2018年08月05日

DVD「スワロウテイル」


今更ながら、観ました。
いいじゃないすか。
各登場人物がいい空気感でした。
日本人が中国系の人物を演じてるのが多かったけど、けっこう自然に見られました。


  
Posted by m2project1 at 21:35Comments(0) 映画観ました 

2018年07月15日

「鹿の王」上橋菜穂子




いやあ、素晴らしかった。
主人公はかつて、抵抗勢力の頭として戦い、囚われて劣悪な環境で働かされていた。
そこで病素を持ったと思われる犬もしくは狼の群れに作業場を襲われ、咬まれたのに唯一生き残り、心身の変状を感じながら、厨房に残されていたもう一人の生き残りである幼子とともに、逃亡生活を送る。
もう一方の主人公は、支配された元王国のエリート医師で、支配国の領主からも信頼を得ているが、支配国の宗教とのからみで、もどかしさも感じながら、犬もしくは狼の病素の謎と格闘する。
そこに、国、領土、民族、地域、組織の歴史・思惑や個人の思惑が複雑に絡んで、奥深い物語になっていた。
伏線と回収、予想をどんどん裏切る展開に引き込まれる。
最後の方で、タイトルにこめられた意味に気付いた時、思わずうなり声を上げてしまった。
切ない。
しかし、そこからもう少し展開していって、希望を感じられるエンディングになったのも読後感がよかった。





  
Posted by m2project1 at 10:46Comments(0) 本読みました 

2018年06月30日

6.9.の日at益田SUN MOON HALL

2018.6益田


遅くなりましたが、6月9日は、益田SUN MOON HALLでCHASE BOMBERSライブでした。
社員旅行2日目を抜けて、熊本から電車で一旦山口に帰り、車で益田へ。
こんな行程だったので、広島組の益田観光イベントには参加できず、純粋にライブ参加って感じ。

メニュー
「君を待っている」
「用意しておいて」
「赤い糸」
「比べてみよう」
「残像」
「氷の国のアリス」
「走る車の窓から」

前日の社員旅行宴会の影響と、ひとつ前のJOKERの盛り上がりにあてられて、最初からシャウトっぽい歌い方で飛ばしてしまったせいもあり、水分をステージに用意してなかったこともあり、(言い訳たらたら)終盤はイガイガ喉で声の調節が困難になり裏返ったりしたのが反省点。
初めてのSUN MOON HALLは、70年代の空気感を宿した独特のハコで、猫曼魔を思い出す雰囲気もあったりして、よい場所でした。

自分たち以外のバンドも、それぞれが自分たちの見せ方を工夫してる感じで、大人のアマチュアバンドのあり方を見せてもらった感じでした。
中でもJOKERがホーム以外で演奏するのを初めて見たけど、素晴らしい盛り上がりで、楽しめたとともにジェラシーも(笑)

JOKERとともに広島組打ち上げは夜中ながら楽しくて、よい遠征でした。
誘ってくれたJOKERさんに感謝です。
  
Posted by m2project1 at 19:52Comments(0) ライヴしました | ライヴ行きました

2018年06月10日

福岡〜熊本

熊本城2018
今年の社員旅行は、熊本方面でした。
途中、福岡に寄り、明太子道場でオリジナル明太子作り。
作りといっても、要は味付け。
標準より辛め、昆布と柚子で風味付け、日本酒ではなく他にはないブランデーでのアルコール風味付け。
冷蔵庫に保管して、1週間後に完成なので、完成が楽しみ。
熊本城は、現状を見学。
完全復旧までは20年くらいかかるとのことなので、今はまだまだ。
工事途中のなかなか興味深い状態を見られました。
宴会から二次会はまあ、いつも通りな感じかな。
訳あって翌日にあまり疲れを残したくなかったので、わりとあっさり撤退。
  
Posted by m2project1 at 21:11Comments(0) 日常日記 

2018年06月02日

王菲(フェイ・ウォン)「只愛陌生人(ラヴァーズ・アンド・ストレンジャーズ)」



フェイがファイナル・ファンタジー曲を日本でヒットさせて、日本にけっこう進出してた時期のアルバム。

開到荼蘼(ラスト・ブラッサム)(詞林夕、曲C.Y.KONG)
當時的月亮(ワンス・イン・ア・ブルー・ムーン)(詞林夕、曲李冰)
催眠(詞林夕、曲郭亮)
只愛陌生人(ラヴァーズ・アンド・ストレンジャーズ)(詞林夕、曲張亞東)
百年孤寂(百年の孤独)(詞林夕、曲C.Y.KONG/ADRIAN CHAN)
蝴蝶(バタフライ)(詞林夕、曲ADRIAN CHAN)
過眼雲煙(アフター・オール)(詞曲袁惟仁)
嗶一聲之後(アフター・ザ・トーン)(詞林夕、曲張亞東)
推翻(プッシュ・バック)(詞KWAN、曲陳暁娟)
精彩(ファンタスティック)(詞王菲、曲張亞東)
守望麥田(ライ・キャッチャー)(詞林夕、曲C.Y.KONG/ADRIAN CHAN)
郵差(ポストマン)(詞林夕、曲ADRIAN CHAN)
開到荼蘼(ラスト・ブラッサム)リミックス

フェイのクールな声質、中国語の響き、西洋ポップス・ロックの要素、哀愁あるコード感の組み合わさり方が耳によい感じで引っ掛かって、EMI移籍後のフェイは好きでした。
これが英語詞(日本で売れたEYES ON ME)でも違うし、遡って聞いてみた中国音楽的なものもはまらなかったので、この組み合わせが絶妙なんだろーなー。
ストリングスのアレンジもかっこいい曲多いです。


