衆参両院の国家基本政策委員会は26日午後の合同幹事会で、鳩山政権発足後2回目の党首討論を31日に開催することを決めた。鳩山由紀夫首相に対し、自民党の谷垣禎一総裁と公明党の山口那津男代表が論戦に臨む。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

大阪市営地下鉄 相次ぐ人為ミスに頭抱える幹部(産経新聞)
「コメントは不可能」=長官銃撃時効でひかりの輪(時事通信)
建設会社のガラス戸に弾痕…福岡・嘉麻(読売新聞)
改正雇用保険法が成立=非正規、失業給付受けやすく(時事通信)
<元次官宅連続襲撃>小泉被告に死刑 さいたま地裁判決(毎日新聞)