全国の書店員が選ぶ「2010年本屋大賞」(同賞実行委員会主催)は20日、冲方丁(うぶかたとう)さん(33)の「天地明察」(角川書店)に決まった。江戸時代、碁打ちの家に生まれた青年が日本独自の太陰暦を作る計画に挑む時代小説。第31回吉川英治文学新人賞も受賞している。

 冲方さんは早稲田大学在学中の平成8年に「黒い季節」で角川スニーカー大賞金賞を受賞しデビュー。ゲームや漫画、アニメなど複数のメディアにまたがる幅広い執筆活動を展開。小説「マルドゥック・スクランブル」で日本SF大賞を受賞している。

2位以下の作品は次の通り(敬称略)。

 (2)夏川草介「神様のカルテ」(3)吉田修一「横道世之介」(4)三浦しをん「神去なあなあ日常」(5)小川洋子「猫を抱いて象と泳ぐ」(6)川上未映子「ヘヴン」(7)藤谷治「船に乗れ!」(8)有川浩「植物図鑑」(9)東野圭吾「新参者」(10)村上春樹「1Q84」

【関連記事】
前田塁 本屋大賞と「普遍」幻想
「2010年本屋大賞」ノミネート作発表
文庫の中から書店員が選定…広がる!ご当地本屋大賞
現場が選ぶ「大賞」人気 本屋、映画館に続きCD店も
吉川英治文学賞に重松清さん
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

田辺三菱製薬に再発防止申し入れ 日本薬剤師会(産経新聞)
細菌を狙い撃ち、創薬へ「呼吸酵素」仕組み解明 兵庫県立大・阪大(産経新聞)
普天間問題 徳之島で1万5千人が移設反対集会(産経新聞)
雑記帳 「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)
韓国籍牧師、女性信者への乱暴を否認 水戸地裁土浦支部で初公判(産経新聞)