平野博文官房長官は17日午前の記者会見で、日程を公表せずに15日に日帰りで大阪を訪れたことに関し、「危機管理上、出張する場合には必ず緊急の帰京態勢をつくっている。(問題との)指摘は当たらない」と述べた。その上で、今後は東京を離れる場合は事前に公表する意向を示した。
 官房長官が東京23区外に出る場合、大震災などの非常時に首相官邸へ最速で到着できるよう緊急輸送計画を策定し、関係省庁に通達するのが通例。これに関し、平野長官は「緊急時の計画を策定して(大阪に)出ている」と述べ、必要な手続きをとっていたことを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】写真で振り返る阪神大震災
陸自医療援助隊が活動終結=2954人を治療
ハイチPKOが出発=陸自部隊、8日に現地入り
「自立への支援必要」=ハイチ救援NPO帰国
「理念なき政治」打破=ガンジーを引用、日本の姿説く

書道家襲われ負傷、強盗か=「仕事人」題字手掛ける-大阪府警(時事通信)
刑務所侵入容疑 元受刑者を逮捕 京都府警(産経新聞)
糖尿病治療の血糖コントロール指標「HbA1c値が最も重要」(医療介護CBニュース)
民主党政権初の診療報酬改定、病院重視の政務三役に医系議員が巻き返し(産経新聞)
押尾被告側が準抗告 保釈請求却下で(産経新聞)