M-1育毛ミストの体験談や感想!

M-1育毛ミストの体験談や感想を紹介!酵素のチカラで頭皮を若返らせる!分子ピーリングで頭皮に働きかけ、発毛・育毛しやすい環境を作る!カイワレ大根も発芽する安全性!100%無添加の育毛ミスト!女性にも人気の無添加育毛剤!

抜け毛予防に必要なのは頭皮ケア!育毛剤と育毛シャンプーならどちらを使う?

抜け毛や薄毛予防には、育毛剤と育毛シャンプーのどちらを使うべきか?両方使う方がベストだけど、先に使うなら育毛シャンプーかもしれない!そもそも髪の毛の悩みの原因は、シャンプーにあることが多いなんて話!まず頭皮環境を整えることが重要らしい!育毛剤の効果を実感できない方が少なくないけど、育毛シャンプーも使っているか気になるところ!最近は、抜け毛予防 シャンプーが人気!あと頭皮ケア 馬油シャンプーあたりも注目されている。薄毛・抜け毛の原因が不飽和脂肪酸の不足にあるなんて話だよね!やはり色々使ってみないと正しい評価はできないかも!

円形脱毛症のように病気が原因とされる脱毛症にはどんな種類があるの!

脱毛症は、体質によるものと病気が原因となる2つのケースがあります。その脱毛症の多くは、体質よるものといわれています。例えば次のようなものが体質による脱毛症といえます。

男性:男性型脱毛症(AGA)
女性:びまん性脱毛症(瀰漫性脱毛症)

そこで次に病気が原因となる脱毛症の種類や特徴について調べてみました一般的に知られているのが円形脱毛症ですが、他にも色々ありますね。

●円形脱毛症
円形脱毛症は、ストレスなど精神的なことが原因とされていますが、実は本当の原因というのはまだ解明されていないようです。

円形脱毛症もコイン1つ分程度の軽症の場合、自然に治るそうです。でもその期間となると半年~1年程度と意外と時間がかかるそうです。これが中程度の症状になると脱毛部分が広がり、場所が移ったりするそうです。さらに重症の場合、全体的に脱毛してしまい、まつ毛・まゆ毛も抜けてしまうこともあります。

このことから脱毛の症状が中程以上なら、迷わず皮膚科などを受診して治療する方がいいそうです。

●自己抜毛症(トリコチロマニア)
小学生から思春期にかけての子供に多い脱毛症が自己抜毛症と呼ばれるもの。この原因は、家庭環境や勉強などの精神的ストレスとされています。特に髪の毛が自然に抜けるというよりも、自分自身で髪の毛・まゆ毛・まつ毛を抜いてしまうことが問題のようです。

この自分で髪の毛を抜いてしまう抜毛が繰り返されると毛が生えてこなくなる(瘢痕性脱毛)とされ、その治療には頭髪専門医や精神科医などと協力する必要があるとされています。

●甲状腺機能低下症による脱毛症
甲状腺ホルモンが減少することでも脱毛してしまうそうです。この病気になると毛の成長期が短くなり脱毛しがちになるそうです。この治療には、甲状腺ホルモン剤の投与によって対処することが一般的だそうです。

●感染症による脱毛症
脱毛は、感染症にかかっても引き起こされるそうです。例えば、ヘルペスウィルス・真菌・ブドウ球菌などの感染症が原因となり、頭部湿疹のような症状から脱毛を引き起こしてしまうそうです。

また重症化すると完全に抜けてしまうらしく、そのため頭皮の痒み・赤みが続くならば、皮膚科で受診するといいです。有名なところでは抗がん剤によっても脱毛症になりますね。多くは、薬の服用を止めれば、脱毛症状も止まるそうです。

体質からくる脱毛症の種類!男性と女性の脱毛症の特徴や原因とは!

一言で脱毛症といっても実は、男性と女性の脱毛症は大きく異なるようです。一般的には、女性の脱毛症の方が治りやすいなんていわれていますよね。そこで男性と女性の脱毛症の違いについて少し調べてみました!

なお、ある調査結果では、男性の1/3は薄毛の悩みを抱えているというデータがあるそうです。結構多い気がしますね!そもそも脱毛症は、病気や体質によって起こるものもあり、様々な要因が絡みあっているそうです。

ここでは体質による脱毛症の種類や原因を男女に分けて考えてみたいと思います!

