て替えることに決定しました。

 竣工は春から夏にかけてになるようで、今はハウスメーカーと打合せの真っ最中のようです。果たしてどのようなお家になるのか今から楽しみです。吾輩が大好きな「日向ぼっこ」をする場所は用意してくれているのでしょうか?


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

鎌倉藤沢での会社設立を税理士社労士が支援!

ふじっくす会計労務事務所
URL:http://www.fujix.gr.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

m19270d at 02:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月23日

初雪

 「なんだ!この真っ白の景色は!」

 寒いの大嫌いの吾輩なのですが、尋常でない寒気を感じてお外を覗いてみると、あたり一面が真っ白!赤や黄の楓が綺麗な季節のはすですが、どうやら「雪」という冷たいものが空から降ってきたそうです。関東における11月の降雪は、なんと半世紀ぶりとのこと。ちなみに、その日1962年11月23日の新聞では「東京に雪。20年ぶり早い訪れ」と記載されていたらしいので、さらに前の11月中の雪は1942年、つまり太平洋戦争の最中ということになります。11月の降雪がいかに珍しいことなのかがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 早々に吾輩と一緒にコタツの中で丸くなっている奥様やお嬢様と違って、とんでもない今日のような日でも、税理士である旦那様にお休みはありません!

 鎌倉にお住まいの監査法人スタッフの方が独立起業されるとのことで、そのお手伝いの真っ最中とのこと。何やら難しそうなお仕事のようですが、会計や監査の話題は共通するとのことで、随分とお話も盛り上がったようです。

 いまからこれだと、この冬は厳しい寒さが続きそうですが、暖かくしてお仕事頑張って下さいませ。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

鎌倉藤沢での会社設立を税理士社労士が支援!

ふじっくす会計労務事務所
URL:http://www.fujix.gr.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


m19270d at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月30日

紅葉

 いよいよ秋本番です。読書の秋、スポーツの秋、といった具合に秋も色々ですが、吾輩はやはり「食欲の秋」です。旦那様は一足早く、東北にて紅葉を堪能されたようで、八甲田山、十和田湖、奥入瀬渓流など、お気に入りのコースを巡られたとか。ところで、吾輩へのお土産はどうしたのでしょうか?

 さて、束の間のひと時を過ごしている間にも、税理士である旦那様にとっての試練のシーズンは刻一刻と迫ってきています。11月になれば完全な戦闘モードへの突入になるようで、毎年赴かれている京都の秋は楽しむことが出来るのでしょうか。

 そんな多忙な旦那様に顧問契約のお話が続いているようです。まずは建設監理のお仕事をされている鎌倉の方から、そして、大手1部上場企業を退職されて次なるステップに踏み出されたこれも鎌倉の方から、それぞれご依頼があったそうです。

 吾輩はこれから食欲の秋を満喫しますが、旦那様もせっかくの秋を楽しみつつも、お仕事も頑張ってくださいませ。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

鎌倉藤沢での会社設立を税理士社労士が支援!

ふじっくす会計労務事務所
URL:http://www.fujix.gr.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


m19270d at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月30日

祭りの後

 南アメリカ大陸初の開催となったリオオリンピックは、日本選手団の金メダル12個、メダル総数41個という大活躍にて幕を閉じましたが、その中から、感動的な名場面ベスト3を振り返ってみましょう。

 まずは、男子陸上400メートルリレーの銀メダルです。

 昔から、陸上では世界に勝てないという印象が強かった日本でしたが、今大会の4人は何か違うものを持っていました。個人のタイムでは、誰一人として9秒台の選手がいなかったにもかかわらず、徹底的なバトンパスの練習と4人のチームワークが見事に結実しました。山県、飯塚、そして桐生からケンブリッジ手へとバトンが繋がれて、見事に銀メダルを獲得したのです。その素晴らしい日本の活躍を間近で見ていた世界王者のウサイン・ボルト選手は、競技終了後、4人の日本選手と握手を交わし、本当に感動といえる素敵な場面でした。

 次は、卓球女子チームの銅メダルが決定した場面です。

 女子卓球ブームのパイオニア的な存在であった泣き虫愛ちゃんこと福原愛選手も、この大会では卓球女子選手団の最年長となりました。若い2選手は比較的笑顔を見せましたが、福原愛選手の涙を見て、計り知れない重圧から解放されたのだと胸が熱くなりました。相当なプレッシャーだったのでしょう。試合を見ている側もハラハラし通しでしたが、他の2選手に比べ大事な場面で負けてしまう事が多かった福原選手。本人も「足を引っ張ってばかり…」みたいな発言が目立ちましたが、相当な責任感を感じていたのですね。2大会連続となるメダルを獲得出来て本当に良かったです。

