レジ袋削減によるごみ減量に共同で取り組んでいる九州7県は13日、今年度の「九州統一マイバッグキャンペーン」の参加店舗を募集すると発表した。各店は、レジ袋の有料化、袋を受け取らなかった客への現金還元といった独自の取り組み内容を各県に報告。強化月間に位置づけられた10月の1カ月間、県から送付されたポスターやステッカーを掲示してレジ袋削減に取り組む。

 九州地方知事会での合意に基づき、平成19年度から実施している取り組み。7県にある店舗であれば参加が可能で、具体的な取り組み内容を申告書に記載、5月28日から7月30日までに各県の担当課へ提出する。

 各県は、実施後に各店舗から提出された報告書を集計し、どの程度のごみ減量につながったかを数値化。昨年度は全県で5898店が参加し、二酸化炭素排出量約3934トン分にあたる計約6557万枚のレジ袋が節約されたという。

 各県の問い合わせ先は次の通り。

 福岡県循環型社会推進課((電)092・643・3371)▽佐賀県地球温暖化対策課((電)0952・25・7474)▽長崎県未来環境推進課((電)095・895・2511)▽熊本県廃棄物対策課((電)096・333・2277)▽大分県地球環境対策課((電)097・506・3124)▽宮崎県循環社会推進課((電)0985・26・7081)▽鹿児島県廃棄物・リサイクル対策課((電)099・286・2594)

【関連記事】
マイバッグ悪用…万引相次ぐ エコ逆手に
マイバッグをスポッと収納 小5が特許取得へ
ブランドショッピングバッグ 知名度アップ効果も期待
エコポイントがスタート 家電量販店ら期待高まる
ごみ収集「レジ袋禁止」苦情殺到で方針転換 浜松市
少子化を止めろ!

<茨城男児遺体>体に複数の打撲痕(毎日新聞)
4月の自殺者2493人=警察庁(時事通信)
【日本発 アイデアの文化史】インスタントラーメン(下)(産経新聞)
沖縄・奄美地方が梅雨入り(読売新聞)
警察官を名乗る振り込め詐欺で、68歳女性が150万円被害(産経新聞)