2014年07月23日

デジタルトリートメントカール


皆さん、こんにちは


本日は、昨日のブログでもお話させていただいたデジタルトリートメントカール

『デジトリ』
の工程や施術結果をご紹介させていただきたいと思います

CIMG8829







デジタルトリートメントカールに必要なものは、Dr.HEAT TREATMENT SYSTEM

J'プランまたはIプランスマートアシッドトリートメント

デジタルパーマ機
の3点になります

この3点だけで、髪を治しながらカール感やボリューム感を出せるのは驚きですよね

さて、今回は、メンズモデルさんにご協力いただきましたよ

施術前の髪の状態はというと、過去にブリーチをしていて、中間から毛先にかけては

ザラザラとした固い質感でした

クセ毛ということもあり、ダメージによってさらに広がってしまい、まとまりがでないので

スタイリングがしずらいと嘆いていました

今回は、仕上がりの違いを実感していただくため、トップのみにデジトリをさせていただきましたよ

 ・まず始めに、ウェットした髪に根元から毛先までJ'プランを塗布していきます

 ・そこに、細目に設定したデジタルロッドをスタイルに合わせて巻いていきます

 ・デジタルパーマ機を80℃・30分にセットし温めていきます

 ・タイムアップ後、2液処理としてスマートアシッドトリートメントを10分+10分の2度付けしていきます

 ・その後、ロッドアウトし、流していきます

CIMG8773

CIMG8727







CIMG8735

CIMG8733







CIMG8738







今回は、この作業工程を3回繰り返し、髪の変化をみていきたいと思います

施術前ドライ状態
CIMG8722施術前ウェット状態
CIMG8724







施術後1回目ドライ状態
CIMG8747施術後1回目ウェット状態
CIMG8744 







1回目である程度カール感を感じることができ、 質感に関しては、
毛先のダメージが解消され、まとまり感が出はじめました

施術後2回目ドライ状態
CIMG8763施術後2回目ウェット状態
CIMG8762







2回目は、1回目よりも強くカール感が出て、毛先のまとまりやおさまりもだいぶ良くなってきました
根元の立ち上がりにも変化が出てきて、しっかりとボリューム感を感じることができます

施術後3回目ドライ状態
CIMG8801施術後3回目ウェット状態
CIMG8797







3回目に入ると、カールの出かたやボリューム感もかなりしっかりしてきて、
質感的にもデザイン的にも、とてもトリートメントでかけたとは思えない仕上がりになりました

モデルさんafter
CIMG8811CIMG8816












昨日のブログでもお話しましたが、このデジトリは、施術を積み重ねていくことにより、

髪を良い状態に育てながらスタイルもつくれるというスペシャルトリートメントになります

ダメージを気にされてパーマスタイルを諦めてしまっている方や、パーマの積み重ねで

逆にボリューム感が出なくなってしまった方など、安心して続けていけるメニューになります

定期的にデジトリをして、綺麗な髪を育てながらスタイルを楽しんでいきましょう



それでは、本日もありがとうございました




 

m3dcolor_2 at 23:21|