 最後は、体操男子の団体金メダルです。

 日本中が歓喜に沸いた、体操男子団体総合の優勝。3大会ぶりとなる金メダルを獲得した日本チームを「団体は、一人だけがどんなに頑張っても、金メダルはとれません。このチームの5人の中では、たしかに内村選手が飛び抜けた才能を持っているのは事実。だからこそ、周りの4人が内村選手に追いつこうと努力した結果、今回の団体優勝に結びついたのです」とアテネ五輪金メダリストの塚原直也氏は評しています。4年前のロンドン五輪団体で銀メダルに終わった時、失意のなかで内村は「なんとしても団体金がほしい」と公言しました。その期待に応えるように、チームは「内村と他4人」からいつしか「一人ひとりが主役」へと進化を遂げていったのですが、そこにはそれぞれの物語がありました。

 今でこそ内村が注目されていますが、ロンドン五輪団体決勝で跳馬の着地に失敗し左足を骨折する大けがを負って途中退場となった山室光史は、内村とは高校時代からのライバルで、当時はインターハイなどで幾度となく山室が内村に勝っていました。その山室がこの舞台に戻ってきたのには、内村との強い璢瓩あったからです。精神的支えであった山室が戻ってくることを内村は待ち焦がれていました。ロンドンでの骨折からここまで這い上がってきたことは、他のメンバーにも大きな発奮材料にもなり、得点以上に重いものとなりました。

 内村と絶大な信頼関係を築く加藤凌平は、世界選手権にも出場した加藤裕之氏を父に持つ二世選手です。しかし、その父が監督するコナミには内村が所属していて、今春まで順天堂大学の学生だった加藤は、表立って父の指導を受けることができず、ひとり、打倒内村を目指して練習に励みました。こうした複雑な関係の時期があったからこそ、強靭なメンタルが生まれてきたのです。絶対的エースの内村以上にぶれず、どんな状況下でも演技が左右されないほどの集中力を持っているのですが、この決勝でもそれが遺憾なく発揮されました。

 元体操女子代表の姉・理恵、ロンドン五輪で団体総合に共に出場した兄・和仁をもつ「田中3兄弟」の末っ子である田中佑典は、他の4人とは少し違った覚悟を抱いていました。予選で失敗が続いていたので、決勝の平行棒では安定性重視の演技構成にするのではと予想されていましたが、それに反して鉄棒とともに目一杯の演技をやってのけました。これが日本にとっては大きな力となり、逆転へとつながりました。大事な局面で気弱になる自分を過去の記憶から受け入れて覚悟を決め、あとは心強い仲間を信頼し、失敗を恐れることなく完璧な演技をしました。表彰台での高らかなガッツポーズの後、涙腺を崩壊させていたのです。

 その明るい性格からチーム最年少の末っ子として4人から愛される白井健三は、団体総合決勝の床運動で自身の名を冠した高難度の技を見事に決め、チームの勢いを決定づけました。白井がこれほどまでにチームに馴染んでいるのには、内村との秘話が隠されています。以前、白井がひとりで苦手とするつり輪の練習をしていた際、内村が自ら手本を見せて教えたことがありました。実は内村もかつて、当時の先輩だったアテネ五輪団体総合金メダルの立て役者・冨田洋之から、同じようにつり輪を教わっていたのですが、新旧のエース同士だからこそ分かり合えることもあるのでしょう。これをきっかけに白井と内村は仲を深めていったのです。

 体操は、競技中に連携があるわけでも、言葉を交わすわけでもない。それでも演技でつなぐ5人の心は、確かにあの舞台で一つになっていたのです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

鎌倉藤沢での会社設立を税理士社労士が支援!

ふじっくす会計労務事務所
URL:http://www.fujix.gr.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



m19270d at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月31日

夏 真っ盛り

 南アメリカ大陸で初めて開催される夏季オリンピックがもうすぐ幕を開けますが、活躍が期待される日本人選手が目白押しです!

