2009年05月20日

M3Dカラー1剤 新色18Nの特徴

 

今回は、新色M3Dカラー1剤の18Nの特徴を

紹介したいと思います。

・液状のブリーチ剤では出来にくかった、ポイントでの

リフトアップをクリームタイプ故に狙い撃ちできる。

・液体からクリーム状に作られた事で、塗布時の操作が

簡単で汚さず速やかになり、コントロールが自由自在に。

・キンキンと光らずに、渋みを作ってライトゴールドに

はね上がっていく、ズバ抜けた発色性。

IMG_3893

 

 

 

 

 

 

M3DSTを使用する事で、髪のダメージを回避することができ、

色むらの発生を防ぎ、急激なブリーチ力が緩和され、

初心者でも楽々リフトアップ操作が可能となりました。

ライトナーでは上げきれなかった既染部の

トーンアップを、簡単に実現できます。

QCPスプレーとの連係により、理想的な発色の段階で

リフト力をストップする事も可能です。

(写真モデルは18N単品)

IMG_3888

 

 

 

 

 

IMG_3885

 

 

 

 

 

 

業界初のカラー剤として、カラーでクリエーションを

誇る、トップスタイリスト達になくてはならない

最高の武器になることでしょう。

オキシの配合・%・倍率がプレ処理とともに

組み合わせが重要になってきます。

まさに、やりがいのあるレベルです。

 

 ちなみに今回は6%を等倍で使い、15%の

  M3D効果を活用し、既染部の明るい色に合わせる為

  ローライト化していた部分に、リフトアップをし、

   15レベル程度の仕上がりに持ち込んであります。

  通常では、暗く染色された髪をぬいていくには

  ブリーチ以外難しかったのですが、この18Nは

  楽々その仕事をこなしてくれます。

  この仕事を狙いながら、アクセントカラーを混合し、

  好きな色味を発色させながら、トーンアップさせる事も

  可能となります。

  相当の時間短縮にも繋がり、全ての方に喜んで

     頂ける事でしょう。

  皆様も、是非試してみてくださいね。

 



m3dcolor at 13:25| NEWS