2018年10月14日

山口ゆめ花博

ゆめ花博工作


とりあえず、気が付いたらおわってたーっとならないように行ってきました。
特に目的はなく、満開の花壇をぶらぶら。
ゆめフェスタの屋台群が隣接してたため、食料には困らず。
大道芸人の人とか、地域の人達のステージとかぶらぶらと見ながら。
興味深かったのは、各団体の提示する庭のパビリオン。
色んな個性があり、ちょっとした休憩もできたり、なかなかおもしろかった。
あとは、ワークショップ系。
昼過ぎて行ったので、色々整理券ものは無理だった中、小さい切株を使った工作と、草木染めだけ参加しました。
やる前は少し面倒かなーと思ったけど、やってみればなかな楽しい。
次行くなら、ワークショップ系目的に行ってもいいかな、とか思いました。


  
Posted by m2project1 at 22:22Comments(0) 日常日記 

2018年10月06日

「大正義」ポルカドットスティングレイ



ポルカのファーストミニアルバム。

1.「エレクトリック・パブリック」
2.「ミドリ」
3.「シンクロニシカ」
4.「ベニクラゲ」
5.「本日未明」
6.「夜明けのオレンジ(大正義 Ver.)」
(全作詞作曲雫)


ワイルドバンチフェスでお気に入りになったポルカ。
最近の若手バンドは技術力高いバンド多いすよねー。
世間的にいえば、このバンドの魅力はボーカル・ギターの雫の多才さという感じでしょうか。
ボーカルの表現力、ルックス、デザイン力、企画力。
確かに素晴らしいです。
実はグッズも持ってます。
そして、リードギターの独特さも魅力のひとつだと思うのです。
若手で一番お気に入りのバンド。
またライブ見たい!


  
Posted by m2project1 at 22:16Comments(0) CD聴きました 

2018年09月30日

crew at ランプの宿

2018ランプの宿


広島でのCHASE BOMBERSライブの翌日は、山口に戻ってcrewライブ。
ランプの宿という里山体験施設に簡易ステージを作って色々な演奏などのステージがあるという感じ。
crewはとっぱつで、当日ゲストのあかねちゃんのトランペット演奏でオープン。
そしてcrew本体の演奏。
ゆりお氏加入後初ライブだったけど、わりと自然に演奏できたと思う。
crew後は、色々な演奏があり、特に雅楽やライアーなんかが興味を引いた。

メニュー
「スニーカーぶるーす」(ex近藤真彦)
「冬物語」(hide)
「僕達の大地」(hide)
「あの夏と同じ遠い思い出」(hide)
「歌うたいのバラッド」(ex斉藤和義)

メンバー
杉山秀明(hide) ボーカル
小田百合夫 ギター
村上真 ベース
大石隆夫 プログラム


  
Posted by m2project1 at 21:41Comments(0) ライヴしました | ライヴ行きました

2018年09月24日

BackToTheSource〜原点回帰

18原点回帰


9月15日は、CHASE BOMBERSでライブでした。
atスマトラタイガー

大阪から広島ゆかりの人達が原点である広島でライブをするという企画。

CHASE BOMBERSはとっぱつ。
前日スタジオの影響若干あってか、少しハスキー感ありつつ、かなり気持ちよく歌えました。
最近は、強い声を出すことより、柔らかく表現する方が自分の強みだと意識するようになりました。

間3バンドは大阪組。
カンキノウローデス
 衣装など見た目から楽しませる姿勢満載。
 そして演奏・歌はハード。
FIRE&ICE
 ここのメンバー3人が広島がらみということで主役といっていいと思う。
 安定演奏。いなさんの演奏、生では初めて拝見。
Glass jam corns with バズーカ シゲゾウ
 広島メンバーがサポートに入った混合バンド
 サポートメンバー豪華で、かっこよい演奏。

そしてトリは久々のちきちき。
いつもの感想になるけど、おーやまちゃんのボーカルはホントすごい。
今回はしんやさんもほぼ完全復活で、みんな気持ちよさそうに演奏していて、素晴らしかった。

打ち上げはおなじみ修竜で満喫。
楽しい夜を過ごしました。
  
Posted by m2project1 at 21:05Comments(0) ライヴしました | ライヴ行きました

2018年09月23日

パタ屋でしーシュとハニーズ8.18-8.19

2018パタ屋


今年もパタ屋イベントに参加。
昨年経験しているので、ある程度は勝手知ったる的な部分も。
今年は、数人がさらに前乗りということで、さすがにそこに参加はできなかったのは、少し残念ではあるけど。
とにかく昼のバーベキューには間に合うようにパタ屋へ。
無事バーベキューにありつけ、プチ流しそうめんもあり、楽しく飲み食い。
その後は出演者はリハ、僕はのんびり。
本番は当然のように、楽しく素晴らしいステージ。
今年はふくちゃんさんも、泥酔せず、しっかり演奏されてて(笑)よかった。
しーシュさんはホント自由自在感があってすごいなー。
自力打ち上げは、途中で体調よくなくなって、もっとしっかり楽しみたかったけど、休む方にシフト。
翌日は、豪華朝食後、のんびりしてから、千畳敷〜角島を経て、川棚の瓦そばと温泉。
充実ー。

  
Posted by m2project1 at 22:41Comments(0) ライヴ行きました | 日常日記

2018年09月02日

山陰

18大山


盆は大山。
義妹一家と合同で、レンタカーを借りて。
大山では、ファームやリフトなどで自然を満喫。
ホテルに行く前に、トムソーヤ牧場に寄り、ここでカピバラや犬たち含め、かなり動物と触れ合う。
特にカピバラはなでて気持ちいいとこうなる、みたいなのを教えてもらって、あのヌボーっとしたやつと少し心が通じた気持ちにもなれたり。
松江のホテルに泊まり、近くで山陰の海の幸中心の食材で心地よく飲み。
翌日は宍道湖クルージング。
同席の家族連れをゆるーく見守ったりしつつ。
けっこう弾丸ながら、楽しく過ごしました。