男子体操で個人総合2連覇および3大会ぶりの団体金メダルを目指す内村航平

 日体大在学中に初めて出場した北京五輪で個人総合銀メダル、前ロンドン大会では個人総合で金メダルを獲得し、また、昨年の世界選手権では前人未到の個 人総合6連覇を達成するなど、国内外で「絶対王者」として知られていますが、今大会は団体で男子体操の最年長としてチームを引っ張ります。現在27歳、体操選手としてあぶらの乗った最盛期に出場する今回のリオ五輪ですが、愛しの妻と娘の支えも糧に、ぜひ吉報を届けてほしいものです。

女子初の4連覇を狙うレスリングの吉田沙保里

 女子レスリングの吉田沙保里選手は、昨年の世界大会で16連覇を達成しギネス認定を受けるなど、「霊長類最強の女」としてお馴染みです。階級変更や父・栄勝さんの急死など前回のロンドン大会とは異なる点も多いのですが、レスリング女子で史上初となる4連覇への期待は大きいものがあります。今回は日本選手団の主将という大役も務める彼女ですが、持ち前のガッツと明るさを武器に、リオの地で笑顔の花を咲かせてほしいものです。

テニスで96年ぶりとなるメダル獲得に意欲を覗かせる錦織圭

 テニスの四大大会全米オープン男子シングルスで準優勝を果たすなど、日本テニス界の歴史を次々と塗り替えてきた錦織圭選手は、今回が2度目の五輪出場です。前回のロンドン大会でも日本男子88年ぶりのベスト8進出を果たし会場を湧かせましたが、この4年間での進化は周知の通りです。実は、日本が五輪で初めてメダルを獲得した競技はこのテニスだとか。96年ぶりのメダル獲得に期待がかかります。

日本の総メダル獲得予想は、前ロンドン大会上回る40個!

 そのほかにも、前ロンドン大会の競泳400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得し高校生メダリストとなった萩野公介選手、これまで五輪の舞台で快進撃を続け最後の挑戦で悲願の金メダルを目指す男子フェンシングの太田雄貴選手、前回のロンドン大会で団体銀メダルを獲得した女子卓球の福原愛選手や石川佳純選手など、活躍が期待できる選手が目白押しです。

 これら出場選手たちの経験と実力から予想される、日本選手団の金メダル獲得数は4〜6個、
総メダル獲得数は、史上最多を記録した前ロンドン大会の38個を上回る35〜40個と予想されています。
また、メダルの数も気になるところですが、大会が終わった時にどのような記憶に残るプレーや言葉が生まれるかも楽しみです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

鎌倉藤沢での会社設立を税理士社労士が支援!

ふじっくす会計労務事務所
URL:http://www.fujix.gr.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆







m19270d at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月23日

お天気お姉さん

 6月になって梅雨の季節となり、ジメジメした日々が続きますが、いつも空調の効いたお家でゴロゴロしている吾輩にとって、お外の天気はあまり関係がありません。しかし、税理士のはずの旦那様は、近頃、気象学が何だの天気予測データがどうのと、お天気に関心があるようですが、何故なのでしょう。

 実は、大学で専攻した気象学に関するノウハウをもとにしたビジネス展開を考えていらっしゃる方と顧問契約を
締結されたとのことで、どうやらこれが原因のようです。40代や50代の殿方とのご契約が多い中で、今回は30代の女性とのことなので、さしずめ「お天気お姉さん」ということになるのでしょうか。

 大学でのお世話になった教授とも懇意にされているとのことなので、どのようなビジネスになるのかを楽しみにされているとのこと。事業のご成功をお祈り申し上げます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

鎌倉藤沢での会社設立を税理士社労士が支援!

ふじっくす会計労務事務所
URL:http://www.fujix.gr.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


m19270d at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月31日

BACK TO THE FUTURE !

 BACK TO THE FUTURE !

 「未来へ戻る」という訳の分からないタイトルの映画は、約30年前の1985年に大ヒットしたマイケル・J・フォックス主演のSF映画です。この映画には続編が2作あり、第2作目は30年後の2015年へ、第3作目は、100年前の1885年へとそれぞれタイムスリップするのですが、今は第2作目が想定した2015年の世界で、残念ながら映画ほどには科学は進歩しなかったようです。

 さて、この映画、旦那様は日本公開前に本家アメリカにてご覧になったとのこと。当時の旦那様はまだ大学3年生で、この4月から社会人1年生のお嬢様より若く、夏休みの2ヶ月間を利用してアメリカのカリフォルニア大学へ短期留学し、その際に公開中のこの映画をご覧になったそうです。

 この映画はユニバーサル・スタジオ社の配給で、大阪にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションのひとつとして人気を博していたのですが、この5/31をもってこのアトラクションは終了することになり、旦那様としては、当時の想い出の振り返りも兼ねて、USJへとお出かけされてきたとのこと。この映画のように、30年前の若かりし頃のご自身に「BACK TO THE FUTURE」できたのでしょうか?

