政府系公益法人を対象とした事業仕分け第2弾の後半戦が5月20日午前、東京都品川区のTOCビルで始まった。社団法人や財団法人など70法人82事業が対象で、医療関連は航空医学研究センター、労災保険情報センター、中央労働災害防止協会の3法人。国会議員や民間有識者ら37人が2つのワーキンググループに分かれ、「廃止」「各自治体・民間の判断に任せる」など、「評価シート」を使って対象事業を評価する。後半戦は20、21、24、25日の計4日間行われる。


【関連記事】
仕分け後半戦の対象法人を決定―刷新会議
規制・制度改革の検討、「厚労省が頑張っている」―枝野担当相
「埋蔵金レベルが出た」―前半の仕分けで枝野担当相
福祉医療機構の「福祉貸付」「医療貸付」は現状維持-事業仕分け第2弾
「事業仕分け」第2弾スタート―行政刷新会議

訃報 鈴木俊一元東京都知事死去 新宿に都庁移転 99歳(毎日新聞)
口蹄疫対策で首相、支援強化検討を指示(読売新聞)
パソコン200台詐取=容疑で元IT社員逮捕-警視庁(時事通信)
信号無視バイク、追跡中転倒21歳逮捕 堺、酒気と無免許(産経新聞)
奈良の連続婦女暴行事件、養護学校侵入男を逮捕へ(産経新聞)