  
Posted by m2project1 at 22:03Comments(0) 日常日記 

2018年08月21日

ワイルドバンチフェス2018

WBF 2018


だいぶ遅くなりましたが、7月末にはワイルドバンチフェス。
ゆめ花博の準備との兼ね合いで、今年はエリアが移動。
ドームが使えないということで、サンシェードオッケーのエリアあり。
早めに行ってしっかりサンシェードの基地を確保して万全の態勢で参加。
まずはオープニングアクトのビッケブランカ。
初見だが、チョイダサ狙いっぽいピアノロックがなかなか楽しかった。
次にスーパービーバー。
昨年時点では、"歌詞が説教臭い"と、少し印象がよくなかったんだけど、1年経過した今年はなんとなくクセになっている状態。「相変わらず歌中でもよく語るなー」とかおもしろがって見聞きしてました。で、なんかけっこう素直に理想を語る歌詞にも共感できるようになってたり。ボーカルのルックスも好き。
そのままポルカドットスティングレイ。
スーパービーバーとともにメインステージに昇格組。昨年同様一番楽しんだかな。ここはボーカル中心に、絶妙な表現力に、楽しい仕掛けがあり、ステージが楽しい。そして、グッズ売り場では一番長い列を生み出してました。
ここでフードエリアに移動してゆっくり。しかし暑い!
そしてビッグママに戻る。
ここは初回のワイルドバンチフェスで好印象だったバンド。バイオリンのお姉さんがひたすらかっこいい。
次のナッシングカーブドインストーンは硬派なかっこいいバンドだったが、ちょっと疲れがピークで、楽しみきれなかった感じも。
基地に戻り、昼寝しながら、メインステージの音を聞くという休憩。
音はフォーリミテッドサザビーズ、シム、オーラルシガレッツ。SiMは、客をステージに上げてギターを弾かせるという演出がかなり盛り上がった。
最後のマンウィズザミッションは復活してステージ前へ。
安定の盛り上がりでじゅうぶん楽しみました。
日曜が台風で中止になったので、一日だけのフェスとなり残念だったけど、一日だけでも疲れた
。。。


  
Posted by m2project1 at 22:04Comments(0) ライヴ行きました 

2018年08月05日

DVD「スワロウテイル」


今更ながら、観ました。
いいじゃないすか。
各登場人物がいい空気感でした。
日本人が中国系の人物を演じてるのが多かったけど、けっこう自然に見られました。


  
Posted by m2project1 at 21:35Comments(0) 映画観ました 

2018年07月15日

「鹿の王」上橋菜穂子




いやあ、素晴らしかった。
主人公はかつて、抵抗勢力の頭として戦い、囚われて劣悪な環境で働かされていた。
そこで病素を持ったと思われる犬もしくは狼の群れに作業場を襲われ、咬まれたのに唯一生き残り、心身の変状を感じながら、厨房に残されていたもう一人の生き残りである幼子とともに、逃亡生活を送る。
もう一方の主人公は、支配された元王国のエリート医師で、支配国の領主からも信頼を得ているが、支配国の宗教とのからみで、もどかしさも感じながら、犬もしくは狼の病素の謎と格闘する。
そこに、国、領土、民族、地域、組織の歴史・思惑や個人の思惑が複雑に絡んで、奥深い物語になっていた。
伏線と回収、予想をどんどん裏切る展開に引き込まれる。
最後の方で、タイトルにこめられた意味に気付いた時、思わずうなり声を上げてしまった。
切ない。
しかし、そこからもう少し展開していって、希望を感じられるエンディングになったのも読後感がよかった。





  
Posted by m2project1 at 10:46Comments(0) 本読みました 

2018年06月30日

6.9.の日at益田SUN MOON HALL

2018.6益田


遅くなりましたが、6月9日は、益田SUN MOON HALLでCHASE BOMBERSライブでした。
社員旅行2日目を抜けて、熊本から電車で一旦山口に帰り、車で益田へ。
こんな行程だったので、広島組の益田観光イベントには参加できず、純粋にライブ参加って感じ。

メニュー
「君を待っている」
「用意しておいて」
「赤い糸」
「比べてみよう」
「残像」
「氷の国のアリス」
「走る車の窓から」

前日の社員旅行宴会の影響と、ひとつ前のJOKERの盛り上がりにあてられて、最初からシャウトっぽい歌い方で飛ばしてしまったせいもあり、水分をステージに用意してなかったこともあり、(言い訳たらたら)終盤はイガイガ喉で声の調節が困難になり裏返ったりしたのが反省点。
初めてのSUN MOON HALLは、70年代の空気感を宿した独特のハコで、猫曼魔を思い出す雰囲気もあったりして、よい場所でした。

自分たち以外のバンドも、それぞれが自分たちの見せ方を工夫してる感じで、大人のアマチュアバンドのあり方を見せてもらった感じでした。
中でもJOKERがホーム以外で演奏するのを初めて見たけど、素晴らしい盛り上がりで、楽しめたとともにジェラシーも(笑)

JOKERとともに広島組打ち上げは夜中ながら楽しくて、よい遠征でした。
誘ってくれたJOKERさんに感謝です。
  
Posted by m2project1 at 19:52Comments(0) ライヴしました | ライヴ行きました