 実は、短期留学の際に、本家アメリカのテーマパークであるユニバーサル・スタジオも訪れたとのことで、この映画では有名なシーンとなっている「避雷する時計台」をはじめとした映画セットをご覧になったそうです。当時、ロスのディズニーランドも訪れたとのことなので、30年越しでようやくユニバーサル・スタジオとディズニーランドの日米ダブル制覇を成し遂げた!とのことでした。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

鎌倉藤沢での会社設立を税理士社労士が支援!

ふじっくす会計労務事務所
URL:http://www.fujix.gr.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


m19270d at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月30日

若葉マーク

  関東では桜の季節もほぼ終わり、いよいよ若葉の季節となりますが、ここにダブル若葉の方がおひとり。この4月から若葉マークの社会人となったお嬢様は、お仕事で必要とのことから大学卒業直前の去る2月に駆け込みで自動車教習所通いをされて若葉マークのドライバーにもなって、晴れてダブル若葉となりました。

 慎重なのか大胆なのか、よく分からない運転で、隣で教官代わりにお座りになっている奥様は目を白黒させていらっしゃるようですが、いまのところ、まだ壁に激突はしていないようです。

 人間社会では「エリカ様」という方がいらっしゃるようですが、我が家では「エリコ様」がいらっしゃり、さらにその上を行く「チヒロ様」としてお嬢様は君臨されていますが、会社ではまだ若葉マークなので、壁に激突はむろんのこと、会社でも激突することのないよう、切にお願い申し上げます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

鎌倉藤沢での会社設立を税理士社労士が支援!

ふじっくす会計労務事務所
URL:http://www.fujix.gr.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


m19270d at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月31日

開花

 3月も下旬になって桜開花のニュースも流れるようになり、寒さの厳しい季節もようやく終わりを迎えようとしています。寒さ大嫌いの吾輩にとっても試練の季節が終わるということになるでしょうか。いつもお仕事でお忙しい税理士の旦那様にとっても、紅葉の季節から続いた激動の日々にようやく終止符を打ち、やっと一息つけるということになるようです。

 さて、春といえば別れと旅立ちの季節でもありますが、藤岡家にも別れと旅立ちがあったようです。ソフィアでの大学生活を満喫されていたお嬢様もついに卒業の時を迎えられ、この4月から信託銀行に入行し、社会人として新たな一歩を踏み出されるとのことです。入社前の研修に参加され、思いも新にされたようですが、これから約半世紀わたる人生をどの様に歩まれていかれるのでしょうか。

 気持ちだけはいつまでも若いのですが、吾輩もこの春で14歳になり、ワンちゃんとしてはそろそろ人生の最晩年を迎えつつあるので、どこまでお嬢様の人生を見届けることができるのか定かではありませんが、奥様と同様、自由奔放&天真爛漫にわが道を歩まれて、悔いのない人生になることをお祈り申し上げます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

鎌倉藤沢での会社設立を税理士社労士が支援!

ふじっくす会計労務事務所
URL:http://www.fujix.gr.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

m19270d at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月29日

沖縄に雪

 今年は年明けから暖かい日が続き、このまま冬なしで春になってしまうのかと思っていると、一転、沖縄にまで雪が降ってしまうほどの大寒波が到来し、寒さ大嫌いの吾輩としては、コタツに入って丸くなるしかありません。何でも、江戸時代にミゾレが降った記録があるものの、沖縄で降雪を確認したのは観測上初めてということです。

 さて、新年も下旬になると、さすがにお正月騒ぎをいつまでもしているわけにもいかず、奥様とお嬢様も、そろそろ標準モードに移行しつつあるようです。しかし、先日も、奥様は「なんとかのお祝い会」とやらで、飲めや歌えやの大騒ぎをして、本領を発揮してきたようです。

 そのような騒がしい中でも、いつも黙々とお仕事をされているのは旦那様です。年末調整が終わり、源泉所得税の納付も済み、後は、法定調書の提出とのこと。これらが終了すると、いよいよ本丸の確定申告へと突入だそうです。この冬は風邪をめされることが多いようですが、暖かくして、大変な季節を乗り越えて下さいませ。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

鎌倉藤沢での会社設立を税理士社労士が支援!

ふじっくす会計労務事務所
URL:http://www.fujix.gr.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

m19270d at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)