首相官邸報道室で15年余にわたり報道対応に当たった金澤秀明調査官(60)が31日付で定年退職した。4月からは内閣府政策評価広報課に非常勤職員として再雇用されるが、同僚職員からは「余人をもって代え難い」と惜しむ声が上がっている。
 金澤氏は、中曽根康弘首相時代の1984~88年に専門職として官邸に勤務。97年からは橋本、小渕、森、小泉、安倍、福田、麻生、鳩山と8代の内閣の下で、組閣時の記念撮影や首相の記者会見などに携わり、最高権力者と報道機関の接点を支えてきた。 

租税回避地から情報収集へ=英領ケイマン諸島と-国税庁(時事通信)
<足利事件>菅家利和さんに無罪判決 宇都宮地裁(毎日新聞)
<交通事故>衝突2人死亡、身元分かる 長野の国道(毎日新聞)
<前原国交相>成田に全身スキャナー 7月めどに実験開始へ(毎日新聞)
引きずり20キロ、元運転手に一部無罪=走行車線で停車、追突受け発進-常磐道事故(時事通信)