●男性型脱毛症(AGA)
AGAと呼ばれることのある体質的な脱毛症が男性型脱毛症です。男性型脱毛症の特徴は、思春期以降の男性に起こるもので、男性ホルモンの一種であるテストステロンが原因となって起こるといわれています。このテストステロンが特殊な酵素と結び付いてジヒドロテストステロンという物質に変化し、これが薄毛を促進させるといわれていますね!

なお、ここで問題となる特殊な酵素というのが前頭部と頭頂部に多くあるため、AGAでは額の生え際と頭頂部から脱毛が進行していくそうです。その進み方は、頭頂部や額の生え際などの毛髪が産毛になり、次第に地肌が見えてくるといった具合だそうです。これは成人男性にみられる脱毛症のパターンとしては、かなり多いそうです。

なおAGAを誘因する原因として考えられているのが遺伝や加齢といわれています。

●びまん性脱毛症(瀰漫性脱毛症)
女性の体質的な脱毛症が『びまん性脱毛症』と呼ばれるタイプです。びまん性脱毛症は、男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンが原因とされています。そもそもジヒドロテストステロンは、女性にもあるらしく男性の場合と同じメカニズムで脱毛が進行していくようです。これは女性型AGA(女性版AGA)なんて呼ばれることもありますね。

なお、びまん性脱毛症は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が増えることでも脱毛の症状が現れるといわれています。これは分娩後や更年期の脱毛にみられるパターンです。さらに老化(65歳以降)によって脱毛が起こることもあります。

体質改善!食生活の見直しで発毛しやすい体質を作ろう!

発毛しやすい体質というのは、血液の循環がいいことと、髪の毛に栄養が行き渡ることがポイントになるそうです。これに加えるなら、バランスの取れた食事と運動・良質な睡眠も欠かせないといえますね。

特に頭皮や髪の毛にいい食材(食品)といえば、レバー、人参、緑黄色野菜、卵、牛乳、玄米、豚肉、大豆、チーズ、海藻類、魚介類、牛肉赤身、プルーンなどがあります。また髪の毛を構成するタンパク質(卵の白身、鶏ささみ、納豆、豆腐など)、新陳代謝をよくするビタミン(野菜類)、ミネラル(海藻類)も毎日の食事で意識して食べたいものです。

なお発毛・育毛に睡眠が欠かせないと言われていますが、これは髪の毛に栄養が届けられるのが睡眠中になるためといわれています。そもそも昼間は、体を使って活動しているので栄養もそちらに回されるようです。

また運動が発毛・育毛に欠かせない要因として血行促進が関係しているそうです。これは、運動(できれば有酸素運動)することで血液のめぐり(循環)をよくするためで、これにより栄養が頭皮などにも運ばれやすくすることが期待できるためだそうです。

こうやって考えていくと育毛剤や育毛シャンプーだけに頼るのではなく、食生活も合わせて改善することでトータル的に育毛体質に変えていくことはできそうな感じですね。

ちなみに現在の管理人は、円形脱毛症の悩みを抱えています。コイン大の大きさで脱毛しているんですね。一般的に円形脱毛症は、ストレスが原因とされていますが、実が本当のところ原因は解明できていないそうです。なおコイン程度の大きさの脱毛症なら半年~1年程度で治るそうですが、この症状が中程度になると脱毛部分が広がったり、他の部分にも移ることがあるみたいです。そうなると皮膚科での治療が必要みたいです。今、病院に行こうかとても悩んでいます・・・

M-1育毛ミストの分子ピーリングの効果とは!

M-1育毛ミストでは分子ピーリングが話題になりますが、一体どんな効果があるのでしょうか?ちょっと調べてみました!

①分子レベルで頭皮を大掃除します。頭皮表面や毛穴の奥まで低分子分解物が掃除します。
②細胞を活性化して頭皮を柔らかくします。低分子分解物が毛乳頭細胞や頭皮の細胞を活性化します。
③分子レベルで栄養が深く浸透します。M-1育毛ミストを塗布する前は、フケや不要な角質があり、栄養が行き渡りませんが、M-1育毛ミストを塗布することでこれらを分子レベルで分解するため栄養が行き渡りやすくなるわけです。

簡単にいえば分子ピーリングによって頭皮の表面や内側をケアして、発毛や育毛効果を発揮しやすくしているわけです!