鳩山由紀夫首相は16日、国会内で後援者らと懇談し、自身の資金管理団体の偽装献金事件に関し、「この問題は来週あたりに、ようやくすべてが決着する。それ以降はご心配いりません」と述べた。行政の長である首相が司法判断に予断をはさむような発言をしたことは波紋を呼びそうだ。

 事件をめぐっては、首相の元公設秘書、勝場啓二被告が政治資金規正法違反罪で在宅起訴されており、22日には東京地裁で判決公判が予定されている。検察側は同被告に禁固2年を求刑している。首相本人の不起訴処分の当否を審査している検察審査会も、月内に議決する可能性がある。

 平野博文官房長官は16日の記者会見で、首相発言について、「首相から圧力を受けたような印象を検察審査会に与えないか」との質問に対し、「そんなことは全くない」と述べた。

【関連記事】
【鳩山政権考】言葉を粗末にする政治家たち
山口公明党代表「かみあわない首相答弁、残念だ」
鳩山首相「中井国家公安委員長の行動は配慮がなかった」
首相の元秘書 「裏金」疑惑の解明を急げ
首相が「知らない罪」 改めて求められる説明責任
外国人地方参政権問題に一石

<起し太鼓>1000人の裸男が激しく攻防…岐阜・飛騨(毎日新聞)
カルテ改ざん容疑、病院理事長を書類送検(読売新聞)
職場をカメラで監視=複数の執行官が関与-青森地裁(時事通信)
肝臓、膵臓、乳がんの変異公開=ゲノム解析で新治療法期待-国際チーム(時事通信)
<掘り出しニュース>「深谷シネマ」造り酒屋跡に移転 名誉館長・大林監督迎え開館 埼玉(毎日新聞)