皆さんこんにちは、こんばんは、むらさきです。

いよいよ前回手詰まりになってしまったタイヤをどうするか?って段階まで来ちゃいましたw

あの後Twitterで相互フォロー頂いている先輩レーサー方々から色々とアドバイスを頂きました。
しかしまだキチンとした着地点が定まらず(アドバイスして下さった皆さん、すみませんw)取り敢えず26mmで進めて行こうと考えました。


26mmで、と言っても大径をペラタイヤにするか小径ローハイトを使うか、それぞれ面で使うかハーフタイヤにするか、硬さは?グリップは?と膨大な選択肢があります。
やはりここでも悩みに悩んで…w


image



ちょっと勿体無い気もしましたが35周年SHタイヤを開封。


image



前輪はSHタイヤ、後輪はカラーハードタイヤとしました。
パープルのカラーハードはシャイスコバイオレットSPやエアロアバンテバイオレットSPに付属のものです。
ローハイトをそのまま使うと決めたものの流石にパーティラインくらいは落としてます。

そのまま使うことに決めた理由の一つは思った挙動をしてくれなかったらすぐに交換出来るように、と言うのもあります。

ペラタイヤと比較するとアレですがローハイトなら話にならない程のハネ方はしないのでその部分は心配していません。

前輪のSHタイヤに関しては単純に硬さが欲しかったので選択しました。SHタイヤって結構グリップしちゃいますし実は前輪に向いてないのかな?などと妄想もしていてこの辺りは今後実走して検証です。
後輪のカラーハードは前輪との蹴り足の差をつけると言う妄想から選択しました。

よく聞く前はグリップ抜いてリアは適度に喰わせて的な目的とは違います。

見た目のセッティングが似通り易い最近のミニ四駆の中ではタイヤが一番レーサーの考え方が反映されて個性が出やすい部分かもしれませんね。


と言うことで…


image



大分ミニ四駆らしくなってきましたね!


ポチッとよろしこ↓

ミニ四駆ランキング