脱毛症は、体質によるものと病気が原因となる2つのケースがあります。その脱毛症の多くは、体質よるものといわれています。例えば次のようなものが体質による脱毛症といえます。

男性:男性型脱毛症(AGA)
女性:びまん性脱毛症(瀰漫性脱毛症)

そこで次に病気が原因となる脱毛症の種類や特徴について調べてみました一般的に知られているのが円形脱毛症ですが、他にも色々ありますね。

●円形脱毛症
円形脱毛症は、ストレスなど精神的なことが原因とされていますが、実は本当の原因というのはまだ解明されていないようです。

円形脱毛症もコイン1つ分程度の軽症の場合、自然に治るそうです。でもその期間となると半年~1年程度と意外と時間がかかるそうです。これが中程度の症状になると脱毛部分が広がり、場所が移ったりするそうです。さらに重症の場合、全体的に脱毛してしまい、まつ毛・まゆ毛も抜けてしまうこともあります。

このことから脱毛の症状が中程以上なら、迷わず皮膚科などを受診して治療する方がいいそうです。

●自己抜毛症(トリコチロマニア)
小学生から思春期にかけての子供に多い脱毛症が自己抜毛症と呼ばれるもの。この原因は、家庭環境や勉強などの精神的ストレスとされています。特に髪の毛が自然に抜けるというよりも、自分自身で髪の毛・まゆ毛・まつ毛を抜いてしまうことが問題のようです。

この自分で髪の毛を抜いてしまう抜毛が繰り返されると毛が生えてこなくなる(瘢痕性脱毛)とされ、その治療には頭髪専門医や精神科医などと協力する必要があるとされています。

●甲状腺機能低下症による脱毛症
甲状腺ホルモンが減少することでも脱毛してしまうそうです。この病気になると毛の成長期が短くなり脱毛しがちになるそうです。この治療には、甲状腺ホルモン剤の投与によって対処することが一般的だそうです。

●感染症による脱毛症
脱毛は、感染症にかかっても引き起こされるそうです。例えば、ヘルペスウィルス・真菌・ブドウ球菌などの感染症が原因となり、頭部湿疹のような症状から脱毛を引き起こしてしまうそうです。

また重症化すると完全に抜けてしまうらしく、そのため頭皮の痒み・赤みが続くならば、皮膚科で受診するといいです。有名なところでは抗がん剤によっても脱毛症になりますね。多くは、薬の服用を止めれば、脱毛症状も止まるそうです。