2005年08月16日

黒い絨毯

これはさすがにやばいでしょ。マンホールの隙間から溢れてくるアレ。マンホールの中はまさにブラックボックスです…。キモッ

ちなみに昔は北海道にはGはいなかったそうですが、今は暖かい飲食店を中心に、ふつーに生息しているもよう。もう日本に安住の地は無いのか…  
Posted by m2_syrinx at 22:35Comments(1)TrackBack(0)

2005年08月10日

そうだ、選挙に行こう!

7292a852.jpg衆議院解散を受けての小泉総理大臣の記者会見(【Irregular Expression】より)
ここまで「国民に信を問う」と熱く明確に演説してくれた人は初めて見ました。
(M2が政治に通じていない、ということも原因としてあるかもしれませんが。)
また、郵政民営化の意義をとてもわかりやすく説明してくれています。

ニュース番組で編集された映像ではなく、
生で放送を見れなかったことが残念です。


9.11は選挙に行きましょう。  
Posted by m2_syrinx at 01:57Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月07日

HGの中の人

オッケーイ。;`;:゙;`(;゚;ж;゚;)ブフォッ

全然まともだな…
しかも同志社大卒らしい。
以前テレビでHGの話の切り返し方見て
「頭いいな、この人は」と思ってたけど、道理で。

いつまでも今の芸風この勢いを維持するのは難しいだろうけど、M2はHGを応援します。
フゥー!!  
Posted by m2_syrinx at 12:36Comments(3)TrackBack(0)

2005年08月05日

経営理念について

8ef4ba71.jpg企業には経営理念というものがあります。

経営理念とは、簡単に言えば
「経営者がどのように会社を育てたいか」
「経営者および従業員がどのような心構えで仕事に従事するか」
を表しています。

経営理念は抽象的なほうがいいのか、
あるいは具体的なほうがいいのかは一概に判断できませんが、
個人的には具体的なほうがいいなーと思ってます。
というのも、経営理念は社員全体に浸透し、
それに倣うことが求められるからです。
いくら崇高でも抽象的な理念では実践に移しにくいからね。


具体性という意味では、これくらいハッキリした形に落とし込んでくれるのが理想でしょうか。

ほんとわかりやすいよ。社長がどんな人かってことが。  
Posted by m2_syrinx at 21:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月07日

vs 人工知能

バンダイの「アソビジョン」というサイトのオープン記念キャンペーンとして人工知能研究所というものがあります。
どういうものかというと、まず頭の中で何か「モノ」を描いて、人工知能がそれに対し質問(20問程度)を繰り返していき、その思い浮かべた「モノ」をピタリと当てるというものです。

で、早速やってみました。M2が思い浮かべたものは「コタツ」です。
結果はこんな感じ。

  続きを読む
Posted by m2_syrinx at 12:21Comments(2)TrackBack(0)

2005年06月05日

安田記念行ってきました

f59c32c7.jpegお馬さん見てぇなぁ・・・

その一念がきっかけで、東京競馬場の安田記念に行ってきました。
競馬場に来るのは初めてでしたが、カップルや親子連れなどもかなり多く来場していたのが意外でした。
もっともその傍らでは、「人生はギャンブルだ!」と豪語せんばかりのくたびれたおっさんたちも大勢いましたが。何かもう、レース始まると怒号が飛び交ってましたからね。社会の底辺を見たような錯覚に陥りましたよ。

で、競馬の結果ですが、見事に外れました。
単勝で「オレハマッテルゼ」を買ったんですが、見事に惨敗。
どうやら「俺は待ってるぜ」ではなく、「俺嵌ってるぜ」だったようです。ふざけんな。

ともあれ、負けたとはいえ中々いい経験になりました。
次はきっと勝ってみせる!  
Posted by m2_syrinx at 22:08Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月04日

電車男のサントラが・・・

5e255320.jpegネット発の純愛物語として一大セラーとなった『電車男』。GWに遊びに行った台湾でも、現地の言葉に翻訳されて書店で販売されていました。

で、今回映画版『電車男』のサウンドトラックが発売されたわけですが、
なんつーか、曲名がえらいことに・・・。
2ちゃんねるをほとんど見たことのないM2には、よく意味がわかりませんけどね。うん。
  
Posted by m2_syrinx at 00:33Comments(1)TrackBack(0)

2005年05月31日

おくることば

久々の更新です。
前回の更新から約一ヵ月半の間、ロマンシングな夢を追い続けていました。
しかしそれももうそろそろ終わりのようです。


ずっと放置されていたこのBlogを覗いてくれたあなた。
そんなあなたに、この言葉を送ります。

リンク先の地図を少しずつ拡大していってください。

  続きを読む
Posted by m2_syrinx at 22:40Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月11日

仕事辞めますか?人間辞めますか?

