「ユウゴウ」という夏の野菜をご存知?

方言でもあるので分かるはずもありません。

多分「ユウガオ」が訛ったものでしょう。

その大きな野菜は癖がなくみそ汁の実か味を含めて良く冷やして食べるものです。

お寿司に使う「干ぴょう」の原料なんです。

少しは分かったかしら?

こんなものです〜
2018.07.18  愛嬌ものほか0001
長さは48センチ。周囲はふくらはぎ程度かな?

キャアー〜
2018.07.18  愛嬌ものほか0002
スゴイ茎になっていたものなんです!!
私はこの酷暑を利用して2日間で「干ぴょう」作りました。

皮を2回引きました〜
2018.07.18  愛嬌ものほか0003 2018.07.18  愛嬌ものほか0006


こうやって切るのよ〜
2018.07.18  愛嬌ものほか0007
4つ割りすると種が沢山のわたに包まれています。

使うところは〜
2018.07.18  愛嬌ものほか0008
皮の内側1僂△泙蠅硫牝です。
切り口は台形に切りました。

これから包丁で縦に引いていきます〜
2018.07.18  愛嬌ものほか0009


1枚ずつ慎重に切って〜
2018.07.18  愛嬌ものほか0010


これをきれいに洗った網戸に広げていきます〜
2018.07.18  愛嬌ものほか0011


慣れてくるとこんなにも長いものも切れます〜
2018.07.18  愛嬌ものほか0012


1日 干し終わると〜
2018.07.20  干ぴょうの仕上げ0004
よじれたり薄くなります。

もう半分はこんな網に入れて2日目の準備〜
2018.07.20  干ぴょうの仕上げ0005


2日目開始〜
2018.07.20  干ぴょうの仕上げ0007


夕方仕上がりました〜
2018.07.20  干ぴょうの仕上げ0008


10本ずつ1束に〜
2018.07.20  干ぴょうの仕上げ0009
全部で長いもの110本 短いもの40本。
紙に包んで冷凍庫へ
するといつでも使うことができます!!

もちろん網戸は元へお返しするので洗って乾かします〜
2018.07.20  干ぴょうの仕上げ0010
「干びょう」といえば丸い形のウリから機械でクルクル剥いて作る栃木産がこちらでは有名です。

我が家はみそ汁の実にしても人気なしなのでこうして昆布巻きを作る時に紐として使って美味しく戴きます。

不思議な食品の加工でしたv( ̄∇ ̄)v

      .。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

この日は暑い1日で 汗がポタリポタリ・・・

嬉しい贈り物が我が家に〜
2018.07.20  干ぴょうの仕上げ0001
大粒の葡萄の大房が2房!!
太陽をいっぱい浴びた「ピオーネ」という種なし葡萄です。

箱から出してみますね〜
2018.07.20  干ぴょうの仕上げ0003
甘〜いの。果汁が一杯!!
皆さんヨダレはゴックンよ!!
花友Pさんに頂いたの。ご馳走様でした(o^∇^o)ノ

お買い求めになられる方は〜
2018.07.20  干ぴょうの仕上げ0006
こちらまでお願いします(*'-'*)