防衛省統合幕僚監部は15日、2009年度に領空侵犯の恐れのある外国機に対して航空自衛隊機が緊急発進(スクランブル)を実施した回数が、299回だったと発表した。

 過去10年では07年度の307回に次いで多く、国・地域別では、ロシア機への緊急発進が197回、中国が38回、台湾が25回だった。特に、太平洋や日本海を九州・沖縄付近まで長距離飛行するロシア機の動きが目立った。昨年4月に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際には、北朝鮮機と推定される航空機に対して8回の緊急発進を行った。299回すべて領空侵犯はなかった。

血友病患者、30年ぶり全国集会=薬害エイズ乗り越え-東京(時事通信)
子ども手当、来年度から満額支給=民主研究会の参院選公約素案(時事通信)
開成山野球場リニューアルオープン=福島県郡山市〔地域〕(時事通信)
宮乃餅、復権 お土産ショップで一番人気 製造元も「予想外」 栃木(産経新聞)
<愛知・豊川の家族5人殺傷>ネット回線再解約が引き金に(毎日新聞)