歯が抜けた後の治療を考えると入れ歯とインプラントがありますが、その違いはいろいろあり、どちらがいいかと言えばインプラントと答える人が多いでしょう。 インプラントの見た目は普通の歯と同じに見えるからです。 インプラントと違い、入れ歯はすぐにわかります。 表面の金具で固定されているからです。 それでも入れ歯をはめている人が多いのはインプラントの治療費です。 高額な費用を気軽に払える人はそれほど多くありません。 健康保険の適用外となっているため、治療費が高くなってしまいます。 将来においてインプラントの方法が変わらない限り、この状況も変わらないでしょう。 入れ歯は歯との間に隙間がありますから、食べ物のクズが挟まることも少なくありません。 そのためにはインプラントがいいことは当たり前です。 多くの人が虫歯のために歯を抜かなければならない状態になっています。 それを改善することができれば入れ歯とインプラントを比較して、どちらを取るかと言った選択を迫られることもありません。 若い時から歯磨きの習慣があっても、高齢になると虫歯になってしまうことがあります。 それは年齢によって虫歯の進行が変わってくることに一つの原因があると考えられています。 高齢になると見た目はきれいな歯でも内部に虫歯が進行してしまうのです。 人間は永久歯が抜けるとその後は生えてきませんから、高齢化によって歯の寿命の方が早く来ていると言えるでしょう。 もちろん、しっかりと歯磨きをすればそれを防ぐことはできますから、今からでも遅くありません。

虫歯 予防

インプラントと入れ歯の違いはわかっているかもしれませんが、そのための治療費を聞いただけで入れ歯に決める人がほとんどでしょう。 しかし、長い目で見ればインプラントを選択した方がいいかもしれません。 例えば、これから入れ歯で何年間過ごすつもりでしょうか。 50代で入れ歯を作ったら、その後30年程度は使用することになるでしょう。 インプラントも同じですが、その間の手入れの手間や費用で入れ歯の価格差は縮まっていくはずです。 生涯のトータルコストを考えなければならないでしょう。 それだけインプラントの効果は高いと言えます。 これまでの健康な歯を取り戻すことができるからです。 もちろん、毎日の歯磨きの習慣が重要ですから、それを怠ることはできません。 ただ、いつまでも楽しく食事をするためには丈夫な歯は大きなウェイトを占めていることは間違いないでしょう。 すでに歯を失って入れ歯をしている人でもこれからインプラントを検討してみてはどうでしょうか。 インプラントの効果は明白ですが、それがすぐに健康につながると考えるのは無理があります。 日々の食生活が大きく関係しているからです。 また、入れ歯を装着することで硬いものを避ける必要が出てくるかもしれませんが、それだけで大きなデメリットとなるわけではないでしょう。 日常生活に支障はないからです。 食事の時間とそれ以外の時間を楽しく過ごすことができれば、入れ歯でも十分な効果が期待できます。 あなたはどちらを選びますか。

赤ちゃん 歯磨き 

見た目だけで入れ歯とインプラントの違いはわかります。 入れ歯は金具がついていますから、すぐにわかりますが、インプラントはじっくり見てもわからないことが少なくないからです。 人前で大きく口を開けて歯を見せることが少なければ、誰にもインプラントは気づかれないでしょう。 女性ならインプラントを選びたいと思うはずです。 次の違いは治療費です。 入れ歯は健康保険が適用されますから、支払いが困難になることはありません。 これに対してインプラントは健康保険の適用外となりますから、治療費は高額になります。 状況により異なりますが、1本当たり50万円前後になるケースもあり、何本も治療をすることはよほど裕福な家庭でなければ無理でしょう。 それでもインプラント治療を行っている歯科医が多いのはどうしてでしょうか。 治療費の分割払いなどが一般的に行われており、美容のためのお金と考えれば女性は惜しくないと思うのでしょう。 ただ、虫歯を作らなければインプラントも入れ歯も必要ありませんから、若い時からしっかりと歯磨きをしておくことが大切でしょう。 それだけで50万円もの出費を防ぐことができるのです。 ただ、若い時にはそこまで考えていませんから、虫歯になってしまいます。 虫歯の進行は年齢とともに遅くなりますが、気づいた時には遅くなっているケースが増える傾向にあります。 つまり、高齢になると入れ歯をしなければならない可能性が高くなります。 毎日鏡で歯のチェックをしましょう。

↑このページのトップヘ