m1mist




公式サイトでM-1育毛ミストの成分を調べると『水、加水分解酵母エキス、加水分解ケラチン、トウガラシエキス』と書かれています。しかし、M-1育毛ミストの緑の箱や本体だと、もう少し多く成分が書かれています。これが全成分(?)になる感じです。そこで、これらの成分の効果や効能などをネットを使って調べてみました!でもM-1育毛ミストって成分が少ないですよね!

●M-1育毛ミスト成分(箱、本体記載の成分名)
水、加水分解酵母エキス、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、加水分解ケラチン、トウガラシエキス

●M-1育毛ミスト全成分の効果・効能
水→(ベース水?)
加水分解酵母エキス→保湿、皮膚細胞の修復効果、さらに病的状態を元の健康な状態にする細胞賦活作用があるとされています。
ペンチレングリコール→抗菌、保湿
フェノキシエタノール→防腐剤
加水分解ケラチン→保湿、保護、肌荒れ防止
トウガラシエキス→血行促進、抗炎症

M-1育毛ミストで不思議だったことは、腐敗対策をどうしているかでした!公式サイトに記載が無かったので、フェノキシエタノールが配合されていないと思いましたが、実は配合しているんですね!ちゃんと記載しておけばいいのにとも思いますが・・・そもそも『水』を使っている段階で腐敗対策は必要になります。水は、腐りますので!そこで防腐剤として使われることが多いフェノキシエタノールを使っているわけです。ただスキンケア化粧品では、好まれてない感じですが!

パラベンよりフェノキシエタノールの方が安全ともいえますが、これも正しいとはいえないようです。パラベンの方が、フェノキシエタノールよりも使用量が少なくてすむため、肌への刺激は『パラベンとフェノキシエタノール、どちらが刺激が強いか?』となると判断が難しいらしいです。同じ使用量ならパラベンの方が上といえそうですが!

またM-1育毛ミストの成分で注目なのは、加水分解酵母エキスといえます。けっこう優秀な成分らしいですね。ネットで調べてみたら各種アミノ酸・ビタミン・核酸関連物質・ミネラル・有機酸・タンパク質・糖質・脂質などを配合しているそうですから!なお加水分解酵母エキスの効果は、保湿や皮膚修復、さらに美白効果です。エイジングケア化粧品に使われるのも納得といった感じです!