携帯電話の開発現場は地獄だ。

一緒に飲みに行った上司の話。
現場から一週間以上帰れない人が大勢いたとか。
ちなみにその上司は、一年ほどホテル暮らししたとのこと。
「何でそんなことになってしまうんですか?」と聞いたところ、
「仕様が全然決まらないんだよ。
一日の初めと終わりで仕様が変わってる。
でも納期は延びないんだ。」とのこと。

正直、そのときは「携帯の開発が大変なんじゃなく、
たまたまそのプロジェクトがアレだっただけなんじゃないのかなー」
などと思ってました。

翌日、おもむろにネットをしていると
偶然にも携帯の開発現場を綴ったサイトを発見。
早速読んでみると…

こりゃヤバい。上司の話はガチだったようだ。  続きを読む
Posted by m2_syrinx at 00:34Comments(1)TrackBack(0)

2005年04月10日

ちょっと待て

最新時給ランキング

( ゚д゚) ポカーン

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
 _,._
(;゚ Д゚)  
Posted by m2_syrinx at 21:35Comments(1)TrackBack(0)

2005年03月19日

3+1K

3K(きつい・汚い・危険)ってあるけど、
「給料安い」も加えて4Kにしてほしいもんだ。

ってなことを考えた一日でした。  
Posted by m2_syrinx at 15:57Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月18日

花粉が…

6bb4120e.jpeg←花粉がエライことになってますが。この黄色いの、全部花粉らしい…

最近街中でマスクをしている人をよく見かけます。花粉症の特効薬ができたら、ノーベル賞ものだなぁ。

ちなみに俺は幸いにも花粉症ではないのだが、家族はみんな花粉症なので、今年あたりそろそろ危ないかも。  
Posted by m2_syrinx at 23:01Comments(1)TrackBack(0)

2005年03月14日

折田先生七変化

28f9eb2a.gif折田先生を讃える会

偉大なる折田先生像の歴史を紐解いて見たいと思います。
興味のある方は、最初から見ることをお勧め致します。  
Posted by m2_syrinx at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月10日

M2新聞

日刊あなた
自分の名前を入力すると、勝手に記事を作ってくれます。こういうくだらないサイトは大歓迎です。以下、作成例。

M2退団公演に8000人のお見送り
T歌劇団夢組トップスターのM2さんが、T劇場で上演された「教師びんびん物語−散る花の如く」の千秋楽で、T劇団を「卒業」した。最後の記者会見でM2は、「もうあきちゃったし、歳だし」と長い事明かされずにいた退団理由を表明。寿の予定もなく、退団後の芸能活動も行わない。恒例の劇場前パレードにはM2ファン8000人がお見送りに終結。全員そろいのはっぴにねじりはちまき姿で、神輿に担がれ劇場を後にするM2に涙の声援と拍手を送っていた。周辺には数十軒の屋台が出て、隣の日比谷公演では盆踊り大会も開催され、M2退団はお祭り騒ぎの中、幕を閉じていった。 (by くわとろう)


御神体M2盗まれる
昨日午後、新宿でM2教の御神体M2が盗まれた。M2教は今年4月に発足された新しい宗教で、すでに信者は300万人を超えてる模様。生まれたばかりの赤ちゃんから棺桶入り寸前のお年寄りまで、信者はいる。なお、盗んだ犯人は昨日9時に成田空港で見つかった。が、御神体M2の姿は無く、犯人は『助けてください!M2が光線出して引っかいて・・』と意味不明なことを叫び、今病院で意識不明の重体である。御神体M2はどうやらアメリカ行きの飛行機をジャックしたらしく、今その飛行機と連絡が取れなくなっている。(来世記者)


M2宅、危うく炎上
今月未明、東京都三鷹市にあるアパートのM2氏の部屋で、あわや火事になろうかという騒ぎがあった。調べによると、M2氏がスーパーで買ったレトルトの八宝菜をフライパンにかけたところ、フライパンで熱された油と八宝菜の水分が混ざった反応で油が跳ね、コンロの火がフライパンの油に引火した模様。炎は高さ1端紊泙任△ったが、慌てたM2氏がコンロの火を消すと同時におさまったという。「マジでびびった。火事になったら翌日の新聞に載るのではないかと思い、必死だった。」とM2氏は語っている。(M2レポーター)

と、こんな感じで勝手に記事を作ってくれます。



最後のはノンフィクションだけどな。  
Posted by m2_syrinx at 23:01Comments(3)TrackBack(0)

2005年03月07日

ideal

af58225b.jpegまるで何もかもをわかったような振りをして、
全ての物事を否定的に捉えてしまうような人間にはなりたくない。

理想と現実は確かに違う。
だけど、大切なのは如何に現実を理想に近付けるかってことだ。
理想と現実のギャップを知り、嘆き悲しむこともあるだろう。
時には妥協も必要かもしれない。
だが、初めから理想を追うこと自体を諦めてしまえば、
理想に追いつくことは絶対に有り得ない。


だから俺は走り続ける。理想を目指して。
そう、矢田亜希子と結婚できるその日まで。  
Posted by m2_syrinx at 21:08Comments(3)TrackBack(0)

