共産党の志位和夫委員長は25日午後、沖縄県読谷村で開かれた米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の県内移設に反対する県民大会について「米軍基地の県内たらい回しに反対しようと、超党派で沖縄の心が一つになった素晴らしい大会だ。必ず歴史を動かす力になる」と意義を強調した。同村内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】沖縄と米国海兵隊~普天間問題の背後にあるもの~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

韓国「本人の意志尊重」 金元工作員、来月訪日へ前進(産経新聞)
医薬基盤研のベンチャー支援廃止 事業仕分け3日目(産経新聞)
ネット選挙 参院選解禁で一致 与野党、あす協議機関設置(産経新聞)
向精神薬など5千錠、薬局から盗む(読売新聞)
県内移設反対で、25日に大会=知事も参加、10万人規模目指す-沖縄(時事通信)