  
Posted by m2project1 at 13:14Comments(0) CD聴きました 

2018年05月27日

ACIDMAN Λツアー



先週土曜日は、広島クラブクアトロでのACIDMANライブでした。

会場入ってこのところ思うこと。
年齢層が上がってきてるのは、キャリアが長くなってきたので当然だけど。
女性客の割合がかなり増えてる。
7割くらい女性だろうか。
お陰で(?)前の方に陣取ってももみくちゃにならないし、頭の上を人が転がっていくこともなくなった。
安心感は増したけど、ライブの混沌感は減ったなー。
演奏そのものは、かなりディープな感じで、今回のアルバム「Λ」の狙いが、ライブでこそよく理解できたって感じ。
ツアー終盤でボーカルしんどそうではあったけど、その分、ドラムベースの気合いはいつも以上に感じた。
どっぷりって感じのライブでした。

↓Λ曲のライブ映像まだなので、アンコールラスト「ある証明」ライブバージョンを


  
Posted by m2project1 at 19:58Comments(0)

2018年05月12日

「妖精伝説」竹松舞


ハープ奏者竹松舞のセカンドアルバム。

朝に (トゥルニエ)
主よ人の望みの喜びよ(バッハ)
白鳥 (サン=サーンス)
サラバンド
〜無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番より (バッハ)
レジェンド<妖精伝説> (ルニエ)
ピュア (竹松 舞)
ノルウェイの森 (ビートルズ)
エンジェル (エアロスミス)
イマジン (ジョン・レノン)

就職してそこそこお金が使えるようになった頃、様々なCDを購入してた時期がありまして。
ハープのCDってことで興味を持ったのと、ルックスに魅かれて購入。
ハープ独特のやわらかな感触に中に、彼女の芯の強さみたいなのが、タッチに表れてるような気がします。
現在は、アメリカで医師をしながら、演奏もしているとのこと。
すごい人ですねー。


  
Posted by m2project1 at 11:13Comments(0) CD聴きました 

2018年05月06日

DVD「丹下左膳 百万両の壺」



この映画を初めて観たのは、新婚旅行でイタリアに向かう飛行機の中でした。
画面ちっちゃかったので、改めて購入。
時代劇アクションエンタテインメントとうたってるけど、ほぼほぼ人情話で、アクションは売りにするほどはないかな。
和久井映見の、気の強い役は好きです。
言い合い口喧嘩ばかりの二人が、深いところでは信頼し合ってるし、根っこは同じ価値観を持ってる感じがよいですね。
エピソード的には、伏線回収も程よくまとまってて良作です。


  
Posted by m2project1 at 18:35Comments(0) 映画観ました 

2018年05月03日

「PIMPIN'」SOIL&"PIMP"SESSIONS



丈青所属のデスジャズバンドのデビュー盤。

Intro (詞ダブゾンビ、曲みどりん)
Fuller Love (ex RobertWatson)
Wives And Lovers (ex 詞HalDavid、曲BurtBacharach)
Harbor (曲元春、社長)
First Lady (詞社長、曲ダブゾンビ、社長)
Pimpnosis (曲秋田ゴールドマン、元春)
Mature (詞社長、曲元春、菱山正太)
J.D.F (曲丈青)
16 Blues (詞元春、曲秋田ゴールドマン、丈青)
CARNAVAL (詞社長、曲ダブゾンビ)
殺戮のテーマ(詞社長、曲ダブゾンビ)

デビュー盤らしい勢いと、デビュー盤らしからぬ完成度。
やりたいことを凝縮しつつ、やり切ってる感満載。
かっこいい。

  
Posted by m2project1 at 12:20Comments(0) CD聴きました 

2018年04月29日

「REMIX REBECCA」REBECCA



レベッカ初のリミックスベスト。

「Raspberry Dream」(詞NOKKO、曲土橋安騎夫、リミックスFrancois Kevorkian and Ron Saint German)
「76th Star」(詞NOKKO・沢ちひろ、曲土橋安騎夫、リミックスJason Corsaro)
「Maybe Tomorrow」(詞NOKKO、曲土橋安騎夫、リミックスDaniel Abraham)
「Love Passion」(詞NOKKO・宮原芽映、曲土橋安騎夫、リミックスJason Corsaro)
「(It's just a) SMILE (English Version)」(詞NOKKO・TOMMY MANDEL、曲土橋安騎夫、リミックスLarry Alexander)
「Freeway Symphony」(詞NOKKO、曲土橋安騎夫、リミックスJason Corsaro)
「Hot Spice」(詞NOKKO、曲土橋安騎夫、リミックスDaniel Abraham)
「Secret Dream (Cheap Hippises)」(詞NOKKO・TOMMY MANDEL、曲土橋安騎夫、リミックスDaniel Abraham)
「Friends」(詞NOKKO、曲土橋安騎夫、リミックスDaniel Abraham
「When A Woman Loves A Man」(詞NOKKO、曲土橋安騎夫、リミックスDaniel Abraham)

当時は、「リミックス」という言葉が新鮮で、ワクワクして聴いた思い出。
今聞くと、昨今のリミックスにあるような解体再構築とかリアレンジみたいな感じではなく、バランスやエフェクトやパンをいじってるといった言葉通りの「リミックス」って印象。
「ラズベリードリーム」はオリジナルアルバムには収録されていないので、アルバム派にはこの曲の収録は嬉しい。
そして、なんか歌も音もキラキラしてるなー。



  
Posted by m2project1 at 11:20Comments(0) CD聴きました