2005年03月06日

ゲームへの個人的見解

最近暇なときにテレビゲームをしているのですが、昔に比べて好みのゲームが変わったなーと自分で思います。
どう変わったのかというと、昔は「画面が綺麗でサクサクとプレイできるゲーム」をよく遊んでいたのに対し、ここ数年は「難易度が高いゲーム」を好んで遊ぶ傾向があります。

個人的見解ですが、人は2つの欲求を満たすためにゲームをします。
2つの欲求とは、「爽快感」と「達成感」です。

「爽快感」は、美しいグラフィックを見て感動したり、あるいは主人公を操作して敵をガンガンなぎ倒したりするプレイスタイルで得ることができます。
「達成感」は、複雑なシステムや鬼のような難易度を乗り越えて目的を達成する、といったプレイスタイルで得ることができます。

こう考えると、好みのゲームが変わったのは、ゲームに対して求めるものが爽快感から達成感に変わったってことなんだろうなー。

ちなみに近年で特に達成感が大きかったゲームは
◆アンリミテッド:サガ
◆ブレスオブファイアV ドラゴンクォーター
の2本。両方とも人によって評価が極端に分かれるゲームだけど、俺はどっちも大好きです。  
Posted by m2_syrinx at 21:04Comments(2)TrackBack(0)

2005年03月03日

ミッションステートメント

長文は疲れるわ。企業の目的には、ミッションとビジョンが存在します。

ミッションとは「社会から企業に与えられた使命そして目的」と捉えられ、それは将来に渡り変わることのない普遍の価値観です。某社でいうところの「コーポレートステートメント」の内容です。
欧米の企業では大抵このミッションステートメントが存在します。

ビジョンとは、企業が成し得たい姿と捉えられます。ビジョンを実現するために社会から要請された使命がミッションである、と言えましょう。
なお、某社研修では『「○○年度経常利益○円」がビジョンにあたる』と言われましたが、これは目的ではなく目標であり、ビジョンではないというのが私の考えです。(言い換えれば、某社にはミッションはあってもビジョンは存在しないということ)

  続きを読む
Posted by m2_syrinx at 00:20Comments(1)TrackBack(0)

2005年03月01日

ティースバンク

e83faafc.jpeg抜いた歯を保存、再植する技術が完成したようです。貯金ならぬ貯歯です。親知らず4本の所有者である俺としては気になるところ。しかし

>保存した歯を加工して、親知らずを奥歯にしたり、
>犬歯を前歯にしたりできる。

ということは、つまり元の歯と同じタイプの歯にしか加工できないってことでしょうか。言い換えれば、「親知らずを加工して前歯に!」なんてアクロバティックなことはできないってことでしょうか。これができるなら、前歯が折れたときの保険に抜いた歯を保存しておこうかと思うんだけどなぁ。

ちなみに親知らずを放っておくと、そこから化膿して菌がリンパ節に周り、命の危機になることもあるらしいです。
…とりあえず俺も歯医者行って親知らず抜いてきますわ。  
Posted by m2_syrinx at 23:54Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月27日

融けた氷の中に

77d50fde.jpegアラスカの永久凍土の氷から発見された微生物が、氷が融けたことで活動を再開したらしいです。この微生物、なんと約3万2千年もの昔から氷に閉じ込められていたとか。玉乗りでも仕込んでやりたい気分です。


ちなみに、生きた人間を冷凍保存→解凍ってのは、現代の科学力では実現できないと聞いたことがあります。解凍時に浸透圧の問題で全身の細胞が破壊されてしまうとか、そんな理由だったかな。細胞内の水分が外に出ちゃうんですよ。身近な例で説明すると
1)刺身を冷凍保存
2)冷凍された刺身をレンジでチン☆
3)刺身から水が出てきてビチャビチャだぁ…
って感じでしょうか。

でもきっと今より科学が進んだ未来では、生きた人間を冷凍・解凍する技術が開発されるんだろうなぁ。治療法が不明な病気の患者を冷凍し、治療法がわかってから解凍、みたいな使い方でさ。

『科学』が神にとってかわる日が、いつか来るんだろうな。
願わくば、それが人間にとって破壊の神でなく、救いの神でありますように。  
Posted by m2_syrinx at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月25日

PMBOK

c3024eaf.gif先日、部内の勉強会でPMBOKについて講義を受けました。
ちなみに講師の方は、昨年末に外部から中途で入ってきた方で、PMP(PMBOKに準拠した国際的な認定制度)を取得済みです。

勉強会の詳細は省きますが、講義内容で一番納得した部分は「リスクの存在、大きさを知り、早め早めに手を打つ」ってとこです。言われるまでもなく当たり前のことなんですが、なかなか実行に移すのは難しい。今まではリスクが予見されても「とりあえず後回しで。」って場面が多かったです。やっぱり不安の芽は早急に摘んでおくべきか。


  
Posted by m2_syrinx at 22:23Comments(0)TrackBack(0)